妊娠中・産後の黒ずみの原因とケア方法。お腹にできた縦線って治るの?

目次 ※クリックで開閉します

妊娠中・出産後のママは慌ただしい毎日を過ごす中で、様々な体の変化やトラブルに悩まされることが多いものですよね。その中でも後回しにしがちなのが肌の黒ずみトラブル・・・

特にワキや乳首そして乳輪といった部位の黒ずみは、なかなか人に相談できるものではありません。こうした黒ずみは妊娠中に生じる体の変化のひとつで、多くの女性が妊娠中・産後に悩んでいるのです。

こちらでは、妊娠中・産後の黒ずみが生じる原因と合わせ、自宅でも簡単にできるケアの方法をわかりやすくご紹介します。

妊娠中・産後にできる肌の黒ずみの原因

妊娠中・産後にできる肌の黒ずみは、「ホルモンバランスの急激な変化」といった女性ならではの原因によって引き起こされています。

 

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)との2種類が存在します。

これら2つのホルモンバランスが妊娠週数ごとに変化し続けることで、妊娠状態の維持そして出産へと導いてくれるのです。

そんな大切な働きを担っているエストロゲンとプロゲステロンですが、実はメラニン色素を生成する色素細胞(メラノサイト)を刺激するという側面も持っています。

ですから、特にエストロゲンとプロゲステロンが急増する妊娠20週目には、体内で生成されるメラニン色素も比例して増加します。

 

こうして急増したメラニン色素によって色素沈着が生じやすい体となり、シミやそばかす、そして黒ずみという変化として肌に現れるのです。

特に、もともと他の部位よりも色素が濃いワキや乳首や乳輪そしてデリケートゾーンは、色素沈着による変化が顕著に現れやすいため、黒ずみの変化が分かりやすいのです。

妊娠中・産後の黒ずみケア

こうした妊娠中のホルモンバランスの変化によって生じる黒ずみのケアとしては、主に以下の2つの方法が効果的となります。

 

保湿ケアをしっかり行う

UV対策を行う

 

 これら2つの黒ずみケアの方法を分かりやすく解説します。

妊娠中の肌トラブルを未然に防ぐ方法としても役立ちますので、是非今日から始めてみてはいかがでしょうか?

保湿をすることでターンオーバーを活性化させよう!

妊娠中の黒ずみを改善するには、保湿ケアをしっかりと行い、肌のターンオーバーを活性化させることが大切です。

皮膚細胞の生まれ変わる周期として知られる肌のターンオーバーを活性化させれば、より早くそして正しい周期でお肌を新しく生まれ変わらせられます。

こうした働きのある肌のターンオーバーを活性化させるうえでは、しっかりと保湿ケアを行ってお肌を健やかな状態に保つことが必要不可欠です。

そのためには、お風呂上がりで柔らかくなった清潔な肌に、保湿効果のあるクリームでケアをしましょう。

保湿効果と合わせて肌のターンオーバーを促す成分を含むものも多く市販されていますので、そちらも黒ずみケアにオススメのアイテムです。

UV対策を行おう!

妊娠中・産後の肌は乾燥しやすくバリア機能が弱まっています。上記の保湿ケアと同時に、UV対策も忘れずに行いましょう。

肌のバリア機能が弱ければ、UVの刺激による日焼けや乾燥も生じやすくなります。

ただでさえメラニン色素が肌内部に多くある状態ですから、UVによるメラニンの生成は避けたいですよね。

また、UVケアは更なるメラニンを生成させないためだけでなく、様々な肌トラブルを未然に防ぐためでもあります。

妊娠中・産後の授乳中には、肌トラブルが発生しても内服薬による対処はできません。

ですから、日頃から保湿ケアと同時にUV対策をしっかりと行う、といった基本的なスキンケアがとても重要となります。

お腹にできる黒ずみ「正中線」について

お腹の真ん中に伸びる茶色っぽい・黒っぽい縦線が気になる人も少なくはありません。このような縦線は「正中線」というもので、黒ずみの一種です。

以下では正中線そのものについての解説と妊娠中に急に現れる原因、そして正中線と同様にお腹に現れる妊娠線との違いについて分かりやすくご説明します。

最後には正中線が生じる原因に合ったケア方法をご紹介しますので、正中線が気になる人のお役に立てることができれば幸いです。

正中線とは?

小さな頃から正中線がある人や、痩せたり太ったりそしてホルモンバランスの変化によって正中線ができる人など、個人によって原因に差があるものの、生まれた時から人間にもともとある線です。

「妊娠をしてから急に線がくっきり現れた」と驚きますよね。しかし、実はもともとあったものの目立たなかった正中線が、妊娠中の黒ずみと同じメカニズムによって目に見える線として現れたというわけなのです。

妊娠線との違いとは?

そもそも妊娠線とは、皮膚内部の組織(真皮)が、大きくなって目立ち始めるお腹に耐え切れずに伸びて割れる断裂痕のことです。

ですから、ホルモンバランスの急激な変化が原因となって現れる正中線と妊娠線とでは、生じる根本的なメカニズムが異なります。

その他にも、妊娠線と正中線とでは以下のような違いがあります。

 

・妊娠線…痛みや痒みを伴う、徐々に薄くはなるが消えずに残る

・正中線…痛みや痒みが全くない、メラニン色素の分泌が正常になる半年~1年で消える

 

伸びや断裂といった皮膚組織の変化が原因ではない正中線は、ホルモンバランスがもとに戻り、メラニン色素の分泌が正常な状態になれば自然と消えていきます。

個人差はあるものの、およそ半年~1年ほどで気にならなくなります。

子育てや家事などで慌ただしい毎日に追われていると、いつの間にか消えてしまっていた、ということが多い正中線。

しかし、なかなか消えないと「残ってしまうのではないか」と不安になりますよね。次では、正中線を早く消すケア方法をご紹介します。

妊娠線用のクリームで保湿し、ケアすることが大切!

正中線をできるだけ早く消すためには、妊娠線予防として用いられる妊娠線クリームが効果的です。というのも、妊娠線クリームには肌を柔らかくする保湿効果や肌のターンオーバーを促進させる成分が豊富に含まれているからです。

妊娠中には、肌のターンオーバーの周期が遅くなってしまい、肌のメラニン色素が通常よりも排出されにくい状態にあります。

ですから、メラニンの生成を抑制する美白クリームよりも、肌のターンオーバーを活性化する妊娠線クリームのほうが、正中線の改善には適しています。

妊娠線予防に使っていた妊娠線クリームを、妊娠中・産後の正中線のケアにも継続して使えるのは嬉しいですね。

また、妊娠線予防として妊娠線クリームを使っていなかった人には、「妊娠線を消す妊娠線クリーム」をお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中・産後に体に見られる黒ずみや正中線は、産後しばらくしてホルモンバランスが元に戻りメラニン色素の分泌が正常な状態になる産後半年~1年半には、自然と薄くなり消えていきます。

また、肌を回復するゴールデンタイムと呼ばれている産後6ヶ月は、体の黒ずみや正中線の回復が早い時期として知られています。

どうしても気になってしまうという人は、産後なるべく早めの改善ケアを始めてくださいね。

個人差はありますが、体の黒ずみや正中線は時が解決してくれますし、ケアを行えばさらに早く改善されます。ですから、あまり気にすることなく、ご紹介したケア方法で毎日お手入れをしながら気長に待ちましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ