子供にイボができたけど大丈夫なの?イボの種類と原因、治療法も紹介

子供にイボができたけど大丈夫なの?イボの種類と原因、治療法も紹介

こんにちは、nanairo編集部のannaです。

自分にイボができるだけでも気になるし悩むのに、子供にイボができていたらどんなに心配になるでしょうか。

子供の場合はウイルス性のイボであることが多いですが、まれに大人と同じように古くなった角質や皮脂が蓄積されてできるイボのこともあります。

それぞれのイボの特徴や、原因、治療法を紹介していきます。

子供にできやすいイボの種類と原因

水イボ

まず子供にできやすいイボと言えば、水イボです。正式名称では「伝染性軟属腫」と言います。

ポックスウイルスが原因でできるイボで、皮膚の防御機能が弱い10歳以下の子供がかかりやすい感染症です。

 

感染経路は接触感染で、直接イボが出来ている部分を触る直接感染か、タオルなどの共有による間接感染が考えられています。

プールの水を介して感染するとも考えられていますが、どちらかというと子供同士が遊んでいるうえで、肌と肌が直接触れ合う機会が増えるためかと思われます。

ビート板、浮き輪などを共用して感染することもあるので、なるべく共用は避けたいですね。

 

ポックスウイルスの潜伏期間は主に2~7週間(6ヶ月までのこともある)と長期間なので、肌の露出が多かったり、プールに入る機会が多かったりする夏場に感染が拡大しやすいです。

イボの大きさは大体2~5mmで、色はピンクや白色でツルツルしています。また、半球状に隆起し、中心にくぼみがあるのが特徴です。

首、背中、お腹、脇、など体幹部分や、ひじ、ひざ、手足などどこにでも出来ます。

イボが潰れると内容物から感染が広まり、イボの数が増えてしまい対処が大変になります。

ウイルス性イボ

ウイルス性イボは子供だけに限らず大人も感染しやすいです。

ウイルス性イボで最も一般的なイボの正式名称は「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」と言います。「疣贅(ゆうぜい)」とはイボを医学的に表した言葉です。

このウイルスは水イボのウイルスとは異なり、「ヒト乳頭腫ウイルス」というウイルスが皮膚に感染してできます。ヒトパピローマウイルスと書いたり、HPVと略されたりします。

 

感染経路は接触感染ですが、普段の生活で感染することは水イボに比べると少ないです。主に小さな傷からウイルスが入り込んで基底層と呼ばれる肌の一番深い層にある細胞に感染し、細胞分裂が活発になり感染細胞の塊がイボとなります。

 

HPVには、性感染症になるウイルスや子宮癌になるウイルスなど多くの種類があります。その中である種のものが皮膚や粘膜の細胞に感染するとイボができますが、この見た目はウイルスを構成するDNAにより異なります。今まででも150種以上が見つかっています。

それぞれのイボの治療法

水イボの治療法

治療法としては2つあります。

まず1つは、先が小さいピンセットや先が輪になっているリングピンセットなどで水イボをつまみ、中心部のへこんだ部分から小さな白い塊を取り出す方法です。

2つ目は液体窒素による冷凍凝固療法と呼ばれるものです。

 

どちらも有効な治療法ですが痛みを伴うので、患者の大半が子供であるためあまり痛みや苦痛を伴う治療法は望まれません。

また、時間はかかっても、水イボは自然に治ることも多いので、特に治療をせず、塗り薬などの痛みのない治療法を勧めるお医者さんも多いです。

 

ただ子供はかゆかったり、気になったりでイボを触ることも多く、最初は少なかったのにひどくなったり、トビヒを引き起こしたりすることもあります。

そのため、水イボの治療法は専門家の中でも意見が分かれるそうです。

とにかく大事なのは自己判断せず、お医者さんに診てもらい治療法を相談することです。

ウイルス性イボの治療法

ウイルス性イボはそのウイルスの型や場所によって見た目も種類も異なります。今のところ、どのイボに関しても特効薬や特効的治療法がありません。

液体窒素による冷凍凝固療法、電気灼熱法、グルタルアルデヒドなどの外用療法、ヨクイニン内服療法などから症状や患者さんに適したものを選んで治療していくしかありません。

どの治療法も一回きりで治すことは難しく、何回か繰り返してやっと治るというのが普通です。

ウイルス感染でできるイボは予防できる?

ウイルス感染が原因なら、ワクチンで予防出来たらいいですよね。

残念ながら今のところ、イボ全般や水イボに対する予防ワクチンはありません。

 

イボを完全に予防することはできませんが、イボのウイルスは健康な正常の皮膚には感染できないと考えられています。

反対に、さかむけや小さなひっかき傷、男性なら髭剃りの時にできる小さな傷など、何らかの障害がある皮膚にできやすいです。

なので予防として一番大切なことはスキンケアということになります。乾燥していると痒みも伴いやすく、小さな傷ができやすくなります。

乾燥しやすい手足や肘、膝のスキンケアはもちろん、男性は髭剃り後のスキンケアがとても大切になります。

 

子供も肌がツルツルだから何もしなくても良いということはなく、まだまだ防御機能が弱く柔らかい肌だからこそ、しっかりと保湿をしてあげることが大切なのです。

そうすることで、イボができにくい健康で正常な皮膚を保つことができます。

現代っ子にできやすいイボがある?

加齢によるイボ、つまり老人性イボがなぜ子供にもできるのと思われるでしょうが、条件さえそろえば子供でもイボができます。

 

主に首イボの原因と言われているのは

  • 紫外線の影響
  • 肌のターンオーバーサイクルの遅れ
  • 衣服やアクセサリーによる摩擦

などが挙げられます。

 

子供でも、最近ではテレビだけではなく、スマホやパソコンを使いこなしますよね。

ついつい夜更かしをしてしまうなどで生活リズムが崩れ、肌のターンオーバーが遅れる原因となります。

また、朝ごはんを食べない子供が多いというニュースもよく耳にしますよね。食の欧米化や孤食など、食に関する問題も多く、子供の食生活の乱れも肌のターンオーバーを遅らせる要因になります。

 

私たちが子供のころは、肌の保湿なんて全くしてなかったし、夏場でも日焼け止めを塗ることなく真っ黒になっていました。

最近では、赤ちゃんから肌の保湿をすることや日焼け止めを塗ることが少しずつ当たり前になってきています。

地球の温暖化や異常気象など、明らかに昔よりも紫外線も強くなっています。こうした紫外線の蓄積もイボができる原因になりますね。

 

こうしたことから、子供や中高生でも大人に出来る首イボと同じようなイボができてしまいます。

イボを予防するにはどうしたらいい?

こうしたイボができないようにするには、規則正しい生活を送ることが一番大切です。

睡眠をしっかりとる

子供が寝ている画像

睡眠は新しい細胞を作り出すためには欠かせません。

特に子供は育ちざかりなので、大人以上に睡眠時間を確保することが大切です。

なるべく20~21時までには就寝し、朝7時には起きるという生活リズムが望ましいでしょう。

朝起きて太陽を浴びたり、外気に触れたりすることで身体は目覚めやすくなります。

また昼寝をする小さなお子様はなるべく15時までには昼寝を終えると夜の寝つきもよくなります。

食生活を見直す

子供が食事に気を付けているイメージ

身体の資本となる食事は子供にとっては睡眠と同じぐらい大切です。

朝ごはんをしっかり食べることはもちろん、1日3食しっかりと食事を摂りましょう。

共働きの家庭が増え、栄養バランス満点の食事を作ることは難しいと思います。私もなかなか栄養バランスをしっかり考えた食事は用意できていません。

ただ、インスタントラーメンやファーストフードなどは極力避け、おやつも小魚やチーズなど栄養面を考えたものにしたり、フルーツをたくさん食べさせてビタミンやミネラルを摂らせたりと考えています。

少しずつでいいので、食生活をバランスいいものに整えていきたいですね。

保湿をする

赤ちゃんを保湿する様子

子供の肌はツルツルで柔らかく、特に何もしなくてもいいと思っていませんか?

私たちが子供の時は確かに何のスキンケアもしていないと思います。

ただ近年では、赤ちゃんからしっかりと保湿をすることが大切と少しずつ広まってきていますよね。

 

国立成育医療研究センターでは、新生児のころから保湿剤を塗布することでアトピー発症率を低下できるという論文が発表されています。

アトピー性皮膚炎になると、かゆくて掻いてしまい小さな傷から上記で述べたようなウイルス性イボができることも多くあります。

 

赤ちゃんの肌は大人の約半分の薄さでとても乾燥しやすいです。防御機能もまだまだ弱いので、赤ちゃんの頃からしっかりと保湿し正常な健康な皮膚の環境づくりをしてあげることが大事です。

できてしまったイボはどう対処する?

水イボやウイルス性イボでない限り、良性のイボがほとんどなので特に健康上問題はありません。

ですが、イボはできる場所にもよりますが結構気になりますよね。可愛い子供にイボができたらどうにか気にならなくする方法はないかと私も一生懸命調べるかと思います。

クリアポロンがおすすめ

クリアポロンは首イボに効果あり?気になる成分や口コミを紹介

イボケアクリームという化粧品があることをご存知でしょうか?

イボの治療法にヨクイニン内服というものがあるように、ヨクイニンはイボに有効と言われています。ヨクイニンとはハトムギの種子からとれるエキスのことで、中国では古くから肌に良い漢方薬として知られています。

身体の内側からも外側からも働いてくれる非常に優秀な成分なんですよ。

 

クリアポロンはイボケア成分として脂溶性と水溶性のダブルヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴェールというセイヨウシロヤナギのエキスが配合されています。

他にもプラセンタエキスやコラーゲン、注目されているリンゴ果実培養細胞エキスなどのお肌に良いとされている成分が高配合されています。

 

また、香料・着色料・パラベン・アルコール・鉱物油・紫外線吸収剤が不使用で、敏感肌や乾燥肌の方だけでなく、子供にも安心して使える低刺激の優しい仕上がりになっています。

体だけではなく、顔にも使えるので普段からの保湿ケアとして使われてもいいと思います。

 

安心の日本国内工場で厳しい調査をクリアしたものだけを原料・資材としているので、大切なお子様にもお使いいただけます。

クリアポロンは首イボに効果あり?気になる成分や口コミを紹介

まとめ

イボにはいろいろな見た目のものがあります。自己判断で市販薬などで治療されることは、かえってイボをひどくしてしまうこともあります。

まずは病院を受診し、お医者さんにどんなイボなのかを診断してもらい、治療法を相談することがとても大切です。

良性のイボだとしても、大人でも気になるのですからお子様のイボは何とかケアしたいですね。

イボケアクリームなら痛みもなく、肌を健康な状態へ保てるので予防にも繋がります。もし、お子様にイボを見つけられたら早めの処置をとりましょう!!

 

参考サイト

公益社団法人 日本皮膚科学会 皮膚科Q&A

文部科学省 学校において予防すべき感染症の解説4

この記事を書いたユーザー

anna
おしゃべり大好き4歳女の子と、わんぱくすぎる1歳男の子の子育て奮闘中。nanairoでは主に妊娠や育児に関する記事を担当しています。 annaの記事一覧

関連する記事はこちら

トップへ