@モバイルくん。

@モバイルくん。の料金や速度は?3G使い放題プランから評判まで解説

ここ数年で、格安SIMユーザーは急激に増加しました。これからもどんどん増えていくことでしょう。

そして、利用者が増えると同時に格安SIMを提供するMVNOもかなりの数になりました。

大手MVNOが提供する基本的な格安SIMから、中小MVNOが提供する少し変わった格安SIMまで、その種類はたくさんあります。

 

その中で今回は、「@モバイルくん。」という少し変わった格安SIMを取り上げてみました。

「@モバイルくん。」の知名度はまだまだ低いですが、「3G通信の無制限プラン」や「10分かけ放題オプション」など最近注目を集めている格安SIMのひとつです。

@モバイルくん。のおすすめポイント

@モバイルくん。 特徴

  1. 音声SIMが業界最安クラス
  2. 3Gが使い放題のプランがある
  3. 10分かけ放題オプション
  4. データSIMなら「口座振替」で支払い可能
  5. 使えば使うほどお得になるオートチャージ
  6. お年寄りの方におすすめの「初心者安心パック」
  7. お子さんにおすすめの「ジュニアパック」

@モバイルくん。の特徴

まずは、「@モバイルくん。」のおすすめポイントを見ていきましょう。

①音声SIMが業界最安クラス

@モバイルくん。の良いところをまず挙げるなら、それは「音声SIMが業界最安クラスに安い」ことでしょう。

@モバイルくん。の音声SIM「もっと使ったぶ〜んだけプラン」の月額料金は1,200円。

データ容量は「500MB」ですが、それでもこの利用料は音声通話SIMで業界最安値です。

大手MVNOの「1G未満」のプランと比べてみて

他の格安SIMのデータ容量が「1G未満」のプランを見てみると、

  • mineo 音声SIM(Dタイプ) 500MB 月額1,400円
  • U-mobile 音声SIM(1G未満) 月額1,480円

なので、@モバイルくん。の音声SIMは本当に安い利用料であることが分かります。

※@モバイルくん。の音声SIMのもう一つのプラン「通話もできる10ギガプラン」は月額5,000円です。

②3Gが使い放題のプランがある(データSIM)

@モバイルくん。 3G回線使い放題プラン

次に、@モバイルくん。のデータSIMには、いわゆる「使い放題」のプランがあるというポイントです。

データ通信量が多く、データ容量の残りを気にすることなくスマホを利用したいユーザーにとって、使い放題のプランは大きな魅力を持つものです。

実際、「3G回線使い放題プラン」は最も人気のプラン。

これ目的で@モバイルくん。と契約したというユーザーが多数いらっしゃいます。

ただし利用できる回線は3G

ただし、このプランで利用できる通信回線は、一昔前の「3G」のみです。

現在主流の高速無線通信「4G」「LTE」は使えません。

むしろ、だから「データ通信が無制限に使えるプラン」を打ち出せるといったところでしょう。

3Gでも通常利用には問題なし

使える回線が「3G」のみといっても、普段使いにはそこまで困らない程度の速度は出ます。

3Gの通信速度 下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps・FOMAエリア最大384kbps

もちろん「4G」「LTE」に慣れている方の場合、始めは遅く感じるかもしれません。

それでも、WEB検索やメール・LINEは問題なくできますし、通信環境によっては動画も普通に見れます。

 

下記ページで3G回線で動画視聴時の様子を見ることができます。

@モバイルくん。公式サイト「3G回線で動画を見てみた!」

③10分かけ放題オプション

@モバイルくんでんわ 10分かけ放題

「10分かけ放題オプション」は、文字通り、10分以内の通話であれは何度かけても無料になるオプションサービス

他のMVNOの電話かけ放題オプションは、「5分」が大半であることを考えると「10分」は嬉しいですね。

10分かけ放題オプションの詳細
月額料金 1,000円(税別)
国内通話料 定額制
10分まで0円
10分超過分 10円/30秒
特徴 10分以内の日本国内通話が回数無制限で無料
利用方法 「0035でんわ」から発信する

④データSIMなら「口座振替」で支払い可能

@モバイルくん。 口座振替可能

続いて、「クレジットカードを持っていなくても、口座振替で契約できる」というポイントです。

これはデータSIMだけなのですが、多くのMVNOではクレジットカードしか支払方法がないことを考えると大きな利点の1つです。

⑤使えば使うほどお得になるオートチャージ

@モバイルくん。 オートチャージ

次は、@モバイルくん。の使えば使うほど安くなるオートチャージ機能です。

格安SIMにおいて、オートチャージ自体は珍しい機能ではありませんが、@モバイルくん。には「使えば使うほどお得になる」という特徴があります。

データ容量の追加は、「最初の1GBまでの追加は500円」「1GB~2GBは400円」「2GB以上は300円」という風にだんだん安くなる仕組みです。

チャージ料金早見表

@モバイルくん。 チャージ料金早見表

⑥お年寄りの方におすすめの「初心者安心パック」

@モバイルくん。 初心者安心パック

スマホ初心者のための専用プランです。

スマホデビューという方でも安心して始められるように、サポート体制が万全の安心パックになります。

月額料金2,200円で色々付いていますので、「スマホを使ってみたい」と思っているお年寄りの方におすすめです。

初心者安心パックの詳細
  • 月額料金 2,200円(税別)
  • データ容量 500MB
  • 音声通話SIM
  • モバイルくん電話10分かけ放題
  • 端末おまかせ設定

⑦お子さんにおすすめの「ジュニアパック」

@モバイルくん。 ジュニアパック

お子さん向けの専用プランです。

基本プランに、有料オプションの「i-フィルターforマルチデバイス」が付いてきます。

お子さんに不適切な有害サイトを自動的にブロックしてくれるので安心のパックです。

また、こちらで利用制限を設定することもできますし、GPSによる現在地確認も可能なので、お子様の安全を守るのに適したプランです。

i-フィルターは日本PTA全国協議会推薦製品

セットで付いてくる有料オプションの「i-フィルターforマルチデバイス」は、日本PTA全国協議会が推薦しているサービスです。

また、ジュニアパックを利用する場合、キッズモードが搭載されている「ZenFoneシリーズ」がおすすめ端末です。

ジュニアパックの詳細
  • 月額料金 1,500円(税別)
  • データ容量 500MB
  • 音声通話SIM
  • i-フィルターforマルチデバイス

@モバイルくん。の料金プラン

@モバイルくん。 料金プラン

次に、@モバイルくん。の料金プランについて解説していきます。

@モバイルくん。では、データSIMと音声通話SIMで全く異なるプラン提供がなされています。

データSIM

@モバイルくん。 データSIM 料金プラン

※利⽤開始⽉に初期費⽤が発⽣します。利⽤開始⽇は、SIMカード受け取りの有無にかかわらず、SIM発送⽇の5⽇後。

※利⽤開始⽇(サービス開通⽇)が含まれる⽉の⽉額基本料は無料。

※SIMカードの契約は1契約者5枚が上限。

※⽉内の通信量が各プランのデータ容量上限に達した場合、該当⽉末まで通信速度が制限されます。

※3Gプランは1日間(24時間)の通信量の合計が500MBを超えた場合、通信速度が最大300kbpsに制限されます。(3G使い放題プランは対象外)

※LTE端末では3Gプランが利用できない場合があります。

音声通話SIM

@モバイルくん。 音声通話SIM 料金プラン

※利⽤開始⽉に初期費⽤が発⽣します。利⽤開始⽇は、SIMカード受け取りの有無にかかわらず、SIM発送⽇の5⽇後。

※利⽤開始⽇(サービス開通⽇)が含まれる⽉の⽉額基本料は無料。

※契約月を含み12ヶ月以内に本サービスを解約した場合(MNP転出も含む)、解約事務手数料として8,000円(税別)が必要になります。

※オートチャージの上限設定は最低1GBになります。 また、設定変更は翌月からの適用。

※LTEプランでは、Xi端末だけでなく、FOMA端末も利用可能。

※SIMカードご購入は1契約者5枚が上限。

※1ヶ月の通信量に達した場合は、当該月まで通信速度が最大200kbpsに制限されます。

※オートチャージの容量はお客様専用ページで変更できます。

@モバイルくん。の電話やオプションサービス

次は、@モバイルくん。の料金プラン以外の利用料金をご紹介します。

モバイルくんでんわ(音声通話SIMのみ)

@モバイルくん。 でんわ

モバイルくんでんわは、格安SIMの一般的な「20円/30秒(税抜)」という通話料金の半額の「10円/30秒(税抜)」で利用することができるサービスです。

このお得な通話料は、「0035でんわアプリ」からの発信にのみ適用されます。

また、上記でも紹介しましたが、月額1,000円(税抜)で「10分かけ放題オプション」も利用可能です。

オプションサービス

@モバイルくん。 オプションサービス

手数料

@モバイルくん。 手数料

@モバイルくん。の取り扱い端末

@モバイルくん。 取り扱い端末

次に、@モバイルくん。の取り扱い端末についてです。

@モバイルくん。で販売されている端末

@モバイルくん。では現在、「5種類のスマートフォン」「1種類のタブレット」「3種類のルーター」がセット販売されています。

スマートフォンは、格安スマホで有名な「ZenFone」を中心に商品が用意されています。

詳しく下記公式サイトをご覧ください。

@モバイルくん。取り扱い端末

端末代金の分割払いは不可

ただし、現時点では端末の分割購入については行っていないようです。

他のMVNOでは、端末代金を分割払いできるケースの方が多いので、@モバイルくん。の「端末購入は一括払いのみ」というのは1つのデメリットと言えるでしょう。

格安SIMへ乗り換える一番の目的は「節約」であるにもかかわらず、初期費用がかさむのは少し嫌ですもんね。

そういった方は、@モバイルくん。のSIMカードだけ契約して、お持ちの端末で利用することをおすすめします。

@モバイルくん。動作確認済み端末

@モバイルくん。の通信速度

次に、@モバイルくん。の通信速度について解説します。

@モバイルくん。の最大通信速度(SIM別)

分かりやすいように、料金プランの「データSIM」「音声通話SIM」に分けて見ていきましょう。

データSIM

Dプラン

下り最大300Mbps/上り最大50Mbps(制限時200kbps)

3G

下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps・FOMAエリア最大384kbps(制限時200kbps)

※3G使い放題プランの場合、速度制限はありません。

音声通話SIM

両プラン共通

下り最大300Mbps/上り最大50Mbps(制限時200kbps)

基本となるLTEプラン(Dプラン・音声通話SIM)の速度スペックであれば、ネットやメール・LINEはもちろん、アプリやゲームなどの大容量コンテンツも問題なく利用できることでしょう。

※下り最大300Mbpsに対応した端末を利用する場合に限り、下り最大300Mbpsで利用できます。

※LTEプランでは、「Xi端末」だけでなく「FOMA端末」も利用できるようになりました。

@モバイルくん。の通信エリア

@モバイルくん。 通信エリア

大手携帯キャリアdocomoの通信網を利用できるので安心です。

「3G」以外のプランであれば、LTEエリア(全国政令指定都市の人口カバー率100%)でデータ通信が可能です。

また「3G」回線のプランでも、全国人口カバー率100%のFOMAでインターネットを利用することができます。

@モバイルくん。の注意点

@モバイルくん。の注意すべきポイントについて解説します。

音声通話SIMの最低利用期間が12ヶ月

次に、音声通話SIMの場合、最低利用期間が「12ヶ月間」あることに注意しましょう。

最低利用期間中の解約には8,000円の違約金が必要になります。

最低利用期間が「6ヶ月」の格安SIMもある

格安SIMの中には最低利用期間が「6ヶ月間」のMVNO(音声通話SIM)もあります。

ですので、@モバイルくん。の「12ヶ月間」は、大手キャリアと比較すれば短いとは言っても、やはり格安SIMの中では少し長いと感じてしまう期間です。

@モバイルくん。の評判は?

@モバイルくん。のネット上にある評判をご紹介します。

3G使い放題プランが高評価

「3G回線だけど全然普通に使える」

「4Gよりは少し遅いけど、データ容量を気にしなくていいのは嬉しい」

「ネットが無制限に使えて月額4,000円は安い」

ネット上にある@モバイルくん。の評判を見てみると、やはり「3G使い放題プラン」に関する内容のものが多数見受けられました。

しかも、割と高評価の口コミがたくさんありました。

 

携帯で「3G回線の使い放題」が主流だったのは、iPhoneシリーズで言うとちょうど「iPhone 4s」が全盛期の頃です。

そして、その時代に比べて今のスマートフォンは格段に進化しているので、使う端末によっては「3G回線」でも快適に使えるのです。

 

もちろん、「3G回線」で快適に使えるかどうかは、使用する端末や通信環境に大きく左右します。

どうしても気になる方は、「最低利用期間ナシ違約金ゼロ」で解約できるデータSIMで1度試してみることをおすすめします。

セット販売の端末がイマイチ

「セット販売されているスマートフォンが微妙」

「分割購入できないから他の格安SIMと契約した」

「初期費用がかさむのはきつい」

一方、@モバイルくん。の悪い評判を見てみると、「セット販売端末」に関するものがいくつか見られました。

その中で、最も多かった声は「セット販売端末で欲しいスマホがない」「分割払いができない」の2点でした。

 

確かに、大手MVNOなら販売されている端末の種類は豊富ですし、分割購入にも対応している格安SIMは多数存在します。

もしかしたらこれは、中小MVNOならではのデメリットかもしれません。

 

対処法としては、利用する端末を自分で用意するというのが最も有効な方法でしょう。

@モバイルくん。の回線はdocomoなので、利用できる端末はたくさんあります。

まずは、お手持ちのスマートフォンで使えるかどうか調べてみて、もし無理なら中古ショップやオークションで安く手に入れるというのも一つの手です。

申し込み~利用開始までの流れ

最後に、@モバイルくん。を申し込んでから利用開始までの一連の流れを解説します。

①申し込みに必要なものとプランの内容を確認

まずは@モバイルくん。のホームページにアクセスし、必要な情報を確認しましょう。

通信サービスの契約は、不明な点をそのままにして、後になってトラブルになったりするケースが多いです。

なので、不安なポイントは全て解消してから契約に取り掛かることをオススメします。

分からない点はホームページを調べたり、それでも分からないがあれば問い合わせを行い、不備を残さずに申し込むようにしましょう。

②申し込み手続きを開始

調べるべきポイントが無くなったら、@モバイルくん。のホームページから申し込み手続きを開始します。

「お申し込み」をクリックし、申し込みフォームに移動します。

あとは、表示された指示通りに入力して申し込み手続きを進めていきます。

内容を間違えないように、確認しながら手続きを進めていきましょう。

③SIMカードの受け取りと端末の初期設定

申し込み手続きが完了したら、SIMカードが自宅に郵送されます。

これを受け取り、申し込んだ内容と相違なければ、SIMカードを端末に挿入します。

端末の電源を入れて、端末ごとに決められた設定方法でAPN設定を行います。

設定できたらブラウザを起動して、データ通信が可能な状態になっているかどうか確認しましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ