格安SIM

テザリングの設定方法を紹介!格安SIMのiPhone

テザリングとは?

スマートフォンには「テザリング」という機能が備わっています。

これは、スマートフォンを親機としてパソコンやゲーム機、別のスマートフォンを子機として、インターネットに接続されていない子機でもインターネットを利用することが出来る機能です。

子機とは「Wi-Fi」「Bluetooth」「USBケーブル」を用いて接続し、有線接続しかできない端末が外出先でもインターネットを利用することが出来るため、人によっては利用頻度が高いこともあります。

iPhoneにおいては「iPhone 5」以降の機種でテザリングの機能を利用することができます。

また、テザリングのことは「インターネット共有」とも表現しています。使い方によっては非常に便利なテザリングは、しかし利用するにあたって設定をしなければなりません。

そこで、iPhoneでテザリングを利用するにあたって必要な設定等について解説していきます。

テザリングの種類

まず、テザリングには「接続方法の違い」というものがあります。具体的には「Wi-Fi」「Bluetooth」「USBケーブル」の3種類の接続方法があります。

USBケーブルは、パソコンを使っている人であれば馴染みの深いもので、Wi-Fiはゲーム機でも利用することがあります。

「Bluetooth」は比較的最近になって聞き始めた名前だと思いますが、基本的にはWi-Fiと同じく「短距離間での無線通信技術」のことです。

Wi-FiとBluetoothの基本的な違いは「接続構成」と「通信可能距離」および「消費電力」が挙げられます。Wi-Fi接続は複数のデバイスでの無線通信を想定した技術であり、通信可能な距離も数十メートルとそれなりです。

一方、Bluetoothは1対1の無線通信を想定しており、通信可能距離も短いです。その一方でBluetoothは消費電力がWi-Fi接続に比べて少ないという特徴があります。

大量のデータの送受信には向かないので、パソコンのキーボードやイヤホンなどに用いられることが多いです。

USBケーブルは、3つの中で唯一の有線接続になります。外部の周辺機器となるので、ケーブルを用意する手間がかかり、見た目にも煩雑になりやすい印象です。

しかし、無線接続よりも通信環境と速度が安定するので、子機が1台に限定される場合だとUSBケーブル接続によるテザリングが実用的であると言えます。

このように、接続方法それぞれに特徴がありますが、基本的には大量のデータをやり取りすることに適している「Wi-Fi」か「USBケーブル」を利用することになると思います。

親機側(iPhone)でのテザリング設定方法

それでは、実際にiPhoneのテザリング機能を利用するための設定方法について解説していきます。

テザリングの設定は親機となるスマートフォンと子機となるデバイスそれぞれに設定が必要になります。

まずは、親機となるスマートフォンの設定方法から解説していきます。

インターネット共有をONにする

まず、親機となるiPhoneの設定画面を開きます。次に、「インターネット共有」という項目をタップします。

なお、この項目の代わりに「モバイルデータ通信」という項目がある場合もありますが、その場合はその項目をタップすると次の画面でインターネット共有の項目が表示されます。

インターネット共有の画面が表示されたら、画面上部の「インターネット共有」のスイッチをオンにします。

すると「Wi-FiとBluetoothはオフです」という表示が現れると思います。

これは、Wi-Fi接続とBluetooth接続の設定がオフになっている場合に表示されるのですが、Wi-Fi接続かBluetooth接続を利用する場合には「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップし、USBケーブルを利用する予定の場合は「USBのみ」をタップします。

インターネット共有の設定画面に戻りますので、ここで画面上部の「インターネット共有」がオンになっていることをまず確認しましょう。

この画面では「ネットワーク名」と「パスワード」を確認します。ネットワーク名は「インターネット共有」のスイッチの下の文章中に、パスワードはその下に表示されています。

パスワードは省略されて表示されていますので、タップして全文を表示しておきましょう。

その際、パスワードの変更画面も同時に表示されますので、8文字以上の好きな文字列に変更することができます。パスワードの変更及び確認が完了したら、右上の「完了」をタップしましょう。

ネットワーク名(SSID)は変更しておいた方がいい

また、「ネットワーク名」も変更することができます。安易な文字列・文章だと他人に悪用される恐れがありますので、心配な方は変更するようにしましょう。

この画面では変更することができませんので、iPhoneの設定画面まで戻ります。

設定画面を開いたら「一般」をタップします。次に「情報」をタップし、「名前」をタップします。

先ほど確認したネットワーク名が表示されていると思いますので、他人に悟られにくいネットワーク名を入力しましょう。

元の画面に戻ったら、iPhone側での設定は完了します。

子機側(タブレット端末やノートパソコン)の設定方法

iPhoneでの設定が完了したら、次は子機側での設定となります。先ほどiPhoneで表示したネットワーク名とパスワードが必要になりますので、入力や確認の際は間違えないように注意しましょう。

ここでは、各テザリング方法ごとに設定方法が異なりますので、それぞれの設定方法について解説していきます。

なお、今回は「Windows 7」搭載型のパソコンを使っての設定方法となりますので、OSや端末の種類ごとに細かい部分は異なります。

あまりにも例と異なる表示の場合には、端末の説明書をよく確認して、必要な設定を行うようにしましょう。

Wi-Fiテザリング

まずはWi-Fiテザリングでの設定方法について解説します。まずは、スタートメニューを開いて「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルの画面が開いたら「ネットワークとインターネット」をクリックし、「ネットワークと共有センター」の項目にある「ネットワークに接続」をクリックします。

画面右下に接続先候補の一覧が表示されるので、先ほどiPhoneで表示及び変更したネットワーク名を探し、クリックして「接続」をクリックします。

なお、頻繁に使用する場合は「自動的に接続する」の部分にチェックを入れておくと、後に作業が短縮できるようになります(初回の場合はそうではありませんが)。

セキュリティキーの入力を求められますので、iPhoneで設定したパスワードをここに入力します。「OK」をクリックすると、テザリングが開始されます。

iPhoneでは、テザリングに成功すると画面上部に「インターネット共有:◯台接続中」という表示が出ています。これをタップし、インターネット共有をオフにすることでテザリングを終了することができます。

念のため、パソコンでインターネットブラウザをオンラインで使用することが出来るかどうか確認しておきましょう。

USBテザリング

次はUSBテザリングでの設定方法です。USBケーブルを用いてのテザリングの場合、あらかじめ「iTunes」をパソコンにインストールしておく必要があります。

準備が整ったら、USBケーブルでiPhoneとパソコンをつなぎます。実は、これだけでOKなのです。

iPhone側でUSBテザリングの機能をオンにさえしていれば、USBケーブルを接続した時点で自動的にテザリングの設定が完了し、インターネット共有が開始されます。

有線接続で悪用の心配がありませんので、セキュリティキーの入力なども求められないのです。

細かい操作が苦手な人でも、USBケーブルさえ接続できればテザリングが利用できるという点も、この接続方法のメリットであると言えます。

Bluetoothテザリング

最後はBluetoothテザリングでの接続方法について解説します。こちらの場合もまずはコントロールパネルを開きます。

Wi-Fi接続の場合とは異なり、今度は「ハードウェアとサウンド」をクリックして「デバイスとプリンター」をクリック、その中にある「Bluetoothデバイスの追加」をクリックします。

接続可能なネットワーク名が表示されますので、ご自分のiPhoneのネットワーク名を選択して「次へ」をクリックします。

するとパソコンとiPhoneの両方の画面に6桁のペアリング番号が表示されますので、両者が同じ番号であることを確認してから、パソコンの方では「はい」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

同時に、iPhoneの方でも「ペアリング」をタップします。これでインターネット共有が開始されます。

なお、一度でもペアリングを実行すると、以降同じ端末でのBluetooth接続ではペアリング番号の確認プロセスは省略されます。

テザリングで通信速度制限を受けないようにするコツは?

そこまで多くの機器や設備、準備も必要ないのに、どこでもパソコンやゲーム機をインターネットに接続することが出来るテザリングの機能は非常に便利です。

外出先でもパソコンでインターネットを利用することが出来るということは、特にビジネスにおいても非常に重宝するものです。しかし、便利な一方でテザリングには欠点があります。

スマートフォンの通信プランは、多くの場合で「高速通信プラン」を契約していることだと思われます。

これは、毎月決まったデータ量までであれば高速通信が可能で、それ以上になると次の月までは低速通信になる、つまり「速度制限がかけられる」ということになります。

スマートフォンで動画や音楽のサービスを利用する頻度が高いとデータ通信量が膨大になり、より多くの容量を持つ高額なプランを契約する必要がありますが、テザリングは「子機のデータ通信が、親機となるスマートフォンの通信量に上乗せされる」という特徴があります。

つまり、テザリングの使い方によってはスマートフォンの通信速度が制限される可能性が高くなるということになります。

そこで、速度制限を受けないようにするには、どういったテザリングの利用法が正しいのかということについて解説していきます。

動画閲覧など大容量コンテンツを利用しない

まず、先程も少し触れた「動画コンテンツ」を利用しないことです。動画コンテンツは、再生に際してその再生時間と画質によって膨大なデータ通信を行うことになります。

パソコンの大画面で見られるからとテザリングを利用してパソコンで動画を見続けると、すぐに速度制限がかけられることになります。

逆に、インターネットを閲覧する、メールを送信するといったアクションはそこまでデータ通信を行いませんので、テザリングに際しても親機の負担が少なくなります。

もちろん、親機が普通に動画を視聴しても同じことではありますので、動画閲覧の際はモバイル通信を行わずに、データ通信量が膨大にならないように注意しましょう。

OSやアプリなど各種アップデートを避ける

次はOSやアプリといったものの「アップデート」を、テザリングの最中に行わないということです。特にOSのアップデートとなると相当なデータ通信と時間が必要になります。

動画ほど多くのデータ通信は行わない傾向にありますが、アップデートを行うソフトウェアの種類によって異なりますので一概には言えません。

加えて、アップデート中はテザリングを解除できないということもデメリットとして挙げられます。前述のとおり、OSのアップデートとなると、数時間単位で時間が経過する可能性もあります。

その間、スマートフォンをそのパソコンの近くから離すことができなくなり、アップデートの最中に強制終了させてしまうとどのような不具合が生じるかわかりません。

こうしたアップデートについては、可能な限りその端末が単独でインターネットを使用できる際に行うようにしましょう。

Dropboxなどオンラインストレージの同期を切る

次は、もしパソコンで「Dropbox」などのオンラインストレージサービスを利用している場合であれば、「自動同期」を解除することをおすすめします。

オンラインストレージは、パソコンに専用のフォルダを作成し、そのフォルダ内に収めたファイルが自動的にオンライン上の専用フォルダにコピーされ、フォルダが同じ状態になることで他のデバイスともファイル共有をすることが出来るサービスです。

これが同期オンの状態になっていると勝手にデータ通信を行ってしまいますので、テザリング中はこれをオフにしておくことが必要です。

同様に、アプリケーションの「自動アップデート」の機能もオフにしておくことをおすすめします。アプリケーションの中には、起動時に最新のバージョンを確認し、自動的にアップデートを行うものがあります。

それが複数重なってしまえば、意図せずして大量のデータ通信を勝手に行われてしまう可能性があります。

特にパソコン起動時に自動的に起動するアプリケーションに関しては、自動アップデート機能が搭載されているかどうか確認し、可能な限りこれをオフにしておきましょう。

データ通信量を随時チェックする

最後は「データ通信量をチェックする」ということです。データ通信は私達の目には見えませんが、数値データとして常に記録されています。

その数値データを確認することで、どれだけのデータ通信が行われているのか確認し、意図せずして大量のデータ通信が行われていればその原因を確認して取り除くことができます。

スマートフォン端末で行うことになりますが、主な方法として「アプリを使用する」「契約しているMVNOのマイページで確認する」という方法があります。

格安SIMにおいては、どのMVNOと契約しているのかによって、必要な行動が異なります。

例えば「So-net PLAY SIM」や「FREETEL SIM」であれば公式サイトのマイページから確認することができますが、「OCNモバイルONE」や「IIJmio」であればアプリを使用します。

ご自分のiPhoneのMVNOを確認し、どの方法で通信量や高速通信の残量を確認することが出来るのかを確認しておきましょう。

テザリングできない時はどうすればいい?

さて、通信端末を使用していると、説明書やアドバイス通りに操作や設定を行っても居合通りの結果にならないことがよくあります。

端末ごとに細かい部分は異なりますが、大筋間違ったことはしていないのにテザリングができないということも考えられます。

その際には、親機か子機のどちらか、もしくは両方の設定がうまくいっていない事が考えられます。

親機側(iPhone)の対処法

まず、親機側での問題としては、テザリングの機能がきちんとオンになっていることを確認しておきましょう。

それぞれの接続方法でオンにするべき項目が異なりますが、基本的に最初の設定の際にきちんとオンにできていれば問題ありません。

それも含めて設定に問題がなければ、他の部分が問題になっている可能性があります。

具体的には「モバイルデータ通信」や「機内モード」の設定です。これらの項目を切り替えてから元に戻すと、テザリングがうまくいくことがあります。

それでもダメなら、iPhoneそのものを再起動するか、その後にテザリングの設定をやり直してみることをおすすめします。

それでも問題が解決しない場合は、テザリングの接続方法を変えてみる(Wi-Fiで接続を予定していたのなら、USBケーブルやBluetoothで試してみる)しかないかもしれません。

子機側(PCやタブレット)の対処法

子機側での問題である場合には、パソコンのインターネットアクセスを一度切断してから、再び接続をオンにすることで、問題が解消されることがあります。

もしくは、パソコンそのものの電源をオフにしてから再起動することで解消することもあります。

iOS8以降で使える便利な「Instant Hotspot」機能

使用しているスマートフォンがiPhoneであり、かつ搭載しているOSが「iOS 8」の場合だと、テザリングの利用に際して利便性の高い機能を利用することができます。それは「Instant Hotspot」です。

これは、あらかじめそのApple IDで「iCloud」にログインして、Wi-FiもしくはBluetoothを有効視していることが条件となります。

それによって、親機となるiPhoneを操作すること無く、子機となるMacやiPadからテザリングを有効にさせることができます。

具体的には、子機で設定から「Wi-Fi」の画面にアクセスし、親機のiPhoneが表示されているものを選択することで、テザリングを行うことができます。

USBケーブルと同様に、面倒な設定やパスワードの入力をすることなくテザリングが可能になるという点で利便性が高いです。

その他にも機能はありますが、ワンタッチでWi-FiやBluetoothでのテザリングが可能であるという点は、テザリングでパソコンをインターネット接続する機会の多い人にとっては大きなメリットとなります。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。