背中のムダ毛自己処理NG!!失敗しない背中脱毛とは?

目次 ※クリックで開閉します

みなさん、背中のムダ毛って、どうしてますか?

「頑張って手を伸ばして、カミソリで剃ってる」

「そもそも処理してない、だって自分じゃ見えないし…」

「ニキビや肌荒れがひどくて、脱毛以前の問題なの」

そんな声が聞こえてきます。

そう、背中って、見えないし、手が届かないし、肌荒れしやすいし、結構厄介な場所なんです。

今回は、そんな背中のムダ毛を綺麗にする方法を学んでいきましょう。

背中のムダ毛 自己処理NG!!

まず、背中のムダ毛ですが、自己処理は絶対にNGです!なぜなら、背中は身体の中で最も自己処理のデメリットが出やすい場所なんです。

見えないところにカミソリ、それって大丈夫?!

まず背中というのは、自分の背面にありますから目で見えませんし、手もうまく届きません。そんなところを鏡で必死に見ながらカミソリで剃っても、剃りムラになって余計に目立ってしまったり、最悪肌を切ってしまって怪我をしたりすることも。

綺麗にするために自己処理したはずが、ムラだらけの怪我だらけでは何の為に頑張ったのかわからず、ため息が出てしまいますよね。

背中は一番ニキビの出来やすい場所

よく「身体の中心部分にはニキビが出来やすい」と言われるように、背中は皮脂の分泌量が多く、また、日中常に衣服に覆われ汗をかきやすい場所ですので、赤みやニキビの出来やすい場所なんです。

ニキビに気づかずに自己処理してしまって、出血して痛い思いをしたことがあるのは、決して筆者だけではないはず。

また、ニキビがあまりにもひどくて、そもそも自己処理すら出来ないという方も多いのではないでしょうか?

そのくらい、背中のニキビというのは治りにくく、やっかいなものなのです。

除毛クリームは肌ダメージ大!

また、範囲が広い事から除毛クリームを使っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、除毛クリームは肌への刺激が強いので、ニキビなどの肌荒れの多い背中に使うと、トラブルを起こす方が非常に多いです。また、除毛クリームもカミソリと同じく、塗りムラがあるとムダ毛がまばらに残ってしまい、美しくありません。

よくある便利グッズも要注意!

このようにムダ毛の自己処理が難しい事から、背中のムダ毛の処理専用の脱毛タオルなど、便利グッズもさまざま発売されています。でもこれ、効率が悪い上に、ムダ毛がとれるくらい強力な力で肌をゴシゴシするわけですから、当然お肌へのダメージも強いのです。ニキビのある方はさらに悪化させてしまいますし、刺激から肌を守るために色素沈着を起こして、シミが出来てしまう可能性もあるのです。

 

このように、背中のムダ毛を自己処理しようとすると、非常に難しい上に肌トラブルも起きやすいのです。

それでは、背中のムダ毛はどうやって処理すればよいのでしょうか?

背中脱毛の知っておきたい事

背中のムダ毛が気になる方は、断然サロンかクリニックでの脱毛がオススメです。自己処理が難しい訳ですから、ここはプロに任せて寝ている間に綺麗にして貰っちゃいましょう。

背中脱毛、範囲はどのくらい?

背中脱毛を受けるにあたって、気になるのはその範囲ですよね。

背中は範囲が広いので、ほとんどのサロンでは部位を背中上と背中下に分けています。

そして気になるのが、隣接する襟足と腰。実は、背中脱毛に腰が含まれていないサロンも多いのです。また、襟足の毛が濃いめの方は、背中上のみの脱毛ですとちょうど首周りのところで境目が出来てしまうので、襟足も一緒に脱毛されるのがオススメです。

背中脱毛、実はちょっと割高?!

背中脱毛の金額、ワキなどに比べると正直割高です。範囲が広く使う光の量も多いので、コストがかかるのですね。

また、脚やVIOのようにキャンペーンが組まれる機会が少なく、背中のみ脱毛しようとすると背中だけで10万越え、と、全身脱毛した方がオトクになるケースもあるほどです。

また、一般的にクリニックよりもサロンの方が金額は安いと言われていますが、背中に限ってはクリニックの方がオトクな場合もあるようです。

例えば、医療脱毛のリゼクリニックでは、背中専用のコースがきちんと設けられており、きちんと結果の出せる5回のコースが79,800円と、サロンのフラッシュ脱毛よりもはるかにお得な設定になっています。

このように、背中の脱毛は他の部位に比べ範囲や値段の設定が特殊なので、様々なサロンでカウンセリングを受けて、しっかり情報収集してから始めるようにしましょう。

背中脱毛を受けるリスク

背中脱毛を受ける場合、よく言われているリスクが1点あります。それは、ムダ毛の「増毛・硬質化」

これは、背中のように色素の薄い産毛の多い部位に見られる現象で、ヒジ上やお腹などでも時々起こります。

産毛にも反応するように設定した光を照射するのですが、その結果毛根が死滅するのではなく逆に活性化されて、元の産毛よりも濃く太い毛が生えてきてしまうのです。

これは、光の照射レベルが低すぎた・高すぎた、など言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

「高いお金を払って脱毛に行ったのに余計濃くなっちゃった!信じられない…」

濃くなったムダ毛を見た時は、そんな風にびっくりされるかもしれません。

けれど、これは一時的なもので、脱毛を続けていれば最終的にはまた薄くなり、生えなくなります。逆に一度濃くなることで、光がしっかりと黒い色素に反応して毛根まで光が届くので、より効果が出やすい状態になるのです。

「増毛・硬質化」が見られてもびっくりして途中でやめるのではなく、根気強く通う事が大切です。

脱毛を始める前に背中のケアをしておこう

また、はじめにお伝えしたように、背中は赤みやニキビといった肌トラブルの出来やすい場所です。こうしたトラブルがあると、光が余分に反応してしまい肌に負担になるので、ニキビのある部分には光を当てる事が出来ません。

効率よく脱毛を進める為にも、背中脱毛を決意されたら自己処理を控え、背中のケアを徹底しましょう。最近はニキビケアのクリームも売られていますし、顔につける化粧水を背中にも一緒につけるだけでも全く違ってきます。

ムダ毛だけでなく、綺麗な背中を手に入れる為にもぜひケアも一緒に頑張ってみましょう。

まとめ

いかがでしたか?背中の脱毛は、自己処理もサロンでの脱毛も他の部位とはちょっと異なる事が伝わったかと思います。

自分では難しい部位だからこそ、プロに任せて楽して綺麗にしてもらいましょう。

また、背中はブライダル脱毛でも必ず脱毛する場所です。早めに始めておけば、将来いつでも綺麗な背中を見せる事が出来ますよ。

ぜひムダ毛にもニキビにもさよならして、背中美人を目指してくださいね♡

PICKUP CONTENTS

トップへ