【2021新春】名店おせちの予約状況

ダイエット中の外食。食べるならどっち!?

「ダイエットしたいけれど、続けられる自信がない・・・」、そう思っている女性は多いのではないでしょうか。確かに、食事ひとつとっても付き合いや女子会、家族との食事などで外食しなければいけない状況は少なからずあるでしょうし、それらを断ってまでダイエットを続けるとなるとストレスもたまります。

そこで今回は、ダイエット中に外食をする際に気を付けたいメニューの選び方について紹介していきたいと思います。

糖質が低いもの選ぶ

ダイエットをしている最中は、特に食事に気を使いますよね。巷では「糖質オフダイエット」「炭水化物抜きダイエット」など、食事に関連したダイエット法も多く流行していますが、果たしてどんな食事ならばダイエット中に摂取しても良いのか、気になっている人も多いかと思います。

ダイエット中に気にするべき食事のポイントとしては、「脂質」と「糖質」の量にあります。特に糖質は、最近のダイエットのなかでも注目されているもののひとつで、現に「糖質制限」などのダイエット方法は流行しています。

一方で、「脂質」と聞くと、油っぽいものを思い浮かべる人が多いかと思いますが、「糖質」と聞くと何を頭に連想しますか?食べて甘いものを連想する人が多いのではないでしょうか?もちろん食べてみて甘みを感じる糖質もありますが、実は甘みを感じないものも多くあります。例えばイモやお米・小麦などは、そのまま食べても加工しても甘みを感じないことが多いものですが、これらには糖質の一種である「でんぷん」が多く含まれています。

お米や小麦は炭水化物に分類されるため、「炭水化物抜きダイエット」として名前が広がっていますが、厳密には炭水化物ではなく、糖質を抜くというニュアンスが正しいものとなります。というのも、炭水化物は糖質そのものを指すのではなく、「糖質+食物繊維」のことをいいます。糖質と食物繊維は体の中で行う働きも違いますので、しっかりと区別する必要があるのです。

また、現代社会で生きている私たちの食生活は、糖質と脂質を摂りすぎている傾向にあります。実際に、いくら我慢して甘いものを避けていても、ご飯や麺、パンをたくさん食べていればその分糖質は摂取しているので、ダイエットには不適切なのです。したがって、しっかりと知識を持ったうえで、ダイエット中は食事を選ぶ必要があります。

比較

それでは実際に外食時に選びたいダイエットメニューを、よくある2つの食べ物を比較しながら紹介していきたいと思います。

ごはんVSパン

まずは王道の主食でもあるごはんとパンから、どちらがダイエットに適しているか紹介していきましょう。朝食としてごはんかパンのどちらかを選んでいる人も多いかと思います。カロリーだけを比較すると、ご飯は1杯分が約250kcal、食パンは1切れ約150kcalとなりますので、パンの方がダイエットに向いているようにみえますが、パンを食べる際につけるバターやマーガリン、ジャムなどをプラスするとごはんと変わらないカロリーになります。その点、ご飯はパンよりも咀嚼回数も多く、腹持ちも良いため朝食としてもおすすめです。

ハンバーグVSステーキ

子供も大好きハンバーグかステーキですと、ステーキの方がダイエットに向いているといえます。というのも、ステーキの場合焼いてあるだけなので、パン粉や調味料を加えて作るハンバーグよりもカロリーは抑えめとなっています。また、ステーキならば脂身はカットできますが、ハンバーグの場合脂身が多いひき肉を使用するため脂質も多くなりがちです。ちなみにハンバーグのつなぎとして使用するパン粉は、言うまでもないですが糖質なので、ダイエットに向いているとは言えません。

もしどうしてもハンバーグが食べたい場合は、目玉焼きやチーズが乗っているものを避けて、和風ソースのものを選ぶようにしましょう。あるいは、糖質を抑えるためにご飯を抜くと良いかと思います。

コロッケVSメンチカツ

おかずの代名詞として食卓に並ぶことも多いであろうコロッケとメンチカツですが、ダイエットに最適なのはコロッケと言えます。もちろん揚げ物はダイエット中には避けた方が良いですが、どうしても食べたくなったら野菜が中心のコロッケを選びましょう。メンチカツは具のほとんどがひき肉となっているので、カロリーも高いうえ資質も多めなのです。

回鍋肉VS麻婆豆腐

中華のおかずとして人気も高い回鍋肉と麻婆豆腐。全体的に油を多く使うため、カロリーも高めな中華料理ですが、このどちらかを選ぶならば回鍋肉をおすすめします。回鍋肉は野菜が多めなうえ、お肉が大きめにカットしてあるので食べごたえも抜群ですが、麻婆豆腐は具が豆腐とひき肉ということから、食べごたえを感じにくいメニューでもあります。また、ひき肉には脂質が多く含まれていますし、とろみを作り出すためにあんにはでんぷんが加えられているので、麻婆豆腐はダイエット中にはおすすめできません。

八宝菜VS酢豚

八宝菜と酢豚も、中華のおかずとして人気が高いメニューですが、ダイエット中にいただくのであれば八宝菜がおすすめです。野菜が中心なのでヘルシーな八宝菜に比べて、酢豚はお肉にかぶせた衣が脂質を十分に含んでいるほか、あんにはでんぷんを使用しているので糖質も多く摂りすぎてしまいます。また、調味料として使うケチャップにも糖質は多いので、ダイエット中の食事としては不向きと言えます。

あんまんVS肉まん

寒い時期においしいコンビニのあんまん、肉まん。どちらも違ったおいしさがありますが、ダイエット中は肉まんがおすすめです。実はあんまんのほうがカロリーが高いうえに、あんこに砂糖もたっぷり使用されているため糖質もたっぷりとれてしまいます。その点、肉まんならばカロリーも抑えられるほか具がお肉であるため栄養分も摂取できるのです。

フルーツタルトVSどら焼き

洋菓子と和菓子と聞くと、和菓子の方がダイエットに向いているといわれていますが、フルーツタルトとどら焼きならば、フルーツタルトの方がダイエット中にはおすすめです。どら焼きは、和菓子ということで一見ダイエットに向いているように見えますが、実は生地にもあんこにも大量の砂糖を使用しています。また、小麦粉も多く使用しているため、脂質も大量に含まれているのです。その点、フルーツタルトならば食物繊維が一緒に摂取できるほか、ゼラチンとしてコラーゲンも摂取できます。

ざるそばVSかけうどん

ざるそばとかけうどんならば、カロリーも低いざるそばがおすすめです。もちろんカロリーの低さ以外にも、ざるそばにはポリフェノールやアミノ酸、ルチンなど豊富な栄養素が含まれているため、栄養バランスを整えるという面でも効果的に働きます。

ビールVSワイン

ダイエット中はお酒は控えた方が良いですが、それでも飲みたい場合にはビールよりもワインを選びましょう。ワインの方が1杯あたりのカロリーが低いうえに、ポリフェノールが豊富に含まれていることから、美肌効果も期待できます。

食べるものに気をつけて外食を楽しもう!

いかがでしたか?ダイエット中の食事制限はつらく感じやすく、なかには挫折してしまう人も多いようです。しかし、十分に注意すれば外食しても効率よくダイエットをすることができるので、ぜひ無理せず自分のペースでダイエットを続けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)

NEW POST