簡単ピーリング♡黒ずみやしみ、ニキビにはヨーグルトパックが効果的!?

目次 ※クリックで開閉します

突然ですが、ヨーグルトパックをご存知でしょうか?

現在ドラッグストアやコスメショップを見ると、たくさんのパックが販売されていますよね。

実際にパックと聞くと、既製品を思い浮かべる方も多いかと思いますが、実はお家にある食材でお手軽に作れちゃうパックもあるのです。そのひとつがヨーグルトパックです。

ヨーグルトパックは、市販のヨーグルトを利用して作るパックのことで、肌にうれしい効果がたくさん期待されています。

ここでは、そんなヨーグルトパックについて、その効果やアレンジ方法などを紹介していきたいと思います。

気になるヨーグルトパックについて

まず、ヨーグルトパックをすることで得られる効果について詳しく見ていきましょう。

エステや皮膚科で実践されているピーリング効果

ヨーグルトにはたくさんの栄養が含まれていますが、その中でも、α-ヒドロキシ酸と呼ばれる成分は、AHA(フルーツ酸)とも呼ばれるもので、肌にピーリング効果をもたらすことがわかっています。

AHAピーリングとは?

俗に言う、AHAピーリングとは、古い角質を取り除き、角質の生まれ変わりを正常化するためのケアのことを言います。

皮膚科やエステなどで良く施術されていますが、こういった場では専用の比較的刺激が弱いAHAの薬剤を使用することが多くみられます。

ちなみに私たちが気軽に手にすることができるピーリング石鹸なども、AHAが含まれているものがほとんどで、低刺激なうえピーリング効果が期待されているものとなっています。

美容単語としてよく聞く「ターンオーバー」も、ピーリングすることによって正常化されます。

まだまだある!ヨーグルトの美容効果!

ヨーグルトに豊富に含まれているビタミンB群も、ターンオーバーを促進させる効果があるので、ダブルで肌の健康効果が期待されているのです。

また、ターンオーバーが正常になると、肌にはさまざまな効果がみられるようになります。

まず、くすみやシミの原因となるメラニン色素の除去です。これにより、美白効果も期待できますし、古い角質がはがれることでしわにも効果的です。

もう一つがニキビ菌への抑制効果です。

ピーリング効果によって、ニキビの原因となるアクネ菌が育つ環境を改善できますし、古い角質がはがれることで、ニキビ跡の治療にも効果的なのです。

実際に、ニキビの治療でピーリングは多く採用されています。

ホエーには肌にうれしい保湿効果も!

続いては、ヨーグルトに含まれている乳清(ホエー)に注目していきましょう。

乳清とは、市販のヨーグルトなどでよく見られる、上部にたまっている液体のことをいいます。ヨーグルトを食べる時に、この乳清を捨ててしまう方も多いかと思いますが、実は乳清はヨーグルトパックをする際に欠かせない大事な成分でもあるのです。

乳清には、ミネラルやビタミン、たんぱく質などが豊富に含まれています。これら総じて保湿力が高いため、肌に潤いを与えてくれることがわかっています。

また、乳性に含まれている分だけでなく、たんぱく質はヨーグルトの主成分でもあります。

このたんぱく質は、汚れを吸い取る働きを持っているため、肌にできてしまった黒ずみをきれいに落としてくれるのです。

ヨーグルトパックの作り方をご紹介

このように、ヨーグルトパックをすることで得られる効果は、ざっと見てもシミやしわ、ニキビ・ニキビ跡、肌の黒ずみなど、さまざまにあります。

続いては、そんなヨーグルトパックの具体的な作り方を紹介していきましょう。

ヨーグルトパックに必要なもの

まず、ヨーグルトパックに必要なものを見ていきましょう。基本的には、ヨーグルトは市販のもので対応できます。

□ヨーグルト・・・大さじ1杯

□小麦粉(薄力粉)・・・小さじ1杯

□容器

プラスすると相乗効果のあるものも!

ヨーグルトパックはヨーグルトと薄力粉だけでももちろん効果はありますが、そこにプラスアルファで材料を追加することで、さらなる効果が期待できます。

乾燥対策やアンチエイジングにはココアをプラス

テレビでも紹介されたココアですが、こちらは乾燥対策やアンチエイジングに効果があります。実際に、ココアを入れたヨーグルトパックを2週間続けたことで、肌年齢が21歳若返ったことも話題になりました。

作り方としては、基本の材料に無糖ココアを小さじ1杯ほど加えるだけです。ココアが入ると、ヨーグルトパックが固まりやすくなりますので、お好みで小麦粉の量を調整してもいいかと思います。

保湿力アップにはハチミツをプラス

はちみつもヨーグルトパックに加えると効果はあることもわかっています。

はちみつを通常のヨーグルトパックに小さじ1杯ほどプラスすることで、保湿力アップが期待されています。

ニキビや吹き出物予防には抹茶をプラス

抹茶をヨーグルトパックにプラスすることで、ニキビや吹き出物の予防にもなります。抹茶は殺菌効果があるため、ニキビの原因となるアクネ菌に効果的なのです。

分量としては、基本のヨーグルトパックの材料に抹茶の粉を小さじ1~2杯ほど加えるだけとなります。

ヨーグルトパックの作り方はこちら!

ヨーグルトパックの作り方はとても簡単です。実際にその作り方を見ていきましょう。

1、材料を混ぜる

まずは、用意したヨーグルト、小麦粉を容器の中でよく混ぜます。この際、固さは小麦粉の量で調整できますので、お好みで足したり減らしたりしてみてください。ココアやはちみつ、抹茶などもここで一緒に加えます。

2、顔に塗る

続いてよく混ぜたものを、顔に塗っていきましょう。この際、皮膚が見えなくなるまで厚めに塗ることがポイントとなります。しっかりと塗ったら、10~20分ほど置いておきましょう。

3、 洗い流す

表面が乾いてくるのがわかったら、終了のサインです。つけていたパックを、水できれいに洗い流しましょう。この際、ヨーグルトが顔に残らないようにしっかりと流してください。

ヨーグルトパックには注意点もあり!

ヨーグルトパックはご家庭で簡単にできますし、美肌効果も優れているため、「毎日でもしたい!」と思う方も多いかと思います。しかし実は、ヨーグルトパックは十分に注意が必要なため、毎日はおすすめできません

最後にその理由と注意点を詳しく見ていきましょう。

ヨーグルトパックはやりすぎ注意!

ヨーグルトパックは、先述した通りピーリング効果を併せ持っています。ピーリングは、実は毎日行ってしまうと肌に必要な角質を剥がしてしまうことになり、肌トラブルを生みだす危険性が出てきます。

そのため、ヨーグルトパックは毎日ではなく多くても週に1~2回程度に抑えておきましょう。毎日実践したからといって、プラスな効果ばかりが働くというわけではないのです。

パッチテストをしないと危険なこともあります

基本的には、ヨーグルトは食べることができるので、パックをしてもトラブルが起きにくいものでもあります。しかし特に敏感肌の方は、ヨーグルトが肌に合わず、逆に肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。

そうならないために、心配な方はぜひパッチテストを行ってからヨーグルトパックを試してみるようにしましょう。異常が出たら、すぐに使用を止めてください。

作り置きはしないように!

ヨーグルトはご存知、乳製品です。乳製品は、長く置いておくことで品質が変化しやすいため、作り置きはおすすめできません。もしどうしても作り置きしたい場合は、一週間で使い終わるようにし、冷蔵庫でしっかり保管もするようにしましょう。

紫外線対策をする!

ヨーグルトパックだけでなく、ピーリング効果のあることを実践した場合は、紫外線対策を行う必要があります。ピーリングによってはがされた角質は、紫外線の影響を非常に受けやすくなってしまうのです。そのためヨーグルトパック後に紫外線対策を怠ると、シミやそばかすができてしまうこともあります。

まとめ

いかがでしたか?

ヨーグルトパックをすることで、肌にうれしい効果がたくさん期待できます。

また、肌に優しいパックでもあるので、顔だけでなく全身にも塗ってケアできることも魅力の一つです。

材料も簡単にそろえることができますし、作り方も簡単なので、ぜひヨーグルトパックを実践して美肌を手に入れてみてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ