【2021新春】名店おせちの予約状況

賞味期限ぎりぎりが食べごろ!納豆ですっきりダイエット!

納豆に含まれる栄養素には脂肪燃焼に効果のある成分がたくさん含まれています。毎日の食事に納豆を摂り入れるだけの納豆ダイエット。とってもカンタンではありますが、賞味期限ぎりぎりに食べるのがもっとも栄養素が高い…などのコツがあるんです!

納豆ダイエットのやり方は?

納豆ダイエットは、1日1食いつもの食事の中に納豆1パック(約50g)を取り入れるだけのダイエットです。それ以外の食べ方・食事制限・タイミングなどの決まりはありません。

このように、いつもと変わらない食生活のまま、ただ毎日食べるだけでダイエットができるのは、納豆に含まれている成分にダイエットに効果的な成分が含まれていることによるものです。

納豆はなぜダイエットにいいの?

納豆自体は決してカロリーが低いわけではありません。しかし、納豆に含まれる様々な栄養素の中には、痩せやすい体質を創る様々な成分が含まれています。脂肪燃焼効果の高い成分を多く含む納豆を食べ続けることによって、脂肪燃焼しやすい体質を創ることが納豆ダイエットの目的となります。

納豆には食欲抑制の効果もあるとされています。また、ビタミンB1とビタミンB2が摂りこんだカロリーを脂肪にせず、エネルギーに変える力を持っています。そして、たんぱく質や大豆ペプチドによる代謝アップも脂肪燃焼に効果を発揮してくれると言えます。

納豆に含まれる栄養素

「納豆=健康にいい食べ物」というイメージはありますが、納豆には実に様々な重要栄養素が含まれています。下にご紹介するのは美容と健康に良い一部の栄養素です。

ビタミンB

ビタミンBは肌や髪の毛、爪などの細胞を元気にするはたらきがあるとされています。脂質の代謝も良くなることから痩せやすい体質をつくってくれる栄養素とされています。

ナットウキナーゼ

納豆だけに含まれている成分にナットウキナーゼがあります。ナットウキナーゼは、血液をサラサラにし、血の流れの悪さから起こるとされている「血栓」を予防するとされています。

大豆サポニン

大豆サポニンは腸で栄養を吸収する「絨毛」という組織を収縮させるはたらきをします。このことから体内に摂りこんだ食品の栄養の吸収速度を遅らせ、食事による満腹感を持続させてくれます。

食物繊維

納豆は食物繊維が豊富に含まれる食品の一つです。食物繊維の効果としては、腸内環境を整えてくれるということが有名ですが、血糖値を抑制し、脂肪をつけにくくする効果もあるとされています。なんと、納豆に含まれる食物繊維はにんじん1本分と言われています。

大豆ペプチド

大豆ペプチドは基礎代謝を活性化させてくれるはたらきをします。また、食事のあとのカロリーの消費も良くなるとされています。ダイエットにはうれしい効果ですね。

たんぱく質

納豆のもととなっている大豆はとてもたんぱく質が高い食品です。たんぱく質は、筋肉を維持させる力となりますが、筋肉によって代謝が高まり、ひいては脂肪燃焼の力となります。このたんぱく質も納豆がダイエットに効果的なゆえんの一つです。

ダイエット効果を上げたいなら?

賞味期限直前に食べる

納豆は発酵させるほど、有効成分が増えるとされています。それには、賞味期限の直前まで発酵をすすめておいてから食べるというのが一番良いとされています。また、賞味期限の2〜3日前から冷蔵庫に入れておき、食べる20分ほど前から常温に戻して食べるのが一番栄養素の効果を摂取できる食べ方です。

ダイエット効果を上げるには大粒か小粒の国産納豆を!

納豆のタイプには様々な種類があります。納豆にある有効成分はひきわりタイプになると損なわれてしまうため、ひきわり以外の納豆を選ぶのが良いです。

また、空気に触れる面積が多いほどその旨みと有効成分を増す性質があります。これには、大粒タイプがもっとも納豆の有効成分を摂り入れやすいからと言えます。また、大粒が苦手な人は小粒でも構いません。

栄養素では国産のものは脂質が低くたんぱく質が豊富な傾向がありますので、ダイエット効果を上げるには、食べやすい味付けにされている外国製よりも日本製が良いでしょう。

50回ほどかき混ぜてよく噛んで食べる

納豆はよく混ぜるのがいいと言われていますが、およそは50回ほどかき混ぜることによってその旨みがもっとも引き出されるとされています。また、満腹感を得るためにはよく噛んで食べるようにしましょう。

食べるタイミングは夜が効果的!

納豆と言えば朝食の定番メニューというイメージですね。しかし、納豆の栄養素を一番摂り入れやすいタイミングは実は夕食時なんです。これは、血栓ができやすい時間とされる睡眠後6時間〜8時間後に、その予防効果のあるナットウキナーゼの効果が一番発揮されるタイミングであるためです。

納豆と相性のいい10個の食材

  1. ネギ…抗酸化作用があります。納豆にはないビタミンが豊富なため栄養バランスアップ
  2. ヨーグルト…整腸作用アップ。
  3. めかぶ…マグネシウム豊富で栄養バランスが良くなります。におい防止効果も。
  4. イカ…コレステロール分解効果。血液サラサラに。
  5. オリーブオイル…納豆に含まれる食物繊維の吸収を良くしてくれます。
  6. 豆腐…ビタミンB1による糖質分解効果、カルシウム・マグネシウムも豊富。
  7. キャベツ…食物繊維豊富で満腹感アップ。
  8. 大根…食物繊維豊富。満腹感アップ。
  9. 卵…納豆のカルシウムの吸収を良くする。
  10. キムチ…血栓の抑制効果アップ。代謝の促進。

満腹感をアップさせる新・納豆ダイエット!?

更に納豆ダイエットの効果を上げる方法をお伝えします!それは、食事をする20分前に食物繊維の豊富な野菜をトッピングした納豆を食べるというものです。これには満腹中枢を満足させる2つの効果があります。

1つはたっぷりと納豆に含まれる食物繊維と共に野菜からも食物繊維をとることによって満腹感を得ること、もう1つは食事を食べ始めて20分後ぐらいすると満腹中枢が刺激されはじめる、という性質を利用して食べすぎ防止の相乗効果を狙うものです。

新・納豆ダイエットの実践にすすめの食べ合わせ

  • メカブをプラス…ネバネバ食材で満腹感アップ
  • レタスをプラス…レタスは食物繊維が豊富です。千切りにして納豆と一緒に食べます。
  • キムチをプラス…血行促進・糖分の代謝の活性化
  • 大根おろしをプラス…ビタミンCと食物繊維が一緒に摂れます。

納豆の食べすぎには注意

納豆の食べすぎによって懸念される点。

  • カロリーの摂り過ぎ
  • 通風のもととなるプリン体の摂り過ぎ
  • 過剰摂取すると嘔吐すると言われているセレンが含まれている

しかし、これらはすべて1〜2パックでは、問題はないとされています。ただし納豆だけを食べるのではなく、バランスよく摂取するようにしましょう。

納豆好きにはたまらないダイエット法♡今日の夜からスタート!

納豆は体にいいとはよく言われることですが、その成分から特別な食事制限をしなくても痩せやすい体質を作ってくれるのが納豆ダイエットです。とってもお手軽で今日の夜からでも取り組むことができます。

「ダイエット効果を上げたいなら?」を参考に、ダイエットを成功させちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)

NEW POST