【2021新春】名店おせちの予約状況

楽しく歌うだけ♪カラオケで「美容」「健康」「ダイエット」効果

友達と、または一人でも楽しめるカラオケ。人目も気にせず大きな声で歌うことができるので、多くの人にとってストレス発散の場なのではないでしょうか。そんなカラオケは、実はストレス解消だけでなく、美容や健康、ダイエット効果があることでも注目されています。今回は、カラオケが持つ効能や、ダイエット効果におけるポイントなどを詳しく紹介していきたいと思います。

カラオケには美容と健康に良い要素がたっぷり

カラオケに行く一番の理由としては、ストレス発散や気分転換、友人との交流などを挙げる人が多いのではないでしょうか。しかしそれに加えて、カラオケに行くことで美容や健康効果を得ることができるのならばうれしいに越したことはないですよね。そこでまずは、そんなカラオケが持つさまざまな効果について詳しくみていきましょう。

有酸素運動と同レベル?高い運動量

カラオケに行くと大体の人が熱唱しますよね。実は熱唱することは、かなりカロリーを消費することが分かっています。例えばカラオケで1曲歌うと、10~20キロカロリー消費します。1曲あたり4~5分位なので、10曲分、つまりは40~50分ほど続けることで、100~200キロカロリー消費することができます。ちなみに100キロカロリー消費するということは、ウォーキングに換算すると40分位の運動量に値します。このように、カラオケはちょっとした有酸素運動と同じくらい、もしくはそれ以上カロリーを消費することができるのです。

そもそも、声量を必要とする曲を歌う場合、私たちは無意識的に腹式呼吸を行っています。腹式呼吸は腹筋を大きく使って行う呼吸なので、通常よりも多くカロリーを消費するのです。それに加えて、気分が良くなってくると曲に合わせてダンスを始める人も多いのではないでしょうか。熱唱しながらダンスも合わせることで、よりカロリーを消費できるので、脂肪燃焼効果を高めることが可能です。

秘訣は腹式呼吸!美容と健康にうれしい効果

先述したように、私たちはカラオケで熱唱するとき無意識的に腹式呼吸を行っています。腹式呼吸は日常的に行っている呼吸よりも深く息を吸い、吐く呼吸です。これを行うことで、体にうれしい効果が生まれます。

たとえば深呼吸することで、全身の血行が改善されます。血行が良くなると、体温が上昇するので冷え性の改善に効果的であるほか、内臓の働きが活性化され、基礎代謝アップにもつながります。また、深呼吸は、便秘解消や、便秘が原因の肌荒れの改善、そして免疫力アップなど、腸にも良い影響を与えます。そのほか、腹筋を使って呼吸する腹式呼吸だからこそ、腹筋の引き締めにも効果的に働くのです。

表情筋を鍛えて美肌に

一般的に、人体の顔には22種類もの表情筋が張り巡らされていると言われています。表情筋は筋肉の一種なので、鍛えなければ衰えてしまい、その結果顔にたるみやほうれい線、シワなどのトラブルが発生します。

カラオケで歌うとき、大きな口をあけて歌っていますよね。これが実は表情筋のひとつ、「口輪筋」を鍛えるのに最適な手段と言われています。口輪筋は表情筋の中心的な役割を担っており、これを鍛えることでそのほかの表情筋の約7割を活性化することができることが分かっています。したがって、カラオケで大きな口をあけて歌うことは、結果的に顔の表情筋を鍛え、肌トラブルを回避・改善する効果が期待できるのです。

また、表情筋が鍛えられることで、肌のターンオーバーが活性化され、シミ・シワ・くすみの改善に効果的に働きます。肌全体の血行も良くなるので、美肌効果も期待できます。

気持ちよく歌うことでストレス撃退!

日常生活に潜んでいるストレスは、美容や健康の大敵。ストレス発散の方法は人それぞれですが、もし発散場所に悩んでいるのなら、カラオケで思いっきり歌ってみるのは如何でしょうか?カラオケには、ストレス発散に効果的な要因が多く詰まっているのです。

まず、大きな声を出して歌うことで、悶々とした気持ちを晴らして気分をすっきりさせる効果が期待できます。歌っているときに行っている腹式呼吸が横隔膜に適度な刺激を与えることで、高ぶっている神経を沈めてくれるので、さらにリラクゼーション効果を得ることも可能です。

また、カラオケで好きな歌を歌うことで、ストレス解消に効果的な快楽ホルモンや幸せホルモンが分泌されます。歌う際に普段は言えないような言葉を歌詞として吐き出すのも、良いストレス発散方法のひとつです。

カラオケで熱唱した後は、気持ちの良い疲労感に包まれませんか?疲労感とリラクゼーション効果が相まって、質の良い睡眠につけることもカラオケの効果のひとつです。ゆっくり眠った後は、きっとストレスも撃退できているはずですよ。

カラオケダイエットポイント

カラオケに行くことで美容や健康、ダイエット効果を得ることができるとわかったうえで、続いてはより高いダイエット効果を得るためのポイントをいくつか紹介していきましょう。

腹式呼吸を意識して歌う

歌っているときは基本的に腹式呼吸を行ってはいますが、意識することでより効果を得ることができます。特に高音を出すときは、喉から声を出すのではなく、お腹の底から声を出すことを意識して歌いましょう。逆に喉から声を出してしまうと、喉を傷める原因になります。

歌うならバラードがおすすめ!

カラオケで歌う際、よりダイエット効果を高めたいのならバラードを積極的に歌うようにしましょう。ロックやポップスと比べて、バラードは腹筋をかなり使うので、ダイエットには効果的です。お腹に力を入れて、ビブラートを意識しながら歌うようにしましょう。

恥ずかしがらずに立って歌おう!

大半の人は、カラオケで椅子に座りながら歌っているのではないでしょうか。また、恥ずかしいからといって、歌うときに猫背になってしまうという人、少なくはないですよね。カラオケは立って歌うことで、よりダイエット効果を発揮します。立ったまま歌うことで消費カロリーが増えるのはもちろん、腹式呼吸がしやすくなるのでより大きな声で歌うことも可能です。それに加えて、踊りながら歌うことでよりカロリー消費も期待できますし、汗をかくことで代謝アップにもつながります。カラオケでは、ぜひ恥ずかしがらずに背筋を伸ばして、立ったまま歌うようにしましょう。

フード・ドリンクメニューにも注意が必要

カラオケに行くと、フードやドリンクを頼むことも多いですよね。特に夜は、アルコールを頼んでしまうという人も多いのではないでしょうか。アルコールや炭酸ジュースは、乾いた喉を潤すには最適なドリンクですが、ダイエットには不向きです。特にビールはカロリーが高いため、せっかくカラオケでカロリーを消費しても追いつかなくなってしまいます。また、カラオケで頼みがちなポテトやから揚げなどの揚げ物は、高カロリーの塊です。もし小腹がすいてしまったなら、枝豆やサラダなどの低カロリーのものを頼むようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?カラオケでは工夫次第で、より効果的にダイエット効果を得ることができます。楽しく痩せることができるほか、美容や健康効果も期待できるとあれば、行かない理由はありませんよね!ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman

NEW POST