乾燥肌のファンデーション選びのポイント&塗り方

目次 ※クリックで開閉します

季節を問わず女性を悩ませる乾燥肌。化粧のりが悪くなるだけでなく化粧崩れもしやすくなりますよね。

毛穴や目じり、口の周りの小じわが目立つ、時間がたつと化粧がよれる、粉を拭く、皮がむけて赤くなるなどに悩まされていませんか。

お困りの方は、ファンデーションの選び方を見直すとよいかもしれませんよ。

今回は、乾燥肌におすすめのファンデーションの選び方を紹介しますね。1日中キープできるうるおい肌を目指しましょう。

ファンデショーン種類

何となく選んでしまいがちなファンデーション。

乾燥肌の方は、それぞれの特徴を理解して使い分けることが重要です。

ファンデーションにはどのような種類があり、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

パウダーファンデーション

様々な種類があるファンデーションの中で、最も多くの方に利用されているのがパウダーファンデーション。

粉末を押し固めて固形状にしたファンデーションです。薄づきなのでナチュラルな印象に仕上がりやすいといわれています。

 

パウダーファンデーションのメリットは手軽に使えることです。

フェイスパウダーなどの仕上げを必要とせず、化粧直し、化粧落としも簡単なのでメイク初心者でも簡単に扱えます。

コンパクトタイプが主流なので持ち運びに便利な点もうれしいポイントです。また、製品の特性上、防腐剤など肌に負担のかかる成分を配合していないものが多い点も魅力です。

 

対するデメリットは、カバー力が高くないこと。

ニキビやシミなどを隠したいときはあまり適さないかもしれません。他のファンデーションに比べ落としやすいといわれています。

リキッドファンデーション

液体タイプのファンデーションがリキッドファンデーションです。

油分が多いので伸びが良く、肌になじみやすいといわれています。

 

最大の特徴がカバー力に優れること。肌荒れやシミ、シワなどを隠したいときにおすすめのファンデーションです。

複数の色を混ぜることもできるので、用途に合わせて様々な使い方ができます。

一方で、肌にしっかりつくので厚塗りになりやすいデメリットもあります。スポンジなどで上手に塗らないと、ムラができることなどが多いので、やや扱いの難しいファンデーションといえるかもしれません。

また、油分を多く含むので化粧落としにやや手間がかかります。

クリームファンデーション

リキッドタイプよりさらに油分が多いクリーム状のファンデーションです。

コクのあるテクスチャーが特徴です。しっかり伸びて肌に吸いつくので、カバー力が非常に高いといわれています。

ニキビや毛穴、シミ、シワ、肌の凹凸などをしっかり隠したいときに最適です。また、保湿力が高い点も魅力です。

 

デメリットは、リキッドタイプと同じく厚塗りに感が出やすいことです。

油分が多いので肌への負担も大きくなります。また、肌にしっかり密着するため、クレンジングで丁寧に落とす必要があります。

洗顔方法によってはさらに肌に負担がかかる恐れがあります。

スティックファンデーション

顔料に油分を混ぜて棒状に成型したファンデーションです。

クリームタイプよりさらに油分が多くなります。水分が少なく伸びが悪いので、肌に塗ってからたたいてなじませるように使います。

 

スティック状なので、適量を取りやすい点がメリットです。

また、カバー力が最も高いので広範囲のシミやシワなどを隠すことができます。反対に、上手に塗らないと厚塗りに見えやすい点には注意が必要です。

肌にしっかり吸着するので、落とすときは丁寧なクレンジングなどが必要です。

エマルジョンファンデーション

クリーム状のファンデーションをコンパクトなどの中に押し固めたファンデーション。

肌にのせると液状に変わり、成分が蒸発してパウダーファンデーションのような仕上がりになります。

 

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの良いとこ取りをしたようなファンデーションなので、カバー力がそれなりに高くナチュラルな仕上がりになるといわれています。

保湿力が高く肌質を選ばず使える点、仕上げにフェイスパウダーを必要としないものが多い点も魅力です。

 

デメリットは、使い方が難しいこと。

肌トラブルを隠したいところはしっかり塗る、それ以外のところは薄く塗るなどの工夫が必要なので、慣れるまで扱いにくいかもしれません。

また、クリーム系ファンデーションなので落としやすいファンデーションではありません。

2WAYファンデーション

スポンジに水を含ませても、水を含ませなくても使用できるファンデーションです。

水を含ませるとリキッドファンデーションのように使用できるのでカバー力が高くなります。

水を含ませないとパウダーファンデーションのように使用できるので薄づきでナチュラルな仕上がりになります。ひとつのファンデーションを用途に合わせて使い分けられる点が魅力です。

 

便利なファンデーションですが、水を含ませすぎるとよれやすいなど、使い方がやや難しいといわれています。

まずまず落としやすい点は使いやすいと評価されています。

 

ミネラルファンデーション

ミネラルでできた粉上のファンデーションです。

ブラシで肌にのせるように使います。

肌にやさしい点とクレンジングを使わず落とせる点が大きなメリットです。カバー力はそれほど高くありません。製品の成分や特徴を理解してから選ぶことが重要です。

BBファンデーション

ファンデーションにベース、スキンケアを組み合わせたオールインワンタイプ。

これひとつで仕上げられる利便性がメリットです。

カバー力は高いものが多いといわれています。にもかかわらず、厚塗りに見えにくいので使いやすいと感じる方が多いようです。

デメリットは選択肢があまり多くないこと。人によっては肌になじむものを見つけにくいかもしれません。油分と顔料が含まれるので、基本的にクレンジングが必要です。

乾燥肌で注意したいファンデーション選びポイント

乾燥肌にお悩みの方は次のポイントに注意してファンデーションを選ぶとよいかもしれません。ただし、肌質は人それぞれなので唯一の正解はありません。参考にしながら、自分に合ったファンデーションを見つけてくださいね。

Point1.基本や油性のファンデーションがおすすめ

乾燥肌の方は、水性より油性のファンデーションを選んだほうが良いといわれています。

油分で肌に蓋をして水分の蒸発を防げるからです。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションなどが油性にあたります。わからないときは、水にぬらしてはじくものを選ぶとよいでしょう。

Point2.油性のファンデーションは成分に注意

ただし、油性であればどのようなファンデーションでもよいというわけではありません。

油性のファンデーションには防腐剤をはじめとした肌に負担をかける成分を含むものが少なくありません。

乾燥で肌が敏感になっている方などでは、肌トラブルの原因になることがあります。乾燥肌が気になるときは、ファンデーションの成分にも気をつけましょう。

Point3.保湿成分を含むもの

ファンデーションの中には保湿成分を含むものがあります。

セラミドやコラーゲンなどを配合しているものであればしっとり潤った仕上がりになりやすいといわれています。保湿成分にも注目するとよいかもしれません。

Point4.落としやすさにも注目

油性のファンデーションは乾燥を防げるので便利ですが、落としにくい点が難点です。

洗浄力の強いクレンジングを使用すると、結果的に乾燥を悪化させてしまうことがあります。

乾燥がひどくなる場合は油性のファンデーションにこだわらず、パウダーファンデーションなどの使用も検討しましょう。

毎日プルプル肌keep~乾燥肌を防ぐファンデーションの塗り方~

乾燥肌が気になる方はファンデーションの塗り方にもこだわりましょう。少し工夫するだけでプルプル肌をキープできますよ。

ここでは、乾燥肌におすすめのリキッドファンデーションの塗り方を紹介します。

Step1.ファンデーションを塗る前に保湿ケア

乾いた肌にファンデーションを塗ってもすぐに浮いてしまうなどうまく馴染みません。メイク前に化粧水、乳液などでしっかり保湿しましょう。

Step2.下地を忘れずに

肌が乾燥していると化粧のりが悪くなります。

化粧下地を塗って、肌の表面を整えましょう。また、化粧下地には油分の多いファンデーションから肌を守る働きなどもあります。

乾燥肌の方が忘れずに行いたいワンステップです。

Step3.手の甲に適量のファンデーションをとる

ファンデーションを手の甲をとり、肌になじませてから顔に塗ります。

体温で温めることで密着度をアップさせる効果などが期待できます。

Step4.ファンデーションは内側から外側へ

Step3のファンデーションをスポンジにとり指先で馴染ませてから、頬・額・鼻筋・顎の順に内側から外側へ広げるように塗っていきます。

乾燥しやすい頬は多めに、動きが多い口元と目元は少なめに塗ることがポイントです。

Step5.フェイスパウダーを塗る

ハンドプレスで馴染ませてから、フェイスパウダーをのせて完成です。

 

乾燥肌でメイクに悩みを抱えている方は、ファンデーションの選び方と塗り方を見直してみませんか。紹介したポイントに気を付けると、メイクの仕上がりが変わるかもしれませんよ。

肌の状態などにより最適なファンデーションは変わるので、いろいろ試してみてくださいね♡

PICKUP CONTENTS

トップへ