子供のニキビを治したい!小学生・中学生・高校生の思春期ニキビの対処法

子供のニキビを治したい!小学生・中学生・高校生の思春期ニキビの対処法

目次 ※クリックで開閉します

年頃のお子さんをもつ親御さんにとって、子供の顔にニキビができると、なんとかして治してあげたい!と思いますよね。

顔や体にプツプツとできて痛々しいニキビは、10代の子供たちの悩みの一つとして挙げられます。

今回は小学生・中学生・高校生の頃にできる、思春期ニキビの原因と対策を説明していきます。

子供ニキビに悩んでいる、お母さん、お父さんはぜひご一読ください。

思春期ニキビの特徴は?

10代の思春期ニキビの特徴は、おでこから鼻にかけてのTゾーンにできやすくなります。

これはTゾーンがもともと皮脂腺が多いため、毛穴詰まりが発生しやすいからです。

13歳ごろから17歳にかけてが思春期ニキビが出来やすい時期で、春から夏にかけての皮脂量が増える時期も、ニキビができやすい傾向にあります。

 

ニキビが悪化しやすく、ニキビ跡になりやすいのもこの時期の思春期ニキビの特徴です。

しっかりと今あるニキビの対策をして、ニキビ跡といった将来の悩みを作らないようにしてあげましょう。

小学生にできるニキビも思春期ニキビなの!?

思春期ニキビと聞くと、中学生や高校生といった時期にできるニキビというイメージを持ってる方が多いと思います。

しかし最近は、思春期ニキビが出てくる時期が早まりつつあり、早い子では小学3年生~小学6年生ごろからニキビに悩んでいる子が増えています。

 

「まさか、思春期ニキビではないだろう」と思っていたら、実はニキビだった!ということもあり得るのです。

だから、小学生でも思春期ニキビは出来るということを理解し、小学生のお子さんにプツプツとニキビのようなできものができた場合は、思春期ニキビを疑いましょう。

小学生・中学生・高校生の思春期ニキビの原因

小学生からも思春期ニキビができると申し上げましたが、小学生・中学生・高校生の10代のころにできるニキビは同じような原因によって引き起こされます。

主な原因としては、以下の3つにわけられます。

  • 成長ホルモンの影響
  • 生活習慣の乱れ
  • スキンケア不足や間違ったスキンケア

それぞれの原因を詳しくみていきましょう。

成長ホルモンの影響

10代の思春期ニキビの大きな原因のひとつに、成長ホルモンの影響があります。

早くて10歳ごろから訪れる第二次性徴によって、ホルモンバランスが大きく変化し、男性ホルモンの分泌が増えてきます。

そうすると皮脂分泌が過剰になって毛穴詰まりが発生しやすくなるため、アクネ菌が増殖してニキビができやすくなります。

生活習慣の乱れ

また生活習慣の乱れによって、ホルモンバランスが崩れやすくなり、さらにニキビができやすい環境を作ってしまいます。

夜更かしや暴飲暴食、ストレスといった状態もニキビにとっては悪影響になります。

特に子供たちが好きな脂っこい食べ物やお菓子はニキビのもととなりやすいので、注意が必要です。

スキンケア不足や間違ったスキンケア

ニキビは毛穴詰まりから引き起こされますので、しっかりと洗顔をして毛穴の汚れや皮脂を洗い流すことが大切です。

洗顔や保湿をしないで放置してしまうと、ニキビが悪化する場合もあります。

しかし、洗いすぎも必要な皮脂まで取り除いてしまうので、注意が必要です。

このようにスキンケア不足や間違ったスキンケアも思春期ニキビの原因となります。

子供ニキビはスキンケアと食事で対策

子供にできるニキビに悩んでいる人は、スキンケアと食事を見直してあげましょう。

外からのケアは正しいスキンケア、内からのケアはバランスのとれた食事でニキビに悩まない肌作りを教えてあげましょう。

正しいスキンケア方法

思春期の肌は皮脂分泌が過剰のため、しっかりと皮脂ケアができて肌にやさしいタイプのスキンケアを使いましょう。

洗顔は朝晩と1日2回行い、洗顔後は化粧水と乳液でしっかりと保湿します。

化粧水はニキビ予防の有効成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

思春期ニキビには特に、サリチル酸やイオウ、グリチルリチン酸ジカリウムなどがおすすめです。

バランスのとれた食事

次に食生活に気を遣ってあげることも重要です。

肉・魚中心の食生活ではなく、野菜もしっかりと摂ってバランスの良い食事を心がけてあげましょう。

ニキビができやすい肌はビタミンB群が欠乏しがちなので、ビタミンB群が豊富なレバーや緑黄色野菜がおすすめです。

こういった食材を取り入れて、ニキビのできにくい健康的な肌になるようなメニューを考えてみるのもいいですね。

思春期ニキビ対策におすすめのスキンケア

10代の思春期ニキビにおすすめのスキンケアを集めてみました。子供のニキビをケアするためのスキンケアとして、おすすめの商品ばかりです。

おすすめの洗顔料

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュの商品画像

価格:3,714円(税抜)

容量:180g

洗顔・保湿・トリートメントが一つになった、ニキビ予防の洗顔料です。

角質を柔らかくするサリチル酸配合で、毛穴汚れや皮脂をスッキリとさせてくれます。

天然植物成分も含まれているため、保湿効果にも優れています。

洗顔だけなのにしっかりと肌をうるおし、ニキビのできにくい肌へ整えます。

ニキビケア洗顔「ファーストクラッシュ」の特徴と口コミを紹介!使い方は?

ノンエー

ノンエーの商品画像

価格:2,940円(税込)

容量:100g

もっちりとした弾力のある濃密泡で毛穴汚れや皮脂を吸着してくれる、ニキビ予防石鹸。

ニキビの有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が肌トラブルを抑えてくれます。

ローヤルゼリーやヒアルロン酸、リピジュアといったうるおい成分も配合で、洗顔後の肌のうるおいも守ってくれます。

無香料・無着色料・無エタノール・無鉱物油で肌に優しいところもポイント。

ニキビケア石鹸「Non A.(ノンエー)」の口コミと洗顔方法を紹介!

おすすめのニキビケアシリーズ

プロアクティブ+

プロアクティブのラインナップ

思春期ニキビのニキビケアとして人気の高いプロアクティブ+は、肌への効果とやさしさをこだわったニキビケアシリーズ。

有効成分サリチル酸を配合し、成分を毛穴の奥まで届けて、積極的にニキビケアをします。

天然由来の植物成分が肌のうるおいもキープしてくれるので、乾燥対策もできます。

長年の人気と実力があるシリーズなので、初めてのニキビケアセットにおすすめです。

ニキビケアで人気の「プロアクティブ+」とは?使い方や口コミを紹介!

シーボディVCシリーズ

シーボディVCシリーズのラインナップ

最新型ビタミンC誘導体「VC200」を配合した、ニキビケアシリーズ。

肌への浸透力が高く、皮脂コントロールや炎症を抑える作用を持つため、ニキビ予防におすすめです。

そのほかニキビの有効成分や保湿成分がたっぷり含まれていますので、ニキビのできにくい肌へ導いてくれます。

またビタミンC誘導体は、ニキビ跡予防にもおすすめの成分です。

ニキビケア「シーボディVCシリーズ」の特徴や口コミは?ニキビ跡ケアもできる?

オルビスクリア

オルビスクリアのラインナップ

ニキビができやすい不安定な肌のバリア機能を高めて、ニキビを予防するスキンケアシリーズ。

紫根エキスが健康的な肌へ導き、甘草エキスがニキビの悪化や肌荒れを防いでくれます。

オイルカットなのに高保湿成分を配合しているので、オイリーになりがちな思春期のニキビ肌におすすめ。

ニキビケア「オルビスクリア」の特徴や成分は?気になる口コミも紹介

草花木果どくだみ

草花木果どくだみのラインナップ

日本で古くから愛されてきたどくだみのエキスでニキビを予防してくれます。

ニキビの有効成分「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸塩」も配合で、ニキビの炎症を抑えながら、健やかな肌へ導きます。

さっぱりとした使い心地で、思春期ニキビにも人気の高いシリーズです。

植物のちからでニキビケア!「草花木果どくだみ」の特徴や口コミを紹介

セルフケアで治らなければ皮膚科で受診を

思春期ニキビの原因と自宅でできるケア方法を説明してきましたが、それでも子供のニキビが治らないという場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科では塗り薬や飲み薬といった、ニキビの状態にあった薬を処方してもらえます。

保険が適用される薬も多くありますので、ニキビが悪化する前に皮膚科の治療を受けましょう。

ニキビが出来たら皮膚科へ行こう!病院ではどんな治療が受けられる?

PICKUP CONTENTS

トップへ