美容の強い味方!種まで栄養効果がある「かぼちゃ」

目次 ※クリックで開閉します

甘くておいしいかぼちゃは、老若男女問わず愛されている食材ですよね。夕食の一品としても活躍しますし、デザートを作ってもおいしくいただけるので、みんなが大好きな野菜なのではないでしょうか。このかぼちゃが、実はエイジングケアにも良いことをご存知でしたでしょうか。今回は、手軽に手に入る優秀食材「かぼちゃ」の魅力をお伝えします。

かぼちゃを食べてエイジングケア

かぼちゃでアンチエイジング!?

かぼちゃは「アンチエイジング野菜」とよばれているほど、美容とアンチエイジングに効果を発揮します。

 

かぼちゃには、ビタミンEが豊富に含まれていて、このビタミンEが、

・抗酸化作用

・悪玉コレステロールの撃退

・血流を促す

といったような上記の効果を発揮します。

 

そしてかぼちゃの鮮やかなオレンジ色から想像ができるかと思いますが、かぼちゃにはベータカロチンが多く含まれています。

 

このベータカロチンは、強い抗酸化作用があるため、体内が錆びついて老化をしていく私たちの体の酸化をやさしくセーブしてくれます。

 

体内の状況に応じて、ベータカロチンはビタミンAに変換されて、皮膚や粘膜の再生のお手伝いをしてくれます。

 

体内から乾燥を防いでくれる効能もあるので、美容とアンチエイジングに万能の野菜といえるでしょう。

かぼちゃの種は捨てないで!

かぼちゃの種が食べることができるということを、皆さんはご存知でしょうか。

 

なんだかハムスターやリスの食べ物みたい…と思われがちですが、かぼちゃの種は捨ててしまうのは勿体ないほど栄養豊富なんです。

 

かぼちゃの種には、

・リノール酸

・オレイン酸

・パルミチン酸、

・ステアリン酸

が含まれていて、リノール酸はコレステロール値の上昇を防ぐ効能があり、オレイン酸・パルチミン酸・ステアリン酸には不飽和脂肪酸が多く含まれています。

 

そしてかぼちゃ本体と同様にビタミンやミネラルが豊富なので、おやつ感覚でポリポリと食べながら、美容効果も手に入れることができるのです。

こんなにも効果が期待できる!

かぼちゃの種には、以下のような効果が期待できます。

・排尿障害の改善

・骨粗鬆症の予防

・体力を増やす

・ダイエット効果

 

かぼちゃの種には、ポリフェノールの一種であるリグナン類が含まれています。

 

このリグナン類は女性ホルモンのはたらきと似たようなはたらきがあるため、女性特有のホルモンバランスを正常化することができます。

 

骨粗鬆症は女性ホルモンのバランスと大きく関係をしています。

他にもかぼちゃの種には、骨を強化するカルシウムが含まれているので、高い効果が期待できます。

 

リグナン類は、前述の通りポリフェノールの一種なので、高い抗酸化作用を持っています。

そのため、食べるだけで自然と体内の老化を予防することができるのです。

 

また血流の改善や新陳代謝を促す効果もあるので、ダイエットに最適な食べ物です。

 

かぼちゃ自体に甘みが強く、一見太りそうな食材として認識されがちですが、この用にさまざまな栄養素を持っているので、実は美容のためのスーパーフードなんですよ。

効果アップが期待出来るカボチャの食べ合わせ

効果をアップさせる食べ合わせ

どの食材にも、一緒に食べることでお互いの良いところを引き出す力を発揮するために有効な食べ合わせが存在します。

 

この食べ合わせがかぼちゃにもあり、以下の表にまとめてみました。

 

一緒に食べると良い食材 期待できる効果
ニンジン・なす・ほうれん草・牛乳 がん予防
アスパラ・わかめ・くらげ・小豆 腎臓機能の向上、むくみ改善
シイタケ・エンドウ豆・牛肉・カツオ 胃弱改善、体力増強
ふき・昆布・銀杏・はちみつ・栗 気管支炎、咳、痰を抑える

 

かぼちゃには美肌に効果的といわれているビタミンが豊富に含まれているため、シミやそばかすの改善につながります。

 

また紫外線が年々強くなっているので、ビタミンCの力はアンチエイジングには必須です。

紫外線からお肌を守る力を発揮し、美肌効果を高めてくれます。

メラニン生成を抑える効果があるので、紫外線を浴びた後や日焼けをしてしまった後は、必ずかぼちゃを食べると良いでしょう。

 

抗酸化作用のあるビタミンEの効果をさらに高めてくれるといわれているのが、このビタミンCなので、積極的に食べ合わせて、体内の活性酸素を減らすようアプローチをかけましょう。

 

ビタミンC には、コラーゲンの生成を促す力が含まれています。

コラーゲンは、年齢を重ねる毎に肌の内部から失われていきます。

 

コラーゲンが減少することで、肌の奥から乾燥をして、どんなに良い化粧品を使っても肌にうるおいをプラスすることが難しくなってしまいます。

 

そうなってしまうと、肌は砂漠のようにパリパリとなり、シワの原因となります。

深いシワができてしまった場合、肌は再生が難しくなるのです。

 

こうなってしまう前に、美肌効果のあるお言われているかぼちゃを食べて、外からだけでなく内側からもうるおいがキープできるように努めましょう。

かぼちゃと油の相性はピッタリ

油を使った調理は、なんだか体重が増加しそうで不安ですよね。

しかしかぼちゃの場合は、油を使って調理をした方が、より高い効果が期待できるのです。

 

かぼちゃに含まれるビタミンEとベータカロチンは、油と触れ合うことで、より一層体内に吸収をされやすくなります。

 

そのため、日本で昔から愛されてきた「かぼちゃの天ぷら」は、美しくなりたい女性にピッタリの料理なんです。

 

どうしても油のカロリーが気になるという方は、オリーブオイルを使って素揚げにしてみたり、少ない量の油で揚げ焼きにしてみても良いでしょう。

皮も食べよう!

かぼちゃ本体にもたくさんの栄養素が含まれていますが、実は捨ててしまいがちなかぼちゃの皮には、かぼちゃ内部よりも多くのベータカロチンが含まれています。

 

煮物にするときや素揚げにする場合など、どんな時でも皮ごと調理をすれば、さらにたくさんの栄養素を体内に吸収できるチャンスです。

 

皮を食べる際は、良く水洗いをして、固いようであれば電子レンジを使って一度柔らかくしてから調理をすると、味が染みやすくおいしく食べることができますよ。

かぼちゃは美容とアンチエイジングの神様的食材だった!

どんなに外側からケアをしても、内側からのケアが怠っていては意味がありません。

しかし時間がないときや疲れているときは、料理をするのも面倒ですよね。

このかぼちゃは、実は日持ちをする食材としても有名です。

例えばかぼちゃの煮つけは冷蔵庫で3~4日保存できますし、冷凍でしたら2週間はおいしく食べられます。

時間があるときに大量に作っておいて、保存をすれば、毎日温めるだけで手軽に食べることができるのがポイントです。

本気でアンチエイジングを始めたいとお考えの方は、ぜひ毎日かぼちゃを食べるように心がけましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ