薄毛で悩む女性へ【髪のエイジングケア】

目次 ※クリックで開閉します

年齢と共になんだか髪のボリュームが減ったように感じる、髪の毛が抜けやすくなったような・・・という異変を感じることもあるでしょう。これは、薄毛が始まっているサインと考えても良いです。

 

髪の毛や頭皮の状態は特に頭頂部については自分で確認しづらいです。そのせいか気がついたときには薄毛が進行していることもあるので注意をしたいです。

 

まずは、今の自分の薄毛の状態をチェックして薄毛の原因や対策を考えてみましょう。また薄毛対策のときに欠かせない栄養素も紹介します。

薄毛の症状~あなたはどのタイプ~

薄毛と一言にいっても人によって少しずつ症状が異なります。そこで、あなたの薄毛はどのタイプなのか一度チェックしてみましょう。

女性の薄毛は7つのタイプに分けられる

今回髪の毛のアンチエイジングということで女性の薄毛にスポットを当てていますが、この女性の薄毛は7つのタイプに分けることができます。

全体的にボリュームが減ってきた

鏡で見たときに髪の毛のボリュームが全体的に減っていると感じたら、それはびまん性脱毛症かもしれません。一部分とかではなく全体的に髪の毛が抜けやすい状態になっています。

産後いきなり抜け毛が増えた

これは女性において感じる人が多いです。産後になると体にはさまざまな異変が生じるといいますが、抜け毛もその1つです。

 

これは妊娠中に増えた女性ホルモンが出産を終えたことでいつもと同じ量に戻ったために、いきなり髪の毛が抜け始めるという仕組みになっています。普通は抜け毛は徐々に収まってくるものですが、そのまま進行すると本格的な薄毛となってしまいます。

頭皮がべたついたりかゆい、フケも出る

これは頭皮の状態が悪くなっている証拠です。かゆみを感じることで余計に頭皮をかくようになるので、ますます抜け毛が増えるという悪循環になります。いくらケアをしても改善されない場合には皮膚科で診てもらうことになります。

一部分で髪の毛が抜ける

全体的に髪の毛が抜けるのはびまん性脱毛症であると説明しましたが、一部分で髪の毛が抜ける場合には円形脱毛症の可能性があります。ある一箇所に集中して髪の毛が抜けてきます。

頭の横や後ろ、分け目の部分で薄毛が気になる

もしも生え際から薄くなってきている場合には、牽引性脱毛症かもしれません。これはいつも同じ髪型や分け目にしている人がなりやすい脱毛症です。

脂漏性の薄毛

髪の毛のべたつきや脂っぽさを感じたら、この脂漏性の薄毛の可能性が出てきます。皮脂は頭皮から適度に分泌されているものですが、さまざまな原因によって多く分泌されてしまうと髪の毛が抜けやすくなり薄毛状態となってしまいます。

粃糠性の薄毛

粃糠性薄毛の特徴は大量に出たフケが頭皮に付着して毛穴につまり育毛が妨げられてしまうというタイプの薄毛になります。フケの量が異常であると感じたら早めに対策を取らないとますます悪化させることになります。

 

この7つの中であなたの症状と当てはまるものはありましたか?どのタイプの薄毛か知ることで、次の対策も正しい方法で行うことができます。

薄毛の原因

薄毛のタイプには主に7つがありました。では、今度は薄毛の原因として考えられることにはどんな点があるのか説明しましょう。今回は女性の薄毛について原因を考えてみましょう。

更年期

女性は中年と言われる40代や50代になると更年期障害に悩まされる人が出てきます。いつどんなタイミングで更年期障害は現れるかわかりません。

 

この更年期には女性ホルモンが極端に少なくなります。女性ホルモンは髪の成長にも関わっているので、減ることで髪にコシがなくなり抜け毛も多くなり薄毛へとなってしまいます。

 

今更年期で悩んでいる女性は薄毛の症状が出ていないか確認しておきましょう。

食生活

ジャンクフードが好き、甘いお菓子が欠かせない、外食が多いという人は食生活が乱れています。この乱れは髪にも影響を及ぼし薄毛を招きます。

 

特にスイーツが好きな女性は多いと思いますが、食べ過ぎると皮脂が過剰に分泌されてしまうので毛穴に皮脂がつまり薄毛の原因となります。

ストレス

ストレスは薄毛を招く要因になりやすいです。これは、ストレスが目に見えないものであり、知らず知らずのうちに溜めてしまっているものだからでしょう。

 

特に女性の場合は外で働いている場合もあれば、家に帰ると家事や育児に追われているといった過酷な日々を送っている人も多いです。そうしている間にもストレスは蓄積されています。

 

ストレスをずっと溜め続けていると体が緊張状態になり血行が悪くなります。血行不良になると頭皮にも栄養が届かなくなるので薄毛となる場合があります。

過度なヘアケアやヘアカラー、パーマなど

ヘアケアに力を入れている女性も多いでしょう。しかし、過度なヘアケアは薄毛の原因にもなるので禁物です。

 

頻繁にシャンプーやトリートメントをしていると頭皮に必要な皮脂までも流してしまうので、逆効果です。またきちんと洗い流せていないと、今度はシャンプーなどの成分が毛穴に残ったままになります。

 

さらに、女性の場合はヘアカラーやパーマを当てる人が多いです。おしゃれの1つとして今では欠かせなくなっていますが、使用する液剤が頭皮には刺激が強いものもあります。頭皮がダメージを受けるごとに髪は弱っていき、いつしか抜け毛が増えて薄毛に悩むようになってしまいます。

薄毛対策

薄毛の原因がわかったら、今度は薄毛対策です。どんな対策を取れば薄毛は改善されるのでしょうか?

正しくシャンプーを行う

一日の汚れを落とすためのシャンプーが正しくできていないと、薄毛を招くばかりとなります。そこで、正しくシャンプーを行いましょう。

 

まず、シャンプーは1日に1回で十分です。そして、しっかりお湯で髪をゆすいでからシャンプーをつけましょう。洗うときには指の腹を使って頭皮マッサージをするようにして揉みながら洗うと効果的です。

 

爪を立てて洗うと頭皮に必要な皮脂も落としてしまうのでよくありません。

 

その後シャンプーをしっかりゆすいでお風呂から上がったらドライヤーでしっかり髪を乾かすのも鉄則です。タオルドライで済ませているとフケの原因にもなりますし、髪の毛にある水分がどんどん失われていくので乾燥を招きます。

女性ホルモンを補う

女性ホルモンの減少によって薄毛を招くとも言われています。特に更年期になると女性ホルモンは激減してしまうので、このときには特に女性ホルモンを補う必要があります。

 

女性ホルモンの中でもエストロゲンをしっかり分泌していくことで薄毛予防ができるといいます。そこで、エストロゲンと同じような働きをするイソフラボンを摂取しましょう。

 

身近な大豆製品にイソフラボンは多く含まれるので、毎日の食事の中でも取り入れてみましょう。

ストレス解消する

ストレスが溜まっていくと薄毛も悪化していきます。薄毛で悩む人の多くがストレスを抱えているとも言われています。そこで、自分の好きな方法で良いのでストレスを適度に発散しましょう。

 

気持ちをリラックスさせてストレスを解消するのには、瞑想やヨガがおすすめです。ヨガなどで体が柔らかくなり血行が良くなると頭皮にも栄養が届くようになり薄毛改善ができます。

お酒やタバコは控える

お酒やタバコは依存性があるので一度始めるとそう簡単にやめることができません。しかし、いつまでも続けていると高確率で薄毛になります。

 

タバコは女性ホルモンにも悪影響を及ぼします。その結果髪の毛に不調が出てきます。

 

お酒を飲むとアルコールを分解するのに大量のアミノ酸を必要とします。髪の毛はアミノ酸でできていますが、お酒を飲むことで不足しがちになり髪の毛や頭皮に悪影響が出ます。

 

タバコやお酒はできるだけ我慢して控えるようにしましょう。

質の良い睡眠を取る

髪の毛を健康的にするには質の良い睡眠が欠かせません。特に22時~2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯には眠りについておきたいです。

 

この時間帯に寝ておくと、頭皮の再生が進んで薄毛対策にも効果が期待できます。女性にとってはこのゴールデンタイムに眠っていることでホルモンバランスを安定させることもできるので、薄毛の悩みも解消しやすくなります。

頭皮マッサージを習慣にする

薄毛対策には頭皮マッサージが有効です。シャンプーをしているときにできるマッサージなので、毎日続けることができます。

 

こめかみから頭頂部に向かって円を描くようにして優しくマッサージをします。この時に指の腹を使うのがポイントです。

ヒアルロン酸やコラーゲンを摂取する

ヒアルロン酸やコラーゲンと聞くとお肌に必要な成分のように感じますが、頭皮にも必要な成分です。

 

食品からこれらの成分を摂取するのは難しいので、薄毛対策としてはサプリメントを活用すると良いでしょう。

 

毎日サプリメントを日課にして飲んでおくだけでも薄毛予防ができます。

食生活を見直す

髪の毛を元気にして薄毛を改善するには、栄養バランスのとれた食事を取るべきです。そこで欠かせなくなるのが、タンパク質やビタミン類、ミネラル類、抗酸化成分になります。

 

タンパク質やビタミン類については下の項目で詳しく説明をするので、ここではミネラル類や抗酸化成分について紹介したいと思います。

 

ミネラル類といえば海藻に豊富な成分であるのは知られていますが、タンパク質や脂質、炭水化物の代謝の際に欠かせないものです。

 

また、抗酸化成分についてはビタミンC、アスタキサンチン、アントシアニン、ビタミンE、リコピンなどが有名です。

 

栄養素にだけ注目して食材を選ぶのは難しいので、野菜や果物を意識して食べるようにするだけでも抗酸化成分やビタミン類はしっかり摂取できます。

 

特に女性はダイエットをしている人も多いですが、ダイエット中は食事制限をすることから栄養が不足しがちになるので野菜や果物などの低カロリーなものはしっかり食べるようにしましょう。

薄毛対策に良いとされる『タンパク質』『亜鉛』『ビタミン』

薄毛対策に良いとされる栄養素には、タンパク質、亜鉛、ビタミンがあります。ここでは、その3つについて詳しく説明します。

タンパク質

タンパク質はアミノ酸とも呼ばれ髪の健康を維持するには欠かせない成分です。タンパク質が多く含まれる食品には、納豆や卵、牛乳があります。どれも冷蔵庫に入れてある家庭が多いのではないでしょうか。

 

納豆はタンパク質というだけでなく女性ホルモンと似た働きもするので薄毛対策には良いとされています。

 

牛乳はタンパク質だけでなくカルシウムやビタミンB2も一緒に摂取できるので、薄毛対策には有効とされています。

亜鉛

続いて、亜鉛も薄毛が気になり始めたら摂取したい成分です。髪の成長に欠かせないタンパク質は体内に入ることでアミノ酸へと変わります。このアミノ酸をケラチンタンパクに再結合させるのが亜鉛なのです。よって、亜鉛が不足すると髪に栄養が行き渡らなくなり薄毛へとなります。

 

亜鉛は牡蠣や牛肉、卵、チーズ、小麦胚芽といった食材に豊富に含まれています。

ビタミン

ビタミン類も薄毛対策には必要な存在です。ビタミンは主に野菜や果物に豊富な栄養素です。

 

ほうれん草にはβカロチンが豊富なので抜け毛予防に効きます。ニンジンには頭皮を健康に保つためのビタミンAが豊富です。

 

また、しいたけにもビタミンが含まれているのですが、ビタミン以外にエルゴチオネインとエリタデニンという成分も含んでいます。

 

エルゴチオネインは男性の抜け毛原因タンパク質を抑える働きがあるとわかっています。エリタデニンの方はエイジングケアにもいい優れたアミノ酸となっています。血行促進作用もあるので頭皮に栄養をしっかり届けてくれます。

まとめ

髪の毛のエイジングケアは30代に入ったら意識して始めましょう。気がついたときには抜け毛や薄毛で悩むようになっています。

 

まずは鏡で自分の薄毛の状態をチェックしてどのタイプに属するのか確認しましょう。その上で薄毛になる原因には日々の生活習慣が関係していること、ストレスや睡眠、食生活を改善しながら正しいヘアケアをするべきです。

 

薄毛対策の内容すべてを実践するのは難しいので、小さなことから始めて継続しましょう♡

PICKUP CONTENTS

トップへ