紫外線でニキビが悪化する!?ニキビ肌におすすめの日焼け止めを紹介

紫外線でニキビが悪化する!?ニキビ肌におすすめの日焼け止めを紹介

紫外線が皮膚がんのリスクを高めたり肌を傷つける作用がある・・・ということを誰もが一度は聞いたことがあると思います。

紫外線がお肌にとって大敵なのは、皮膚の細胞にダメージを与えてターンオーバーの周期を乱してしまい、その結果、角質層が厚くなって毛穴をふさいでしまうから。

これがニキビの原因になってしまいます。

そもそも、紫外線の肌への影響ってどんなものがあるのでしょうか?

紫外線とは?

紫外線は太陽の光に含まれています。

太陽光に含まれる赤外線は温かく明るい光ですが、紫外線は温度もなく目にも見えません。

ところが紫外線の波長は長く、肌の深いところまで届く強力な光線なのです。

紫外線には3種類の波長があります。それぞれのお肌への影響を見てみましょう。

紫外線A波(UV-A)

3種類の中で最も長い波長を持ち、曇りの日にも降り注ぎ、窓ガラスも通過します。

肌の真皮まで届き、皮膚の弾力を保つコラーゲンを破壊するためにしわやたるみの原因になります。

小さいダメージがじわじわと積み重なるように肌に現れ、いつの間にか濃いシミになったり、肌が黒ずんだりします。

ニキビ肌への影響は、ターンオーバーを乱してニキビを出来やすくし、細胞に活性酸素を増やして肌に刺激を与えてニキビを悪化させます。

紫外線B波(UV-B)

いわゆる「日焼け」して肌が赤くなったりヒリヒリするのは紫外線B波の影響です。

紫外線B波は表皮に作用し、肌はダメージを受けると赤くなりやけど状態になります。

日焼けしてまっくろになって皮がめくれたり乾燥したりするのは、紫外線によって表皮の細胞が死んでしまった結果です。

ニキビへの影響は、皮膚の乾燥やめくれによって肌を守るバリア機能が低下してしまい、炎症が起こりやすくなります。

また、めくれた表皮に応急処置で硬い角質が出来るのですが、これが皮脂の出口をふさいで新しいニキビを作ってしまうことがあります。

紫外線C波(UV-C)

3つの中で最も波長が短く、強力に肌に作用する危険な紫外線です。

大気圏にあるオゾン層で吸収されるため、地上まで届くことはほとんどなかったのですが、オゾンホールの拡大によって年々地上まで届いている量が増えているそうです。

紫外線がニキビに及ぼす悪影響

紫外線がニキビに及ぼす悪影響

紫外線は肌への悪影響があることが分かりました。

では、ニキビへの影響をもう少し詳しく見て行きましょう。

毛穴詰まりが起きる

ニキビの原因は毛穴が皮脂によって詰まることから起こります。

紫外線を受けた肌は、肌を守るために角質を厚くして毛穴をふさぎます。

その詰まった毛穴に皮脂がたまり、ニキビを作るアクネ菌が増えてニキビが出来るのです。

つまり、紫外線は「ニキビのできやすい状態を作る」ということです。

肌のバリア機能の低下

紫外線によるダメージは、肌のバリア機能も低下させます。

バリア機能が落ちると肌の水分が失われ、乾燥した肌を守るために皮脂を過剰に分泌します。

過剰な皮脂が毛穴につまるとニキビを作り、肌のバリア機能低下とともに再生力も落ちてしまうのでニキビが悪化してしまいます。

活性酸素がニキビを悪化させる

紫外線は細胞中の活性酸素を増やし、元々ある活性酸素を元気にする作用もあります。

活性酸素は細胞を傷つけ体をさびつかせ、肌のターンオーバーを乱してニキビのできやすい状態にします。

ニキビ跡の色素沈着

ニキビが出来た肌が紫外線を受けると、メラニンが増えてしみやニキビ跡の原因になります。

この状態はやっかいで、ニキビ跡がきれいな肌に戻ることは難しく、ずっとお肌に残り続けます。

紫外線対策を紹介

肌にとって怖〜い紫外線。肌ダメージを防ぐための具体的な方法をご紹介します。

なるべく日陰を選ぶ

なるべく日陰を選ぶ

紫外線は太陽光に含まれるので、「日に当たらない」ことが何よりも予防になります。

木陰のたくさんある道や、日陰側の歩道を歩くなど意識しましょう。

日焼け止めを塗る

日焼け止めを塗る

日陰の中にいても、実は万全ではありません。

土の地面であっても1割の紫外線が反射します。ましてやアスファルトやガラスだったら・・・。

地面からの照り返しだけでも肌はしっかりダメージを受けてしまいますので「日焼け止め」を使うことを習慣にしましょう。

また、曇りでも紫外線は関係なく降り注ぐので毎日使うことが大切。

日中はマメに塗り直すようにしましょう。

帽子やサングラスを身に着ける

帽子やサングラスを身に着ける

ダメージを防ぎたい顔周りに陰を作ってくれる帽子。つばの広めのものがベストです。

紫外線は目からも吸収されて肌に作用しますので、サングラスもかけておくとダブルで安心ですね。

素材に「UV加工」と書いてあれば、しっかりと紫外線をブロックしてくれるのでオススメです。

日傘をさす

日傘をさす

陰がなければ作りましょう!

日傘は日陰を自分で作ることができる手軽な方法です。

晴雨兼用であれば急な雨にも安心ですし、UV加工のものがたくさん出ています。

紫外線に強い肌をキープ

紫外線そのものに負けない肌を作っていくことも大切です。

肌のバリア機能を高めるために、肌をしっかり保湿しましょう。

また日焼けをしてしまったときも、化粧水や乳液でしっかりと保湿をすることが重要です。

特に「ビタミンC誘導体」が含まれた化粧品がおすすめです。

ビタミンC誘導体のニキビケア化粧水を紹介!ニキビ跡予防もできる?

ニキビ肌向け日焼け止めの選び方

ニキビが出来ている肌はとっても刺激に敏感になっています。

ニキビ肌さんにおすすめな日焼け止めの選び方をご紹介します!

PAとSPFの違いとは?

日焼け止めの表示にあるPA+マークとSPFマーク。

PAは紫外線A波に対する効果で、+の数が多いほど効果が高くなります。

SPFは紫外線B波を防ぐ数値で、35や50など数字が大きいほど効果が高くなります。

選び方のポイント

ニキビを悪化させないためには肌への負担が少ない日焼け止めを選びましょう。

具体的には・・・

⒈紫外線吸収剤フリー

⒉オイルフリー

⒊香料・着色料フリー

紫外線吸収剤はアレルギーや皮膚トラブルを引き起こす恐れがある成分として認められています。

日焼け止めに含まれる油は酸化して肌にダメージを与えます。

また、UVカットの効果に関係のない香料や着色料は不要です。

これらはどれも肌への刺激になる成分。ニキビ肌には避けましょう。

ニキビ肌におすすめの日焼け止め

それでは、ニキビ肌でも安心して使える余分な成分が入っていない日焼け止めをご紹介します。

クリームタイプとパウダータイプの2種類を紹介しますので、好みや用途に合わせて選びましょう。

クリームタイプ

ヒフミド UVプロテクトベース

ヒフミドUVプロテクトベース

価格:3,240円(税込)

容量:30g

ニキビ肌におすすめの保湿成分「ヒト型セラミドⅠ・Ⅱ・Ⅲ」が含まれた、日焼け止め&化粧下地。

SPF37 PA+++で日常の紫外線をきっちりとカットしてくれます。

薄いピンク色なのでくすみや色ムラのカバーにもおすすめです。

HANAオーガニック ウェアルーUV

HANAオーガニック ウェアルーUV

価格:4,000円(税抜)

容量:30ml

乳液のようなつけ心地の100%天然成分、オーガニック処方の日焼け止め。

ノンケミカルなのにSPF30 PA++で紫外線から肌を守ります。

ピンクベージュとイエローベージュの2種類となっていて、化粧下地としても使えます。

HANAオーガニックの「新生ウェアルーUV」のレビューや口コミを紹介

ノブ UVミルクEX

ノブ UVミルクEX

価格:2,160円(税込)

容量:35g

@コスメで第二位の、敏感肌にもやさしい日焼け止めクリームです。

SPF32 PA+++の軽いつけ心地で、お湯で落とせて肌への普段を抑えられます。

またノブは敏感肌用のドクターズコスメブランドで低刺激という安心感があります。

オルビス サンクリーン(R)フリーエンス

オルビス サンクリーン(R)フリーエンス

価格:1,200円(税抜)

容量:50ml

ストレスフリーにこだわって作られた、敏感肌やニキビ肌にも優しい日焼け止め。

SPF30 PA+++ですが、紫外線吸収剤は不使用なところが嬉しいポイントです。

家族みんなで使うことができてお得!

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL

価格:3,672円(税込)

容量:30ml

出典:日本ロレアル

敏感肌用ドクターズコスメの「ラロッシュボゼ」の化粧下地兼日焼け止め。

SPF50 PA++++とUVカット効果にも優れているので、長時間の紫外線対策にも安心です。

刺激成分フリーに加えて、うるおいやツヤ感が続きます。

パウダータイプ

エトヴォス ミネラルUVパウダー

エトヴォスミネラルUVパウダー

価格:2,800円(税抜)

容量:5g

肌へのやさしさにこだわって作られた、ミネラル処方の日焼け止めパウダー。

SPF50 PA++++なのにメイクオフは石鹸とぬるま湯だけでOK!

毛穴カバーと崩れ防止にもなる優れものです。

ミューノアージュ UVスキンケアパウダー

ミューノアージュUVスキンケアパウダー

価格:3,564円(税込)

容量:6g

まるでスキンケアをしているかのような、肌に優しい日焼け止めパウダーです。

SPF50+ PA+++でUVカットをしながらも、くすみや毛穴をカバーしてくれます。

メイクの上からも塗ることができるので、メイク直し&日焼け止め直しにも使えます。

まとめ

ニキビ肌のUV対策のポイントについてまとめてみました。

  • 紫外線対策はなるべく日に当たらないように、日陰を選んだり、日傘をさしたりすることが重要
  • 一番の紫外線対策は日焼け止めを塗って、UVケアを行うこと
  • ニキビ肌の人には肌に優しい日焼け止めを選ぶことがおすすめ
  • 日焼け止めにはクリームとパウダーがあり、用途と好みに合わせて選ぶ
  • 美肌に必要なビタミンを摂取して、体の内からもUVケアを行う

紫外線は夏だけでなく、年中降り注ぐ有害物質です。

にきびの原因になるだけではなく、しみやそばかすの原因にもなりかねません。

お肌のトラブルを悪化させないためにも、しっかり紫外線をブロックして健康なお肌を作りましょう!