ホリスティックな美白情報。“美白剤”を使わずに、シミ・くすみを追い出すには!?

こんにちは、オーガニックコスメアドバイザーでホリスティック美容家の林田七恵です。

今回のコラムはホリスティックな美白情報についてお話させていただきます。
みんなが気になる“美白剤”を使わずに、シミ・くすみを追い出す方法も紹介しちゃいます。

9月、シミが濃くなったと感じたら・・・?

夏も終わり、残されたのは素敵な思い出と、ポツポツと頬の上にできたシミ・・・

なんてことはないでしょうか?シミやくすみの悩みが最大化するのが9月。紫外線のピークは過ぎたものの、夏疲れによって排出力が下がり、7月や8月よりもシミが濃くなったように感じる人も多いかと思います。

 

そんな中、美白をしなきゃ・・と思いつつも、肌が弱かったり、刺激の強い美白剤は避けたいと思っている人が増えてきています。でも放っておくわけにはいかないシミ、くすみ。そんな方に今回は体全体の機能からシミ、くすみを追い出すホリスティックな美白方法をお伝えします。

シミ、くすみ。睡眠不足とやりすぎスキンケアが原因!?

本来であればターンオーバーによって排出されるはずのメラニン。それがいつまでも肌に留まったものがシミやくすみです。シミを捨てられない原因。実はその以外な盲点が、睡眠不足とやりすぎスキンケアです。え???睡眠不足はなんとなくわかるけど、スキンケアがなんで?と思われるかもしれませんね。

 

まずは睡眠のお話からしていきましょう。ちょっと難しい話ですが、私たちの細胞は夜に副交感神経の働きによって末端の血管隅々にまで栄養がいきわたることで、分裂します。肌の奥底で細胞が分裂すると、一つずつ古い細胞が押し上げられて、一番上の細胞がぺら~っと垢となって剥がれ落ちます。この時に肌の細胞の中に入り込んでいたメラニン色素が一緒に排出されるため、シミはだんだんと薄くなり消えていきます。

 

ところが。しっかりと良質な睡眠を取れていないと、メラニンを含む細胞が排出できずにシミは居座ることになります。睡眠不足の朝、なんとなく肌をさわるとガサガサしていたり化粧水や乳液の浸透が悪いな、と感じることはないでしょうか。これは本来剥がれるべき角質が剥がれていない証拠。しっかりとした睡眠が美白のためには不可欠です。

 

 

それから。もう1つ気を付けたいのがやりすぎ、塗りすぎのスキンケア。

私たちはいろんなメディアや広告の影響によりかなりトゥーマッチな状態を潤うことだと誤認しています。手に吸い付くようにモッチモチ、しっとりと滑らかな・・・などなど。

 

でも、紫外線の影響をうけていない健康な二の腕の肌は、もっとずっとさらっとしているはず。それが正常な状態なんですね。度を超えた潤いは、残念なことにノリのように古い角質を肌にくっつけて、自然に剥がれることを邪魔してしまいます。

 

肌は一番外側の古い角質が剥がれることで、それがスイッチとなり、奥底の細胞が新しく分裂するという仕組みになっているので、自然に剥がれることを邪魔するということは、肌の生まれ変わりそのものストップさせてしまうということなんですね。

二の腕の肌の内側の状態を参考に、塗りすぎないスキンケアが大切です。

体の中から排出力を高めるホリスティック美白

睡眠に気を付け、あれこれ塗りすぎずに、ターンオーバーを邪魔しない状況が作れたら。あとは積極的に体内から排出力を高める栄養素を取って、美白に拍車をかけていきましょう。シミ、クスミの排出力を高める栄養素といえば、ビタミンA、C、E。

 

これらのビタミンが体内で効率良く働くためには、補助剤となる様々な成分が必要ですから、サプリメントも良いですが複合的な栄養が含まれている食事や天然のものから積極的に摂るようにしましょう。

 

一番のおすすめはビタミン爆弾とも呼ばれる薔薇の実、ローズヒップティー。ビタミンCはレモンの20倍、吸収力をより高めるビタミンPやリコピンも含まれていて、ビタミンA、ベータカロチンも豊富に含まれています。ローズヒップティーをペットボトルに入れて、数時間ごとにこまめに飲み続けてみましょう。

 

いつもの秋よりもぐっと肌の透明感と白さが戻るのが早い、と感じることと思います。

この記事を書いたユーザー

林田 七恵
オーガニックコスメアドバイザー、ホリスティック美容家、HANAオーガニック化粧品開発者、美容ライター、起業家、一児の母&妻として活動している林田七恵です。 nanairoでは、ホリスティック美容に関するコラムを執筆させて頂いています。 林田 七恵の記事一覧

PICKUP

トップへ