【2021新春】名店おせちの予約状況

季節ごとに考えたい乾燥肌のケア

意識することは少ないですが、季節により紫外線の量や空気の湿度は大きく異なります。肌が敏感な乾燥肌の方は、季節に合わせたケアを心がけましょう。

上手に対処することで肌の状態をよく保てるはずですよ。春・夏・秋・冬、ぞれぞれの特徴を解説するとともに、おすすめのケアを紹介しますね。

spring

季節の特徴

厳しかった冬が終わり春を迎えると、乾燥肌もようやく休まると思っていませんか。実は、春も乾燥肌には厳しい季節です。

最初に気を付けたいのが、冬の間に蓄積したダメージです。

何とか乗り越えたと思っても、冬の冷たく乾燥した空気は確実に乾燥肌にダメージを与えています。まずは、丁寧なケアでダメージを回復させたいところです。

気温の変動が大きい春の気候も乾燥肌にダメージを与えます。

肌のターンオーバーを乱す原因になり、暖かい日が増えることで皮脂の分泌が多くなります。春は肌のゆらぎが大きくなる季節なのです。さ

らに、春になると紫外線が強くなるほか、春一番が吹き荒れ、花粉や黄砂などが空気中に舞います。

バリア機能が衰えている乾燥肌には、厳しい季節といえるでしょう。暖かくなって身体が楽になるかもしれませんが、しっかりとしたスキンケアが必要な季節です。

ケア

春の寒暖差は肌のバランスを崩します。

皮脂の分泌が増えて吹き出物ができやすくなるので、しっかり洗顔を行いましょう。ただし、乾燥肌の方は皮脂を取りすぎないことが重要です。

皮脂が多い場所は丁寧に、皮脂の少ない場所はサッと洗います。もちろん、洗顔後の保湿も欠かせません。

花粉や黄砂など、肌に大きなストレスがかかる時期なので、洗顔後は化粧水+乳液などで十分に潤いを届けてバリア機能を高めましょう。

まだまだ肌寒い日が多いかもしれませんが、3月~5月にかけて紫外線はかなり強くなります。

紫外線を浴びると肌が乾燥しやすくなるので、この時期から本格的なUVケアが必要です。

外出時など太陽光を浴びるときは日焼け止めでケアしましょう。

summer

季節の特徴

春が終わって梅雨に入ると、湿度が高くなるので乾燥肌でも過ごしやすいはずです。しかし、梅雨が明けて夏に入ると一気に乾燥肌に厳しい季節になります。

この時期の特徴は、気温が高くなり紫外線が強くなること。

これらの影響で、汗と皮脂の分泌がかなり多くなります。上手にケアしないと乾燥肌の負担になる恐れがあります。もちろん、紫外線も同じです。

湿度そのものは高くなりますが、室内の空気はエアコンの使用で乾燥しがちです。気づかずに過ごしていると、乾燥肌にとって冬以上に過酷な季節になることも。

エアコンをつけている部屋で過ごす方は、乾燥肌対策を必ず講じるようにしましょう。具体的に、どのようなケアを心がければよいのでしょうか。

ケア

この時期で最も重要なケアが紫外線対策。日焼け止めに頼ってしまいがちですが、乾燥肌に大きな負担をかけるものが多いので日焼け止め選びは慎重に行いましょう。

肌に負担をかけにくい紫外線散乱剤(ノンケミカルと表示)を使用したものであれば乾燥肌でも使いやすいといわれています。

あるいは、SPFの低い日焼け止めと日傘、サングラスなどを併用してもOK。

ポイントは日焼け止めをこまめに塗りなおすこと。基本的に、SPFの低い日焼け止めは洗い流しやすいので乾燥肌にやさしいと考えられています。

分泌量が増える汗と皮脂のケアにも要注意。硬いタオルでゴシゴシふき取ろうとすると、デリケートな乾燥肌を傷つけてしまいます。かといって、何度も洗い流すと肌が乾燥しやすくなります。

分泌量が増えた汗や皮脂は、柔らかいタオルで優しく抑えるようにふき取りましょう。

この時期に注意したいのがインナードライです。肌表面は汗と皮脂の分泌が増えるので潤っているように見えますが、肌の内側は乾燥していることが少なくありません。

べたつきやすいので敬遠したくなるかもしれませんが、夏も保湿は必要です。化粧水+乳液などでしっかり保湿しましょう。

エアコンの使用にも十分注意が必要です。室内の空気が乾燥するので、できるだけ加湿器と併用しましょう。

オフィスなどで自由が利か場合は、卓上加湿器を利用するとよいかもしれません。直接、エアコンの空気を浴びないことも重要です。

fall(autumn)

秋とはいえ、まだまだ残暑が厳しい初秋は汗をかくことが多いはずです。

夏と変わらないと思いがちですが、湿度は確実に下がっています。

そのため、汗を放っておくと蒸発して肌が乾燥してしまいます。

秋が深くなると、気温が急激に下がるので肌の血行が悪くなりがちです。ターンオーバー周期が乱れると肌トラブルを起こしやすくなります。

厳しい夏を切り抜けた肌には、暑さと紫外線などのダメージが蓄積されています。この影響が現れる季節が秋です。

穏やかな季節に思えますが、秋も手抜きせずスキンケアに取り組みましょう。

ケア

秋のケアのポイントは、夏に受けたダメージ回復と冬に向けたバリア機能の強化です。

基本のスキンケアは角質層に潤いを届ける保湿です。

保湿効果の高いセラミドを配合したスキンケア用品で肌をしっかり潤しましょう。

気温が下がって血行が悪くなったときは、ぬるめのお湯にゆっくりつかるとよいかもしれません。入浴後の肌は乾燥しやすいので、この時もしっかり保湿しましょう。

winter

空気が乾燥して冷たくなるので、乾燥肌には最もつらい季節。

バリア機能の衰えた肌だと、ただ過ごしているだけで乾燥してしまいます。

特に注意したいのがエアコンの使用。加湿を行っていない部屋では、湿度が20%程度になることが少なくありません。肌に最適な湿度は60~65%といわれるので、いかに過酷な環境かわかるはずです。

また、気温の低下とともに血行が悪くなるので肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

この影響でも、肌のバリア機能が低下します。乾燥がひどくなると、カサカサ、ツッパリ、かゆみ、粉ふきなどのほか、赤みや吹き出物などの肌トラブルが起こることも。冬は念入りなスキンケアが必要です。

ケア

肌の乾燥がひどくなるのでスペシャルケアを行いたくなるはずです。もちろん、スペシャルケアもよいですが、スペシャルケアの前に毎日行う基本のスキンケアを見直しましょう。

基本のスキンケアがおろそかになっていると、スペシャルケアを行っても乾燥を防げません。

乾燥肌対策で重要なスキンケアは保湿です。

保湿は、洗顔後、入浴後5分以内に行います。これらの後は、肌の潤いを保つ成分が流れ出ているため乾燥しやすいからです。

保湿の目的は、肌に水分ではなく保湿成分を届けることです。

潤いを保つ成分を届ければ、肌が水分を維持できるようになります。具体的には、化粧水で水性の天然保湿因子など、乳液や美容液で油性のセラミドなどを届けます。

乾燥が特にひどい部位は、油分の多いクリームで蓋をするとよいでしょう。

乾燥肌はバリア機能が衰えているので、一般的なスキンケア用品で肌トラブルを起こすことがあります。

刺激などを感じる場合は、乾燥肌用、敏感肌用を選んでみてください。肌をいたわりながらケアできます。

季節により肌が受ける影響は大きく異なります。乾燥肌にお悩みの方は、季節に合わせたケアに取り組むようにしましょう。基本のケアは保湿ですが、紹介したポイントに気を付けることで肌の潤いを保ちやすくなるはずです♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman

NEW POST