【2021新春】名店おせちの予約状況

毎日の習慣を変えるだけ!バストアップのためにできること

自分の胸にコンプレックスを抱いている女性は少なくはありません。

特に胸が小さいことを悩んでいる女性は多く、何とかしてバストアップしたいと思っている反面、どこかで諦めてしまっているという人もいるのではないでしょうか。

しかし実は、毎日の習慣を変えるだけでバストアップは可能であることもわかっています。

今回は、バストアップの基本として、その方法をいくつか紹介していきたいと思います。

バストアップの基本

バストが小さい人も大きい人も、皆それぞれに自分のバストに悩みを抱いているのではないでしょうか。

大きい人には大きい人の悩みが、そして小さい人には小さいなりの悩みがあるのです。

まずは、たくさんの人が抱いているバストの悩みをいくつか紹介するとともに、自分でバストアップはできるかどうかをみていきましょう。

バストの悩み

まずは、世の女性たちはどんなバストの悩みを抱いているのか、その悩みを具体的にいくつか紹介していきましょう。

  • 胸が小さいので、男性の視線が気になる
  • 周りとついつい比べてしまう
  • 胸が小さいから洋服が似合わない
  • 胸が垂れている、離れている

女性が抱くバストの悩みの中で一番多いのが「小さい」ということです。

これは「胸が大きい方が好き」であろう男性の目線を気にしてしまうことが一番の原因と考えられており、気にするあまりバストアップを図る人も少なくはありません。

実際に、「胸が小さい自分は魅力が乏しいんじゃないか」「彼氏が自分の胸を見てがっかりしないか」など、胸が小さいことで抱きやすい悩みは男性の目線を意識しているものが多いのです。

また、バストが小さいことで洋服が似合わないことを気にしている女性も多いようです。

胸元を強調した服や、ボディラインを強調した服に憧れている一方で、バストが小さいことで子供っぽく見えてしまうことをコンプレックスに感じてしまう傾向は強くあるのです。

年齢によってもバストの悩みは大きく変わっていきます。

例えば30代前半までは胸が小さいことに悩む女性が多くみられますが、それ以降は胸が垂れていたり、ハリがないことに悩みだす傾向にあります。

そのほか、人によっては左右のバストが離れていることにコンプレックスを抱いている女性も多いようです。

自分でバストアップって可能?

小さい胸をどうにかしたい!と思っている反面、大人になってからのバストアップができるかどうかに不信感を抱いている女性も多いかと思います。

なかには、「頑張ってもずっと小さい胸のままだろう」と思っている女性もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、自分でバストアップすることは可能です。

現在マッサージやサプリなど、いろいろなバストアップ方法が世に出てきていますが、これらのおかげで本当にバストアップしたという声も多くあります。

自分でどうにかしてバストアップするには、毎日継続して、地道な努力を重ねていくことが大切なのです。

キーポイントは乳腺の発達

自分でバストアップする際、キーポイントとなってくるのが乳腺の発達です。

そもそも女性のバストとは、乳腺と脂肪からできています。

その中でも乳腺は、母乳を作るための器官であり、この乳腺の周りに脂肪がついていることで、ふくらみのあるバストが実現しています。

また、バストに脂肪を蓄えるためには、乳腺を発達させる必要があることがわかっています。

乳腺を発達させるためには、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの働きが必要不可欠です。

これらの分泌を活性化させることで、乳腺を刺激し、太く大きなものへと変えていきます。

その結果、乳腺周りに脂肪がつきやすくなり、バストアップが実現するのです。

バストアップのために

バストアップの仕組みがわかったところで、続いてはバストアップのために自分でできることをいくつか紹介していきましょう。

バランスのいい食事を摂る

バストアップに欠かせないもののひとつに、バランスの取れた食生活があります。

例えばファーストフードやコンビニのお弁当ばかり摂取する生活を続けていると、栄養バランスが偏ってしまいます。

また、「食べないダイエット」などの急激なダイエットはバストのサイズダウンを引き起こす原因になります。

バストアップのためには、まんべんなく栄養素を摂取し、バランスの取れた食生活を心がける必要があるのです。

特に女性ホルモン分泌に必要な大豆製品は積極的に摂取するようにしましょう。

質のいい睡眠を摂る

質の良い睡眠は、さまざまな健康効果のほかバストアップも期待されています。

逆に夜更かしをすることで、睡眠中の成長ホルモンの分泌を滞らせてしまい、乳腺発達を妨げてしまいます。

また、女性ホルモンも睡眠中に分泌されるといわれており、そのピークは22時~2時となります。

したがって、この時間帯にしっかり就寝し、質の良い睡眠を摂るようにすることが大切なのです。

なかには「そんなに早く就寝できない」という人もいるかと思います。

そういった場合には、朝早く起きる習慣を身につけ、生活リズム自体を見直しましょう。

朝早く起きれば、夜早い時間に就寝しやすくなります。

姿勢を直す

普段から猫背に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

特に仕事がデスクワークの場合、パソコンを見たり書類を作成したりと、どうしても前かがみになってしまい猫背が習慣化してしまうことが考えられます。

しかし猫背になると、バストの土台である大胸筋を縮めてしまうため、バストアップどころかサイズダウンを引き起こすようになってしまいます。

また、サイズが合わない下着はバストの成長に悪影響を与えます。

きちんと自分にあった下着を身につけるために、下着屋さんで3か月に1回はサイズを測ってもらうようにしましょう。

生活習慣を変える

普段の生活習慣を整えることも、バストアップには大切なことです。

例えば運動不足や冷え性の場合、バストへの血行不良を引き起こし、バストアップを妨げてしまいます。

また喫煙やストレスはバストアップに欠かせないエストロゲンの分泌量を減らしてしまうことがわかっています。

ストレスや冷え性はすぐに解消できるものではありませんが、運動不足や喫煙は自分で気づいたときに心がければ、きちんと改善することができますよね。

あてはまる生活習慣がある人は、ぜひ今すぐ見直すようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

毎日の習慣を変えるだけで、徐々にバストアップ効果は実感できるかと思います。

もし改善できるところがあるならば、気付いたときにすぐ行動に移しましょう。

ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奈良出身!ファッション・おしゃれ大好き!海外ドラマにハマり中。 nanairoでは主に健康ジャンルを担当しています!

NEW POST