今話題のスーパーフード「ナッツ」じゃない「タイガーナッツ」その栄養・効果は?

目次 ※クリックで開閉します

皆さんはタイガーナッツをご存知でしょうか。

まだ日本ではあまり知られていない食材ではありますが、最近話題になっているスーパーフードの一つなんです。

今回は、このタイガーナッツの魅力と食べ方についてご紹介をします。

スーパーフード「ナッツ」じゃない「タイガーナッツ」

タイガーナッツとは?

タイガーナッツとは、見た目はナッツのように丸くてコロコロとしていますが実はナッツの仲間ではなく、カヤツリグサという植物の根っこのため、野菜の仲間にあたります。

 

エジプトや北アフリカを主な原産国としていて、日本ではまだポピュラーな食材では無いですが、その歴史は古く、アフリカでは200万年以上前から愛され続けている食材のひとつです。

 

最近ではその栄養価の高さからスーパーフードとして注目を集めていて、日本でも輸入食材を取り扱うスーパーなどで販売がされています。

 

国内外問わず多くのスーパーモデルたちがこぞって食べていると言う事から、注目を集めた食材です。

タイガーナッツの驚きの栄養素

ナッツと聞くと、アレルギーを想像する人がいると思いますが、タイガーナッツは植物の根っこの部分のことを指しますので、基本的にはアレルギーはありません。

 

また最近話題のグルテンフリー食材のため、ダイエット食としても人気を集めています。

さまざまな食材でアレルギー反応を起こしがちな方には、嬉しい食材の1つと言えますね。

 

タイガーナッツは、全体の半分以上に脂質が含まれていると言われています。

しかしこの脂肪分は、オレイン酸と言う不飽和脂肪酸のため、コレステロールを減少させるコントロールをしてくれる作用があります。

 

そのため、過剰に摂取をしなければ、適度に体内に油分を補いながら、ダイエット効果を得ることも可能と言うことです。

 

また、たくさんの食物繊維を含んでいるため、お通じの改善になり、腸内環境を整えてくれます。

この食物繊維に関しては、なんとアーモンドの約3倍、くるみの約4.5倍含まれているので、その効果の高さがより一層実感できます。

タイガーナッツのすごい効果って?

タイガーナッツの効果

タイガーナッツには、アーモンドの2.5倍以上のビタミンEが含まれているため、抗酸化作用が非常に高いと言われています。

 

そのため、体内の酸化を抑制する効果があるため、アンチエイジング効果が期待できる食材の1つとして、人気を集めています。

 

他にも、

・腸内環境を整える効果

・ダイエット効果

・美肌効果

が期待できます。

 

たくさん含まれている食物繊維により腸内環境を整えてくれて、さらにはタイガーナッツの難消化性デンプンの力は、血糖値が急激に上がるのを防ぐため、ダイエット効果があると言われています

また少量でも空腹を満たしてくれる力があるため、暴飲暴食を防ぐことができます。

 

前述の通り、たくさんのビタミンEが含まれているため、体内の抗酸化作用を高めてくれるだけではなく、お肌の酸化も防いでくれるので、食べ続けることで自然と美肌に導いてくれます。

 

ビタミンEには、血行促進をしてくれる効果があるため、血行不良で肌のくすみが気になっていた方にはぴったりの食材です。

血流が良くなることで、肌のくすみが改善されるため、若々しさをキープすることができますよ。

 

スーパーフードとして人気を集めているタイガーナッツですが、タイガーナッツの糖質は、前述の通り、難消化デンプンと呼ばれるもので、これは胃で消化されずに大腸まで届くため、血糖値の上昇を緩やかにします。

 

そのため糖尿病患者さんでも食べることができる食材で、安心して毎日食べることができますね。

乾燥肌対策にピッタリ!

年齢を重ねるごとに、肌は外側からだけでなく内側からも乾燥をします。

この乾燥は食生活や生活習慣を変えても、なかなか簡単には改善されなくて、気付いた頃にはシワやシミ、たるみなどができてしまっていることもあります。

 

タイガーナッツは、そのもの自体に良質な油が含まれているため、食べるだけで体の内部から、乾燥を防いでくれます。

 

どれだけ外側から高級な化粧品を使ってケアをしても、体内が乾燥していては意味がありません

本格的にアンチエイジングを始めようとお考えなのであれば、体内からしっかりと良質な油分を摂取して、乾燥を防ぐ対策をしましょう。

乾燥肌の気になる方はこちら

 

しかし注意も必要

食べ過ぎることで、何らかの副作用があるのではないか?と心配になる方もいらっしゃるかと思いますが、タイガーナッツは、食べることで副作用が出る食材ではありません。

 

しかし、食物繊維が多いことで有名な食材ですので、食べ過ぎてしまうとお腹が痛くなったり下痢になってしまったり…と言うような症状が出る場合があります。

 

また、不飽和脂肪酸の食材ではありますが、油分を多く含んでいる食材ですので、カロリーは高めです。

そのため、一定の量を超えて食べ過ぎてしまうと、ダイエット効果はなくなってしまいます。

 

摂取量の目安としては、一日8から10粒を上限として、それ以上はたとえ美味しくても食べ過ぎないように注意をしてください。

タイガーナッツの食べ方

タイガーナッツの美味しい食べ方〜ドリンク編〜

タイガーナッツのおいしい食べ方はどのようなものがあるのか気になりますよね。

 

もっともポピュラーな食べ方は、「オルチャータ」とよばれる飲み物にした摂取のしかたです。

これはアフリカ同様に、タイガーナッツをたくさん食べているスペインで愛されている調理法です。

水と一晩水に浸けたタイガーナッツをミキサーにかけて、ドリンクタイプにしていただくもので、アーモンドミルクのようなまろやかさがあるのが特徴です。

 

簡単に作ることができるので、朝食代わりにまたはデザートがわりに飲むのも良いでしょう。

癖がなく飲みやすいので、飽きずに続けられるでしょう。

 

最近では粉末タイプのものも販売されているので、ミキサーを使うのが面倒な時は、手軽に粉末タイプで作ってみても良いでしょう。

 

同じように、毎朝のスムージーの原料として使うのも良いでしょう。

バナナや野菜など、お好みの食材と一緒に混ぜて摂取すれば、タイガーナッツの栄養素以外の栄養も摂取できるので、さらに効果が高まります。

タイガーナッツの美味しい食べ方〜食事編〜

ほんのり甘いタイガーナッツは、食事のトッピングとして使っても美味しくいただくことができます。

 

特にオススメの調理法は、グラノーラのトッピングに使うことです。

 

ドライフルーツがたくさん入っているグラノーラに混ぜて、上からヨーグルトをかければ、タイガーナッツの栄養素+ドライフルーツのビタミンやヨーグルトの乳酸菌を一度で摂取できるので、美容効果の高い朝食に仕上がります。

 

またパンケーキのトッピングや、パウンドケーキのトッピングに使っても香ばしく美味しい味わいになりますので、是非お試しください。

 

上記のようにアレンジをして摂取するのも良いですが、もちろんそのまま食べても美味しいので、時間がないときは、ササッと手軽に食べても良いでしょう。

タイガーナッツは身体が喜ぶスーパーフードだった!

アンチエイジングもできて体調管理もできて…とタイガーナッツには、多くの魅力が詰まっていることが分かりましたね。

まだ日本ではそれほどポピュラーではありませんが、摂取しやすい手軽な食材なので、見つけた際にはぜひチャレンジをしてみて下さいね。

 

その他の気になるスーパーフードに関する記事一覧

日本のスーパーフード「お味噌」でエイジングケア?

健康や美容にもピッタリの食材♡スーパーフード!「カカオニブ」

ダイエットに!今話題の和のスーパーフードもち麦の効果は??

参考文献

参考文献: タイガーナッツ

参考文献: タイガーナッツジャパン

PICKUP CONTENTS

トップへ