【2021新春】名店おせちの予約状況

良質な油を摂取してお肌を内部から美しくさせよう♡アーモンドで手軽にエイジングケア!

カリッと香ばしい味わいがクセになるアーモンド。

お菓子のトッピングにしてもおいしいですし、食事にトッピングをしても香ばしい香りと食感がアクセントになっておいしいですよね。

そんなアーモンドには驚くべきアンチエイジングパワーがあることをご存知でしょうか。

今回は、アーモンドのアンチエイジングパワーについてご紹介をします

栄養豊富なアーモンドではじめるアンチエイジング

アーモンドには栄養がいっぱい!

多くの方のアーモンドのイメージって、「食べると太る」とか「食べ過ぎるとニキビができる」といったようにマイナスなイメージが多いかと思います

それもそのはず、アーモンドは脂質の多いナッツとして知られているため、どうしてもこのようなイメージが先行しがちです。

確かに食べすぎはNGですが、これはどの食材にも言えることで、アーモンドのマイナス効果に関しても、食べ過ぎから起こるものなので、極端に食べ過ぎなければ大丈夫なんです。

特にアーモンドには、私たちに嬉しい栄養素が豊富に含まれているので、食べ過ぎない程度に積極的に摂取をするようにしたいものです。

ではアーモンドの気になる栄養素とは一体どのようなものが含まれるのでしょうか。

アーモンドには健康にも、そしてアンチエイジングにも効果が期待できるといわれている成分が豊富に含まれています

とくに注目をしてほしい栄養素は以下の通りです。

  • ビタミンE
  • ビタミンB2
  • オレイン酸
  • リノール酸

上から順番に説明をしていきますと、ビタミンEには高い抗酸化作用があり、体内の酸化を防ぐ力があります。

そのため、私たちの体内で起こる酸化による老化現象にストップをかけてくれる力があるのです。

アーモンドにはこのビタミンEが豊富に含まれているので、女性であれば、一日約20粒の摂取でビタミンEがしっかりと補給することができるのです。

二つ目のビタミンB2は、脂肪の燃焼の手助けをしてくれる成分です。

年々食事の量や運動量が変化をしていなくても体重が減らなくなっていませんか?

それは身体の新陳代謝が悪くなり、痩せにくくなっているのが原因です。

このような状態を防ぐためにも、ビタミンB2の脂肪燃焼パワーは非常に重要です。

アーモンドと聞くと太りやすいイメージがありますが、前述の一日20粒程度でしたら急激に体重が増加をしてしまうような量ではないので、心配はいりません。

そして注目したい成分は、オレイン酸とリノール酸です。

これらは、血液中の悪玉コレステロールを減らす効果があり、血液をサラサラにしてくれます。

そのため動脈硬化といった生活習慣病を防いでくれる効果はもちろんですが、血流が良くなることで体温が上がり、肌のくすみの改善につながったり、肌の内部から起こる乾燥を防ぐことが可能です。

 

このように、アーモンド歯マイナスな食材ではなく、美味しいのにうれしい効果がたくさん秘めている優秀な食事だったのです。

アーモンドはどうしてアンチエイジングに良いの?

アーモンドの注目すべき効果をお伝えしましたが、ではなぜアーモンドでアンチエイジングができると話題になっているのでしょうか。

前述の通り、アーモンドの注目すべき成分の中に含まれている「ビタミンE」がアンチエイジングに重要な役割を果たします。

このビタミンEは、高い抗酸化作用があるため、摂取をすることで肌の内部からの酸化を防ぎます。

年齢を重ねると、どうしても肌の内部から錆びついてきてしまい、肌が衰えてきます。

そして肌のコラーゲンが失われ、乾燥肌になったり、シミやシワ、たるみの原因となるのです。

こういった現象を根本から防いでくれるのがビタミンEです。

ビタミンEには、上記のように肌の酸化を防ぐだけでなく、年齢肌に大敵な紫外線からも肌を守ってくれる力があります。

ビタミンEを正しく摂取することで、肌の新陳代謝が上がり、紫外線の影響でできるシミやそばかすの原因となるメラニン色素をやっつけてくれます。

オレイン酸のアンチエイジング力

アーモンドは脂質が多いナッツとして知られていますよね。

これが原因で太りやすいというイメージが一人歩きしていますが、実際は少し違うんです。

アーモンドの脂質の約70%は、オレイン酸という不飽和脂肪酸でできています。

これはオリーブオイルと同じ成分といわれていて、適量であれば太らない脂肪です。

体重が気になるから余計な油は一切摂りません!といったスタイルでは、肌が内部から潤わなくて乾燥の原因になってしまうので、オレイン酸のような不飽和脂肪酸を多く含んだ天然の油を適量摂取するようにしましょう。

そうすることで、肌に適度なうるおいがよみがえり、外側からのケアもしやすくなりますよ。

アーモンドおすすめの食べ方と注意点

アーモンドは食事と一緒に!

アーモンドをおやつ替わりに食べるのももちろんOKですが、一番オススメをしたい食べ方は食事と一緒にいただくことです。

先ほどご紹介をしたオレイン酸には、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる力が含まれています。

そのため、食事中にいただくことで、急激な血糖値の上昇にストップをかけることができ、ダイエット効果や抗糖化作用を発揮します。

アーモンドン含まれるアルギニンというアミノ酸は、糖と結合をする仕組みになっていて、一緒に摂取をすることで、字活性酸素の抑制につながり、体内の酸化を予防します。

そのためより一層高いアンチエイジング効果を実感でき、さらには成長ホルモンの分泌を促進するので、肌の再生の手助けをしてくれます。

本気でアンチエイジングをお考えの場合は、食事の調理中に使う油を減らし(もしくは使用しない)、アーモンドを適量いただき良質な油を摂取してお肌を内部から美しくさせるように努めてみてはいかがでしょうか。

摂取には注意も必要

美容に手助けをさまざまな角度からしてくれるアーモンドですが、摂取には注意が必要です。

アーモンドに含まれる脂質は不飽和脂肪酸なため、確かに太りにくい油ではありますが、摂取をしすぎれば体重は増加をします。

アーモンドは本来カロリーの高いナッツですので、一日の摂取量(大体20粒程度)を超えて摂取しないように注意をしてください。

20粒で約120キロカロリーといわれているので、体重が気になる人は注意が必要です。

そして不飽和脂肪酸は摂取をしすぎると、お腹を下してしまう作用があるので、注意をしてください。

上記の量であればその心配はありませんが、それ以上の量を食べるとお腹が痛くなる可能性が多いにありますので、もともとお腹があまり強くない人は細心の注意を払って摂取するよう心がけてください。

そして一番注意をしたいのが、アレルギーです。

ナッツ類にはまれにアレルギーを起こす人もいるので、もし食べていて体調がすぐれない場合や吐き気、かゆみが出た場合は、一度摂取をやめて必ず医療機関を受診するようにしてください。

アレルギーがあるのに食べ続けてしまっては、身体に毒にしかならないので、おかしいな?と感じたら、すぐに病院へ行きましょう。

まとめ

アーモンドの良質な油は、肌にも身体にも良いことが分かりましたね。

そしてしっかりと摂取をすることで、肌が内部からうるおいを取り戻すので、今まで以上に若さを取り戻すことが可能です。

アンチエイジングをおいしくそして手軽に行いたい人は、まずはアーモンドを食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman

NEW POST