憎きイチゴ鼻とおさらば!鼻の毛穴の黒ずみの正しいケア方法とは?

目次 ※クリックで開閉します

どうしても目立ってしまう鼻の毛穴のポツポツとした黒ずみ。いくら洗顔をしてもとれない!鼻パックをしても取りきれない!仕舞には、気になりすぎてピンセットや指で押し出そうとした経験が一度はあるんじゃないでしょうか?そんな女子の大敵である、鼻の毛穴の黒ずみの撃退方法をご紹介していきます。

鼻の黒ずみの原因

そもそもなぜ鼻に黒ずみが出来てしまうのでしょうか?

その原因は毛穴の「詰まり」と「開き」にあります。古くなった角質や皮脂が排出されずに酸化することで、毛穴の中で固まって詰まり角栓となります。この角栓こそが毛穴の黒ずみの正体なのです。

また、毛穴が詰まる以外にも考えられる原因としては・・・

毛穴の入り口付近にメラニンが溜まり黒く見える「メラニン毛穴

洗いすぎなどの過度な皮脂対策によって肌が乾燥し、毛穴が開いて見える「乾燥毛穴

無理やり毛穴の皮脂や角栓を押し出そうとして皮膚を傷つけたことによる「クレーター毛穴

このような毛穴のタイプによっても黒ずみが引き起こされます。

黒ずみケアの基本!正しい洗顔のしかた

黒ずみケアとして最も重要なのは、毎日の洗顔を正しく行うことです。黒ずみが取れないからとゴシゴシ強く洗ってしまったり、十分に泡を立てずに洗ってしまうことは肌にとってダメージとなります。まずは、黒ずみケアの基本である正しい洗顔のしかたをマスターしましょう!

~正しい洗顔のしかた~

①30℃くらいのぬるま湯で洗い、ホコリなどの落とせる汚れを落とす。

②洗顔料を泡立てネットを使ってしっかり泡立て、手のひらいっぱいの泡を作る。

③両手で泡を皮脂の多いTゾーン→Uゾーン→目元の順番でのせていき、肌には触れずに泡で包み込むようにして優しく洗う。

④ぬるま湯で泡の残りやすいフェイスラインまで十分に洗い流す。

⑤きれいなタオルを軽く肌に当てるようにして、水気を拭き取る。

!!洗顔POINT!!

・洗顔料をのせている時間は30秒~40秒にとどめる。

・肌には触れずに、泡の力で洗い流す。

・肌が乾燥している場合は、顔全体に洗顔料を使わない。

・自分の肌質に合った洗顔料を使う。(洗った後にツッパリ感がでるものはNG!)

・タオルは毎回取り替えて、きれいなものを使う。

タイプ別によって異なる鼻の黒ずみケア

鼻の黒ずみの正しいケア方法は、毛穴の黒ずみタイプによって異なります。自分がどのタイプに当てはまるかを確認し、毛穴タイプに応じたケアをしていきましょう!

角栓詰まりタイプ

・クレンジング後に蒸しタオルで毛穴を開かせてから正しい洗顔をする。

・週に2~3回はパワフルな洗浄力のある酵素洗顔をすることがおすすめ。

・月に1~2回ほどピーリング化粧品で毛穴の奥の汚れと厚くなった角質を取り除く。

メラニンタイプ

・正しい洗顔と保湿、美白化粧品による紫外線ケアをする。

・ケアをする際は、肌に負担をかけないように優しく行う。

・適度な運動などで肌のターンオーバーを促進し、メラニンの蓄積を防ぐ。

乾燥タイプ

・クリームタイプのクレンジングを多めに使い、正しい洗顔をする。

・保湿力のある化粧水、美容液、乳液を使ってしっかりと保湿をする。

・週に1回はローション系のシートマスクで肌の水分補給を行う。

クレータータイプ

・ビタミンC誘導体が入った化粧品を使って炎症を抑え、毛穴を引き締める。

・傷跡治療用の医薬品やオイルで傷の修復を促す。

・バランスの良い食生活と質の良い睡眠で身体の内側から改善する。

まとめ

さて、正しい洗顔のしかたと自分の毛穴タイプはわかりましたか?

鼻の毛穴の黒ずみは正しい洗顔と自分に合ったケア方法を実践することで解消することができます。今まで何をしても黒ずみが取れなかった・・・と感じている方は今までの洗顔のしかたやケア方法が間違っていたのかもしれませんね。

これを機に、今までのスキンケア方法を見直して、自分の毛穴タイプに合わせたケアを毎日行ってください。そして、イチゴ鼻ともおさらば!見られても恥ずかしくない、ツルピカな鼻を目指しましょう!!

PICKUP CONTENTS

トップへ