格安SIMの「ASAHIネット LTE」とは?料金プランや申込方法や評判は?

スマートフォンを安い料金で利用するためには「格安SIMに乗り換える」という方法が有名です。

実際、同じデータ容量でも大手キャリアと格安SIMではかなりの差が生じます。

長期的にスマートフォンを利用することを考えれば、月額料金の安い格安SIMは相当な魅力を持ちます。

 

ですが、格安SIMを利用するにあたっては「どのMVNOにするか」という点が重要です。

MVNOごとに格安SIMサービスの品質が異なり、自分にとって最もメリットの有る格安SIMサービスを選ぶことが重要です。

そこで今回は「ASAHIネット LTE」の特徴について解説していきます。

「ASAHIネット LTE」は、どんなプロバイダのどんな格安SIMなの?

ASAHIネット LTEは、顧客満足度の高さで有名な朝日ネットが提供する格安SIMサービスです。

高い顧客満足度に裏打ちされたサービス内容には、「固定IPアドレス」など、他社ではあまり見られない独特なサービスも含まれています。

「ASAHIネット LTE」のおすすめポイント

それでは、ASAHIネット LTEのどんな部分がオススメなのかということについて解説していきます。

オプションで「固定IPアドレス」を取得できる

まず、ASAHIネット LTEの特徴として「固定IPアドレスを利用できる」というポイントが挙げられます。

基本料金に月額800円プラスすることで利用することができます。

また、1ヶ月分は無料で利用することができます。

 

固定IPアドレスは、プロバイダへの接続の際にIPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)が変化せず、ずっと同じIPアドレスを利用することができます(通常は接続の度に異なるIPアドレスが割り振られている)。

これを活かして、例えば「高いセキュリティを活かした接続」「アプリ開発」など、さまざまな利用法があります。

 

固定IPアドレスを利用することができる格安SIMは極めて限定的であり、これ以外ですと「インターリンクLTE」くらいしかありません。

「OCNモバイルONE」の場合は、法人契約の場合で利用可能なので、個人で固定IPアドレスを利用したいという場合には非常におすすめです。

 

ただし、月額800円がプラスされますので、料金はその分だけ高額になるということと、そもそも個人での固定IPアドレスの利用は、普通にスマートフォンを利用する上ではそこまで価値があるというわけでもありません

ASAHIネット会員はさらにお得な料金で利用できる

次に、「ASAHIネット会員」の場合は、基本料金をさらに安くできるというポイントです。

全体的に安めの料金設定がなされているASAHIネット LTEですが、条件次第ではさらに安い料金で利用することができるのです。

 

ASAHIネットでは、格安SIMサービス以外にもさまざまな通信サービスを提供しています。

その利用状況に応じて、ASAHIネット LTEの基本料金の割引を受けることができます。

割引の内訳としては、

  • 「ASAHIモバイルWiMAX2+」「ASAHIモバイルWiMAX」「新超割モバイル」を利用している場合は200円引き
  • 「ハイスピードモバイル」は100円引き
  • 「ASAHIネット ドコモ光」を除く光ファイバー接続サービスは50円引き

などの割引が用意されています。

顧客満足度が高いプロバイダが提供する格安SIMサービス

最後に、前述の「顧客満足度が高い」というポイントです。

これは数値データにできるものではないのですが、初めて格安SIMやスマートフォンを利用するユーザーにとっては大きなメリットになる可能性がありますので解説していきたいと思います。

 

ASAHIネット LTEは、外部調査期間が実施するインターネット・サービス・プロバイダの顧客満足度調査において、通算で17回の「顧客満足度 第一位」を受賞しているという経歴があります。

一番新しいものでは、2015年度の「オリコン日本顧客満足度ランキング プロバイダ部門(関東)総合一位」(全8項目中、7項目で1位を獲得)「RBB TODAY ブロードバンドアワード2015 ISP部門 第一位」の2種類の受賞歴があります。

 

評価の基準はそれぞれ異なりますが、少なからず「ユーザーからの評価を得ている」という点は間違いないでしょう。

そして、適当なサービスを提供している通信会社では、このような賞を受賞することはできません。

数多くの通信会社との競合関係の中で、最も多くの賞賛を得ているということです。

 

2015年度のオリコン日本顧客満足度ランキングにおいては、「加入・開通手続き」および「サポートサービス」の2つの部門でトップを飾っています。

これは、手厚いサポートを必要とする初心者ユーザーにとって大きなメリットになります。

外部機関が実施しているランキングでの実績であるため、自社内で自画自賛している情報よりも信頼することができます。

ASAHIネット LTEの料金プランの詳細

次に、ASAHIネット LTEの料金プランについて解説します。

ASAHIネット LTEには

  • 「3ギガプラン」
  • 「7GBプラン」
  • 「1日110MBプラン」

の3つのプランが用意されています。

それぞれデータ通信専用SIMは900円・1,980円・900円で利用可能で、SMS機能付きであればプラス120円、音声通話機能付きであればプラス700円で利用することができます。

 

その他のオプションとしては、

  • セキュリティソフト「カスペルスキー」を月額480円
  • データの自動バックアップサービスを月額500円

で利用することができます。

 

ASAHIネット LTEの基本料金は比較的安めの部類であり、しかも条件次第では月額料金を割引することができますので、必要に応じてこれらのオプションを利用することも考慮すると良いでしょう。

ASAHIネット LTEで現在実施中のキャンペーン

次に、ASAHIネット LTEで実施しているキャンペーンについて解説します。

ASAHIネット LTEでは現在、サービス開始月の月額料金が無料になるキャンペーンを開催しています。

大人しめのキャンペーンではありますが、一月分だけでも無料にできるという点はどんなユーザーでも等しく利益となる、ベーシックなキャンペーンとして十分に評価することができます。

ASAHIネット LTEで販売しているおすすめ端末

次に、ASAHIネット LTEでセット購入できる端末について解説します。

ASAHIネット LTEでは現在、SIMカードの契約と一緒にスマートフォンを購入できる「セット販売」を行っていません。

過去にセット販売のラインナップはあったのですが、現在は全て完売状態となっており、最下位の目処は立っていない様子です。

申し込み~利用開始までの流れ

次に、ASAHIネット LTEに申し込む際の一連の流れについて簡単に解説していきます。

①ホームページの情報をしっかりと確認する

まずは、ASAHIネット LTEのページにアクセスして、必要な情報を集めておきます。

ASAHIネット LTEの場合、データSIMと音声通話SIMが別々のページになっています。

 

ただし、料金に関しては前述の通りSMSは120円、音声通話は700円のプラスなのでそこまで難しい計算は不要です。

どちらかのページを見ておけば問題ないので、まだどちらのSIMにしようか迷っている場合は片方だけ表示しておき、必要に応じてもう片方のページに移動すると良いでしょう。

 

前述の通り、ASAHIネット LTEは顧客満足度の高いプロバイダが提供しているだけあって、ホームページの内容も非常にわかりやすくまとめられています。

必要な情報のほとんどが1ページ内に収められている印象で、必要に応じてページを何度も行き来しなければならない必要性が薄く、ストレス無く情報収集が可能だと言えます。

②ホームページから申し込み手続きを開始する

必要な情報を全て調べ終わったら、次にASAHIネット LTEのホームページから申し込み手続きを開始します。

入力フォームに、必要な情報を間違えること無く入力して手続きを進めていきます。

また、申し込みにあたってはセット販売が用意されていないので、SIMカードのサイズにも注意しておきましょう。

③SIMカードの受け取りと初期設定

申し込み手続きが完了し、確認が取れたらASAHIネット LTEからSIMカードが配送されます。

SIMカードを受け取り、申し込んだ通りの内容物が届いていることを確認しましょう。

その後、SIMカードを台紙から取り外し、端末に挿入してからAPN設定を行います。

ASAHIネット LTEの注意点

次に、ASAHIネット LTEを利用する上で注意しなければならないポイントについて解説します。

利用できるプラン数が少ない

まず、「利用できるプラン数が少ない」というポイントです。

データSIMと音声SIMで分けずに考えると、利用できるプラン数は

  • 3GB
  • 7GB
  • 1日110MB

の3種類のデータ通信容量しか用意されていません。

しかも、3GBと110MBのプランは料金が同じであり、かつ月間の上限量もさほど変わりません。

 

プラン数が少ないことは、迷うこと無く申し込み手続きを開始するために必要なことではありますが、選択肢が少ないので自分好みのプランを選びにくくなります。

3GBと7GBの前後および中間のデータ通信容量が必要だという場合、プラン数の多い「DMM mobile」や「イオンモバイル」の方が基本料金の安さとプラン数の多さが魅力です。

固定IPアドレスを不要とする場合、魅力が弱い

次に、ASAHIネット LTEのメリットとして挙げた「固定IPアドレス」についてですが、これは必要としていないユーザーからすれば本当に価値が低いです。

固定IPアドレス自体は利便性の高い機能ではありますが、それを月額800円を支払ってまで利用する必要がある人とそうでない人では、享受できる価値が全く異なります。

 

つまり、固定IPアドレスを不要と考えるユーザーにとって、これを強みにASAHIネット LTEを申し込む理由が無いということになります。

ただし、「インターリンクLTE」のように「完全にコミコミの料金」というわけではなく、オプションとしての利用になるので、「いらないのに付いてきて、その分だけ料金も高い」ということにはならないという点は救いです。

サービス内容の変化が非常に少ない

最後に、「サービス内容の変化が乏しい」というポイントです。

ASAHIネット LTEは、格安SIMサービスの提供を開始してそれなりに時間が経過していますが、音声通話SIMが追加された他にサービス内容にこれといった変化が起きていません。

なので、他社と比較してネット上での口コミなどが非常に少ないのです。

 

これは「安定したサービスを利用できる」という点がメリットにはなりますが、あまりにも安定しすぎているため魅力を感じられなくなっている側面もあります。

顧客満足度の高さの反面で、ユーザーからの要望などに対してきちんと答えられているかという点が不安です。

ユーザーからの意見を聞き、自社サービスの内容に影響を及ぼしている「mineo」などのMVNOと比較すると、その点がどうしても気になってしまいます。

ASAHIネット LTEの速度はどれくらい?

次に、ASAHIネット LTEの通信速度についてです。

ASAHIネット LTEは、ドコモ回線を利用した最大262.5Mbpsの通信速度と、通信速度制限時の200Kbpsの通信速度で、極めて平均的な通信速度であると評価することができます。

顧客満足度が高いことからも、ASAHIネット LTEの通信速度に関してはそこまで大きな不安を覚えることはないと考えられます。

「ASAHIネット LTE」を実際利用した人の口コミを紹介

次に、ASAHIネット LTEのユーザーの口コミについて解説していきます。

ASAHIネットの通信サービスのユーザーが多い

ここ最近の口コミについてはあまり見られなかったのですが、ネット上のASAHIネット LTEのユーザーの口コミは基本的に「ASAHIネットの通信サービスを利用していることによる割引」についての内容が多かったです。

つまり、ASAHIネット LTEは、自社サービスの別の通信サービスを使っているユーザーの加入が多いという推測が成立します。

 

実際、ASAHIネット LTEのサービスのように「自社サービスの利用を条件とした割引」を利用するというのは大きな動機となります。

既に加入している場合、無条件で割引を受けられることや、加入中であれば半永久的に割引を受けられるというポイントがプラスの評価につながります。

さいごに

ASAHIネット LTEは、確かに顧客満足度が高い運営会社として評価することができますが、これはASAHIネット LTEに限定した話ではなく、ASAHIネットの通信サービス全体を指してのことです。

なので、ASAHIネット LTEが特別評価を受けているというわけではありません。

 

また、昨今は格安SIMサービスの提供が開始されてから時間が経過していることもあり、どのMVNOでも運営実績に伴うサポート体制や申し込み方法の充実さ等、顧客満足度に繋がる部分を強化できていると評価できます。

 

そうなると、ASAHIネット LTEの強みは「割引を受けられる」という部分と「固定IPアドレスを利用できる」という部分にほぼ限定されてしまいます。

後者はどのユーザーでも等しく利益を得られるというわけではなく、ほぼ「割引ありき」なサービスであると言えなくもありません。

 

最大で200円引きになれば、最安値で月間700円の3GBデータ通信容量のデータSIMを利用できますが、対象となるサービスを利用しているかどうかが問題となります。

ASAHIネットの通信サービス(割引の対象となるサービス)を利用している人の場合、これに合わせてASAHIネット LTEを利用するという選択肢は極めて有効です。

PICKUP CONTENTS

トップへ