自分のバストのサイズ知ってる?正しいブラでサイズアップ?!

突然ですが、あなたが今つけているブラジャー、絶対に正しいサイズであると胸を張って言えますか?

1人1人に個性があるように、バストサイズや形もそれぞれ人によって異なるので、ものによっては正しくないブラジャーを着けている人も実は多いのです。

今回は、正しいブラジャーサイズのはかり方や付け方などを詳しく紹介していきたいと思います。

バストのサイズ

女性の多くは自分のバストに不満を持っています。

原因は形であったりバストトップの色であったりサイズであったりさまざまですが、中でもバストが小さい人は特に自分のバストをコンプレックスに思っており、自信を持てないでいることが多いようです。

男性の理想

では、どうして女性はバストの大きさにコンプレックスを感じやすくなるのでしょうか。

その大きな理由として、男性目線から見たバスト像が挙げられます。

中にはそうでない人も多いようですが、基本的に男性は大きなバストを好むため、たとえば初対面ではバストが大きい人の方をちやほやする傾向にあります。

ちなみに男性は「手のひらサイズ」と称するDカップをもっとも好むようです。

「手のひらサイズ」と聞くと女性ならBカップほどを想像するかと思いますが、男性の中にはEカップを「手のひらサイズ」だと思っている人もいるそうです。

このように、バストの大きさは男女間で大きな相違があります。

ファッションにも影響

バストが小さいことで男性受けが良くないこと以外にもファッションの幅が狭まることを嫌に思っている女性も多いようです。

胸元が空いた服やビキニなど、胸元を強調する服装は確かにバストが大きい人の方が似合うかもしれません。

しかし、ただバストが大きければファッションの幅は広がるのでしょうか。

その答えはNoです。大事なのはバストの大きさだけでなく、それを含めた全体のバランス。

男性からも、「体格とバランスがあっているバストが良い」という意見があるように、全体的にバランスの取れた体型を維持しつつ、程よくバストがあることが大切なのです。

理想はバランス

では、バランスのとれた体型とはどんなもののことをいうのか、詳しくみていきましょう。

大手下着メーカーの「ワコール」では、1995年に立体的なバランス指標である「ゴールデンカノン」を発表しています。

これは寸法ではなく一人一人のバランスに重きを置いて、美しいと思われる指標を計測し、バランスの取れた美しいプロポーションを把握するための「ものさし」として活用されています。

また、理想的なスタイルの黄金比は、

バスト:ウエスト:ヒップ=1:0.7:1

といわれています。

そのほか、理想のバストは身長×0.5センチ、ウエストは身長×0.38センチ、そして理想のヒップは身長×0.54センチと、身長によってバランスのとれた比率は異なってくるのです。

正しい測り方

理想のバストサイズかどうか知りたくても、正しい測り方を知っておかないと意味はありません。

続いてはバストの正しい測り方を紹介していきましょう。

正しい測り方をしておけば、下着屋さんに行かなくても、いつでも正しいサイズを把握することができるので、ぜひ知っておいてください。

方法

まず大きな鏡の前に立ちましょう。

できるだけ自分の上半身をすべて確認できるような壁掛け鏡が良いです。

裸になったら、トップバストとアンダーバストを測っていきます。

背筋をまっすぐ伸ばしてからメジャーを使って測りましょう。

トップバストの測り方

トップバストはちょうど乳首がある高さです。

横向きに立ってから、メジャーを地面と水平に保ちながら巻き付けて測りましょう。

息を吐き、力が抜けた状態で測ることが大切です。

トップバストを測る際は、優しく締め付けない程度の力で行いましょう。

また、トップバストは90度お辞儀した状態で測ることもできます。

特にバストトップが下がり気味の人は、こうすることで正しいサイズを計測することができるのです。

アンダーバストの測り方

アンダーバストはバストの膨らみのすぐ下の部分です。

トップバストと同じく、息を吐いて力を抜いた後、メジャーが水平になるように背中から胸に巻き付けて測ります。

サイズを測る際、トップバストを少しでも大きくしようと胸を張ったり、アンダーバストを少しでも小さくしようとお腹をへこます人も多いようですが、正しいサイズを把握するためには正直でいることが大切です。

正しいサイズが分かれば自分にピッタリなブラジャーを見つけることもできるので、意地を張らずに我慢しましょう。

正しいブラを選ぶ

自分のバストのサイズが分かったところで、正しいブラジャーを選びましょう。

ここでは、間違ったサイズを選んでしまった場合に起こる弊害や正しいブラジャーの付け方を見ていきます。

サイズ間違ってるとヤバイかも?!

ブラジャーはサイズが大きすぎても小さすぎても良くありません

例えばサイズが小さいブラジャーを着けていることで、締め付けによってバストが圧迫され、血流の悪化を招きます。

これにより代謝機能が低下してしまうため、全体的に脂肪が燃焼しにくい身体へ変化し、痩せにくくなることもあります。

また、小さいブラジャーを着けていると、ブラジャーに入りきらなかったお肉がはみ出てしまい、そのまま脇や背中へと流れてしまうこともあります。

その結果、サイズダウンを引き起こしてしまうのです。

一方で、サイズが大きすぎるブラジャーを着けていることで、バストが型崩れしやすくなります。

これらの弊害を防ぐためには、きちんとブラジャーを購入する際にセルフチェックを行う必要があるのです。

正しいブラのつけかた

正しいサイズが分かったら、正しくつける必要があるのがブラジャーです。

正しい付け方は、以下の通りになります。

  1. ストラップを肩にかけたら、下からブラジャーを持っていく
  2. 前に屈みながらブラジャーにバストを収め、ホックを止める
  3. 左手でストラップの付け根を浮かせたら、右手でバストを右肩の方に引き上げる
  4. 反対も同じようにする
  5. 状態を戻してストラップを調整する
  6. ブラジャーが水平になっている確認したら、動きにくくないかチェックする

バストの大きさが左右非対称なんですけど?!

一般的に販売されているブラジャーは左右対称のものとなりますが、実は女性の大半はバストが左右対称ではありません

生まれつき、筋肉の付き方、利き手を使う頻度などでバストが非対称になることは多く、中には3カップ以上サイズが異なる人もいるそうです。

バストを左右対称にするためには、正しいブラジャーを選ぶことが大切です。

この時、必ずバストが大きい方にサイズを合わせるようにしましょう。

サイズが小さい方はぶかぶかになってしまうかもしれませんが、その場合は背中や脇からお肉を持ってきて、補充してあげるようにしてください。

毎日続けていれば、お肉が流動し、バストにつきやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

自分の正しいバストを知って、正しいブラジャーを着けることはバストケアの一環です。

ぜひ時間があるときにきちんとサイズを測ってみてください。