バストケアの基本!後悔しないように今から意識して!!

何のケアもしていないままでは、バストはどんどん見た目的に衰えてきます。

そうでなくても加齢とともにハリがなくなり、垂れるようになるので、若いからといって慢心することなく、日頃からきちんとケアすることが大切なのです。

今回は、そんなバストケアについてその概要と必要性、種類などを紹介していきたいと思います。

バストケアとは

まずは、バストケアの概要やその必要性について紹介していきたいと思います。

バストケアとは

「理想のバスト」と聞かれて、一番に何を思い浮かべますか?

大きさや美しさ、ハリや柔らかさなど、人によって返答はさまざまかと思います。

まずは「美バスト」と呼ばれる理想のバストについて、それぞれの条件を紹介していきましょう。

ハリがあって垂れていないバスト

垂れていなければ、大きさは関係ないという人もいます。

ツンと上向きで、ハリがあるバストは女性・男性問わず魅力的に映るようです。

手に吸い付くようにしっとりとしたバスト

男性は特に、触り心地を重視します。

手に吸い付くようにしっとりとしたバストは、女性らしさを具現化しているといっても過言ではないかもしれません。

ふわふわとして程よいボリュームのバスト

ふわふわとした柔らかいバストを作り出すためには、それなりのボリュームが必要です。

ボリュームの面では、男性の理想は手からあふれる位といわれています。

弾力のある小ぶりのバスト

小ぶりのバストは、柔らかさというよりは弾力性を重視するという声が多いです。

きれいなお椀型の、触りがいのあるバストは魅力的に映ります。

このように、バストケアによって目指すべきバストはさまざまにあります。

人によって足りないものがあるので、しっかりとバストケアで補ってあげることが大切です。

みんなの悩み

バストについて悩んでいる女性は多くいます。

その中でも最も多い悩みとしては、サイズが小さいことが挙げられます。

日本人女性のおよそ2人に1人はバストが小さいことに悩んでいることもわかっており、ボリュームを求めているようです。

男女で違う理想のバスト

そもそも男性と女性では、理想とするバストに大きな違いがあります。

男性は大きなバストを求めているのに対し、女性はマシュマロのような柔らかなバストを理想としています。

実際に日本人女性の平均的なバストサイズはBカップですが、男性は女性にC~Dカップを理想として追い求めている傾向も調査によってわかっています。

そういった男性の傾向から、女性が小さい胸にコンプレックスを抱いてしまっているのかもしれませんね。

一方で、女性がバストに抱く悩みは他にもあります。

例えば左右が離れているハリがない垂れているバストトップがくすんでいるなど、人によってさまざまな悩みがあるようです。

なぜバストケアが必要なの?

加齢とともに、身体にはさまざまな変化が訪れます。

例えば顔一つとっても、たるみやシワ、シミなどができやすくなるので、エイジングケアを心がけるようになりますよね。

バストも同じく、加齢に影響を受けるようになります。

そもそも女性のバストはおよそ9割が脂肪でできており、それを支えるべく大胸筋が存在しています。

しかし加齢とともに大胸筋が衰えることで、脂肪を支え切れなくなり、バストが垂れ、ハリがなくなってしまいます。

したがって、顔と同じくバストにもエイジングケアが必要になるのです。

バストケアの種類

バストケアと一概に言っても、いろいろなものがあります。

それぞれ人によってバストの悩みが異なるように、必要とするバストケアも異なりますので、自分のバストにあったものを実践するようにしましょう。

バストの位置

ツンと上を向いたバストは魅力的に映りますよね。

反対に、垂れているバストは、加齢を感じてしまうこともあり、あまり好まれない傾向にあります。

そこで大切になってくるのがバストの位置です。

理想的なバストの位置は、2種類あります。

バストトップの正しい位置

理想のバストの位置ってどこでしょうか?

まずバストトップが肩とひじの真ん中にある位置、そして鎖骨の真ん中と左右のバストトップを結ぶと二等辺三角形ができる位置です。

これらを実現するためには、きちんとバストケアが必要になります。

ブラジャーが重要!

理想のバストの位置を実現するためには、正しいサイズのブラジャーを付けることが大切です。

サイズが合わないブラジャーを付けていると、バストをつぶしてしまうので、形が崩れやすくなります。

したがって、少なくても半年に1回は、下着屋さんで正しいブラジャーのサイズを測ってもらうようにしましょう。

バストのハリ・つや

ハリやつやがあるバストは、年齢を感じさせませんし、男性の目にも女性の目にも魅力的に映りますよね。

バストは実は肌荒れしやすい場所なので、つやつやした美肌を演出したいのならばしっかりとケアする必要があります。

女性ホルモンがポイント!

また、ハリを出したい場合、大切になってくるのが女性ホルモンの分泌です。

性ホルモンは、食生活を改善することで十分に活発化できるので、まずは日頃の食事を見直すことがおすすめです。

また、逆に過度なダイエットで栄養不足になることで、バストに栄養が行き渡らなくなり、ハリが失われるということもあり得るので、しっかりと普段から栄養を補充しておく必要があるのです。

一方で、女性ホルモン分泌の活性化には、睡眠時間も深く関係しています。

女性ホルモンは22時~2時までの間に分泌が進むといわれているので、その間に就寝するように心がけることが大切です。

バストの形

バストの形を整えるには、まずは自分にあった下着をつけることが大切です。

また、胸筋を鍛えることで上向きの美しいバストをつくり出すことができるので、エクササイズも重要です。

スポーツジムに通っているならばベンチプレスを使ったエクササイズがおすすめですが、そうでないのならば腕立て伏せがおすすめです。

バストの柔らかさ

バストに柔らかさを出したいのならば、マッサージがおすすめです。

お風呂上りにリンパマッサージやツボ押しを行ってみましょう。

また、寝る時にナイトブラを付けて、他の場所に脂肪が流れないようにすることも大事です。

これらの共通点は??

上記に挙げたものの共通点としては、以下のものが挙げられます。

  • 自分にあった下着を身につける
  • ナイトブラをつける
  • 生活習慣を改善する

それぞれに共通してみえることの1つに、下着のサイズを見直すことが挙げられます。

サイズが小さすぎても大きすぎてもブラジャーは良くないので、しっかりと定期的にサイズを測ってもらい、自分に合ったものを身につけましょう。

また、睡眠時間や食生活、適切な運動など、生活習慣を見直すことで内側からバストケアをすることも大切です。

今すぐにでもできることだと思いますので、ぜひ生活面を見直してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

バストケアは1日だけしたからといってすぐに意味があるものではありません。

毎日継続することが大切なので、ぜひ飽きずにしっかりと取り組んでみてください。