ストレスは貯めたくないから、ダイエット中でもお菓子がやめられない!

「間食のお菓子をやめれば痩せるとわかってはいるけれど、なかなかやめられない!」とダイエット中に悩んでいる人は少なくはありません。

特にダイエット中は間食への誘惑がいつにも増して強くなりますよね。

ダイエット中だけど我慢をせずに間食をしたい!という人にオススメなのが、間食の内容をお菓子から「おやつ」へとシフトする方法です。

こちらでは間食をやめられない人にピッタリな「おやつ」として楽しめられる食べ物の数々をご紹介します。

甘いものがやめられないのは、どうして?

そもそも私たちはどうして「疲れたし甘いものが食べたいな」と間食に甘くて美味しいスイーツを欲するようになるのでしょうか?

体が欲しているのは糖分ではなくビタミンC

体が疲れてくると甘いものが食べたくなります。

体が甘いものを欲するのは、そのスイーツに含まれる糖分を得たがっているからだと思いますよね。

しかし、実は体が本当に欲しているのは、糖分ではなくビタミンCなのです。

私たちの祖先が樹の上で暮らしていた遥か昔では、当然今ほど甘いものが存在しませんでした。

唯一存在したのは熟した果実のみ。

果実には豊富なビタミンCが含まれていますよね。

祖先はビタミンCを得るための手段として、甘く熟した果物を口にしていたのです。

そのため、「甘いものを食べるとビタミンCを摂取できる」という情報が脳にすり込まれたのです。

大昔に脳にすり込まれた情報が私たちの脳内にも本能レベルで残った結果、「ビタミンCが欲しい=甘いものが食べたい」と感じるようになりました。

「甘いものを食べたいし、お菓子やスイーツを食べよう!」と今の時代の解釈をしてしまうからこそ、間食にお菓子を食べてしまうのですね。

つまり、甘いものが食べたいと感じた時には、体はビタミンCを欲しているのです。

糖質の摂りすぎが原因で起こる症状

間食に甘いお菓子を食べてしまうのは、本能レベルで受け継がれている「ビタミンCを欲しているサイン」だけが原因ではありません。

実は、糖質のとりすぎが原因で陥る「砂糖依存症」が原因となって甘いもの=砂糖を欲することもあるのです。

糖質のとりすぎが砂糖依存症に

砂糖中毒とも呼ばれる砂糖依存症は、砂糖の過剰摂取によって引き起こされる症状のことを言います。

ジュースやスイーツなど砂糖がたくさん使用されている食べ物を食べすぎると、健康に悪影響を及ぼす砂糖依存症へと知らず知らずのうちに陥ってしまうのです。

砂糖依存症では、イライラ・疲労感・頭痛・空腹感といった様々な不調が生じます。

その他にも低血糖や低体温、そして最悪の場合には生活習慣病である糖尿病にも繋がることも…。

さらには体内の糖分が多くなると「糖化」という現象が肌に現れ、黄色くくすんだ肌になってしまうのです。

  • ダイエット中で控えなければならないとわかっているのに食べてしまう
  • 一度甘いものを食べ始めると止まらない
  • 1日のうち甘いものを全く食べないなんて我慢できない

上記のいずれかに該当する人は、砂糖依存症の恐れが非常に高いので要注意!

ダイエット成功が妨げられているのみならず、離脱症状や禁断症状によって健康を害していることも考えられます。

深刻な場合には離脱症状や禁断症状も

まず、砂糖依存症が深刻な場合には、甘いものを絶とうとすると体がだるくなったり甘いものが食べられないことへの辛さを感じたりといった離脱症状が生じます。

やめると心に決めておきながら、実際にやめようとすると心身に不調をきたす点でも「依存症」と言えますね。

そして砂糖依存症には、甘いものを摂取しないことによって生じる禁断症状も存在します。

低体温・体の倦怠感・大量の汗・動悸・空腹感・頭痛・イライラなどの症状となって体に現れます。

これらの禁断症状に耐えかねて砂糖を摂取すると、砂糖依存症からは抜け出せません。

いつまでも砂糖依存症から抜け出せない悪循環を断ち切るには、「甘いものを食べない」という強い忍耐力が必要となります。

お菓子じゃなくておやつに変更!

ダイエットのために間食のお菓子をやめる、あるいは砂糖依存症から抜け出すために「間食のお菓子をやめよう」と決意するものの、なかなかやめられない人にオススメなのが「間食のお菓子」から「おやつ」にシフトする方法です。

ダイエットに悪影響を及ぼさない、むしろダイエット効果を高める食材を「おやつ」にチョイスすることでストレスなく痩せへと繋げられるのです。

次に、ダイエット中の「おやつ」にピッタリな食材の数々をご紹介します。

どれもコンビニやスーパーで手軽に買えるものばかりですから、自分に合った「おやつ」を見つけてストレスレスにダイエットを成功させたいですね。

素材本来の甘さで砂糖を断とう!

甘いものがなかなかやめられない人や砂糖依存症から抜け出したい人にオススメなのが、素材本来の優しい甘さを楽しめられる食品になります。

素材本来の甘さをきちんと得られ、少量でも空腹感を満たせられます。

ドライフルーツ

フルーツの甘さを楽しみながら、ビタミン類や食物繊維そしてミネラルなど多くの栄養素を得られます。脂肪燃焼効果を促し代謝を高める効果も!

さつまいも

豊富な食物繊維によって少量でも満足感が得られるほか、腸内環境改善やむくみの改善に効果を発揮します。

ビタミンB1、E、カリウムが豊富なので、脂肪燃焼効果&代謝UPにも!

甘栗

甘栗にはさつまいもの約2倍の食物繊維がギュッと詰まっています。

そのほか、カリウムや葉酸に富むので、むくみを改善しながら代謝を高める効果が得られます。

満足感が得られやすい

ダイエット中は何かと食べ物を我慢しますから、できる限り少しの量で多くの満足感を得たいですよね。

上記でご紹介しました食品でも満足感が得られやすいですが、甘いものだとついつい食べすぎてしまう…という人にはナッツ類や炭酸水がオススメです。

ミックスナッツ

ナッツ類は消化されにくい食物繊維から構成されているので、少量でも満足感が得られ、腹持ちが良いのが特徴です。

ナッツの中でも特にアーモンドは、ビタミンB2、E、オレイン酸、カリウムといった栄養素が豊富!高いダイエット効果や美容効果、そして美肌効果やむくみの解消も得られます。

炭酸水

多くの砂糖が使用されている缶コーヒーやジュースなどは、カロリーが高くダイエット中には避けなければなりません。

しかし、炭酸水であれば安心して飲むことが可能に!さらに炭酸でお腹が膨らむので空腹も紛らわせられます。

しっかり噛んで空腹感を紛らわせられる

噛むという動作によって満腹感を得られるので、しっかりと噛めて低カロリーの食品もダイエット中の間食にはピッタリ!

あたりめ

しっかりと噛むことができて低カロリーのあたりめは、ダイエット中に不足しがちなタンパク質が豊富。

さらに中性脂肪やコレステロール値を下げるナイアシンからダイエット効果が得られます。

茎わかめ

シャキシャキとした食感を楽しめる茎わかめは、食物繊維のほかマグネシウムやカリウムそしてマグネシウムなど不足しがちなミネラル類も補給することができます。

にぼし

たっぷりのカルシウムを補給することができ、カルシウム不足によって引き起こされる太りやすい体質やイライラそして骨粗しょう症を防ぐことが可能に。

カルシウムをしっかりと摂取しながら太りにくい体へと生まれ変われますよ。

低カロリーでダイエット中も大丈夫!

最後にご紹介する食品は、とっても低カロリーで栄養価が高い食品になります。

自宅や勤務中の間食にチョイスし、おやつからもしっかりと栄養素をゲットしましょう!

ゆで卵

アミノ酸が豊富なゆで卵は、代謝を高め脂肪燃焼効果を促進します。

黄身が固くなるまでしっかりとゆでると満腹感が得やすくなります。

寒天

食物繊維に富み低カロリーの寒天はまさにダイエット中の味方!

低カロリーかつお腹が膨らみやすいので、デザートを寒天にかえるだけでカロリーを大幅にカットできます。

豆腐やおからなど

豆腐やおからは低カロリー&良質なタンパク質で栄養素にも富んでいます。

大豆イソフラボンや大豆タンパク質が代謝を高めるほか、美肌・美髪効果も!

豆腐やおからを使用した製品も今ではたくさん発売されているので、積極的にそれらを選びましょう。

ダイエット効果も期待できる意外な食材

以上でご紹介してきました食材意外にも、ダイエットに効果を発揮する意外な食材がいくつかあります。

上手に取り入れてより効率良く痩せたいですね。

ヨーグルト

痩せ体質へと導くカルシウムや整腸作用のあるオリゴ糖が得られるヨーグルトは、体の中から健康的に痩せられる優秀な食材です。

先述のドライフルーツと合わせることで満足感をさらに高められます。

チーズ

ヨーグルトと同じくカルシウムが豊富なチーズは、ダイエット中に不足しがちなビタミンBを補えます。

つまみやすい6Pチーズを1つずつ食べましょう。

チョコレート

チョコレートとはいっても、カカオの含有量が高い「カカオ70%以上」を満たすものを選びましょう。

少量で満足感を得られ、カカオポリフェノールによって代謝を高められます。

ただし、食べ過ぎには要注意!

ココア

チョコレートと同様にカカオポリフェノールを多く含むココアは、食物繊維やミネラルが豊富!

無糖タイプのものを選んで飲めば、空腹感を満たしながら代謝を高められます。

食べるタイミングは午後2.3時!

ダイエット中に適した「おやつ」も、食べるタイミングを間違えてしまうとせっかくの低カロリーやダイエット効果が台無しになってしまうことも。

「おやつ」として間食を食べるベストタイミングとしては、「食後2時間以降」「午後2~3時」になります。

まず、食後2時間以降であれば、食後に上昇した血糖値も正常値に戻っています。

ですから、このタイミングで間食を口にしても血糖値が急激に上昇することはなく、口にした食べ物も脂肪へと変わりにくいのです。

逆に、食後の血糖値が急激に上昇したタイミングで食べてしまうと、血糖値をさらに高めてしまうことになります。

すると、結果としてそれだけ多くの脂肪が体についてしまうことになりますから気を付けましょう。

そして、午後2~3時には私たちの体温が最も高く、1日の中でも代謝が一番活発な時間帯です。

また、体内に脂肪を溜め込む作用のあるタンパク質「ビーマルワン」の分泌が最も少ない時間帯でもあります。

そのため、摂取したカロリーもすぐにエネルギーとして燃焼されやすい&脂肪が付きにくいタイミングなのです。

生活スタイルに合わせ、「食後2時間以降」あるいは「午後2~3時」のいずれかのタイミングを意識した間食にシフトするだけでも、ダイエット効果を得られやすくなりますよ。

まとめ

甘いお菓子を食べ続けると、ダイエットに適さないカロリー過剰摂取だけでなく砂糖依存症から抜け出せなくなるという結果も引き起こしかねません。

甘いものを断つ際のストレスを少しでも減らし、間食を見直す手段として「おやつ」を取り入れたいですね。

その際には、こちらでご紹介しました内容を参考に、自分に合った「おやつ」を選んでいただけますと幸いです。

低カロリーなものやダイエット効果の高い「おやつ」にシフトするだけで、大幅にカロリーをカットできたりダイエット効率を高めたりといった嬉しい変化が生まれます。

こうした変化の積み重ねがダイエット成功へと必ず導いてくれます。ダイエットの第一歩として、まずは間食を見直すことから始めましょう。