肉好きにはうれしい!Kae式「肉食ダイエット」

肉食ダイエットは、焼き肉大好きな女性にはもってこいのダイエット法ではないでしょうか。鶏胸肉の置き換えダイエットも注目されています。しかし、肉ばかりの食事は栄養バランスも悪くなり、かえって身体を壊してしまうことにもなりかねません。

これから紹介する「Kae式肉食ダイエット」は、食事の栄養バランスをきちんととりながら、無理なく痩せられる、お肉が大好きな人には優れたダイエットです。

「Kae式肉食ダイエット」とは?

Kae式ダイエットは、ダイエットインストラクター&カウンセラー香枝(kae)・ダイエットコンシェルジュ・肉ダイエット講師・美肌食マイスター(講師)と、様々な肩書きを持つ長谷川香枝さんが勧める、「しっかりお肉を食べて痩せよう」という、肉好きな人にはうれしいダイエット法です。本人も、学生時代に20キロ太ってしまいました(159センチ・60キロ)が、そこから毎日肉食にしたことで、半年で15キロのダイエットに成功。また、体重だけでなく、心身ともに健康になったそうです。

「Kae式肉食ダイエット」の基本

5大ルール

基本となる要点は5つです。

  • お肉は1日1食以上食べる。(飽きる人は週4日以上であればOK)
  • 食べる量は量手のひらの大きさくらい(男性なら約200グラム、女性なら約150g)
  • ハンバーグのような挽肉等よりも、焼肉・ステーキ等原形に近い形(塊肉)で食べる。
  • レタス・きゅうり・水菜・ブロッコリー・クレソン、海藻麺等、歯ごたえのある野菜も忘れずに
  • 鼻から息を吸って~口からはいて~お腹にギュッと2・9秒力を入れる!(2.9秒呼吸=カルビポーズ)

Kae式食べて痩せる15ヶ条

  1. 週4回以上、肉を食べる。飽きない人は毎日でもOK!
  2. 5大脂肪燃焼食材(肉・魚・卵・大豆製品(納豆等)・乳製品(チーズ等)を毎食食べる
  3. 野菜ジュース・スポーツドリンクより水・お茶・コーヒーを飲む
  4. 野菜・キノコ類・海藻類をいっぱい食べる
  5. バター・マヨネーズはよいが、マーガリン・ノンオイルドレッシングはダメ。
  6. お酒は適度に。ビールは1杯まで!日本酒や梅酒よりもビール・焼酎・ウイスキー・ワインに切り替える
  7. 間食・夜食をするなら温かいスープ・生ハム・ビーフジャーキー・チーズ・ナッツを少しずつ
  8. 動物性脂肪も美肌には不可欠
  9. 1口最低29回は噛んで噛んで食べる(カムカム29回で痩せやすい体質に!)
  10. 太る源を減らすため、糖質の多いパンなどの粉ものは控え、ご飯を少し食べる
  11. 食べる順番を守る(温かい汁物→野菜→メインの肉や魚料理→ご飯)
  12. 食べすぎたら翌朝は水や味噌汁で、お昼は野菜と海藻を忘れずに食べること
  13. いつでもどこでも2.9秒、お腹にギュッ!と力を入れることを意識する
  14. ウォーキング・1分間ハラミ(腹美)体操・カルビ(軽美)体操を食後の習慣にする
  15. いっぱい笑い、人生をとことん楽しむ!

少し多いですが、今まで我慢してきたことが意外とOKなのはうれしい限りですね。気をつけたいことは、日々の食事にお肉をしっかり摂り入れ、ひとくち29回噛むことと、1日1回、2.9秒お腹にギュッと力を入れること、女性はカルビ(軽美)体操、男性はハラミ(腹美)体操を行うことです。

2.9秒呼吸=カルビポーズの方法

始めに、姿勢をピント正し、肩の力を抜いて華から息を吸います。風船をふくらますイメージでお腹をゆっくり膨らませましょう。

次に、口からゆっくり息を細く吐き、お腹と背中をくっつけるイメージでお腹にギュッと力をいれ2・9秒キープします。

カルビ体操(女性向け)ハラミ体操(男性向け)の方法

初級1分間、中級3分間でお腹周りを中心に体全体を引き締め代謝アップさせる簡単にできる出来るダイエット体操です。今回は、初級1分間のものを紹介します。

カルビ体操

へこませる

鼻から大きく息を吸って手を上げ、口からゆっくり吐きながら手をおろし大きく深呼吸します。(大きく1回)お腹に両手をおいてカルビポーズです。お腹にギューっと力を入れてへこませます(20秒10回)

さする

次に腰のぜい肉をつまみながらさすっていきます。息を吐きながら親指で後ろのお肉を前にギュッと前に持っていき最後は手を放お腹から放して前に突き出してお肉を流しましょう(10秒8回)

つまむ

お腹のおにくをつまみ、きんにくを ほぐします。お腹の脇から順番に4か所くらいにわけて順番につまんでいきましょう(10秒8回9

まわす

お腹にてをあてて、大きく時計回りに回します。胃腸や腸内環境を整えます(10秒4回)

へこませる

最後に息を吐きながら、お腹に力を入れてカルビポーズ(10秒7回)

ハラミ体操

へこませる

鼻から大きく息を吸って手を上げ、口からゆっくり吐きながら手をおろし大きく深呼吸します。(大きく1回)横隔膜にグーした両手をおきます。息を吸って横隔膜からお腹にかけて膨らませ、息を吐きながら横隔膜からお腹にかけてギューっと力を入れてへこませます(20秒10回)

縮める

体を左右にゆらし、息を吐きながら脇腹をギュッとしめ、引き締めていきます(10秒8回)

伸ばす

お腹をひねりながら左右にパンチ・背中からお腹を伸ばすことをイメージ(10秒6回)

ひねる

わき腹を横にギュッとひねって目線は後ろを見ましょう。1回ごとに正面を向きももをポンとたたきます(10秒4回)

へこませる

最後に息を吐きながら、お腹にギュッと力をいれてへこませます(10秒7回)

肉を食べて、どうしてダイエットになるの?

肉を食べて痩せるとは、いったいどういう仕組みなのでしょう。肉のタンパク質から摂取できるリジンやアルギニンといったアミノ酸は、脂肪燃焼を促すホルモンを構成する要素になっています。つまり、良質な肉を食べると脂肪燃焼を促進できるのです。

「肉の脂は太る原因」と思われがちですが、過剰になりやすく、もっと太りやすい原因となるのは糖質。いわゆる粉ものです。糖質はインスリンの過剰分泌をもたらし、中性脂肪を増やしてしまいます。糖質を含まないお肉は、インスリンの過剰分泌がなく、余計に中性脂肪を増やすことはありません。

さらに、肉を食べて運動をすれば筋肉がつき、基礎代謝量が増えて普段の生活の中での脂肪燃焼が増えます。

ほかにも、脂肪燃焼を促進させるLカルニチンも、肉にはたくさん含まれています。

このような理由から、お肉はダイエットに適しているといえます。

肉ならどんな肉でもいいの?

肉を食べてダイエットするには、食べる肉を選ぶ必要があります。動物性脂は良いというけれど限度はあります。しっかり食べたという満足感を得るためにも、赤身の肉がより適しています。しっかり噛むことで健康にも良い影響を与えます。

もし軟らかい肉が食べたいなら、脂を落とすこと。肉の成分を丸ごと食べるすき焼きよりも、焼き肉の方が脂が落ちます。

また、脂肪燃焼に効果のあるLカルニチンを多く含む肉を選ぶのも賢い食べ方です。羊肉は特に多く含まれていますが、身近な牛や豚、手ごろな価格で続けやすい鶏肉でもかまいません。

お肉の消化をサポート

肉ダイエットで大切なのは野菜と海藻やキノコ類を一緒に食べること。付け合わせに使う生野菜は消化を助ける酵素を多く含み、お腹に優しくなります。焼き肉に大根おろしなどもおいしくいただけます。

ビタミンAの吸収をよくするために肉の脂肪が役に立ちます。ビタミンAの多い緑黄色野菜、たとえばブロッコリーやにんじんと一緒に食べるとより効果的です。

そのほか、臭みをとるショウガやネギの薬味も、身体を温めて消化を助けます。

これらをうまく使ってバランスの良い食事を心がけましょう。

まとめ

おいしい肉を食べて痩せられるというのは、今までいろんなダイエットを試したけれど効果がなかったと悩む人には驚きかもしれません。

しかし、タンパク質は重要な栄養素ですから、適度に取り入れることにより、楽しく食事をしながら痩せることができます。

我慢のいらない肉ダイエットを今日から始めてみてはいかがでしょうか。

参考文献 著書:肉ダイエットインストラクター長谷川香枝 監修:こくらクリニック院長・渡辺信幸〝私史上一番″な愛されボディになれる 最強「肉食」ダイエット 世界文化社