正しい洗顔で肌トラブル対策♡おすすめ洗顔フォーム5選 for dryskin

当たり前のように行っている洗顔。改めて、その意味を考えてませんか。私たちの肌は、汚れた空気や古くなった皮脂、メイクなどに常にさらされています。これらを洗顔で落としておかないと肌トラブルの原因になることがあります。だから、洗顔が必要なのです。ただし、ただ洗えばよいというものではありません。間違えた洗顔をしていると、乾燥肌がひどくなることや、ターンオーバー周期が乱れてクスミやシミ、シワ、吹き出物などに悩まされることがあるのです。何気なく行っている洗顔は美肌作りの基本といえます。洗顔のポイントを紹介しますね。

洗顔料の種類

洗顔をするうえで欠かせないのが洗顔料。様々な種類があるので特徴を理解して使い分けることが重要です。具体的に、どのような種類の洗顔料があるのでしょうか。

固形石鹸

脂肪酸とアルカリを反応させた固形石鹸。使用後に肌がつっぱるので苦手な方が多いはず。肌に負担がかかっていると誤解されがちですが、つっぱりは一時的に肌がアルカリに傾くため起こります(元に戻るので心配ありません)。すすぎ後に洗浄成分が残りにくい固形石鹸は、基本的に肌に優しい洗顔料と考えられています。ただし、濡れたまま保管しておくと雑菌が繁殖するので保管方法には気を付けましょう。

フォームタイプ

最も一般的な洗顔料がフォームタイプです。様々なメーカーが発売しているので選択肢が多いこと、泡立ちが良いので使い勝手が良いことなどがメリットです。乾燥肌が気になる方はしっとりタイプを選ぶとよいでしょう。フォームタイプの延長線上にあるのがスクラブ入り洗顔料。スクラブと呼ばれる粒々が毛穴の汚れをかき出してくれるといわれています。スクラブが肌を傷つける恐れがあるので乾燥肌や敏感肌の方にはおすすめできません。

ジェルタイプ

水分を多く含む洗顔料なので泡立ちが良く使い勝手がとてもよいです。洗浄力は強めなので洗い上がりはさっぱりしています。乾燥肌の方はNGです。

泡タイプ

ポンプを押すと泡が出てくる洗顔料。簡単にきめ細かい泡で洗顔できるのでとても便利です。泡立てが苦手な方におすすめです。

洗顔の選び方

それぞれの洗顔料の特徴を把握したところで、自分に合った洗顔料を選びましょう。洗顔料選びのポイントは、不要な汚れを落とせることと、肌に過度な刺激を与えないことです。特に、乾燥肌、敏感肌の方は刺激を受けやすいので注意しましょう。

マイルドな洗浄力の洗顔料

洗顔料に皮脂汚れを落とすことを求める方が多いはずです。必然的に洗浄力の強い洗顔料を選ぶことになりますが正しい選択でしょうか。ベタつきやテカりの原因になる皮脂は、肌の潤いを守る重要な保湿成分です。洗浄力の強い洗顔料で落としすぎると乾燥肌がひどくなってしまいます。

皮脂が少なくなると不足する皮脂を補おうと皮脂の分泌が過剰になることがあります。実は、脂性肌の方も隠れ乾燥肌の可能性があるのです。乾燥肌は、洗浄力のマイルドな洗顔料が適していると考えられています。合成界面活性剤を使用した洗顔料は洗浄力が強くなりがちなので気を付けましょう。

肌への刺激が少ない洗顔料

乾燥肌の方には刺激の少ない洗顔料がおすすめです。刺激の少ないものとして挙げられるのが肌と同じ弱酸性の洗顔料です。ただし、弱酸性の洗顔料は洗浄力がかなりマイルドです。汚れを落とすという面では見劣りしてしまいます。汚れが気になるときは、弱アルカリ性の洗顔料や洗浄成分が残りにくい固形石鹸を試すとよいかもしれません。

泡立ちの良い洗顔料を選ぶ

泡立ちの良さも洗顔料を選ぶ重要なポイントです。泡が毛穴の奥に入り込み皮脂汚れなどを浮かせてくれるので、肌に負担をかけず洗顔できます。

選択肢が豊富なので、洗顔料選びは難しいですよね。洗顔料を使わず水やぬるま湯で洗うこともできるので、どれが正しいかわからなくなることがあります。良いといわれる方法はあっても唯一無二の正解はありません。個人差が大きいので、新しい洗顔を選ぶときは1、2週間のテスト期間を設けて評価してみてはいかがでしょうか。

正しい洗顔方法

洗顔料選びと同じく気を付けたいのが正しい洗顔方法。どれだけ高品質な洗顔料を使っていても洗顔方法が間違えていると乾燥肌が悪化します。洗顔はどのように行えばよいのでしょうか。

Step1.洗顔料をしっかり泡立てる

ぬるま湯で洗った手の上に洗顔料をとります。手の平をくぼめて、反対の手の指先で洗顔料を混ぜて鶏卵大まで泡立てます。乾燥肌の方はネットを使って泡立てるとよいでしょう。

Step2.皮脂の多い場所から洗い始める

皮脂の落とし過ぎを防ぐため、皮脂の多いTゾーンから洗い始めます。具体的には、手と肌の間で泡を転がすように洗います。

Step3.目元は泡をせるだけでOK

皮膚の薄い目元、口元は泡をのせる程度で構いません。洗いすぎると乾燥肌を悪化させてしまいます。

Step4.ぬるま湯で念入りにすすぐ

人肌程度のぬるま湯でしっかりすすぎます。20回を目安にすすぐとよいといわれています。生え際やフェイスラインはすすぎ残しが多い場所です。肌荒れなどの原因になるので見落とさないようにしましょう。

Step5.柔らかく清潔なタオルで拭く

柔らかく清潔なタオルで抑えるように拭きます。ゴシゴシ拭くとデリケートな乾燥肌を傷つけてしまいます。

Step.6保湿までセットで考える

洗顔で肌の保湿成分が奪われるので乾燥しやすくなります。洗顔後は3分以内に保湿しましょう。

正しい洗顔方法に加えて気をつけたいのが気づかずに行いがちな間違い習慣。

あわせて、次のポイントも確認しておきましょう。

1日何回も顔を洗わない

1日何度も顔を洗うと乾燥肌が悪化してしまいます。洗顔は朝と夜の1日2回までにしましょう。

洗顔時間にも要注意

長い時間をかけて洗顔するでも乾燥肌は悪化します。洗顔時間は「少し短いかな?」と感じる程度で十分です。

紹介したポイントに気を付ければ、乾燥肌を優しく洗い上げれるはずです。優しく、丁寧に洗顔しましょう。

続いて、乾燥肌におすすめしたい洗顔料を紹介します。

nanairoおすすめ洗顔 for dryskin

コンディショニングウォッシュ(d プログラム)

  出典:資生堂

数々のベストコスメアワード洗顔部門1位を獲得している「コンディショニングウォッシュ(d プログラム)」。人気の秘密は低刺激で乾燥肌・敏感肌でも安心して使用できること。洗顔後にツッパリやカサつきを起こさず滑らかで清潔な肌へ導いてくれます。ニキビを作りやすい成分を配合していない点もうれしいポイントです。

ミネラルウォッシュ(カバーマーク)

  出典:covermark

スッキリとしっとりを両立した洗顔料が「ミネラルウォッシュ(カバーマーク)」。ミネラルを含むもっちりした泡が、潤いを守りながら汚れを吸着するので肌が整いやすいといわれています。汚れはしっかり落としたいけど乾燥肌が気になる方におすすめです。

クリームソープ(イオン化粧品)

  出典:ionkesho

きめ細かな泡が肌を包み込んでメイクや汚れをしっかり落としてくれる「クリームソープ(イオン化粧品)」。洗顔後に肌がツッパリにくいので乾燥肌はもちろん敏感肌の方も安心して使えます。クレンジングの必要がなくなるのでトータルで肌にかかる負担を大きく減らせるかもしれませんよ。

リセットウォッシュ (アクセーヌ)

  出典:acseine

プッシュタイプでおすすめの洗顔料が「リセットウォッシュ (アクセーヌ)」。弱酸性のきめ細かな泡が肌に負担をかけず汚れを落としてくれます。と同時に、配合されている天然多糖類が乾燥でゴワゴワになった角質を軟らかく、グリコール酸が不要な角質を除去してくれます。肌の状態をリセットしたいときに最適ですよ。

☆Im curious about this Face Wash☆エクストラ ジェントル クレンジング フォーム(クリニーク)

  出典:clinique

クリニークから新登場した「エクストラ ジェントル クレンジング フォーム(クリニーク)」も見逃せませんよ!プッシュすると出てくるきめ細かい柔らかな泡が毛穴の奥まで汚れを落としてくれます。ココナッツ由来の皮脂コンプレックスなど、乾燥肌や敏感肌をいたわる成分が配合されている点もうれしいですよね。同時に発売された音波洗顔用替えブラシ「エクストラ ジェントル クレンジング ブラシ」とあわせて使えば自宅でエステ気分を味わえるはず。

何気なく行っている洗顔ですが、乾燥肌のケアや美肌作りにとても重要な意味をもちます。自分に合った洗顔料を選び、正しい方法で洗顔すると気になるお肌の悩みが改善するかもしれませんよ。あらためて、洗顔を見直してみませんか♡