格安SIM

格安SIMでもテザリングはできる?

テザリングとは

ガラケーに比べてさまざまな点で進化した通信端末であるスマートフォンには、「テザリング」という機能が備わっています。

この機能は、データ通信が可能な状態のスマートフォンを親機として、子機となるパソコンやゲーム機、別のスマートフォンをインターネットに接続する事ができるのです。

Wi-Fi

テザリングには、3つの接続方法があります。

まずは「Wi-Fi」です。ゲーム機の無線通信として聞いたことがある人も多いのではないかと思いますが、短距離での無線通信技術のことであり、ケーブルで接続すること無くインターネットに接続することができます。

コンビニや一部の施設では「Wi-Fiスポット」というものを用意しており、端末を持っていくことでその範囲内であればWi-Fi接続が可能になります。

自宅でWi-Fiを利用したい場合は、専用の周辺機器を用いる必要があります。

USB

次は「USB(ケーブル)」です。パソコンを使っている人には馴染みがある単語だと思いますが、USBケーブルを用いて有線接続する方法です。

USBケーブルの長さという制限はかかりますが、最も通信環境が安定しやすい方法であり、なおかつテザリングに際しての設定が最も簡単な方法でもあります。

Bluetooth

最後は「Bluetooth」です。パソコンのキーボードやマウスなどで耳にしたことがある単語だと思いますが、その実態はWi-Fiと同じく「短距離無線通信」の一種です。

Wi-Fiと違って端末の消費電力が少ないのですが、通信可能距離が短いなどの欠点があります。

テザリングを使用するメリットは?

さて、「スマートフォンを使うことでパソコンやゲーム機をインターネットに繋げる」ということは理解できたと思いますが、それにどのようなメリットが有るのでしょうか?

外出時にWi-Fiスポットでなくてもネットが使える

まず、「外出先でもインターネットが利用できる」ということです。自宅内であれば有線接続や専用の機器を使ってインターネット接続は容易いと思いますが、外出先だとそうもいきません。

外出先でインターネットを利用するためには先ほど触れた「Wi-Fiスポット」を利用するという方法がありますが、常にそれを利用できる環境にあるとも言えません。

近くにWi-Fiスポットがない、もしくは利用できる施設があっても座る場所がない等、さまざまな事情が考えられます。

テザリングであれば、スマートフォンと子機となる端末さえあれば(USB接続ならケーブルも必要ですが)どこでもインターネットが利用できます。

モバイルWi-Fiルーターの分の料金を節約できる

次に「モバイルWi-Fiルーターの分だけ節約できる」という点です。本来、ネット通信を行う際にはスマートフォンと「Wi-Fiルーター」の料金が必要になります。

しかし、テザリング可能な端末であればスマートフォンの月額料金だけで済むので、Wi-Fiルーターの分だけ節約することができます。

MVNOでテザリングは可能?

格安SIMは毎月のスマートフォンの料金を節約することができますが、一部の機能については制限を受けることもあります。

テザリングにおいては基本的に格安SIMでも問題ないのですが、注意しなければならないのは「端末とMVNOの相性」です。

場合によってはテザリングに際して問題が生じる可能性がありますので、使用している(使用する予定の)端末の種類と契約するMVNOの相性について前もって調べておきましょう。

docomo回線の格安SIMでテザリングを使いたい場合

格安SIMは、大きく分けて「docomo系回線」と「au系回線」の2種類があります。

契約しているMVNOがdocomo系の回線を利用している(大半はdocomo系の回線です)場合で、使用している端末の種類ごとにテザリングの利用について解説していきます。

SIMフリーのiPhone/Android

まず、SIMフリーの端末についてですが、ドコモ回線のMVNOを契約している場合には問題なくテザリングを利用することができます。

ドコモのiPhone

使用している端末がdocomoのiPhoneである場合には、内蔵しているiOSのバージョンによって異なります。

iOS 8のバージョンアップ以降は格安SIMでもテザリングが可能になっています。

ドコモのAndroid端末

同じdocomoの端末でも「Android端末」の場合だと事情が異なります。docomoのAndroid端末の場合、ドコモ回線の格安SIMでもテザリングを利用することができません。

この場合だと、端末のアクセスポイントがdocomoの設定に強制的に変更されてしまうため、格安SIMではエラーが生じてしまいます。

au回線の格安SIMでテザリングを使用したい場合

次に、もう一つの回線である「au系回線」の格安SIMを利用している場合について解説します。au回線の場合だと、docomo回線の場合に比べて大きく異なるポイントが有ります。

SIMフリーのiPhone/Android

まずは、SIMフリーの端末を使用している場合です。この場合だと、テザリングは利用することができません。

そもそも、SIMフリー端末のほとんどはau回線の周波数に対応していないので、一部のOSとMVNOを除き、テザリングどころか通話機能すら利用することができないケースが多いです。

auのiPhone

次はauで購入したiPhoneについてです。iOS 9を内蔵しているiPhoneであれば、「mineo」での通話等の機能は利用することができます。しかし、テザリングに関しては利用することができません。

auのAndroid端末

最後はauのAndroid端末についてです。この場合、au回線で唯一テザリングが利用可能な組み合わせとなります。

ですが、元々au回線のMVNO自体が「mineo」と「UQ mobile」の2つしか無いので、組み合わせ自体は極めて少ないといえます。

テザリングに最適な格安SIMのプランは?

テザリングを利用することを前提として、MVNOやプランを選ぶ際には、「高速通信のデータ容量」と「通信速度」がポイントとなります。

まず、「データ容量」に関しては、各MVNOが提供している格安SIMのプランの「◯GB」という部分を見てください。

これは、毎月そのデータ量までなら高速通信が可能であるということで、それを超えると低速通信の制限がかけられるというものです。テザリングを多用されるという場合、これが可能な限り多いプランを選ぶべきです。

なぜなら、テザリングを利用する場合は、子機の行ったデータ通信の分だけ親機の端末のデータ通信に上乗せされるからです。

つまり、容量の少ないプランで契約していると、テザリングの際にデータ通信が行われ、その分が上乗せされることで容量を圧迫しやすくなるからです。

次に「通信速度の速さ」についてです。テザリングを行う場合、子機の通信速度は親機の通信速度に依存します。

しかし、全く同じではなく、親機よりも少し遅い通信速度になります。つまり、親機の通信速度が遅いと、子機の通信速度もさらに遅くなってしまうのです。

先ほど述べた「高速通信」は、基本的に「1Mbps」を超える通信速度を維持することができますが、プランの中には「500Kbps(=0.5Mbps)」が上限となるプランも有ります。

また、先ほどの「◯GB」に関しても、これを超えてしまうと次の月まで200Kbps程度の通信速度しか出せなくなってしまいますので、やはり容量には余裕を持っておきたいものです。

例えば「DMM mobile」の場合だと、業界でもトップクラスのプラン幅を持っています。下は1GB、上は20GBまで、9種類のデータ量のプランが用意されています。

どれだけ多くの容量が必要なのかは、スマートフォンの利用状況と、テザリングの利用状況に応じて決める必要があります。

DMM mobileの通信速度はそれなりに速い方なので、テザリングで通信速度が低下しても子機の使用に問題はないと思われます。

MVNOでテザリングを使うメリット

では、テザリングの利用に関して「大手キャリア」ではなく格安SIM、つまり「MVNO」を利用するということにどのようなメリットが有るのでしょうか?

データ容量が大きいプランでも大手キャリアほど料金が上がらない

まず、データ容量の大きいプランで利用しても、格安SIMの方が料金が安いというメリットが有ります。

「格安SIMなのだから当然なのでは?」と思われるかもしれませんが、「テザリングを利用する」となると少し事情が異なります。

前述のとおり、テザリングを利用中に子機が行ったデータ通信は、親機のデータ通信に上乗せされるので、親機の容量が少ないとすぐに速度制限をかけられてしまいます。

そのため、現状でデータ量の少ないプランを契約している場合だと、テザリングの利用には適さないので乗り換えが必要になります。

テザリングを利用する=データ容量は多いほうが良いということなので、必然的に大容量のプランが目につきます。

しかし、大手キャリアの大容量プランは非常に高額であり、格安SIMのプランに比べて大きな差があります。

現状でデータ量が少なければ乗り換えは必須となりますし、現状で大手キャリアの大容量プランを契約中であれば、料金を安くするためにも格安SIMに乗り換えることがおすすめなのです。

データ通信量が無制限の格安SIMがある

次に、格安SIMには「データ使い放題」のプランが有るということです。前述の「◯GB」の制限が存在しないプランが有るのです。そのプランであれば、毎月どれだけのデータ通信を行っても速度制限がかけられることがないのです。

テザリングを多用されるという場合には、このプランを検討してみることをおすすめします。

ですが、欠点もあります。

例えば「UQ mobile」の提供している「データ無制限」のプランがその一つなのですが、通信速度の最大が500Kbpsと極めて遅めであるということと、無制限とはいえ、短期間で膨大な量のデータ通信を行っている場合だと、速度制限をかけられてしまう可能性もありますので注意しましょう。

格安SIMでテザリングを使用する際の注意点

さて、格安SIMでもテザリングを利用できるということなのですが、いくつか注意しておかなければならないポイントが有ります。

しっかりと押さえておけば、格安SIMでも快適にテザリングを利用することができます。

SIMカードと端末の組み合わせをしっかり確認しよう!

まずは「SIMカード」と「スマートフォン」の組み合わせに注意するということです。先ほども述べましたが、使用する端末とSIMカード(利用している回線)の組み合わせによってはテザリングを利用することができません。

使用する予定の端末とMVNOが、テザリング可能な組み合わせかどうか、事前にきちんと確認しておきましょう。

端末の電池消費が激しくなる

次に、「端末の電池消耗が激しくなる」ということです。テザリングをしている間はどうしても電池の消耗が激しくなってしまいますので、必要な対策は「充電」です。

テザリングを「USEケーブル」を利用して行う場合には、パソコンからの電力供給が可能ですが、パソコンではない端末との接続および無線接続の場合は別の方法で充電する必要があります。

外出先などで充電ができない場合には、「モバイルバッテリー」を持ち歩くなどして、テザリング中に電池切れを起こしてしまわないように注意しましょう。

データ通信の使用量に気を付けよう

最後に「データ通信の使用量」に注意するということです。前述のとおり、テザリング中に子機が行ったデータ通信は、親機のデータ通信として扱われます。

なので、親機の今月のデータ通信量の状況などを鑑みてテザリング中の子機の使用を行わないと、親機のデータ通信量を圧迫する結果になります。

また、無制限プランでも短期間の大量通信は速度制限の対象となりやすくなります。

対策としては「データ通信量の少ないことだけ行う」もしくは「動画は画質を落として閲覧する」ということです。

特に、動画閲覧のような大量のデータ通信を行う場合には、可能な限り通信量を少なくするように工夫する必要があります。

画質を落とす、視聴時間の長い動画は見ないなど、さまざまなポイントで工夫が可能です。

メールの送信やウェブサイトの閲覧であれば、そこまでデータ通信は行いませんが、ページ内に動画コンテンツが再生されている場合だとそれなりの通信量になりますので注意しましょう。

親機の方では、アプリやMVNOのマイページなどでデータ通信量を確認することも必要です。確認してみて、その月のデータ通信可能な量を調べて、可能な量が少なければテザリングは控えたり、メールの送信等だけに使うなどの工夫が可能になります。

MVNOごとにデータ通信量の調べ方は異なりますので、公式サイト等を確認してデータ通信量の確認方法を調べておきましょう。

まとめ

テザリングは外出先でもパソコンやゲーム機を無線でインターネットに接続することができる機能であり、人によっては重宝する機能でもあります。

ですが、格安SIMの場合だといくつかの制限があることや、テザリングの使用そのものを注意しなければならないポイントも有ります。

テザリングの利用に関しては、格安SIMに乗り換える際に「テザリングの使用を前提として考えている」場合であれば、端末とMVNOの相性および各MVNOのテザリングとの相性についても調べておく必要があります。

特に、人によっては端末を買い換えなければならない場合もありますので、条件によってはそれなりの出費を強いられてしまう可能性もあることには注意したいところです。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。