フラフープダイエットでウエストのくびれGET

昔はフラフープといえば、単なる子供の遊び道具でしたよね。しかし、フラフープにダイエット効果があると判明してから、女性を中心に大人にも人気が出始めました。

おもちゃとしてのフラフープが流行した時期・フラフープダイエットが流行した時期、などなど…… 過去に購入したことがあり、物置にしまい込んだままになっている人もいるかもしれませんね。せっかくですから、物置から取り出してダイエットに役立ててしまいませんか?

今回は、フラフープを使ったダイエット法をご紹介いたします。購入の目安になるようフラフープの選び方もご紹介しているので、「持っていない」という人もぜひご覧ください!

フラフープでダイエットって?

腰回りだけじゃない! 実は全身運動

フラフープがダイエットに効くというのは、テレビ番組や雑誌などでも話題になったことがあり、ご存じの人も多いと思います。本来は子供の遊び道具ですから、扱いが難しいということもありません。「子供の頃遊んでいた」「昔ダイエットのために購入したことがある」など、既に所持している人も多いと思います。

おもちゃ売り場やホームセンターなどで手軽に購入できる点もうれしいですね。

フラフープの動きから、特におなか周りのシェイプに効くイメージがあるかもしれません。しかし、実はフラフープダイエットは想像以上に万能でした!「おなか周りに特化していて、他の部位は痩せられない」ということはありません。フラフープを使ったエクササイズを正しくできれば、全体的に、かつ健康的に痩せることが可能なのです。

フラフープは有酸素運動

フラフープの時間あたりの消費カロリーは、ジョギングと同じくらいといわれています。つまり、フラフープをしてもジョギングをしても、同じ時間であれば同じだけカロリーを消費するのです。

フラフープは場所を選ばないので、外に走りに出るよりも気軽にできる点が魅力。テレビを見ながらでも、ダイエットができてしまうのです。雨が降った日や夏の暑い季節・冬の寒い季節など、外でジョギングをするのがつらいときもありますよね。そんなときにはフラフープダイエットをして、気候が良い日にはジョギング。そう、使い分けても良いのではないでしょうか?

あなたのペースに合わせて、気持ち良くダイエットを続けることがイチバンです!

フラフープダイエットにはどんな効果があるの?

インナーマッスルや体幹を鍛える

インナーマッスルは、通常の筋トレやスポーツなどではなかなか鍛えにくい筋肉です。関節を固定したり内臓を支える役割を持つ、インナーマッスル。これを簡単に鍛えられるのが、フラフープなのです。また、フラフープには体幹を鍛える効果もあります。

インナーマッスルや体幹を鍛えるだけでも、不思議と姿勢が良くなるものです。姿勢の悪さが原因で起きる肥満があることを、ご存じでしょうか? 血行の悪さからくるむくみ、さらにはセルライト…… これらを根本から解消するためにも、フラフープが役立つのです。

脂肪燃焼

フラフープエクササイズは、有酸素運動です。有酸素運動とは、呼吸により酸素を取り入れながら行う運動のこと。呼吸を止めて行う無酸素運動と比較して、有酸素運動は脂肪の燃焼率が優れています。フラフープダイエットは腰周りのダイエットにのみ効くと思われがちですが、実は全身痩せが期待できるダイエット法なのです。

骨盤矯正してスッキリ腰回り

骨盤がゆがんでいて筋肉も衰えていると、内臓が重力に負けて下がってしまいます。これが、ぽっこりおなかの原因のひとつ。フラフープには、この問題を根本的な原因から改善する効果があるのです。

落とさないようにフラフープを回す動きで、腰回りの筋肉が鍛えられます。そして、内臓や骨盤を支える力を取り戻すのです。

ウエストにくびれをつくる

「フラフープダイエットは腰周りだけではなく全身痩せに効く」と前述いたしましたが、やはり最も効果的なのは腰周りです。

魅力的な女性の体というものは、ただ脂肪を落として痩せればいいというものではありませんよね。出るところは出て、締まるところは締まるといったメリハリが大切です。そのために最も重要な部位が「ウエストのくびれ」である、といっても過言ではないでしょう。

他の部位が多少ぽっちゃりしていても、ウエストさえくびれていれば、メリハリボディに見えてしまうから不思議!

もちろん、フラフープダイエットを続ければ、全身痩せだって可能ですが…… まずは、ウエストのくびれから。ダイエットは長期計画で気長に行うべきと分かってはいても、成果が出るのは早いほうがうれしいものですよね。見た目の印象に最も良い影響を与える部位から痩せられるのが、フラフープダイエットなのです。

便秘解消

先に触れたように、フラフープには骨盤を矯正したり内臓を支える筋肉を鍛える効果があります。また、腰を動かすことで腸に血液を送り込む血管が刺激され、血流が良くなるのです。これらの効果で腸の働きが活発になり、消化活動がうまく行えるようになります。便秘も解消されるので、便秘が原因で起きていたさまざまな問題も解決するでしょう。

ぽっこりおなかはもちろん、肌荒れも便秘が原因で起きている可能性があります。また、腸には免疫細胞の多くが住んでいるので、腸内環境が整えば風邪をひきにくくなるといったうれしい効果も期待できるのです。

腰痛予防

腰周りの筋肉が衰えていることは、腰痛の原因のひとつになります。フラフープで腰周りの筋肉を強化すると、上半身の重みを支える負担が軽減し、腰痛が改善されるのです。また、フラフープには血行を促進する効果もあります。血行不良も、腰痛の原因のひとつとしてあげられますよね。これを解決することでも、やはり腰痛の改善につながるのです。

フラフープの選び方

サイズ

フラフープは、サイズや重さの違いでさまざまなタイプが売られています。自分に合わないものを購入してしまうと、うまく扱えずにダイエットが成立しません。体に合ったフラフープサイズの見つけ方をご紹介いたします。

フラフープのサイズは、ウエストサイズに合わせて選びます。以下を参考に選び、まずは試しに回してみてください。うまく回せなければ、ワンサイズ上か下を試して少しずつスライドしていきましょう。

例えばワンサイズ下を試して「まだうまく回らないけれど、少し回しやすくなった」と感じたのであれば、さらに下のサイズへ少しずつ変更して試していくのです。どこかで「さっきのものより回しにくくなった」と感じる瞬間があると思います。その「さっきのもの」があなたのベストサイズ!

ウエスト85cmまで → フラフープ直径105cmまで

ウエスト95cmまで → フラフープ直径110cmまで

ウエスト100cmまで → フラフープ直径115cmまで

ただし、サイズを細かく取りそろえていないショップもあるでしょう。大人であれば、フラフープのサイズは一般的なものでも大丈夫です。自分にピッタリ合ったものを見つけることがイチバンですが、合っていないからといってダイエットに深刻な不都合が生じるというわけでもありません。種類が多くない場合には、その場にあるものから気軽に選んでみましょう。

形状

フラフープは、サイズの違いの他に、形状の違いによる種類があります。最も一般的なタイプは、円柱で円を作ったような、つるんとした形状です。古くから子供のおもちゃとして知られているフラフープがこの形ですね。

最近では、フラフープエクササイズが注目されはじめ、よりスポーツ器具に近い感覚で開発されたものもあります。それが、内側に凹凸のあるタイプです。こちらのほうがダイエット効果は高いのでオススメ! ただし、凹凸タイプを使って体にあざができる場合には、体に合っていない証拠なので、つるんしたものに切り替えるか、サイズの見直しをしてみましょう。

子供がケガをしないよう、ウレタンのように柔らかい素材でできたフラフープもあります。重量もあまりないため負荷が小さく、ダイエット効果はあまり期待できません。また、フラフープをうまく回すためには、ある程度の重量が必要です。ウレタン製のフラフープは子供の遊び道具であり、大人がダイエット用に使うにはオススメできません。

フラフープダイエットSTART

フラフープの正しい回し方

STEP1

膝を軽く曲げて足を肩幅程度に開き、片足を半歩前へ。

STEP2

フラフープを腰の高さにセットし、腰の後ろ側につけて持ちます。

STEP3

足を前に出した側へ、勢いをつけてフラフープを回します。

STEP4

フラフープが腰の後ろを通過するときにおなかでフラフープを押し出します。

STEP5

フラフープが腰の前を通過するときには、腰の後ろ側でフラフープを押します。

コツは、腹筋に力を入れることです。脂肪がついてプニプニのおなかでは、フラフープの勢いを殺してしまいます。そうならないよう、腹筋に力を入れてしっかりとフラフープを押し出すことを意識しましょう。腰を「回す」のではなく「前後」にのみ動かして、フラフープを操るのです。上半身はまっすぐ、猫背にならないように注意!

体幹に偏りが出ないように、右回しのみや左回しのみではなく、右回しをしたあとは同じだけ左回しをしてください。

ダイエットメニュー

右回しで4分、休憩を2分はさんで左回しを4分、合計10分を1セットとしましょう。最初のうちは1日1セットでもかまわないので、慣れてきたら徐々にセット数を増やしてみてください。

長年、有酸素運動は連続して20分行うべきと言われてきましたが、現在では連続していなくても良いという報告があります。例えば、午前中に1セット、午後に1セットと時間を空けても良いのです。

疲れているときや体調の悪いとき、月経時などは無理をせず、お休みしてください。また、フラフープを回したことがきっかけで腰痛が起きた場合には、すぐにフラフープダイエットを中断して、医師に相談しましょう。

まとめ

フラフープダイエットについてご紹介いたしました。簡単にダイエットができると分かって、やる気に燃えている人もいるかもしれませんね。さあ、明日からと言わず今日からでも、早速フラフープダイエットを始めて美しいくびれを手に入れましょう♡