格安SIMで「低料金」だけでなく「楽しさ」を求めるならmineoを!

目次 ※クリックで開閉します

関電グループのケイ・オプティコムによる格安SIM 「mineo」

 

「格安SIMに乗り換える」ということの基本は、大手キャリアよりも大幅に安い料金でスマートフォンを運用することができるという利点です。

 

ですが、MVNOが乱立し、1,000円台の基本料金から利用することができるようになった現在、それだけでは格安SIMへの乗り換えを決意することができなくなっています。

 

特に障害となっているのは「サポート」に関してです。従来は大手キャリアの手厚いサポートを受けることができましたが、MVNOの場合は大手キャリアほどサポート体制が充実しているわけでもありません。

 

この点は特にスマートフォン初心者にとって大きな弊害となりかねないのです。

 

そこで、この記事では「mineo」というMVNOについて紹介していこうと思います。その理由は、mineoが提供する「マイネ王」という、mineoユーザー向けのコミュニティーサイトにあります。

 

これはmineoのユーザーとスタッフが、スマートフォンに関するありふれた疑問から使用方法、果てはスタッフ向けのサービスの改善の要望まで、mineoを利用するにあたって思うことを気軽に情報交換する事ができる環境となっています。

 

同じMVNOを利用しているユーザーを確実に見つけることができる情報交換の場であるため、実際にmineoを利用しているユーザーからの意見を聞き、トラブル解消に役立てることができます。

 

既にトラブルに関して何の不安もないユーザーの場合でも、スタッフに向けてより良いサービスのあり方を提案することで、上手く行けばユーザーの利益を向上させることにつながります。

 

通信業界の常識を破る「フリータンク」の登場

 

mineoには、これまでの通信業界の常識を破る「あるサービス」が注目されています。それは「フリータンク」と呼ばれるサービスです。

 

既にご存知かと思いますが、通信サービスにおける「パケット」と呼ばれるものは、毎月の利用総量が決まっています。そのパケットですが、足りないこともあれば「余る」ということも考えられます。

 

余ってしまったパケットを、従来は捨てるような形になっていました。捨てることに料金はかからず、単純に「もったいない」というだけの話でした。

 

しかし、捨てるだけでもったいないというのであれば、誰か必要なユーザーに使ってもらおうではないか、ということで始まったのが「フリータンク」なのです。

 

フリータンクは、mineoのユーザーが毎月の余ったパケットをフリータンクに貯めこみ、それをパケットが足りない別のユーザーが任意に引き出して活用するという、ユーザーの善意によって成り立つサービスなのです。

 

実際には提供が毎月10GB、引き出しが1GBという制限はありますが、ユーザーは毎月1GBまでならパケットを引き出すことができる可能性があるということになります。

 

これはmineoが掲げる「無駄なし」のコンセプトによって提供されていた「パケットシェア」「パケットギフト」といったサービスをさらに拡大し、mineoユーザー全体に広げるような形となっています。

 

一人暮らしで、周囲にmineoのユーザーがいないというユーザーの場合、上記2種類のシェアサービスは利用できませんでした。それを、フリータンクというサービスを開発することで、ユーザー間の仲間意識の構築へとつなげるという狙いもあります。

 

利用する条件はmineoのユーザーであり、マイネ王に登録していることです。マイネ王は無料で登録できるサービスなので、特にデメリットはありません。

 

その特性上、引き出せる期間は毎月21日~末日までと限られていますが、パケットが僅かに足りないという状況下においては活用できる場面が多くなります。

 

提供する側としても、余ってしまったパケットを有効活用してもらえるため、決して悪い気分はしません。

 

かなりの盛り上がりを見せているコミュニティー「マイネ王」の存在

 

さて、先ほど話に上った「マイネ王」ですが、これはmineoのユーザーとスタッフが互いに意見交換を行い、そこにはある種の「楽しさ」が存在しています。

 

マイネ王では毎日のようにサービス開発の裏の話や運営の実態といった、通常では公開されていないような情報がどんどん公開されています。

 

また、mineoやスマートフォンに関する質問に関して、先輩ユーザーとなるユーザーが回答することで、ユーザー同士の交流の場としても機能しています。

 

また、運営スタッフによる技術解説やアンケート、質問コーナーといった、ユーザーが参加するタイプの企画も投稿されているのです。また、前述の「フリータンク」に貯められているパケットの増減についても投稿されています。

 

さらに、新しい企画や広告に関しても、マイネ王に投稿されるユーザーの意見を参考にして検討するとのことです。つまり、他のMVNOに比べてmineoのユーザーの声が運営に届きやすくなるということなのです。

 

楽しく意見交換する場としてだけではなく、大きな実用性を併せ持ったコミュニティーサイトとして機能していると言えます。

 

mineoでのiPhoneの新OS対応の情報を入手できる

 

さて、マイネ王ではそれ以外にも実用的な情報が流通しているのです。それは「新OS対応情報」です。

 

mineo公式情報によれば、マイネ王で最も大きな反響を呼んだ記事は「iPhoneの動作確認についての投稿」なのだそうです。

 

どういうことかといえば、iPhoneやiPadではiOSの大幅な更新があった場合に格安スマホの利用に際して設定方法が変更されることがあるのです。

 

そのため、格安SIMをスマートフォンで利用しているユーザーにとっては、iOSの更新があった際にはいち早く正確な情報を知りたいと思う需要があるということなのです。

 

mineoでは、新しいiOSが配布された日の深夜2時から、マイネ王において新しいiOSでの動作確認をリアルタイムで更新しています。

 

加えて、公式情報ではなくiPhoneやiPadのユーザーが手持ちの端末を実際に使用した際の動作確認をマイネ王に投稿するため、mineoのユーザーでiPhoneやiPadの利用者はいち早く新しいiOSでの動作確認の情報を入手することができるのです。

 

特にユーザーの生の情報は大きな情報源となり、「実際にこうだった」というユーザー目線での情報は役に立つ場面が多いです。

 

このメリットは、特に「周囲にmineoユーザーがいないmineoユーザー」にとってメリットが大きくなります。相談できる相手がいないため、いざという時に動作不良等のトラブルが起きるのではないかと不安になってしまいます。

 

マイネ王から情報を引き出すことができるため、周囲のスマートフォンユーザーの利用状況に左右されずにmineoユーザーの生の情報を入手して自分の行動に反映させることができます。

 

さらに付け足すなら、そうした「ユーザーからの情報も引き出しやすい」ということで、周囲のスマートフォンユーザーをmineoに乗り換えさせる手助けにもなります。

 

特にガラケーユーザーやスマートフォンの大手キャリアのユーザーであれば格安SIMに興味を持つでしょうから、mineoの紹介による新規契約キャンペーンも含めてお得さをアピールし、自分の周囲にmineoユーザーを増やすきっかけにできます。

 

料金の安さに加えて「楽しさ」も魅力の格安SIM

 

以上のように、mineoは格安SIMとしての料金の安さだけでなく、マイネ王やフリータンクを利用したユーザー間およびそれにmineoのスタッフが混じったコミュニケーションNOVAが提供されています。

 

これを一言で言い表すのであれば「楽しい」という表現が正しいのでしょう。

 

mineoは、1月に「Fun with Fans!」というブランドステートメントを掲げています。これは、マイネ王を通じてmineoスタッフとユーザーが一緒になって楽しく面白いサービスを実現するという試みです。

 

新しいサービスや面白い情報を共有する仲間を持ち、マイネ王というサイトを通じてより新しい、面白いサービスとコミュニティーサイトの構築を目指すというコンセプトです。

 

これには、従来はユーザーからの意見は取り入れつつも、実際の企画開発等は全て閉ざされた会議室内で行われているというイメージを払拭し、「スタッフとユーザーが一体となって」というイメージに刷新していくという現れにもとれます。

 

実際に新しいサービス開発や従来のサービスの改善について、マイネ王を通じて意見交換することでより良いサービス作りに参画するという感覚をmineoユーザーに体感してもらうという姿勢が強く現れています。

 

MVNOは乱立状態となっています。しかし、ここまでスタッフとユーザーの距離が近いサービスを提供するMVNOは例がありません。もちろん、ユーザーの意見全てが反映されるということはなく、企業における採算等も考慮しなければなりません。

 

ですが、MVNOが乱立している現状において、よりユーザー向けのサービスを提供するという方向性において、ユーザーの生の意見を参考にできる場があること、その場ではユーザーが企画参画に前向きの姿勢であることに関しては大きなアドバンテージとなります。

 

企業間の競争は基本的にユーザーの利益となります。乱立した企業は自社の存続を賭けてユーザーの支持を得られるサービスを盛り立てていきます。

 

今後も、mineoはマイネ王というコミュニティーの場を通じてユーザーの意見を反映し、より利便性の高いサービスが提供されることが期待されます。

 

まとめ

 

単純なコミュニティーの場としてではなく、ユーザー同士の有機的なコミュニティーと、スタッフを交えた意見股間の場として機能することでユーザーにはその楽しさが、スタッフにはユーザーの生の意見がそれぞれのメリットとして機能しています。

 

他には見られないサービスの提供は、そのMVNOの魅力として大きな力となります。

 

数多くの企業がMVNOとして名乗りをあげていますが、もはや単純な料金の安さと目先のキャンペーンだけでは格安SIMを契約できない時代となっています。

 

mineoのサービスは、そんな格安スマホ時代の中にあって、異色であり、かつ実用性と楽しさを両立させたサービスを提供している魅力的なMVNOであると言えます。

 

格安SIMへの乗り換えを悩んでいる人や周囲にそんな人がいる場合には、mineoの提供するサービスによるメリットを十分に考慮してもらいたいものです。

 

PICKUP CONTENTS

トップへ