人気急上昇ピーカンナッツ(ペカン)の効果・効能は?エイジングケアにも良いって本当?

目次 ※クリックで開閉します

アンチエイジング効果のある食材は数多く存在していますが、中でも最近じわじわと人気が急上昇してきたピーカンナッツのアンチエイジング効果はご存知でしょうか。
実はこの普通のナッツに、たくさんの抗酸化作用とアンチエイジング効果が潜んでいたのです。今回は、今話題のピーカンナッツのアンチエイジング効果についてご紹介します

ピーカンナッツの栄養と効果・効能

ピーカンナッツの特徴

ピーカンナッツは、落葉高木から採れる脂肪分の多いナッツです。

 

アメリカでは古くから、ピーナッツの次に人気のある非常にポピュラーなクルミ科のナッツです。

 

日本では名前こそよく効きますが、特にメインの調理法などはまだ広まっておらず、アメリカのように普及はしていませんが、アメリカではサラダやお菓子といった食事のトッピングに使われていて、用途の広さから人気も上がってきています。

 

脂肪分の多いナッツと聞くと、どうしてもダイエットに不向きなイメージを持ちますが、もちろん食べ過ぎては意味がありませんが、適量であれば肌にちょうど良いうるおいを与えてくれて、その効果は抜群です。

 

最近ではその高いうるおい効果が評価をされて、「ピーカンナッツオイル」というものも販売をされています。

 

直接肌にのせてもOKですし、料理を作る際に使用をしても香りが豊かになっておいしく仕上がるでしょう。

 

熱を加えずにピーカンナッツオイルに塩を加えてドレッシング替わりでサラダにかけても、手軽に摂取ができるので良いのではないでしょうか。

クルミとの違いは?

ピーカンナッツもクルミ科のナッツです。

 

しかしピーカンナッツには、クルミのような独特の渋みはなく、香ばしく甘みのある味わいです。

 

見た目もクルミとは若干違い、丸みを帯びているクルミに対して、ピーカンナッツは細長く平らな形をしています。

クルミのように固い殻でなく手で簡単に割ることができるのも特徴です。

ピーカンナッツのアンチエイジング効果

ピーカンナッツには以下の効果が期待できます。

・アンチエイジング効果

・免疫力アップ

・生活習慣病の予防

・便秘改善

 

ピーカンナッツには、アンチエイジングに欠かせない、抗酸化作用があります。

この抗酸化作用は、アンチエイジングにはもちろん、体内の老化を防止してくれる作用なので、血流が良くなり心臓病の予防にもつながります。

 

年齢とともにひどい乾燥肌でお悩みの方もいるかと思いますが、ピーカンナッツの程よい脂肪分が、肌に適度な油分をプラスするので、乾燥肌の防止になります。

 

体内から乾燥を防げば、乾燥からくるシワやたるみの予防にもなるので、結果としてアンチエイジング効果が期待できるというわけです。

 

またピーカンナッツの脂肪分は不飽和脂肪酸を多く含んでいるので、適量であれば食べても太ることはありません。

 

亜鉛を多く含んでいることが特徴で、亜鉛のおかげで風邪の予防ができるため、乾燥や風邪が気になる冬には、特に摂取したい食材ですね。

 

この亜鉛は、貧血予防にもなるので、女性のお悩みの一つである貧血を改善したい人は進んで摂取をするよう心がけましょう。

食物繊維も豊富

ピーカンナッツは、100グラム当たり7.1グラムの食物繊維が含まれていて、そのため便通が良くなりダイエット効果も期待できます。

 

無理な食事制限をしてダイエットを始めると、どうしても便秘がちになり、余計に肌が荒れたり体重が減らなかったり…と悪循環ですが、ピーカンナッツをダイエット中のおやつ替わりに食べれば、食物繊維の力でお通じが良くなります。

 

またピーカンナッツは、水分と合わさると膨らむ性質ですので、少量でも満腹感を得ることができます。

 

ダイエット中であれば、一日10~18粒をゆっくりと噛みながら食べれば、かなりの満腹感が得られるはずです。

ピーカンナッツは調理がしやすい

そのままポリポリとおやつ替わりに食べてもおいしいのですが、毎日このおやつではやはり飽きてしまいますよね。

 

なかなか日本ではナッツを使った料理に出会えませんが、癖がなく香ばしい味なので、ピーカンナッツはさまざまな料理に合います。

 

例えば前述の通り、サラダやケーキ、クッキーなどのトッピングにしても良いですが、ピーカンナッツの成分であるn-3不飽和脂肪酸は熱に弱いのが特徴なので、できれば生のまま食べた方がより効果を発揮するでしょう。

 

また市販のピーカンナッツを摂取の際は、塩分の摂りすぎに注意をしていただくようにしてください。

 

オススメの食べ方は、生のピーカンナッツを砕いて、グラノーラに混ぜて食べる方法です。

サクサクをしたグラノーラと、ピーカンナッツの独特の歯ごたえが相まって、とてもおいしく食べることができます。

 

砕いたピーカンナッツにはちみつを絡めて、ヨーグルトに混ぜて食べるのも、ピーカンナッツの香ばしさとはちみつの甘みがとてもよく合い、美味しいですよ。

しかし注意も必要!

とてもおいしく、食べ始めるとついつい手が止まらなくなるピーカンナッツですが、食べすぎには注意です。

 

もともと脂肪分の多いナッツですので、食べすぎることで、

・体重増加

・ニキビができる

・鼻血が出る

・腹痛

といったようなことが起こります。

 

ナッツを食べ過ぎるとニキビができるという話は、もう有名な話ではありますが、ピーカンナッツも加工をされているものを食べ過ぎると油谷塩分、バターの影響でニキビができやすくなります。

(この時生のものであれば心配はありません)

 

またピーカンナッツの豊富な食物繊維は、食べすぎることで腸を刺激してしまい、腹痛を引き起こすことがあります。

 

そのため、前述の通り一日10~18粒を目安にして、食べ過ぎないことを心がけてください。

 

健康のために食べ始めても、体調を崩してしまったり肌荒れをしては意味がありません。

高いアンチエイジング効果を得るためにも、しっかりと量を守って摂取してくださいね。

ピーカンナッツはアンチエイジングも健康維持もできる優れもの!

まだまだ日本では、おやつにナッツをいただいたり、食事のトッピングでナッツを使うことはあまりありませんが、これからは健康維持とアンチエイジングのためにもピーカンナッツを食事に取り入れていきたいですね。

ピーカンナッツには、アンチエイジング効果が期待できることが分かったので、外側からのスキンケアをしっかりと行いながら、内側の乾燥対策はピーカンナッツに任せても良いでしょう。

年齢を重ねると、どうしても乾燥肌が気になりますよね。

特に寒い時期の夕方以降は、信じられないくらい顔がパリパリになっていることもあります。

そういった現象を防ぐためにも、タッパーに生のピーカンナッツを入れて持ち歩き、おやつ替わりに毎日食べれば、乾燥対策になります。

食事にも取り入れやすい、クセのないあじなので、積極的に食べるようにしてくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ