格安SIMとは何か?ゼロから理解できる初心者講座

目次 ※クリックで開閉します

そもそもSIMカードって?

SIMカードはスマホや携帯電話の話をする時には、欠かせないものとなっています。

 

このSIMカードが入っていない端末は、携帯電話として使用することができません。電話番号を持ちたい場合には必須のカードとなります。

 

このSIMカードにIDが記録されており、スマホや携帯電話でデータ通信をするためにも必要となっているのです。

 

また、SIMカードにはサイズがあるのを知っていますか?

 

標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類あります。どの端末を選ぶかによって対応しているSIMカードのサイズが異なってくるので、スマホを新しく変える際にはSIMカードのサイズ確認は忘れてはいけません。

携帯にSIMカードを差す意味

携帯電話になくてはならないと言われているSIMカードですが、差す意味はどんなものがあるのでしょうか?

 

先のSIMカードの説明についてのところでも少し触れましたが、電話番号を持つためには必要となっているのです。携帯電話は名前の通り電話番号があって電話ができるというのが最低限の機能となっています。

 

この電話番号は一人ずつ違うと思いますが、電話番号を持つためにはSIMカードが必要です。また、3GやLTE回線を使って携帯電話でインターネットができるようになっていますが、これもSIMカードが刺さっていないと使用できません。

 

実際にSIMカードを携帯電話から抜き取ってみるとわかるのですが、電波の部分が✖印になっていて電話もインターネットもできない状態になります。

 

よって、SIMカードは携帯電話で、電話をしたりインターネットをするためにはなくてはならない存在なのです。

SIMフリーとは?

格安SIMが登場するようになってから「SIMフリー」という言葉もセットで出てくるようになりました。

 

このSIMフリーとはどういう意味なのでしょうか?SIMカードがフリーとは一体どういうことを意味するのか解説していきます。

 

SIMフリーを一言で説明するとdocomoやauといったキャリアの縛りがなくなり、スマホやタブレットを使えるようになったということです。

 

SIMカードはスマホで電話やインターネットを利用する際に欠かせないカードですが、キャリアで販売されているスマホについてはあらかじめSIMカードが差し込まれていて、差し替えができないようにSIMロックもかかっています。

 

そこで、登場したのがSIMフリーです。キャリアの縛りがないということから、SIMロックがかかっておらずフリーになっている状態を指します。

 

SIMフリーのスマホにすると2年縛りがなくなるのでいつでも機種変更できるようになり、電話番号も引き継ぐように手続きをすれば今までどおりの番号を使うことができます。

 

SIMフリーは最初理解するまでに警戒してしまいますが、キャリアよりも融通が利き、使い勝手が実はとても良いのです。

格安のSIMカードとは何か?

格安のSIMカードを買ってスマホに差すことで、格安スマホになれるわけですが、料金のとても安い通信サービスとなっており、それを格安で利用できるというのが最大のメリットとなっています。

 

格安のSIMカードを略称で「格安SIM」と呼んでいます。

 

格安SIMは、「MVNO」と呼ばれる業者が提供しているSIMカードで、これが格安で利用できることからこのような呼ばれ方をしています。

 

キャリアのSIMカードはSIMロックがかかっているので差し替えはできませんが、格安SIMにすると「SIMフリー端末」と呼ばれる機種にして、格安SIMカードを選ぶと自由に格安スマホを作り出すことができるのです。

MVNO(エムブイエヌオー)とは

格安SIMの説明のところで少し登場したMVNOですが、これが実現したからこそ格安SIMが利用できるようになったのです。

 

MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略称であり、ドコモやauなどのキャリアの回線を借りて通信サービスを提供している業者になります。

 

このMVNOは2001年の秋に初めて日本で登場しました。それが今ではMVNOに参入する業者も増えて、格安SIMと呼ばれる会社が増えてきたのです。

格安SIMが安く提供できる理由

格安SIMと言えば、とにかくキャリアの頃とは比べ物にならないくらい安い料金で毎月スマホを利用できると言われていますが、半額以上にまで安く抑えることも可能なのです。

 

では、ここで格安SIMが安く提供できる理由を紹介しましょう。

MVNO事業者がサービスを提供している

まずは、格安SIMが安い理由は、MVNO事業者がサービスを提供しているという点が挙げられます。MVNO事業者はドコモなどのキャリアから回線を借りているため安く提供できるのです。

 

ほとんどのMVNO事業者はドコモの回線を借りているのですが、現在もMVNO事業者はどんどん増え続けています。回線をレンタルしている状態なので、自分で基地局を設置する必要もなくコストを抑えられるために格安で提供できるのです。

MVNOが大手キャリアから顧客を獲得するためには料金が安くなければ

格安SIMが徐々に勢いを増してきていますが、やはり大手キャリアは、いつになっても強い存在となっています。安心感があるからいつものキャリアでスマホの契約をしているという人も多いでしょう。

 

そこで、格安SIMはMVNOが提供しているから成り立っているのですが、大手キャリアであるdocomo・au・SoftBankから少しでも顧客を獲得するためには、まず料金が安くないといけません。

 

料金の安さがMVNOの最大の魅力となっているので、これは外すことができません。

 

また、大手キャリアではサポートが充実しており、店舗に行けば契約や分からないことも直接教えてくれるので、最終的にはキャリアに行き着くという場合が多いと思います。

 

しかし、キャリアでは毎月1万円ほどの料金が発生してくることになります。1万円以内であっても最低5000円や6000円はかかってくるでしょう。

 

しかし、MVNOであれば1000円台から3000円~4000円くらいまでに料金を抑えることが可能なので、これを最大の売りとして展開していくのが必須となってくるのです。

 

料金の安さがMVNOの特徴となっているので、これをもって大手キャリアに対抗していこうとしているわけです。

人件費がかかっていない

格安SIMを検討していると気付くと思うのですが、大手キャリアのように店舗が存在しないという場合が多いと思います。これも、実は格安でサービスを提供するためのポイントとなっているのです。

 

店舗があればそこで働く従業員が必要となります。そうすると従業員一人ずつには給料を支払っていかないといけません。

 

しかし、格安SIMの場合は店舗を持たないことで人件費をカットすることができるのです。ワイモバイルや楽天モバイルのように一部店舗を持っている格安SIM業者もありますが、それでもキャリアに比べると、とてもシンプルに設計されています。

 

そして、格安SIMはMVNO事業者が提供しているサービスであり、独自の通信設備を持っておらず、キャリアの回線を借りてそれを提供しているという流れになっているので、ここから通信設備に関するコストもかけずに済むのです。

 

通常は、アンテナを立てたり、基地局を立てるのにコストがかかり、それを維持するためのメンテナンスにも費用が発生してきます。しかし、回線を借りていることでメンテナンスなどにかかる費用も負担しなくて済むので格安が実現できるのです。

あまり通話をしない人や全く電話を使わない人向けのプランが豊富

格安SIMが話題になっている中、どんな人に向いているのかという適正を知りたいという人は多いでしょう。

 

格安SIMについてはあまり普段から通話をしない人や全く電話はしないという人に特におすすめとなっており、そのためのプランも豊富にあります。

 

まず、格安SIMにすると「通話かけ放題」といった定額プランが大手キャリアのように存在しません。よって、通話した分だけ料金が発生してくるという仕組みになっています。

 

通話料が格安SIMにおいてはネックになってくると言われ、通常の通話は30秒につき20円発生してきますが、通話を元からあまりしないという人には関係なくお得ということになります。

 

また、少し通話をするという場合にも、格安SIMによっては通話料がお得になるアプリやサービスを用意しているところがあるので、そちらを利用すれば通話料については気にする必要がなくなります。

 

スマホを持っていても通話は滅多としないという人には格安SIMはぴったりなのです。

データ容量の少ないプランが大手キャリアより細かく用意されている

格安SIMは、キャリアのスマホと比べて料金が安いというのが魅力だけではありません。最大の魅力は料金の安さですが、次に魅力といえるのがプランの数です。

 

データ容量が大手キャリアよりも少ないプランから細かく用意してあるので、スマホの使う頻度に合わせてより最適なプランを選ぶことが出来るのです。

 

大手キャリアのスマホを契約するとプラン内容においては、データ容量が5GBや7GBあたりが平均的となっています。

 

しかし、実際には毎月こんなにもデータ容量は必要ないと感じている人もいます。そこで、格安SIMの登場です。

 

格安SIMは、『0.5GB・1GB~2GB・3GB』と細かく、順にデータ容量の少ないプランを用意しているところが多いです。

 

Wi-Fi環境が整ってきている今、スマホのデータ容量は最低限で十分と考えている人も大勢いることでしょう。そんな時にも格安SIMの少ないデータ容量プランは魅力となっているのです。

 

また、データ容量が少ないプランが用意してあるだけでなく、自分が使ったデータ容量の分だけ料金を支払うというシステムになっている格安SIMもあります。

 

たとえば、FREETEL SIMにおいては「使った分だけ安心プラン」というものがあり、料金の幅は最低300円~3000円程度となっています。月に1GBまで使ったのなら499円、3GBまでが900円といったように区切られています。

 

1000円以内でこれだけのデータ容量を使えるのもお得感が大きいでしょう。

 

インターネットやアプリもほとんど使わないし・・・という人は格安SIMの中でも使った分だけ支払うプランがあるものや、データ容量が0.5GBや1GBと最低限で済むプランを選択していくとその分料金も抑えられて良いでしょう。

さいごに

格安SIMのことを深く知っていくと、今まで大手キャリアでスマホを持っていた頃とは、料金がかなり節約できることが分かります。

 

安い料金で抑えられる理由も知れば、より格安SIMへの乗り換えも問題なくできるでしょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ