漕いで♡燃やして♡痩せる!!エアロバイクダイエット

エアロバイクダイエットとは、その名の通りエアロバイクを漕ぐダイエット方法です。外で運動をする自転車に対し、エアロバイクは室内で行います。しかし、室外か室内かのみの違いだけで、エアロバイクでは自転車とほぼ同じ効果が得られます。

そんなエアロバイクダイエットは天候に左右されること無く室内でできるほか、消費カロリー量の高さから優れたダイエット効果が得られると注目を集めています。

こちらでは、エアロバイクダイエットの効果や注意点、そして漕ぎ方のポイントを分かりやすく解説します。

自転車と一緒?エアロバイクのダイエット効果

自転車と同じ効果が得られるエアロバイクでは、どのようなダイエット効果が得られるのでしょうか?まずはエアロバイクのダイエット効果について見ていきましょう。

抜群の消費カロリー量と高い脂肪燃焼効果!

エアロバイクがダイエットに適している理由としてまず挙げられるのが、消費カロリー量の多さです。

ゆっくり漕いだ場合でも、1時間当たりの消費カロリー量はなんと約300kcal!この消費カロリー量は1時間半のウォーキングに相当する量となっています。自宅でこれだけ本格的にエネルギーを消費できるのは、やはりエアロバイクだからこそですね。

また、自転車と同程度の効果が得られるエアロバイクは、自転車と同様に有酸素運動にカテゴライズされます。有酸素運動では脂肪を効率良く燃やせられるので、体のお肉を解消したい方に適しているダイエット方法ですよ。

基礎代謝UPで痩せ体質へ

エアロバイクでは「漕ぐ」という動作から、主に下半身を鍛えられます。脚の中でも特に太ももにある大きな筋肉はとてもパワフルで、その分他の筋肉に比べると多くのエネルギーを消費します。

脂肪を燃やし減らすためには筋肉量が大切になります。大きな太ももの筋肉をエアロバイクで鍛えれば、下半身の脂肪燃焼効果を高めるだけでなく基礎代謝を高めることも可能に!

つまり、下半身を中心に鍛えられるエアロバイクでは、基礎代謝を高めることで脂肪が燃えやすい痩せ体質へと生まれ変わることができるのです。

むくみや冷え性の改善にもGOOD

多くの女性を悩ませるむくみや冷え性は、スッキリとした美脚の大敵ですよね。これらの諸症状を改善するには、ふくらはぎの筋力を増やすことが大切になります。

そもそも足は心臓から遠い位置にあり、重力の関係から血液が滞りやすい部位です。そんな脚の血流を滞りなく巡らせているのが、ふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎがポンプのような働きをすることで、脚まで送られてきた血流を心臓に戻しているのです。このような働きから、ふくらはぎは「第2の心臓」とも呼ばれています。

むくみや冷え性で悩まされている人は、ふくらはぎの筋力が低下しポンプの力が弱まっていると考えられます。ですから、エアロバイクでふくらはぎを鍛えると、下半身から心臓へと血液を送り返す力が強くなり血流の改善に繋がります。

下半身の血液循環が良くなれば、体の中の不要な水分や老廃物が外へと排出されやすくなり、体が持つ本来のデトックス効果が得られます。

エアロバイクではむくみや冷え性の根本的な原因を改善しながら、血行促進による体温の上昇で基礎代謝をさらに高められるのです

下半身の引き締め効果

下半身の筋肉を鍛えるエアロバイクでは、脂肪がついてたるんだ太もも・お尻周りの引き締めに効果を発揮します。お肉が気になる脚をほっそり美脚に、垂れ下がったお尻を上向きにヒップアップするには最適のダイエット方法なのです。

また、下半身(特に筋肉量が少ない部分)につきやすく皮膚の表面に凸凹と現れるセルライトは、一度付いてしまうとなかなか取れませんよね。しかし、しっかりと下半身を動かして鍛えることで、このセルライトを解消することも可能となります。

さらに、筋肉量の少ないところに付きやすいセルライトですから、しっかりと鍛えて筋肉量を増やすことでセルライトの予防にも繋がります。

エアロバイクダイエットの注意点

下半身の筋肉を鍛えることで脂肪燃焼効果を高め、体全体での痩せ効果が期待できるエアロバイク。実際にエアロバイクダイエットを行う際には、怪我の防止のためにも以下の注意点に気を付けてくださいね。

準備運動を欠かさず無理のない範囲内で

エアロバイクの前には、ストレッチや体操でしっかりと筋肉をほぐしましょう。エアロバイクでは普段使わない筋肉を大きく動かします。準備運動をせずにいきなり大きな運動を始めると大きな怪我の原因となりますから、必ずストレッチや体操で筋肉を動かせる状態にしておきましょう。

また、早く痩せたいからと必要以上に行ってはいけません。必要以上に漕いだり無理を続けたりすれば、筋肉への負担が大きくなり怪我のリスクが非常に高まります。筋肉の疲労が取れていない状態で負荷を与えるのも怪我のもとですから、無理のない範囲で続けることを意識してくださいね。

勢い良く漕がない

勢い良く漕ぎすぎると「速筋」と呼ばれる太ももの筋トレとなり、太ももが太くなる原因となります。脚を引き締めるために行っているのに、かえって太くなってしまったら意味がありませんよね。

引き締め効果を得るためには勢い良く漕がずに、しっかりと呼吸ができる範囲内を心がけてくださいね。

クールダウンを忘れずに

エアロバイクを終える際には、急に停止するのではなく徐々に漕ぐスピードを遅くしていくように終わらせましょう。

エアロバイクを終えた後にもしっかりとクールダウンを行い、筋肉や心臓への負担を減らしましょうね。ストレッチでたくさん動かした体をほぐしながら、しっかりとクールダウンするまでがエアロバイクですよ。

効果的な漕ぎ方で理想の美脚に

では、実際にエアロバイクダイエットを始める際に知っておきたい効果的な漕ぎ方や、痩せ効果を高めるポイントをご紹介します。

美脚の条件とエアロバイクをおすすめする理由

そもそも、美脚の条件をご存知でしょうか?ただ単に細ければ良いというわけではありませんよね。美脚の条件として具体的に挙げられるのは、「足首から太ももまでの太さが良いバランスにあること」です。

美脚とされるモデルさんたちの脚を見ても、上記の美脚の条件が当てはまると思います。彼女たちの脚は足首から膝下にかけて緩やかに太くなっていき、膝上から太ももまでも徐々に太くなっていっていますよね。ある部分から極端に太くなるのではなく、徐々に太くなっていれば脚全体がスラッと一直線に見えるのです。

美脚を目指す際には、足首から太ももにかけて徐々に太くなっていくよう、太ももを引き締めて細くして脚全体でのバランスを整えることが大切になります。美脚と呼ばれるようなスラッとした脚を目指す際には、脚全体の太さのバランスを意識しておきましょう。

そしてエアロバイクダイエットでは、上記の通り下半身の中でも特に太ももの筋肉へとアプローチします。つまり、太ももを細くすることで脚全体のバランスを整え、美脚を目指す際に最適とも言えるダイエット方法こそが、エアロバイクダイエットなのです。

脚に筋肉が付きすぎて逆に太くならない?

「エアロバイクをすると、逆に脚に筋肉がついて太くなる」と心配ですよね。しかし、先述の通り太くなってしまう筋肉「速筋」を鍛えなければ、脚を太くせずに引き締めることが可能となります。

そもそも、速筋はパワフルでかつ瞬間的に動く特徴があるので、短距離走選手が鍛える筋肉として知られています。そして、緩やかに動き疲れにくいという速筋とは逆の特徴のある「遅筋」という筋肉が存在します。

この遅筋は鍛えても太くならず、むしろ引き締まってシャープな体型を目指せられます。マラソンを完走するために日々鍛錬している長距離走選手は遅筋を主に鍛えていますから、彼ら彼女らの体型をイメージすれば分かりやすいですね。

ですから、エアロバイクダイエットで主に遅筋を鍛えれば、脚が太くなる心配はありません!引き締まった美脚を目指すためにも、遅筋を鍛えられるポイントをしっかりと踏まえてダイエットにチャレンジしましょう!

漕ぎ方のpoint!!

エアロバイクダイエットで美脚を目指すために遅筋を鍛えるには、以下のポイントを守って行いましょう。

1.ペダルの重さは軽めに設定

多くのエアロバイクではペダルの重さを細かく設定できます。美脚を目指すためにエアロバイクダイエットを行うのであれば、2~3番めに軽い負荷(自転車で平坦な道を走っている時の感覚に近いもの)がオススメです。

軽すぎては筋肉を使いませんし、逆に重すぎては力を入れすぎてしまい速筋を鍛えることになってしまいます。ですから、適度に脚に負荷を与えられる程度の無理のない負荷で行いましょう。

2.脂肪燃焼効果を得るために20分以上続ける

エアロバイクは有酸素運動にあたります。有酸素運動では効率良く脂肪を燃やせられるものの、実際に脂肪が燃え始めるのは20分以上が経過してから。そのため、脚の脂肪を燃やして引き締めるためには、最低20分以上はトレーニングを続けて行いましょう。

当然、トレーニング時間が長ければ長いほど、脂肪が燃え続ける時間も比例して長くなります。しかし、決して無理はしないでくださいね。

3.ペダルは速めに漕ぐ

エアロバイクダイエットで痩せるためにはトレーニングという意識をしっかりと持ち、普段の自転車の速度よりも少し速めを意識してペダルを漕ぎましょう。

しかし、早く漕げば良いというものではありません。勢い良く漕ぎすぎると速筋が鍛えられ、脚が太くなる原因となります。深い呼吸をしながら無理なく漕ぎ続けられる速度で漕ぎましょう。

4.水分補給を欠かさずに行う

室内で行うもののれっきとした有酸素運動であるエアロバイクでは、たくさんの汗をかきます。ですから、こまめな水分補給をお忘れなく!

5.最低週3回は行う

エアロバイクダイエットを毎日する必要はありません。しかし、ダイエットを目的としているのですから週3日は最低限行いましょう。

テレビを見ながら、音楽を聴きながら、あるいは本を読みながらなど、楽しみながら続けられる方法を見つけましょう。どのダイエットにも言えることですが、継続することこそが痩せるための近道ですよ。

まとめ

エアロバイクで下半身を鍛えると、基礎代謝が高まり体全体の痩せ効率の向上にも繋がります。そして、痩せるために何よりも大切なのはエアロバイクを続けることです。

バランスの良い食生活を送りつつ、生活の中でエアロバイクを漕げば確実に痩せられますよ。

ホッソリとした美脚を目指しながら、筋肉量を増やし太りにくい体質へと生まれ変わりたい人は、エアロバイクダイエットを始めてみてはいかがでしょうか♡