リプロスキンの成分と口コミを紹介!使い方は?

ニキビケアは、ニキビが出来ている時のケアも大切ですが、ニキビが落ち着いた後のケアもする必要があります。

色素沈着や肌の凸凹等、一度できてしまうと厄介なニキビ跡を作らないようにするには、専用のスキンケア用品が必要です。

今回はニキビケア用化粧水リプロスキンについてご紹介します。

リプロスキンとは?

リプロスキン

リプロスキンはニキビとニキビ跡ケア化粧水です。

高い浸透力が特徴で、美容成分を肌の奥まで届ける事で弾力のあるきれいな肌を作る手助けをしてくれます。

2017年4月にリニューアルを迎え、美容成分をより効率良く肌へ届けられるようになっています。

  • 有効成分をナノ乳化させる「ナノBテクノロジー3.0」でグリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキスがダイレクトに働く
  • 水にも油分にもなじみやすいブースター機能で肌の角質層まで成分を浸透させる
  • ノンコメドジェニック処方でニキビのもとになりにくい
  • 定期コースなら単品購入よりもお得に購入ができ、定期購入の回数の縛りもなし
  • 60日間返金保証付きで肌に合わない場合も安心

リプロスキンの公式サイトへ

リプロスキンの商品詳細

main_d02d2c6b-ed83-4f14-ac00-d59146aa15ed_05

容量:100ml

通常価格:5,600円(税抜)

定期購入価格:4,480円(税抜)

肌にうるおいと有効成分を与えてくれる、ニキビ跡用化粧水です。

独自技術で肌の奥にある角質層まで5つの美容成分を届けてくれます。

ニキビ跡のある肌にうるおいと弾力を取り戻し、みずみずしいきれいな肌を作る手助けをしてくれます。

リプロスキンにはこのような成分が含まれています。

有効成分:ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F グリチルリチン酸ジカリウム

そのほかの成分:グリシルグリシン、1,3-ブチレングリコール 1,2-ペンタンジオール 濃グリセリン ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.) ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル シュガースクワラン N-ラウロイルサルコシンイソプロピル ヒアルロン酸ナトリウム(2) コラーゲン・トリペプチドF  加水分解ヒアルロン酸 D-マンニット ホエイ(2) グルコン酸ナトリウム コメヌカエキス 酵母エキス(3) 海藻エキス(1) コメヌカスフィンゴ糖脂質 水溶性コラーゲン(F) ゼニアオイエキス アマチャヅルエキス アロエエキス(2) デキストリン ワルテリアインディカ葉エキス ダイズエキス アーティチョークエキス 水素添加卵黄レシチン 卵黄リゾホスファチジルコリン ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.) ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 ドデカメチルシクロヘキサシロキサン デカメチルシクロペンタシロキサン トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液 クエン酸 クエン酸ナトリウム 水酸化ナトリウム フェルラ酸 フェノキシエタノール 香料

リプロスキンのおすすめポイント

次に、リプロスキンのおすすめポイントを紹介します。

リプロスキンに使用されている独自技術を中心に、なぜニキビ跡に効果があるのかを説明していきます。

ナノ乳化×ブースターの「ナノBテクノロジー3.0」

ナノBテクノロジー3.0は、リプロスキンの販売元であるピカイチが独自開発した技術です。

5つの美容成分をナノレベルの粒子に変える事で、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

これによって、肌が生まれ変わる元となる角質層へ美容成分を届ける事が出来、うるおいに満ちた健康的な肌を作る事が出来るのです。

5つの美容成分を超微小化

リプロスキンには5つの美容成分が配合されています。

アーティチョークエキス、大豆エキス、酵母エキス、シュガースクワラン、グリシルグリシンの5つの成分を、100ナノ以下の超微小化サイズまで小さい状態にしてあるのです。

これにより、肌に良い成分がダイレクトに角質層まで届き、ニキビ跡や乾燥を改善する手助けをしてくれます。

成分を浸透しやすくする

肌は常に天然の油溶性成分によって保湿され、守られています。

その為、相性の悪い水溶性の美容成分は、肌に浸透しにくいのです。

リプロスキンは、この浸透しにくい水溶性の成分を肌の奥に届ける為に、ブースター美容液を採用しています。

ブースター美容液は水にも油にも成分が馴染むようにできており、これによって肌に浸透しにくい水溶性の成分も肌の奥までしっかり届ける事が出来るのです。

ノンコメドジェニックテスト済み

リプロスキンはノンコメドジェニックテストを通過している化粧水です。

このテストは、ニキビの初期症状であるコメドが出来ないような原料を使用していないかを調べるテストです。

これを通過している化粧品やスキンケアアイテムは、他の製品に比べニキビが出来にくい事が証明されているのです。

 

リプロスキンはこのテストを通過済みなので、ニキビが出来やすい人や、繰り返しできてしまう人でも安心して使用できます。

しかし、すべての方にコメドができないわけではありませんので、注意をしましょう。

リプロスキンの有効成分と働き

次に、リプロスキンに配合されている有効成分と効果を説明していきます。

グリチルリチン酸ジカリウム

漢方の生薬として使われているハーブの一種、甘草の主成分となる成分です。

抗炎症作用と抗アレルギー作用があり、肌に負担をかけないという特徴があります。

医薬品にも幅広く使用されており、ニキビ治療薬にもよく配合されている成分です。

プラセンタエキス

動物の胎盤から取られたエキスで、22種のアミノ酸をはじめとした栄養素や美容成分を大量に含んでいます。

皮膚の新陳代謝を高める事で、美白やエイジングケア効果がある他、抗炎症作用もある為ニキビにも効果的です。

ニキビの炎症を抑える他、ニキビ跡による色素沈着をケアする効果があります。

元々は医薬品として活用されていましたが、美容効果の高さからスキンケア用品やサプリメントとしても活用されている成分です。

リプロスキンの使い方

次に、リプロスキンの使い方を紹介していきます。

リプロスキンの使い方には4つのステップがありますので、それに沿って説明していきます。

(1)リプロスキンを手に取る

まずは洗顔後、手にリプロスキンを3,4滴程度取ります。

化粧水は適切な量を守って使用して下さい。

少なすぎても、多すぎても効果が出ませんので、適切な量を守りましょう。

リプロスキンは浸透力に優れているので、手に取ってすぐに使用できます。

(2)顔に化粧水をつけていく

顔全体に化粧水をつけていきます。

ニキビやニキビ跡、乾燥している肌は健康な状態よりもデリケートです。

パッティングやこするような付け方は刺激になってしまいますので、優しく化粧水を浸透させるようなイメージで使用して下さい。

うるおいが足りないと感じる場合は、2、3回に分けて化粧水をつけるようにして下さい。

(3)ハンドプレスをする

化粧水を顔全体にまんべんなく塗ったら、ハンドプレスをして肌にリプロスキンを浸透させます。

手の平全体で、ゆっくりと優しく化粧水を肌に押し込むようなイメージで行います。

おでこやあご等、ニキビやニキビ跡が出来やすい場所を中心に、顔全体へ化粧水をたっぷりと浸透させてあげて下さい。

(4)仕上げに乳液やクリームで蓋をする

肌に水分がしっかりと浸透すると、もちっとした、肌の内側がひんやりするような触り心地になります。

化粧水が肌の奥に浸透した合図ですので、次のお手入れに移ります。

美容液がある場合は美容液を、無い場合は乳液やクリームで肌の水分が逃げないように蓋をして下さい。

これでスキンケアは終了です。

リプロスキン(旧商品)の口コミを紹介!

次に、リプロスキンの口コミを紹介します。

リニューアルしたばかりで、新商品の口コミがなかったので、旧商品の口コミをまとめました。

良い口コミと悪い口コミを合わせて紹介していくので、購入や使用の参考にして下さい。

合わせて、口コミから分かる情報も紹介してきます。

ニキビやニキビ跡に関する口コミ

ニキビ跡の赤みが落ち着いてきました

ニキビができにくくなったように思います

ニキビ跡やニキビに関する口コミです。

ニキビ跡が気にならなくなってきた、ニキビが落ち着いてきたという声が多かったです。

つけた後のうるおい感に関してもたくさんの口コミがありました。

肌質によっては効果があまり感じられない場合も

脂性肌の私には合わなかったようでした

ニキビ跡への効果を期待して購入したのですが、あまり効果を実感できませんでした

肌質によって効果の差があるようでした。

脂質肌の人よりも乾燥肌の人の方が、効果を実感している人が多かったです。

コールセンターの対応に好印象を覚える人も

返品の電話をしたのですが、とても丁寧に対応してもらえました

電話1本で解約出来た上に、とても低姿勢な対応で安心しました

返品や定期コース解約の時の、コールセンターに対する口コミです。

丁寧で低姿勢な対応をしてくれる、安心して話をする事が出来るという意見が多かったです。

リプロスキンの購入方法

次に、リプロスキンの購入方法を説明していきます。

リプロスキンは店頭販売されておらず、公式サイトか通販サイトでの購入のみとなります。

それぞれの特徴を説明します。

公式サイトでの購入

公式サイトでは、単品販売の他、定期購入コースでの販売もしています。

定期購入コースには様々な特典があり、とてもお得に購入が出来るのです。

定期購入コースの特典は以下の通りになります。

定期購入限定の特別価格

定期購入コースは特別価格となっています。

通常価格は5,600円(税抜)ですが、定期購入なら4,480円(税抜)で購入できます。

これは1回目、2回目も変わらずこの値段で購入できるのです。

送料は全国一律500円(税抜)ですが、5,000円(税抜)以上の購入で送料無料となります。

 

また定期購入制度によくある回数の縛りもありませんので、止めたいときに中止することができます。

通常購入よりも安く購入できるので、継続して購入の際は定期購入コースでの購入をおすすめします。

60日間返金保障

リプロスキンの販売元であるピカイチでは、商品を使用して肌に合わないと感じた場合、返品・返金保障をする制度があります。

初回お届け希望日から60日間の間なら、専用のフリーダイアルに連絡し、指示に従って商品の容器を返品すれば、手続きの完了から20日以内に指定口座に振り込んでもらえます。

返品は一人1種類、最大1個までなので注意して下さい。

12時までのご注文で当日発送

リプロスキンは公式サイトで専用フォームに入力する他、フリーダイアルから注文する事が可能です。

当日の12時までに注文すれば、その日のうちにリプロスキンを受け取る事が出来ます。

日時の指定もできるので、自分の都合の良い時に受け取る事も出来、とても便利です。

Amazonや楽天では購入できる?

リプロスキンは公式サイトの他、Amazonや楽天等の通販サイトでも購入出来ます。

しかし、リニューアルする前の商品である事や、リニューアル後のリプロスキンであっても、公式サイトよりも高い値段で販売されている事がほとんどです。

リプロスキンを購入する場合は、公式サイトの定期コースを利用するのが一番お得に購入できます。

リプロスキンの購入時に気をつけるポイント

リプロスキンは主に乾燥肌や大人ニキビに悩んでいる人向けの化粧水です。

脂性肌の人や思春期ニキビの人には効果が薄い場合があります。

購入時には、自分の肌質やニキビの種類に注意する必要があるのです。

赤ニキビや思春期ニキビにはライトラインがおすすめ

赤ニキビや脂質肌、思春期ニキビが気になる人は、リプロスキンライトラインを使用しましょう。

ライトラインのラインナップは以下のようになっています。

  •  ACクリアローション 100ml/4,350円(税抜)
  • ACクリアジェル 50 g /3,438 円(税抜)

赤ニキビのできている肌の炎症を抑えつつ、うるおいを与える事で赤ニキビの予防効果があります。

肌質が脂質肌の人、赤ニキビや思春期ニキビが出来ている人は、こちらの方がおすすめです。

しっかり実感を得たい人はシリーズ買いがおすすめ

リプロスキンは化粧水だけでなく、クレンジングなどその他のスキンケアもラインナップされています。

ニキビケアをトータルでしっかり実感したい人は、シリーズで購入するのがおすすめです。

リプロスキンのラインナップは以下の通りです。

  • スキンケアクレンジングジェル 120g/3,725円(税抜)
  • スキンケアフォーム 100g/2,475円(税抜)
  • ジェルクリーム 50g/5,000円(税抜)

リプロスキン化粧水と合わせて購入すれば送料無料にもなりますので、こちらの商品もお試しください。

リプロスキンが向いている人

リプロスキンの購入が向いている人は以下のような人です。

  • 乾燥肌で大人ニキビができる人
  • ニキビの予防もしたいけど、ニキビ跡のケアもしたい人
  • 保湿にこだわった化粧水を使用したい人
  • 肌に優しい化粧水を使用したい人
  • スキンケアアイテムは効果をじっくり試してから購入したい人

これらに当てはまり、ニキビケアに人気の化粧水を使いたいならリプロスキンを使ってみてはいかがでしょうか。

お得に購入するなら「定期コース」がおすすめ

リプロスキン定期コース

リプロスキンはニキビの有効成分と美白成分が含まれ、独自の技術でナノ乳化された、ニキビケアやニキビ跡ケアにおすすめの化粧水です。

しっかりと実感したい人は定期コースで継続することをおすすめします。

定期コースならお得な価格でずっと購入することができます。

また回数の縛りもないので、止めたいときに止めることも可能!

リプロスキンが気になる人は、ぜひ定期コースでお試しください。

リプロスキンの公式サイトへ

PICKUP CONTENTS

トップへ