節約しながらダイエット!安くおいしく健康に!

目次 ※クリックで開閉します

ダイエットをするにあたって必要なものがあったらそれをその都度買うのはお財布には厳しいです。家計には限界があるので、できるだけ節約をしながらダイエットできるのが理想でしょう。

そこで、出費を減らしながら楽しく健康的にダイエットできる方法を紹介しましょう。

節約しながらダイエットにおすすめな食材

安くておいしい野菜には以下のようなものがありますが、どれもダイエットにはおすすめの食材となっています。

もやし
きのこ
こんにゃく
大豆製品

もやし

一時もやしダイエットが流行りましたが、効果が期待できるだけでなく健康面でももやしは優れていたのです。

もやしは1袋たったの30キロカロリー弱しかありません。1袋ももやしを食べると満腹感はかなり得られます。そして、もやしには食物繊維が豊富なので腹持ちをよくし、お通じ改善にもつながります。

もやしにはカリウムも豊富に含まれているので、体に不要な老廃物を外に出す働きもあります。ここから、便秘解消にもつながります。カリウムは代謝も高めてくれるのでダイエットのときには心強いです。その他にはもやしにはビタミンCも豊富です。美肌に欠かせないビタミン類ですが、意外にももやしにたくさん含まれています。

このように、もやしは安くてたくさん食べても平気なのに栄養価も高い食材なのです。食物繊維やビタミン、ミネラルがバランスよく入っているので、ダイエットしながら美もキープしたいときにはぴったりです。

葉酸やアミノ酸がしっかり入っているのも、もやしの特徴です。

これほど栄養価の高いもやしですが、食物繊維とビタミンによって血中コレステロール値も低下させることができます。

ここから、生活習慣病である脳梗塞や心筋梗塞、脳卒中などを防ぐこともできるのです。

もやしを使った節約レシピ

ご飯がすすむ♪超簡単!もやしのピリ辛炒め

 

もやしでおかずサラダ

 

うまい、安い!とんぺい焼き

 

きのこ

きのこダイエットも一時期話題になり、実際に試した人がいるでしょう。きのこダイエットにおいてはどんな効果が期待できるのでしょうか?

まず、低カロリーなのに腹持ちがよいです。これは食物繊維がきのこには豊富に含まれているからです。また、キノコキトサンという成分が含まれているのですが、体が摂取した油分を吸収して腸内で油分が吸収されてしまうのを防いでくれます。

きのこにはダイエットの際に嬉しい脂肪を燃焼する働きのある成分も含まれています。それが、ビタミンB群です。体の代謝機能を高めて脂肪のつきにくい体に変えていってくれるので、きのこを食べながらスリムな体型をゲットできるというわけです。

きのこには食物繊維やキノコキトサンあたりが有名な成分だと思いますが、その他にもカリウムやビタミンD、トレハロースも入っているので、美を維持しながらダイエットしたいときには欠かせない食材になっています。きのこにはダイエットに嬉しい成分が詰め込まれているのですが、きのこダイエットで効果を高めるために以下の点にも注意してください。

1 きのこは洗わずに使う・・・栄養が流れてしまうため。

2 油分を控えた調理法を・・・きのこは油分を吸収しやすいため。

3 1日の目安は100g~200gにすること。

4 特に夕飯時にきのこをたくさん食べるとおすすめ。

きのこを使った節約レシピ

簡単♪ダイエット!豆腐ステーキのきのこあんかけ♪

 

うまっ!☆しいたけのチーズ焼き☆

 

トースターで♪茄子ときのこのミートソースグラタン

 

こんにゃく

こんにゃくはこんな成分が入っているからダイエットに良いと言われています。

1 グルコナンマン・・・体の老廃物を除去する効果があるので、便秘解消に最適。腸が元気になるので痩せやすい体にも変わっていく。

2 カルシウム・・・こんにゃくには消化・吸収されやすいカルシウムが入っているので、脂肪を溜め込みにくい体になる。

こんにゃくダイエットを上手に続けるためには、板こんにゃくは茹でた後にカツレツ風にするのもおすすめ。いつもと違う板こんにゃくを食べることができる。糸こんにゃくは細かくみじん切りにして白米と一緒に炊くといつもより低カロリーなご飯に仕上げられる。玉こんにゃくは茹でて臭みを取ってからきな粉などをかけてわらび餅風にして食べるとおいしい。

低カロリーなのにおいしいこんにゃくですが、なぜダイエットで痩せることができるのか4つの理由を紹介します。

1 カロリーが低い

2 グルコナンマン(食物繊維)が豊富

3 満腹感を得やすい

4 リバウンドしにくい

こんにゃくとそっくりなものにしらたきがありますが、こちらを代用しても問題ありません。こんにゃくダイエットと同じようにしらたきも使ってみましょう。

こんにゃくを使った節約レシピ

おいし~い♪鶏ごぼうこんにゃく

 

夫が大好きな牛肉と白滝の甘辛煮

 

美味しくダイエット☆こんにゃく塩焼きそソバ

 

大豆製品(納豆や豆腐など)

日本人にとって馴染みの深い大豆製品もダイエットの際には大活躍してくれます。納豆や豆腐が定番ですが、一体どんなメリットがあるのでしょうか?上手に摂取するポイントもまとめていきます。

大豆の成分とは・・・タンパク質、大豆サポニン、大豆イソフラボン

タンパク質は肉や魚に含まれているものよりアミノ酸がバランスよく配合されており、低カロリーが嬉しい点です。さらに脂肪燃焼効果やコレステロール値の低下にもつながります。

大豆サポニンは小腸での脂肪吸収を抑えて、便を柔らかくしてくれます。

最後に大豆イソフラボンは女性にとっては嬉しい生理不順改善や美肌にも有効です。

これほど体に良い大豆製品を上手に摂取していくには、1種類の豆に偏るのではなく、納豆や豆腐、煮豆などいろんな食べ方をすることが大切です。豆乳もおすすめですが、ダイエット中は無調整豆乳を選ぶようにしましょう。ただし、豆乳は1日に200ミリリットル程度に留めておきましょう。飲みすぎはNGです。

大豆には大豆タンパク、レシチン、サポニンが含まれているからダイエットや美肌に高い効果が得られると言われています。良質なタンパク質によってしなやかな筋肉がついていき、レシチンとサポニンは脂肪を燃焼してくれます。

大豆製品を使った節約レシピ

甘辛♡こってり♡豆腐ステーキ

 

めちゃうま!!納豆ツナの油揚げ包み

 

ヘルシー♪豆腐グラタン

 

節約食材なのに栄養も◎

節約食材と言われているものの中でももやし、きのこ、こんにゃく、大豆製品はどれもダイエットには効果が期待できるものとなっています。もやしやきのこ、こんにゃくはたくさん食べても心配いりませんし、満腹感をしっかり得ることができます。さらに食物繊維やビタミン類も豊富なので、ダイエットの際には心強い存在です。

また、大豆製品にも豆乳や大豆、納豆、豆腐などありますが、日本人にとってはいろんな食べ方で楽しむことができそうですね。

さっそく節約食材を使ったダイエットを始めてみましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ