【2021新春】名店おせちの予約状況

夜更かしするとニキビができる?睡眠不足によるニキビの原因と対処法

寝不足が続くと、化粧ノリが悪くなったりニキビが出来たことはありませんか?

「睡眠不足は万病の元」と言われるほど、寝不足は体に様々な不調を引き起こす原因になります。

睡眠不足は肌トラブルにも深く関係していて、ニキビができるのもそのひとつです。

なぜ寝不足がお肌のトラブルを招くのかを知り、質の良い睡眠を取り入れてニキビをケアしていきましょう。

睡眠不足がニキビの原因になる理由

睡眠不足になると、お肌は回復力が低下し、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。

それでは、睡眠不足によってニキビが出来てしまう理由を見て行きましょう。

肌のターンオーバーの乱れ

睡眠不足はホルモンバランスを崩し、お肌のターンオーバーのサイクルを狂わせます。

ターンオーバーがうまくいかないと皮膚の新陳代謝が悪くなり、「角化異常」という角質層が厚みを増した状態になります。

角化異常により詰まった毛穴に皮脂が溜まることで、ますます毛穴をふさいでしまうのです。

通常であれば、睡眠中に分泌される成長モルモンによって肌のダメージは回復するのですが、寝不足によって成長ホルモンの分泌量が減ることでお肌の状態が悪化し、ニキビの原因となります。

自律神経の乱れ

自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っていますが、睡眠不足が続くと自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位な状態が続きます。

交感神経のはたらきにより男性ホルモンの分泌が増え、肌は皮脂を活発に分泌し、角質層が厚くなります。

角質が硬く厚くなると毛穴は詰まり、そこに余分な皮脂が溜まることでニキビができやすくなるのです。

抵抗力・免疫力の低下

睡眠不足によって体調が悪くなったり、風邪気味になったりした経験が誰もが1度はあると思います。

これは、睡眠不足によって免疫力や抵抗力が低下するために起こりますが、お肌にも同じように悪い影響があります。

睡眠中はウイルスや病原菌と戦う免疫細胞が作られるのですが、睡眠時間が減ってしまうと免疫力が下がり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

抵抗力を失った肌は水分が蒸発して乾燥を招くため、お肌は皮脂をたくさん分泌することで刺激から皮膚を守ろうとします。

ところが、皮脂が過剰に発生するとアクネ菌が繁殖しやすくなり、にきびを作ってしまう原因になるのです。

睡眠不足になる原因

では、睡眠不足はどうして起こるのでしょうか。

その理由はまさに十人十色で、それぞれの生活習慣や置かれた状況など、様々な要因が絡み合っています。

あなたに当てはまるものがあるか見てみましょう。

肉体的な負担

普段運動する習慣がないのに突然スポーツをしたり力仕事をすると、体が疲れすぎて神経が興奮状態になり、なかなか寝付けないことがあります。

また、病気による痛みや痒み、ぜんそく、鼻づまりなどがある場合も深い睡眠の妨げになります。

精神的なストレス

仕事や生活の中で強いストレスを感じると、その不安感から様々なことを考えてしまい脳が働きっぱなしになるため寝付きが悪くなります。

体内リズムの乱れ

旅行での時差ぼけや、夜勤のある仕事、徹夜などで昼夜逆転の生活が続くと体内リズムが乱れてしまい、睡眠不足になることがあります。

睡眠に適さない環境

「枕が合わないと寝られない」という人がいるように、枕やマットレスが体に合わないとなかなか眠れないということがあります。

夏の寝苦しさや冬の冷え、周囲の騒音が気になるという場合も眠りにつきにくくなります。

生活習慣の乱れ

食べる時間が夜遅くなる、運動不足が続くなど生活習慣が乱れると体内のバランスが崩れ、眠りの質が低下します。

眠りを妨げるNG行動

睡眠不足になる原因は様々で、以下のような行動も入眠を妨げてしまいます。

  • 寝る前にコーヒーなどカフェインを含んだ飲み物を飲む
  • 食事の時間が遅い
  • 寝る直前にお風呂に入る
  • 寝る前にテレビやスマートフォンを使う
  • 昼寝をしすぎる
  • 朝日に当たらない
  • 寝酒をする
  • 運動不足
  • 寝る直前まで勉強や仕事をする

これらの行動は神経を興奮させ、体が休息モードにならないのでスムーズに入眠出来なくなります。

ついつい休日前になると夜更かしをしてしまいがちですが、そういった行動も睡眠リズムを狂わせる原因となります。

心当たりのある方は、こういった行動から見直していきましょう。

睡眠不足の対処法

睡眠不足を解消するには、ただ長く寝れば良いというわけではありません。

睡眠時間に加えて、「睡眠の質を上げる」ということが大切です。

では、質の高い睡眠を取るためのポイントとは何でしょうか。

リラックスをする

人間の体はリラックスすると副交感神経が働き、体を休めようとして眠気が起こります。

寝る1、2時間前に、ややぬるめのお湯で半身浴をすると、しっかりと体の中があたたまり気持ちもリラックスします。

その際にアロマオイルを湯船に落としたり、入浴剤を使うと香りとダブルでリラックス効果を得ることができるのでオススメです。

香りのリラックス作用はとても大きく、お部屋でアロマを焚くことも気持ちをホッとさせてくれます。

また、お風呂から上がった後は、ゆっくりとストレッチをして体をほぐしましょう。

さらに、温かい飲み物は体を内側から温めてくれるのでリラックスには最適です。

寝る前に温めた牛乳を飲むと、牛乳に含まれるトリプトファンという成分が眠気を起こしてくれます。

安眠のための環境を作る

ゆっくりとリラックスできたら眠りに入りやすい環境を整えましょう。

ブルーライトには覚醒作用があるため、眠りの妨げとなります。

寝る2時間前にはスマートフォンやパソコン、テレビを控えるようにしましょう。

明るいライトは興奮状態を招くため、就寝前には明かりを落として間接照明やオレンジ色の光を使うとリラックス効果が高くなります。

また、ゆったりとしたテンポのヒーリングミュージックや波の音などを小さめの音で流すと、心地よく眠りに入ることができます。

肌のゴールデンタイムに睡眠を取る

ぐっすり眠る女の子

成長ホルモンの分泌が一番活発化するのは、睡眠開始から3時間後と言われています。

また、夜10時〜2時の間はターンオーバーが活発になる「お肌のゴールデンタイム」です。

10時にベッドに入るのはなかなか難しいかもしれませんが、せめて12時には寝るようにして、お肌のゴールデンタイムにしっかり肌ダメージを修復しましょう。

生活リズムを整える

日光を浴びる女性

食事の時間や寝る時間など、日々の生活リズムがバラバラだと体が変化に対応できずに疲れてしまいます。

「あまり眠れない日は昼まで寝る」ということはかえって逆効果です。

たとえ寝不足であっても、起きる時間は毎日同じ時間にしましょう。

また、晩ご飯は寝る2時間前に済ませるのがベストです。

食事や起床の時間が決まると、体がそれに合わせてリズムを覚えるので決まった時間に眠気が起こるようになります。

寝不足対策にはサプリメントがおすすめ

寝不足を感じていても、なかなか病院には行けない…睡眠薬は抵抗がある…という人も多いですよね。

そんな人には寝不足対策のサプリメントがおすすめです。

睡眠サプリには、入眠を促す成分や疲労回復成分が含まれています。

中にはリラックス効果を与える、ハーブが含まれているものもあるようです。

サプリメントが気になる方はこちらの記事をご一読ください。

睡眠サプリに頼りたいけど、どれを買っていいかわからない!違いは何?

睡眠対策と合わせてスキンケアも大切に

睡眠不足は身近なだけについつい放置してしまいがちですが、あらゆる不調の元となります。

「寝る子は育つ」というように、人間の体を作る元となる睡眠をしっかり取って、お肌の再生力を高めましょう。

また睡眠不足によってニキビができてしまった場合は、ニキビケア化粧品でしっかりとケアするようにしましょう。

ニキビを増やさないようにするためには、洗顔だけでなく化粧水や乳液などで保湿することが必要です。

ニキビ肌に合った正しいスキンケア方法と化粧品を使って、ニキビに負けない肌作りも頑張りましょう。

正しいスキンケアが知りたい人はこちらの記事がおすすめ

化粧水だけでニキビケアと保湿はできる?正しいスキンケア方法を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST