エイジングケアに欠かせない紫外線対策に!話題の【飲む日焼け止めサプリ】ご紹介

 

 

みなさんは日焼け対策していますか? 夏が近づくにつれ、日焼け止めクリームのCMが増えてくるのを見てもわかるように、日本人女性の多くが日焼けを気にしていると思います。日焼けによって肌が黒くなるのを防ぎたいという気持ちはもちろん、シミ対策としても、日焼け止めは必要です。今回は、日焼けの原因、紫外線について説明しながら、日焼け対策の方法を紹介していきます。

紫外線対策していますか?

紫外線とは?

さて。「紫外線による日焼けを防ぐ」といいますが、そもそも、紫外線について知っていますか? 紫外線は、太陽光に含まれている光の波長の成分のひとつです。太陽光は、虹の七色に代表されるように、さまざまな色をもつ波長の違う成分が集まっています。可視光といわれるこれらの光の外側には、目に見えない波長の光が存在します。紫外線の他に、赤外線がありますね。紫外線は、名前の通り、紫色の波長の外側に位置する波長の短い光です。

 

紫外線には、UVA、UVBの2種類の波長があります(実際には、UVCもありますが、UVCはオゾン層でブロックされて大気を通過しないためほとんど問題になりません)。どちらもとてもエネルギーが高い波長で、長時間浴び続けるととても危険です。皮膚や目への炎症を引き起こし、やけどのような日焼けや、将来的に白内障を引き起こす危険もあります。また、DNAを傷つけることが知られており、皮膚がんの原因ともなります。

UVAとUVB

紫外線の2種類の波長の違いについて見ていきましょう。

UVAは、「紫外線」の中で最も多い波長成分です。肌の奥、表皮の下の真皮まで届く光線で、真皮のコラーゲンやエラスチンの構造を破壊してしまいます。コラーゲンは、肌の弾力を保つための構造体。これが破壊されることで、肌のハリが失われてしまいます。

 

一方のUVBは、UVAに比べて含まれる量は多くありません。肌の表面、表皮に与えるダメージは、UVAより大きくなります。日焼けで肌が真っ赤になるサンバーンを起こす原因となる波長です。DNAも傷つけやすくなります。メラニンを生成し肌を黒くします。

肌が黒くなるのは細胞を守るため

日焼けを繰り返していると、だんだんと肌が黒くなりますね。美白を求める女性にとっては天敵ともいえるこの黒さですが、実は、体を守る重要な働きをしています。

細胞は、紫外線を受けると、DNAの損傷を最小限にとどめようとして、自ら紫外線を防ぐための防御を始めます。これはまるで、強い日差しを防ぐためにカーテンを引くようなものです。その防御のための成分が「メラニン色素」です。

UVBを浴びると、細胞は、損傷を防ぐためにメラニン色素を大量に作り出し肌を守ろうとします。この色素細胞が作り出すメラニン色素が、色黒を作り出し、シミの原因ともなってしまうのです。

紫外線は悪者というだけではない

このように、お肌にとっては有害な紫外線ですが、紫外線を全く浴びないと、これはまた体にとって悪い影響を引き起こします。

私達の体は、紫外線(UVB)を浴びることで、ビタミンDを作り出します。ビタミンDは、カルシウムと協働し、私たちの体を感染症から守る免疫系の力を高めたり、骨を強くしたりする働きをします。ビタミンDが不足すると、骨が弱くなり骨折しやすくなったり、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったりしてしまいます。

適度に陽の光を浴びることは、健康のためには不可欠なのです。

塗るのと飲むのとどう違うの?

紫外線対策として、皆さんはどのようなことをされていますか?

最も一般的な方法は、長袖を着る、日傘をさす、帽子をかぶるなど、直射日光を浴びないようにする方法ではないでしょうか。しかし、紫外線は、布地を通過して肌に到達します。室内にいても、窓ガラスを容易に通過して入り込みます。

そこで威力を発揮するのが日焼け止めです。最近では、化粧下地に紫外線防止効果をもたせた製品が多く出回るようになり、日常的に日焼け対策を行うことができるようになりました。

日焼け止めを探すとき、参考になるのがPAとSPFという表示です。PAは protection of UVA の略で、UVAの遮断に対する効果を表しています。+表記で防御機能の強さを表し、PA+よりもPA++の方が、防御能力は強くなります。SPF値はSun Protection Factorの略で主に日焼けの原因であるUVBの遮断率を表しています。SPF20とか50の数字がありますが、これは、たとえば、何の防御もせずに日光を浴びて10分で肌が赤くなってきた場合20×10分=200分持続するという風に判断する防御機能の目安です。

 

日焼け止めを選ぶとき、このPAとSPFの値をもとに選ぶことになりますが、塗り方には注意が必要です。塗りむらがないようにするのはもちろんのこと、せっかく塗ったクリームなどが汗などで流れてしまうこともあるため、こまめな塗り直しが必要になるのです。腕や足に塗るクリームならまだしも、化粧下地として塗った場合、簡単に塗り直しもできず不便ですよね。

そこで、最近注目を浴びてきているのが、飲む紫外線対策です。

ここでは、紫外線対策としての「塗る」「飲む」それぞれの方法を、メリット、デメリットを含めながら紹介していきます。

「塗る対策」のメリットとデメリット

一番のメリットはお手軽さです。肌に塗るだけなので簡単です。

ですが、先述したように、塗り残しがあれば意味がありませんし、こまめに塗り直さなくてはいけません。日焼け止めが大活躍する夏は汗をかきやすい時期でもありますし、海やプールなど水に浸かる機会も多く、せっかく塗った成分が流れてしまうことも。

お子さんやペットがいたりすると、舐めても大丈夫かなど、成分についての心配も出てきます。ベタベタした質感が苦手という方もいるかもしれません。

また、肌が弱い方では、自分の肌に合う製品に出会うまでに苦労することもありますね。

それから、塗るタイミングも忘れがちです。紫外線は室内にまで入り込んでくる光線です。夏に強いことは当然ですが、冬でも存在します。日常生活、たとえばほんの少しの洗濯物干しの間やゴミ捨ての間にも、容赦なく降り注ぎます。

「飲む対策」のメリットとデメリット

日焼け止め対策として、飲むサプリメントが出ています。日本ではまだあまり一般的ではありませんが、欧米ではかなり前から取り入れられていて、臨床データも集められています。天然由来のポリフェノールなどが主成分で、日焼けによって作られてしまったメラニン色素を除去したり、抗酸化作用を高めることで日焼けによる活性酸素の発生を抑えたりします。また、肌のターンオーバー(若返り)を促進し、肌細胞を若々しく保つ働きをするものなど、美白・美肌サプリメントと考えると良いようです。

飲むタイプの日焼け止めは、がっつり陽に当たるような時にはあまり効果がないため、そのような際には塗るタイプの日焼け止めと併用する必要があります。しかし、サプリメントですので、日常的に摂取していれば、塗るタイプの日焼け止めではカバーしきれなかった、頻繁に塗り直しが必要な場合(温泉やプールなど)や些細な日常のシーン(ちょっとした家事の合間)でも、塗り忘れをカバーする活躍をしてくれます。

うっかり日焼けを防ぐためにも、飲む日焼け止めを取り入れるのは賢い選択です。

 

とはいえ、サプリメントを飲むタイプのものですので、副作用や体に合うかどうかは心配になります。十分に吟味し、体に合わないと思った場合は、すぐに使用を中断し医師に相談して下さいね。

おすすめ【飲む日焼け止めサプリ】

さまざまなメーカーが、日焼け止めサプリメントを販売しています。

アンチエイジングや美白を謳っているものが多いですが、いずれも、この製品だけを飲んでいればまったく日焼けしないという類のものではないので、その辺りをよく理解した上で日常生活に取り入れましょう。

特に、肌を美しく保つためには、日常の食事が何よりも大切です。サプリメントに頼って不規則な生活をしていては本末転倒。健康的な生活を送ることを第一に、それを補うためのひとつの手段としてサプリメントを取り入れましょう。

ここでは、飲む日焼け止めといわれるいくつかの製品の特徴や効果などについて紹介していきます。

ホワイトヴェール

  出典:キラリズム

スペイン、ミュギエル大学での10年の研究の末に開発されたサプリメントです。

主成分は、シトラス(レモン)やローズマリーから抽出されたニュートロックスサンという天然ポリフェノール。ポリフェノールといえば、アンチエイジングで有名な抗酸化作用を持っていることで有名な成分ですよね。

この他にも、ザクロエキスやメロンプラセンタなど、美肌に有効とされる天然成分がたっぷり。

飲み続けるほどに効果を発揮すると言われていて、飲み続けるほどに、日に当たっても赤くならない! という効果を実感している方も多いようです。

1日2粒の服用で簡単日焼け対策ができます。

初回は980円で始められるので試してみるのもいいですね。

 

60粒入り。定価7560円。通販限定品。販売元:キラリズム。

メディパラソル

  出典:悠悠館

ローズマリー、グレープフルーツ、オリーブといった天然の植物から中質したエキスがたっぷり入っているカプサル型のサプリメントです。

100種類以上もの様々なフルーツやハーブの組み合わせを10年間に渡って実験し、未完熟のグレープフルーツとローズマリーという最高の組み合わせを発見しました。ナリンゲニン、ロズマリン酸、カルノシン酸をバランス良く組み合わせて濃縮したNutrox Sunという成分が含まれているのが、このサプリメントのすごいところ。1日1粒で、このNutrox Sunが100 mg摂取できます。

また、このNutrox Sunをベースに、オリーブ由来のOlivex、ブラッドオレンジ由来のRed Orange Cmplexがブレンドされています。秋冬から飲み始めて、肌の紫外線対策を始めましょう。

1日1粒が基本ですが、普段より日焼けしてしまったかも? と思った日には、1日2粒にしてもOKです。

初回は990円ですので、試してみてはいかがでしょうか?

 

31粒入り。定価4200円。販売元:悠悠館

ホワイタス

  出典:アフレビ

体の中からの紫外線対策として、リコピンに着目したのがこちらのサプリメント。リコピンは、トマトに含まれる成分で、第7の栄養素として注目されているフェトケミカル成分の一つです。トマトの赤い色素であるリコピンは、ニンジンの色素βカロテンなどと同じカロテノイドの一種。日焼けやシミのもとになるメラニン色素の生成を抑える力をサポートすることが分かっています。また、紫外線によって失われるコラーゲンの減少を食い止める働きも持ち、肌の弾力やハリを維持するのに役立ちます。紫外線対策としてだけでなく、美肌のためにも役立つサプリメントですね。

美容外科の医師も推薦するサプリメントは、1日2粒を目安に日常的に飲むことがお勧めされています。

 

60粒入り。定価7980円。初回限定で1980円。販売元:株式会社アフレビ。

noUV(ノーブ)

  出典:株式会社noUV

日焼けが気になる、白さを保ちたいという方にお勧めできるカラダの中からケアする新感覚のサプリメントです。日焼け対策と同時に、シミ・シワのケアができるというからすごいですね。PLエキスとともに、リコピン、ビタミンC、ビタミンEなどの美肌成分が14種類も配合されています。

肌が黒くなるのを防ぎ、メラニンによる色素沈着を除去します。
また、紫外線により傷ついた肌を修復する働きや、
肌に潤いと弾力を与えて美しさを維持する成分も含んでいます。
日常的に摂取することで、白く美しい肌へ導いてくれます。

公式オンラインショップの他、ドラッグストアでも購入できるお手軽さがウリです。

美容クリニックのドクターが監修した安全・安心の日本処方なのもいいですね。

日を浴びる30分前に1粒服用します。2時間以上紫外線を浴びる場合は、2時間毎に1粒飲用してください。

 

毎日のケアのために普段から摂取できるnoUV Care White。90粒入りで定価9800円。

必要な時に摂取するお手軽タイプnoUV。1シート10粒入りで定価1800円。

販売元:株式会社noUV

雪肌ドロップ

  出典:ビューティーマニア

紫外線ダメージの56%をブロックすることを売りにしているのがこちらのサプリメント。グレープフルーツとローズマリーという最高の組み合わせから生まれるNutrox Sunという成分を含み、抗酸化作用、抗炎症作用に優れています。

紫外線対策だけでなく、美肌のために日常的に摂取しておきたいサプリメントです。初回限定でまさかの500円! 試してみたいですね。

 

60粒入り。定価7900円。販売元:ビューティーマニア。

ザホワイト

  出典:ドクターズコスメ セルピュア

東京銀座スキンケアクリニックの三浦麻由佳院長が監修したサプリメント。

シダ植物から抽出した、ポリポディウムリュウコトモスという成分を配合。紫外線に対して強力な防御効果を持つこの成分を配合することで、紫外線による肌のダメージを顕現します。またこの成分は、強力な抗酸化作用や活性酸素を抑える働きを持つのも特徴です。このほか、人気のアンチエイジング成分レスベラトロールやリコピンも配合。

お肌に優しいエイジングケアサプリメントです。

1粒で2〜3時間ほどの作用があるそうです。外出の前に1粒ですね。

10粒入りで1944円のお試し版もありますので試してみてはいかがですか?

 

60粒入り。定価10800円。販売元:ドクターズコスメ セルピュア

まとめ

以上、紫外線についてと、今話題の飲む日焼け止め対策サプリメントについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? いろいろな種類があるので悩んでしまいますね。どのサプリメントも、塗るタイプの日焼け止めと併用することが推奨されています。アンチエイジング対策、美肌・美白のために試してみるのもいいかもしれませんね。

いずれにしても、飲むタイプの製品ですので、アレルギーや体質に合わない場合もあります。サプリメントの摂りすぎは、体を害することもありますので、注意しながら摂取しましょう。そして、少しでも体調に異変があったら、服用を中止して、製品を持って医師の診断を受けましょうね。

この記事を書いたユーザー

yuri
旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman yuriの記事一覧

PICKUP

トップへ