老眼は予防できる?目を元気にする食材から生活習慣見直しで目のエイジングケアを始めよう♡

目次 ※クリックで開閉します

いわゆる「老眼」なのでは!?と感じ始めた人はいませんか?

この老眼は、目の老化ですので、年を重ねれば誰にでも起こり得ることです。

しかし目が不調ですと、身体全体が疲れてしまったり、頭痛の原因になったりして厄介ですよね。

この目の老化はいつごろから始まり、そしてどのような症状があるのでしょうか。

私はまだ大丈夫だと思うけど…と少し不安になっている人も、今回はセルフチェック項目を作成したので、参考にしてみてください。

あなたは大丈夫?目の老化check

もしかしたらそれは目の老化かも…!

なんだか目が疲れやすい、字がかすんで見えるといった悩みを抱えている人、もしかしたら、目のアンチエイジングをスタートするのに適した時期かもしれません。

 

以下のチェック項目は目が老化をしているかどうかチェック項目です。

 

□近くの字が見えにくい

□目が疲れやすい

□40歳以上だ

□新聞や本など細かい字を読むのが苦痛になってきた

□目が乾きやすい

□頭痛や肩こり、首の疲れに悩まされている

□少しの光もまぶしく感じる

□視界が狭くなった感覚がある

□睡眠不足だ

□ストレスをためやすい

 

上記のチェック項目にいくつか思い当たるところがある場合は、目が老化をし始めているサインです。

 

では目が老化をすると、どのような症状が現れるのでしょうか。

目の老化による症状

いつごろから始まるの?

前述のような目の老化現象は、多くの人が40歳を過ぎたころから始まったと答えています。

 

中には30代後半から兆候があった人もいるようですが、多くの場合が40歳代に突入をしてからスタートしています。

 

この加齢と共に起こる目の老化現象(いわゆる老眼)は、だれにでも起こることで防ぎようがありません。

そして一度起こってしまうと完治させることもできません。

 

なぜなら老眼は、目の水晶体や目のピントを合わせる筋肉が衰えることが影響をして起こっていることなので、改善をするのが難しいのです。

主な症状は何?

では一体どのような症状があるのでしょうか。

 

主な症状
・目が疲れやすい

・目が乾いてコンタクトレンズがうまくつけられない

・近くのものを見ようとすると目がかすむ

・新聞や本に載っている小さな文字を読むのが一苦労

・強くない光もかなりまぶしく感じる

・目の疲れからくる肩こりや頭痛の悪化

 

上記のような症状が出始めたら、一度眼科に相談へ行って、治療をするなり矯正用の眼鏡で矯正をするなりの対策をするのがベターです。

 

一番いけないのは、気にはなるもののそのまま放置をしておくこと。

これをしてしまうと、目の老化がさらに進んだり、体調を崩してしまう原因にもなります。

 

また他の目の病気からきている可能性もあるので、気になり始めたら早急に眼科を受診するようにしましょう。

目のエイジングケア

目を元気にする食材

眼科を受診し、目が衰えているといった診断を受けた場合でも落ち込む必要はありません。

完璧に治すことはできなくても、自宅でケアをすることで状態をよくすることができます。

 

まずはやはり食生活の改善が一番です。

 

口から入るものは、すべてが身体の力になるので、食べるものはとても重要です。

目に良いといわれている

・緑黄色野菜

・豆

・海藻類

・ドライフルーツ

・魚介類

を偏食しないでしっかりと摂取すると良いでしょう。

 

上記の食材は、目に良いといわれている

・アントシアニン

・ルテイン

・コンドロイチン

・タウリン

といった成分が含まれています。

 

特に有名なのはアントシアニンで、アントシアニンには、目が見える仕組みである「ロドプシン」という成分の再生成を促す力があるといわれています。

 

アントシアニンを含んでいて有名なのは、ブルーベリーや黒豆といった食材です。

これらは甘みもあり、おやつ替わりに手軽につまむこともできるので、冷蔵庫に常備しておくと良いでしょう。

 

ルテインを多く含む緑黄色野菜は、いろいろな料理にアレンジができるので、食べやすいですよね。

 

ホウレンソウやニンジンを使った料理は、一度火を通せば冷蔵庫で2~3日ほど日持ちもするので、副菜として作っておいて、毎日食べたいですね。

 

よくCMで耳にする「コンドロイチン」も、ひざや腰だけでなく目の老化にも効きます。

 

サプリで摂取するイメージですが、身近な食材でいいますと納豆に含まれているので、朝や夜にワンパック食べておけば、眼球の老化を防ぐ役割を果たします。

 

肝臓の機能をサポートする力がある「タウリン」にも目の老化を防ぐ効果があるといわれています。

 

タコやサザエといった魚介類にはタウリンが豊富に含まれているので、毎日とはいかなくても意識して摂取をしていきたいですね。

目の老化を防ぐには生活習慣の改善も大切

食事の改善も重要ですが、生活習慣の改善はとても重要です。

 

睡眠不足やストレスを強く感じている生活は、目の老化の進行を後押ししてしまいます。

 

40歳頃からスタートする目の老化ですが、ちょうど働き盛りの40歳代はストレスも多く、そして忙しさからくる睡眠不足も相まって、さらに目の老化が進みます。

 

なかなかゆっくりと休む時間が取れないかもしれませんが、休むと気はしっかりと身体を休めて、疲れやストレスをため込まないようにしましょう。

目を休める

仕事中はパソコン、帰宅をしてからはスマホ…

といったように現代人の目は休む暇がありません。

 

これでは身体が疲れていなくとも、目は疲れを抱えたままで、その疲れは解消されません。

 

できるだけ目を疲れさせないためにも、作業中1時間に1回は目を休めるようにしましょう。

一度液晶画面から目を離して、目のストレッチをするだけでも疲れ具合が変わります。

 

帰宅をしてからのスマホを触る行為は、睡眠にも影響を及ぼすといわれているので、寝る前のスマホいじりは極力避けて、ホットアイマスクなどを使って目を温めて、休ませるようにしましょう。

タバコをやめる

喫煙は、血行不良を招く原因です。

この喫煙をやめるだけでも、血流改善につながるのでオススメです。

 

最近増えている加齢黄斑変性症は、喫煙が大きく影響をしている目の病気といわれています。

 

これらの症状を防ぐためにも、これを機に禁煙ができたら良いですね。

まずは簡単なことから目のエイジングケアをはじめよう

目のエイジングケアといわれると、なんだか難しいことのように感じますが、目のために良いことをするだけで結果的にエイジングケアにつながるので、継続をさせるためにも、まずは簡単なことから始めるのをオススメします。

食事の改善や生活習慣の改善は、毎日できる身近なことなので、目が老化をしているな…なんだか最近目の調子がおかしいな…と感じ始めたら、まずはここからスタートしましょう。

あとはストレスをためずに、しっかりと睡眠をとることが大切です。

ストレスをためないという観点から、スポーツを始めてみても良いでしょう。

難しいことは長続きがしないので、継続ができる自分にピッタリなエイジングケア方法が見つかると良いですね♡

PICKUP CONTENTS

トップへ