ナッツでダイエット!簡単な方法と嬉しい効果を教えちゃいます!

ナッツは、お茶うけにもおつまみにも人気がありますが、それでいてダイエットにも効果がある不思議な食べ物です。

ナッツダイエットという言葉はよく知られていますが、ナッツダイエットを実践している人ですら、正しく実践していると答えることが出来る人はいないでしょう。

効率よく痩せるには、食べるナッツの種類や食べる方法が正しくないと、思った効果が得られないのです。

ナッツダイエットとは?

①ナッツダイエットの方法

ナッツダイエットの方法としては以下のような方法があります。

  • 間食が多い人が甘いケーキやバターのたっぷり入ったクッキーをやめ、ナッツに切り替える
  • 料理に混ぜて使う
  • ミルク状にしての飲む

間食に置き換えて食べるには、少しの量で満腹感が得やすいマカダミアンナッツやクルミが効果的です。

ナッツダイエットの効果は、1つにはナッツに多く含まれる不飽和脂肪酸が血液をさらさらにして代謝を良くし、太りにくくすることにあります。逆にバターなどの動物脂肪は、血液をどろどろにさせ、血流を悪くします。

ナッツは「オメガ3」という不飽和脂肪酸を多く含んでおり、この脂肪は青魚や亜麻仁油に多く含まれているものと同じです。ナッツでのなかでもクルミ,マカダミアンナッツに多く含んでいます。

すでに間食はあまりしないという人は、毎日の食事の中にナッツ類を入れて使う方法もあります。コロッケの衣に使うパン粉に胡麻と細かく刻んだナッツを加え、オーブングリルで焼くか、揚げ焼きにするとしみこむ油も少なくて済むと同時に、ぱりっとした食感も得られます。

よく噛んで食べよう

ナッツは食物繊維も多く含んでいます。食物繊維が多いと消化が悪いという印象もあるナッツですが、よく噛んで食べることで少しのナッツでも満足感が得られます。また、よく噛んで食べる習慣をつけることで、毎日の食事も少しで満足感を得られるようになり、総合的にカロリーを減らすことが可能になります。

他にも、噛んで食べることが脳にも刺激を与えることがわかっており、よく噛む習慣をつける練習としてもナッツダイエットは非常に効果があるといえます。

歯が悪くてよく噛めないという人は、料理に摂り入れることを考えてみましょう。細かく刻むことによって消化も良くなりますし、おひたしやサラダに加えることで、食感のアクセントにもなって野菜をたくさん食べることが出来ます。

アーモンドパウダーときなこ、ドライフルーツを使ったケーキも無塩バターを減らすことでおいしいおやつになります。

ナッツダイエット 量は1日どのくらい必要? 

ナッツはダイエットに効果があるといっても、余りたくさんの摂取はカロリーオーバーになります。インターネットで検索すると、おおよそのカロリーの目安が掲載されたサイトがありますので参考にしてみましょう。

よく食べられてどこでも手に入りやすいアーモンドでは、一粒で大体1g、6kcalです。100個も食べる人はなかなかいないと思いますが、100個も食べると600kcalにもなり、半日分のカロリーにもなってしまうのです。

マカダミアンナッツは少し大きいので、一個2g、14kcal。10個食べると140kcalになります。料理の中に入れると、他に植物油や小麦粉などのカロリーも加わってきますから、その分、何かを減らすことを考えないといけません。

おおよそ食べる目安は、アーモンドで25粒くらい、マカダミアンナッツは5粒、カシューナッツは10粒程度を1日の食事に割り振って摂取しましょう。

ナッツの効果は?

ナッツダイエットの効果は?どうして痩せられるの?

ナッツダイエットは本当に効果があるのでしょうか?実は、この効果には、科学的に説明できる理由があるのです。

ダイエットの効果として、先ほど述べた不飽和脂肪酸による効果の他にも、たくさんあります。

まず、食物繊維の豊富さ。食物繊維が豊富なことで、便秘が改善され、カラダの中にたまったいらないものや毒素を体外に排出できます。食物繊維の多いのは、アーモンドやジャイアントコーンです。ただ、同じ重さで比較した量なので、アーモンドの方が少しで効果を期待できることになります。アーモンドの食物繊維は不溶性なので特に便秘には効果的なのですが、水溶性食物繊維を多く含むアシタバやオクラと一緒に食べることでバランスが良くなります。

ナッツの美容効果とは?

ナッツには、美容効果もあります。

お肌の荒れが気になる人には、抗酸化作用の強いナッツがおすすめなのです。

肌の細胞が酸化する、つまり「老化」してくるのは活性酸素が1つの原因です。この活性酸素の影響を少なくするのには、いくつかの対策が必要です。

  • 生活を規則正しくし、ストレスを出来るだけ避ける
  • 紫外線などから身を守る
  • 抗酸化作用のある食べ物を摂取する

上記の抗酸化作用の強い食べ物の中にナッツ類が含まれています。具体的には、ビタミンEやポリフェノールが多く含まれているのです。

また、最近注目されているのが、AGE(終末糖化産物)という物質で、人の体内でタンパク質と糖が加熱されてできる物質(これを糖化という)この物質は、強い毒性を持ち、老化を進める原因となります。

このAGEは、アーモンドなど一部のナッツの成分と結合し、結果的に体内に吸収されないことが分かってきています。

いつまでもお肌を若々しくする効果も期待できるのがナッツなのです。

ナッツダイエットって本当に効果あり?

ナッツダイエットをしても効果がなかったという人もいるでしょう。しかし、そのほとんどが効果的なやり方をしていないことにあります。

ナッツは毎食目安量を食べているのに痩せない、ナッツの置き換えダイエットではお腹がすいて体が疲れるなどの感想を持った人は典型的な使い方の間違いをした人です。

改善する点としては、栄養バランスを考え、他の野菜と一緒に食べたり、食事前にゆっくり食べて最初に満足感を得て、総カロリーを減らすことで変わってくるでしょう。

ちなみにダイエットは他の方法でも同じですが、それだけやっていれば痩せるといった万能法はありません。

  1. 食事全体の改善
  2. 生活のストレスを減らす生活の改善
  3. 運動
  4. 継続すること

この4つを連携して実践することで確かなものになるということを覚えておきましょう。

ナッツの種類

ダイエット中におすすめのナッツベスト3

さて、ダイエットにもどんなナッツが向いているのでしょうか。長く続けることが出来て効果が出やすいナッツはどんなものでしょう。

まずはなんといってもアーモンド。手に入りやすく、パウダーや砕いたものもスーパーで普通に売られています。価格もそれほど高いものではありません。栄養的には食物繊維やビタミンEも豊富な方で、毎日続けるには最も優れたナッツです。

次にカシューナッツ。これもわりあいにどこでも手に入りやすい素材です。カシューナッツは亜鉛や鉄、カルシウムが多く含まれており、ダイエットで不足しがちなミネラル成分を補ってくれます。亜鉛が豊富というのはカルシウムの吸収を促すので、ダイエットする人がなりやすい骨粗鬆症の予防にもなります。

3つめは通販で人気のあるクルミ。銅、脂質、マンガン、マグネシウムが多く、マンガンは抗酸化酵素の働きを活発にしてくれます。少しカロリーが高いのですが、少量をおひたしやサラダに入れるとおいしさがアップし、食べ過ぎることもありません。

他にも、ナッツと同じように使われる素材として、カロリーが低くて満腹感が得やすいジャイアントコーンや、上質な不飽和脂肪酸と、二日酔いに効果のあるビタミンB2 を多く含むピーナッツもおすすめです。

ナッツダイエット どの種類を食べたらいいの?

ナッツダイエットを実践するときにどの種類のナッツが良いかわからないとの声を聞きます。不飽和脂肪酸を多く含むことで考えれば、ナッツはどの種類でも他の食べ物よりは効果的ではあります。基本的には好み、値段、料理での相性などで考えれば良いでしょう。

ただ、ナッツによって一粒当たりのカロリーはかなり違います。間食に使う場合は、小さい粒だとたくさん食べ過ぎてしまいます。さらにおつまみとして販売されているものは塩分も気になります。ナッツの種類よりもこういったことに留意して購入するのが一番です。

正しく食べて、ナッツの効果を最大限に

ナッツダイエットは、ナッツに含まれる不飽和脂肪酸が活性酸素の働きを抑制することで、肌を若々しく、美容にも効果があります。しかし、正しい使い方をしてこそ効果があります。

  • 食事前によく噛んで食べることでたくさん食べなくても満足感を得る
  • 間食の置き換えにはカロリーと塩分を考えて少しずつ
  • 調理に使う場合には、香ばしさと食感を大事にして、ボリュームとおいしさをアップする

また、同時に食事全体の見直しや運動など生活全体の改善を行わないと効果が半減してしまうので必ず併用しましょう。