確定申告をするといつ還付金が戻ってくるの?いくら戻ってくる?

確定申告というのは面倒な作業になりますから、なかなかやる気が起こらないこともあると思います。

けれど、確定申告をすれば、還付金という臨時収入が入ってくることがありますから、それが励みになります。

大変な作業を乗り越えたからこそ、還付金がもらえたときの喜びは大きいはずです。

このページでは、確定申告を終えた後、実際に還付金が振り込まれるのはいつなのかというスケジュールや、還付金受け取りの際の注意点などをまとめています。

確定申告では還付金がもらえることがある

還付申告とは

所得税は、源泉徴収や予定納税により先払いしていることがあります。そのため、1年が終わって税額の計算をし直した結果、税金を払い過ぎている場合もあります。

また、既に会社で年末調整している人でも、年末調整の際には適用できない控除があり、こうした控除を適用することで税金が安くなることがあります。

このように、払い過ぎになっている税金は、確定申告することにより還付してもらうことができます。還付金を受け取るために行う確定申告は、「還付申告」と呼ばれます。

なお、毎年確定申告をしている自営業者等が確定申告後に払い過ぎた税金の還付を請求する場合には、「還付申告」ではなく、「更正の請求」に当たります。

「還付申告」は、あくまで確定申告義務のないサラリーマン等が行うものになりますから覚えておきましょう。

還付申告ができる期間

還付申告書は、確定申告期間(2月16日から3月15日)とは関係なく、対象となる年の翌年の1月1日から5年間提出ができます。

つまり、5年以内であれば、過去のものでも還付金をもらい忘れているものがあれば遡って申告することができるということです。

還付金は指定した口座に振り込んでもらえる

還付金は、確定申告と同時にもらえるわけではなく、確定申告書の処理が終わった後、納税者が指定した口座に振込される形になります。

確定申告書には、「還付される税金の受取場所」という欄がありますから、還付金がある場合には、そこに振込先(金融機関、支店等、預金種類、口座番号)を記入しておきます。

還付の処理が完了すれば、税務署から「国税還付金振込通知書」が郵送で届きます。

国税還付金振込通知書には、支払金額のほか、「手続開始年月日」が記載されており、その日に振込手続き(入金まで4~5日かかることもあります)されることになります。

還付金は郵便局の窓口で受け取ることもできる

還付金は振込してもらう以外に、郵便局の窓口で受け取ることもできます。

郵便局での受け取りを希望する場合には、確定申告書の「還付される税金の受取場所」の欄の「郵便局名等」に、希望する郵便局名を記入しておきます。

郵便局受け取りを指定した場合には、税務署から「国庫金送金通知書」が送付されますから、これと本人確認書類(免許証等)を持って指定の郵便局の窓口へ受け取りに行くことになります。

確定申告をしてから還付金が振り込まれるまでの期間

確定申告には、税務署に確定申告書を直接持ち込むか郵送して行う方法と、e-Taxにより電子申告する方法とがあります。

還付金が戻ってくる時期は、確定申告をどの方法で行ったかによって違ってきます。

書類を持ち込み、郵送した場合

確定申告書を税務署に持ち込みまたは郵送により提出した場合、還付金が振込されるまでには、申告後1ヶ月から1ヶ月半ほどかかります。

混雑状況によっては、2ヶ月程度かかることもあります。

還付金の処理は確定申告書を出した人から順番に行われますから、早く確定申告書を提出すれば、早く還付金を受け取ることができます。

また、3月の繁忙期に申告書を提出すれば、税務署での処理にどうしても時間がかかってしまいます。

還付申告の場合には1月から申告書の提出ができますから、還付金を早く受け取りたいなら、できるだけ1月中か遅くとも2月中には申告書を提出した方が良いでしょう。

e-Taxで提出をした場合

e-Taxとは国税電子申告・納税システムのことです。e-Taxを利用すれば、確定申告書を税務署に持ち込んだり郵送したりしなくても、インターネットを通じてオンラインでデータ送信し、申告することができます。

確定申告をe-Taxにより電子申告した場合には、税務署に申告書を提出した場合よりも処理が早くなり、申告後約3週間で振込入金されます。

e-Taxでも還付申告は1月からできますので、1月にe-Taxを利用して確定申告すれば、1月中に還付金を受け取れる可能性もあるということです。

口座番号等が間違っていれば時間がかかる

確定申告書に記入した振込先の口座番号や口座名義が間違っていれば、手続きが止まってしまいますから、その分還付金の入金が遅れてしまいます。

確定申告するときには、口座番号等が間違っていないかどうか、くれぐれもよく確認してから申告書を提出するようにしましょう。

オススメの方法はe-Taxでの提出

e-Taxを利用すれば、確定申告書を提出するために税務署に行かなくても良いだけでなく、還付金の受け取りまでの期間が大幅に短縮されるというメリットもあります。

その他にも、次のような点でe-Taxは便利になっています。

e-Taxを使えば処理状況をみることができる

e-Taxで確定申告すれば、還付金の処理状況をウェブ上で確認することもできます。書面により確定申告を行った場合には、処理状況を知りたいときには、税務署にいちいち問い合わせなければなりません。いつお金が戻ってくるのか、本当に戻ってくるのかと心配になることもあると思います。

e-Taxなら、リアルタイムで還付金の処理状況がわかるので、なかなか振込がないからと言ってやきもきすることもなくなります。

還付金の処理が完了すれば、還付予定額と還付予定日が表示されますから、通知が郵送されてくるのを待つ必要もありません。

なお、e-Taxで還付金の処理状況が確認できるのは、還付申告をしてから2週間程度経ってからになりますので、2週間はおとなしく待っていましょう。

e-Taxのアプリはより便利な機能が多い

e-Taxには、パソコン用の「e-Taxソフト(WEB版)」のほか、スマートフォンやタブレットで利用できる「e-Taxソフト(SP版)」というアプリがあります。

アプリ版のe-Taxを使えば、いちいちパソコンで確認しなくても、iPhoneやスマートフォンから簡単に還付金処理の進捗状況を確認できます。

アプリ版のe-Taxは、ダイレクト納付やインターネットバンキングを利用した電子納税手続きにも対応していますので、金融機関等に行かなくても、スマホで簡単に納税ができます。

そのほかに、メッセージボックスで税務署からのお知らせを確認したり、納税証明書の交付を請求したりすることもできるなど、アプリ版e-Taxには便利な機能がたくさんあります。

e-Taxを利用するなら、アプリ版もぜひスマホにインストールしておきましょう。

還付金を受け取るための銀行口座に気をつけよう

受け取りができるのは本人名義の口座のみ

還付金の受け取りの際には、振込口座を指定しなければなりません。還付金の振込口座に指定できるのは、本人名義の口座だけになります。

配偶者や家族の口座、屋号名が入った口座、旧姓のままになっている口座では還付金の受け取りができないことがありますので注意しましょう。

インターネット銀行では受け取れないこともある

還付金の振込先として指定できるのは、原則として、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、漁業協同組合及びゆうちょ銀行の預貯金口座になります。

ただし、一部のインターネット専用銀行では国庫金の取り扱いをしておらず、還付金の振込先として指定することができません。

2016年8月現在、インターネット銀行への国税還付金の振込の可否は、次のようになっています。

還付金の振込OKのネット銀行

  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • 住信SBIネット銀行

還付金の振込NGのネット銀行

  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • じぶん銀行
  • 大和ネクスト銀行

ネット銀行の対応状況は変わることがあります。

各銀行のホームページを見ても国税還付金の受け取りができるかどうかがわからない場合には、事前に問い合わせてみましょう。

ゆうちょ銀行を振込先にする場合には注意が必要

ゆうちょ銀行の口座番号は、従来から使われている「記号」「番号」による表記以外に、他の金融機関からの振込の際に使う「店名」「店番」「口座番号」という表記方法があります。

還付金の振込先としてゆうちょ銀行の口座を確定申告書に記入する場合には、従来の「記号」「番号」を書きます。

「記号」「番号」を書いておけば、銀行名、支店名、預金の種別等を書く必要はありません。

この記事を書いたユーザー

nishino
元広告代理店勤務。nanairoでは不動産・暮らしやお金・節約術の記事を執筆しています。 nishinoの記事一覧

関連する記事はこちら

トップへ