シュワシュワスッキリ!炭酸水ダイエットでみるみる美肌に!

炭酸のシュワシュワしたのどごしは、お風呂上がりや夏に汗をかいた後にはたまりません。

その炭酸をダイエットに用いようというのが炭酸水ダイエット。しかし、実践してみるとなかなか痩せないという声も聞きます。間違った方法をすると、かえって太ってしまうのです。

これから正しい炭酸水ダイエットについて考えていきましょう。

炭酸水ダイエットの方法

炭酸水ダイエットは、飲んで痩せるダイエット法の一種です。

一日1500mlを目安に朝昼晩の食前に飲みます。

炭酸の泡は胃の中でも炭酸ガスとして働き、胃を膨らませ、脳に「もうお腹いっぱい」という信号を送ります。食べていないのに満腹感があるため、食事などの食べ過ぎを防ぐことができるのです。

このダイエットに用いる炭酸水は何でも良いのではなく、ウィスキーを割るときなどに用いる無味無臭の炭酸水。添加物やカロリーがないので、ダイエットには適しています。

飲むタイミングは?

食べ過ぎを防ぐ効果を期待しての方法なので、飲むタイミングも重要です。必ず食事の前に飲むこと。特に夕食はごちそうを食べたくなる時間帯なので、カロリー過剰になりがちです。そこで夕食前に一杯飲んでおくと、無駄なカロリーを摂取しないですみます。食事内容を工夫してカロリーを抑えめにすれば、なお効果は大きくなります。

ダイエットの効果は?

リバウンドしにくい

炭酸水ダイエットは、満腹感を得られる効果がありますが、全く何も食べないで痩せる無理なダイエットでないため、リバウンド時の食べ過ぎや、極端な症状として拒食症などの重要な疾患になることはほとんど心配はいりません。

女性の場合、美しく痩せたいと思う人が大半です。ただ痩せるだけでなく、健康でなければ魅力的な女性になれません。その意味でも炭酸水ダイエットは優れたダイエット方法です。

デトックス効果

炭酸の効果は美容や健康にも効果があります。血管に二酸化炭素濃度が高まると、より酸素を多く取り込もうとして血流が良くなります。結果として新陳代謝が良くなり、老廃物を積極的に排出させるデトックス効果が期待できます。また、二酸化炭素は体内で疲れの元となる乳酸とも結びつきやすく、排出を促されるので、疲労回復にもつながります。

リラックス効果

炭酸水のシュワシュワ感は独特のもの。このシュワシュワには副交感神経を刺激して気分をリラックスさせる効果もあります。精神的ストレスも太る原因の一つなので、ダイエットにも効果的ということになります。

ただ、飲めばいいってもんじゃない!

炭酸水ダイエットは健康にも美容にも効果があり、女性にとっては大変うれしいダイエット法です。しかし、いくつか注意しないといけないポイントがあります。

1 炭酸水はコーラなどではだめ!

2 冷たくした炭酸水は避ける

3 飲み過ぎない

4 他のダイエットと併用

5 栄養バランスを考えた食事をとる

1 炭酸水はコーラなどではだめ!

炭酸のダイエット効果は確かにあるのですが、だからといって砂糖たっぷりのコーラやサイダーではカロリーオーバーになってしまいます。炭酸水はミネラルウォーターに炭酸を溶け込ませたものを使いましょう。カロリーゼロの炭酸飲料は大丈夫かというと、これも人工甘味料などの影響で太ってしまう場合があります。ですので、代用は避けましょう。

2 冷たくした炭酸水は避ける

夏は冷たくした炭酸水が気分的にもすっきりして良いのですが、やはり身体を冷やしてしまうため、毎日飲むのは感心しません。できれば常温で飲むようにしましょう。冷やしすぎないことが肝心です。

3 飲み過ぎない

早く痩せたいがために、無理して飲み過ぎないようにも注意しましょう。胃に対する負担が大きすぎ、下痢をしてしまうことになってしまいます。一日1500mlを目安にしましょう。朝昼夜の3回に分けて食前に飲みましょう。満腹感を得るためには、一定程度飲まなければ効果がなく、かえって胃を刺激することで食欲を増す効果になってしまいます。

4 他のダイエットと併用

あせってダイエット効果を期待しすぎ、炭酸ダイエットに加えてほかのダイエット、特に置き換えダイエットと併用することは感心しません。食事のカロリーを減らすことは必要ですが、栄養バランスを崩すと身体に良くありません。極度なカロリー制限はせず、しっかり食事しましょう。

5 栄養バランスを考えた食事をとる

あせってダイエット効果を期待しすぎ、炭酸ダイエットに加えてほかのダイエット、特に置き換えダイエットと併用することは感心しません。食事のカロリーを減らすことは必要ですが、栄養バランスを崩すと身体に良くありません。極度なカロリー制限はせず、しっかり食事しましょう。

避けた方が良い人

炭酸ダイエットは食品としての炭酸飲料を1回500mlほど飲むだけなので、注意点を守り、正しく運用していれば全く問題はありません。

しかし、以下の問題を抱える人は避けた方がよいダイエット法です。

  • 逆流性食道炎
  • 下痢型過敏性腸症候群
  • 胃潰瘍など消化管潰瘍
  • 腎臓・心臓・肺機能障害
  • 電解質失調のある人

これらの人は炭酸の刺激が強すぎてかえって病状を悪化させる可能性があります。

肺や心臓に疾患を抱える人は、もともと二酸化炭素を排出する機能が低下しています。血液中の炭酸濃度が高くなると、さらに酸素を供給しようとして動悸や息切れの原因となり、身体への負担が増します。

電解質失調とは、もともと血液の電解質バランスが崩れやすい人で、最悪の場合意識障害を引き起こす病気です。炭酸を飲むと血液中の電解質(イオン)のバランスは当然変化するため、非常に危険な可能性を持つことになります。

最後に、妊娠中や授乳中の人は、刺激が強いものは避けた方が無難なのですが、炭酸の場合は、つわりを緩和してくれる効果があるので、利用している人が多いようです。しかし、刺激が強いので、毎日ではなく、つわりのひどいときに少し飲む程度にしましょう。

飲む以外でも美肌へ♡

ダイエットに使う炭酸水は飲んで使うだけでなく、血管を広げ、肌の汚れを毛穴から取りやすくしてくれるので、炭酸水をちょっとつけて洗顔するなどの方法で美肌にも役立ちます。

洗顔の方法は、市販の炭酸水で顔をすすぐだけ。ただし、炭酸はカルシウムなどが少ない軟水のものを選びましょう。軟水の方が刺激は少なく、洗顔に向いています。ヨーロッパ系の炭酸水は硬水が多いので注意しましょう。また、ごしごし洗うのではなく、そっとつける程度で十分効果があります。

炭酸水ではないですが、炭酸の入浴剤入りのお風呂につかるのも美容には効果もあります。そればかりか、新陳代謝をよくして全体にスリムな身体を実現してくれます。

炭酸風呂は冷え性対策にもなります。身体全体をゆったりとつけるようにすると、リラックス効果も期待できて効果がアップします。

まずは常温の炭酸水に慣れるところから!

炭酸水ダイエットは、健康的に痩せる方法としておすすめのダイエット方法です。炭酸水はおいしくはありませんし、生ぬるい炭酸を飲むのはちょっと難しいかもしれません。こんな時はレモンを少し搾ると口当たりもよくなって飲みやすくなります。

さらに血行をよくし、お肌にも効果があるなど、健康や美肌に効果があり、女性にはうれしいダイエット法といえます。

炭酸水は特定の病気がある人以外は、毎日飲んでもほとんど問題はありません。運動などと併せて効率的なダイエットに挑戦してみてください。