格安SIM

PCを使わない連絡先や画像のデータ移行方法【iPhone⇔Android】

現在、多くの人が「スマートフォン」を利用しており、今までに数多くのスマートフォンが販売されてきました。

新しく発売されるスマートフォンは、基本的に従来の機種よりも高い機能性を持っており、既に保有している端末が大幅に世代遅れになってしまっている可能性もあります。

また、単純に古くなったり傷だらけになり、格安SIMに乗り換えたり、好きなデザインのスマートフォンが発売されるのを機に端末を買い換えることになるケースも珍しくありません。

PCを使わずに、iPhoneからAndroidへのデータ移行の仕方を紹介

「買い換える」となると、今まで使っていた端末と、新しく購入する端末の2つの端末が存在することになります。

そして、今まで使ってきた端末にはそれまで使ってきた証でもある、さまざまな「データ」が蓄積されています。

旧端末のデータの中にはスマートフォンの利用において重要なデータも含まれています。新しく利用してくことになる端末にそれらのデータを移さないと、データの種類によっては非常に不便になる可能性もあります。

ですが、「iPhone」と「Android」という2種類のスマートフォンでは、簡単にデータの移行は出来ません。

その際にはパソコンを媒介としてデータの移行も出来るのですが、もしも個人的に使用できるパソコンを保有していない場合だとこの方法は利用できません。

スマートフォンでも十分にインターネットを楽しめるようになっていますので、あえてパソコンを購入することは控えるということも多いです。そこで、異なる端末間で、パソコンを利用することなくデータ移行を行う方法について解説していきます。

iPhoneからAndroidへ連絡先を移行するには?

まず、iPhoneからAndroidに対して「連絡先」のデータを移行する方法について解説します。

その際、Googleアカウントに連絡先を保存している場合、新端末となるAndroidにGoogleアカウントを設定するだけでデータの移行が完了します。

ですが、この方法には問題があります。それは「iPhone本体に連絡先を保存している場合」です。

Googleアカウントを利用して連絡先の移行を行う場合、移行できる連絡先データは「Googleアカウントに保存してある連絡先のみ」に限定されます。

なので、iPhone本体に保存してある連絡先については、この方法ではデータ移行が不可能なのです。

ならば、「iPhone本体に保存してある連絡先をGoogleアカウントに移せば良いのでは?」と思われるかもしれませんが、その方法は個人には出来ない方法なのです。

この「連絡先がiPhone本体とGoogleアカウントに分散されている状態」というのは、そのiPhoneを使い始めた頃はGoogleアカウントを取得しておらず、しばらくしてからGoogleアカウントを取得したという場合に起こりやすいのです。

こういった状態の場合、別途「データ移行用アプリ」というものを用意する必要があります。

データ移行アプリの中でも人気が高い「JSバックアップ」を利用

そこで、データ移行アプリの中でも特に人気の高い「JSバックアップ」を利用して新端末へデータ移行する方法について解説していきます。

前提条件として、旧端末と新端末の両方に、アプリ「JSバックアップ」がインストールされていることを必要とします。操作は、旧端末の方から行います。

まず最初に、電話帳へのアクセスの使用許可の確認等が表示されると思いますので「OK」をタップしてください。

次に、JSバックアップの複数の項目が表示されますが、その中でも特にシンプルな「かんたんデータ移行」という機能を使用します。

かんたんデータ移行の「データを取り出す」という項目をタップし、今回の場合は「無料プラン」を利用しますのでタップしてください。

この無料プランでは「連絡先」と「カレンダー」を移行することができます。また、新端末でデータの受取をするために必要な8桁以上のパスワードを設定してください。

データの取り出しが完了したら、画面にQRコードが表示されますので、これで旧端末での操作は完了です。

次に新端末での操作となります。JSバックアップを起動して「簡単データ移行」をタップします。

今度は「データを取り込む」の項目をタップし、「QRコード読み取り」をタップします。カメラが起動しますので、旧端末に表示されているQRコードを読み取ります。

読み取りに成功したら、先ほどの8桁以上のパスワードの入力を求められますので、入力します。以上で、連絡先の以降は移行は完了します。

画像データの移行には「Googleフォト」がおすすめ!

次に、画像データの移行について解説していきます。先ほどのJSバックアップでは、無料プランでは画像データの以降は出来ませんでした。

有料プランでは画像データと動画データも移行できますが、データ移行はそう何度も利用することにはなりません。

なので、お金をかけずに実行可能な方法を用いることをおすすめします。その一つが「Googleフォト」なのです。

「Googleフォト」とは

「Googleフォト」とは、Googleが提供していた写真共有およびフォトストレージサービスを全身とした、2015年5月に新たにリリースしたサービスです。

このサービスは、スマートフォンやパソコンで保存した写真データを、Googleのクラウドサービスにアップロードし、インターネットを媒介としてどの端末からでもアクセス出来るようにしたサービスです。

また、検索機能が強力であり、自動タグ付けによる簡単かつ強力な検索によって写真データを探しやすいです。

さらに、インターネット上で写真の加工(簡単なもの)をすることも出来、自動で合成したりアルバムを作成して共有することが出来るなど、単純な写真用オンラインストレージとは一味違うサービスを利用することができます。

手順を説明

では、実際にGoogleフォトを使って画像データを移行する手順について解説します。まず、Googleのメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

次に、念のため設定の画面を開き、「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」の機能をオフにして、Wi-Fi接続を利用しましょう。

(そうしないと通信量が膨大になる可能性があります、必須ではありませんが、手間の掛からない手順で通信量を大幅に節約できる可能性がありますので、やっておきましょう。)

次に、「画質」の設定を行います。「元のサイズ」に設定すると撮影した画像データの画質を劣化させることなく保存することができます。しかし、15GBまでの容量しか保存することができません。

写真データはそこまで大きなファイルサイズになることはありませんが、写真データの数が多い場合には注意しましょう。

「高画質」に設定する場合には無制限に利用することができますが、多少なりと圧縮されることになります。写真データの数や品質、あとはご自分の好みに合わせて設定しましょう。

ここまで作業を済ませると、自動的に画像データがGoogleフォトに送られます。あとは、新端末に画像データがアップロードされれば、その順に画像データを見ることが出来るようになります。

注意点としては、画像データの数が多い場合、データの移行にかなりの時間が必要になるということです。

充電器に接続し、端末を持って外出しなくても良いような日に実行することをおすすめします。容量が10GBもあれば、軽く見積もっても数時間は必要になります。

PCを使わずに、iPhone⇒Androidへのデータ移行のまとめ

では、ここで一旦「iPhone⇒Androidへのデータ移行」に関する情報についてまとめておきましょう。

音楽データの移行はかなり厳しい

まず、「音楽データ」の移行に関しては、かなり難易度が高いということです。iPhoneに保存されている音楽データは、パソコンを媒介としなければAndroidに移行することができません。

何らかの「アプリ」を使えば可能なのではないかと思うかもしれませんが、iPhoneでは音楽ファイルの取り扱いが非常に厳しいため、そのためのアプリも存在していません。

仮に「iPhoneからAndroidに音楽データを移行できる」と銘打ったアプリが登場したとしても、公式のものでなければ極めて危険であると言えます。

LINEもそのまま移行可能

次に「LINE」に関してです。音楽データは厳しいと説明しましたが、LINEのデータであればそのまま移行することが可能です。

方法としては、個々のアプリからバックアップをとることで、Androidにデータを移行することができます。

これから使い始める方は、Googleアカウントを活用しよう

どうしても、一部のデータに関してはAndroidに移行することが難しいと言わざるを得ません。そこで、一つの解決策としては「Googleでデータを統一しておく」という方法があります。

先ほどの「連絡先」の件でも話しましたが、Googleアカウントに保存しているデータは移行可能で、iPhone本体に保存しているデータは移行できませんでした。

なので、これからスマートフォンを使いはじめるという場合には、最初からGoogleアカウントを活用することで、将来的に端末を買い換えてデータを移行する際に大変便利です。

PCを使わずに、AndroidからiPhoneへのデータ移行の方法を紹介

ここからは「Android⇒iPhoneへのデータ移行」について解説していきます。

今までとは逆に、旧端末がAndroidであり、新端末がiPhoneになるパターンです。逆になるだけですが、これまでとは全く異なる方法でデータ移行を行うことになります。

iPhoneの初期設定前なら 「Move to iOS」でデータ移行

まず、「iPhoneが初期設定していない状態」である場合には、「Move to iOS」というアプリを使うことをおすすめします。

「Move to iOS」とは

「Move to iOS」は、Apple社がリリースしたAndroidからiPhoneへとデータを移行するためのアプリです。

Android端末から連絡先や写真データ、メールなどさまざまなデータをまとめて移行することが出来るアプリです。移行先のiPhoneが初期設定前の状態であるということが前提となりますが、非常に便利なアプリです。

手順を説明

では、実際にこのアプリを利用してiPhoneへとデータ移行する方法について解説していきます。

まず、端末での準備となります。移行元となるAndroid端末ではこのアプリをインストールしておき、いつでも起動できるような状態にしておきます。

移行先となるiPhoneは、初期設定の「Appのデータ」の項目で「Androidからデータを復元」を選択してください。この状態で、iPhoneに10桁の数字が表示されます。

そうしたら、AndroidでMove to iOSを起動します。コード検索の画面に移り、先ほどiPhoneに表示された10桁の数字をここで入力します。

入力に成功すると、移行するデータの種類を選択する画面になります。選択し終わったら「次へ」をタップすることで、データの移行が開始されます。

注意すべきポイントは、このデータの移行中はAndroidとiPhoneを同じWi-Fi環境下におくということです。

通信を媒介としてデータの移行を行っていますので、かならず守るようにしましょう。移行に必要な時間は、移行するデータ量の多さに比例します。

多くのデータを移行する際には、充電の問題と、その間は端末を使えなくても良いようにしておきましょう。

もし初期設定を終えていたらGoogleアカウントで移行しよう

上記のアプリでの移行方法は、移行先のiPhoneが「初期設定が済んでいない」ということが前提になります。既に初期設定が完了している場合、この方法ではデータの移行ができません。

なので、その場合には先程も名前が上がった「Googleアカウント」を利用してデータの移行を行います。

具体的な方法としては、まずiPhoneの「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」を選択し、「アカウントを追加」「Google」の順にタップします。

そこで、Android端末で使用していたGoogleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。

この方法だと、画像データの移行も非常に簡単です。Androidで「Googleフォト」を利用し、画像データをWi-Fi接続でアップロードします。

新端末となるiPhoneでGoogleフォトをインストールして、Googleアカウントの再設定を行えば、アップロードした画像を取り込むことができます。

PCを使わずに、Android⇒iPhoneへのデータ移行のまとめ

最後に、AndroidからiPhoneへとデータを移行する際にパソコンを使わない方法についてのまとめを行います。

iPhoneでも音楽データの移行は難しい

さて、先ほど「iPhoneからAndroidに音楽データを移すことは難しい」という話をしましたが、逆もまた然りなのです。

パソコンを使えるのであれば、パソコンのiTunesを媒介とすることでデータの移行が可能なのですが、「パソコンを使えない」ということを前提とするとこれが難しいのです。

iPhoneで音楽データを利用するには、iTunesを媒介とする必要があります。しかし、Android端末ではiTunesを使用することができません。

そうなると、オンラインストレージに音楽データをアップロードしておき、そこからiPhoneにダウンロードするという方法もあるのですが、「著作権」の問題でこれは危険性を持ちます

。まぁ、あくまでも「私的利用」の範囲内ではあると思いますが、どちらかと言えば「グレーゾーン」なのでおすすめできません。

LINEやその他のアプリは、それぞれ保存が必要

次に、LINEや、その他のアプリのデータ移行についてです。これは各アプリ内でデータを保存し、それをiPhoneに移行することで可能となります。

注意しておきたいことは、移行先のiPhoneでLINEやアプリがきちんと機能するかどうか、移行しきれていないデータは残っていないかを確認してから、移行元のデータを消去するようにしましょう。

便利にはなったが、まだまだ課題もある

スマートフォンの利用は、アプリとOS、端末の機能の発達に伴ってどんどん便利になっています。今回紹介した「Move to iOS」についてもその一つであり、データ移行をスムーズに行うことが出来るようになっています。

しかし、まだまだ課題は残されていると言っても過言ではありません。このアプリを使用する際にはiPhoneの初期設定が済んでいないことが条件となっているので、無条件に利用できるということではありません。

また、音楽データの移行についてもパソコンの媒介が事実上必須となることを考えても、異なるOS間でのデータ移行についてはまだまだ課題が残されていると言えます。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。