格安SIMで「iPhone」を使いたい!

目次 ※クリックで開閉します

 

最近、「格安SIM」という言葉をインターネットを中心として、目にしたり耳にしたりする機会が多くなったのではないかと思います。

 

ちょっと調べれば、格安SIMが「毎月の利用料を安く出来る方法」だということをすぐに理解できると思います。

 

長く使っていくことになるであろうiPhoneを安く利用できるのであれば、大きな節約となります。

 

しかし、手元のiPhoneを少し設定するだけで完了するわけではなく、きちんとした準備と手順が必要になります。

 

そこで、iPhoneで格安SIMを利用するために必要な道具、および設定等の手順について解説していきます。

 

1.iPhoneを用意する

 

まず、当然ながら「使用するiPhone」を用意する必要があります。

 

今まで大手キャリアで利用していた場合には、そのiPhoneを格安SIMに変えて利用することも出来ます。

 

ここで重要になるのは「どこが販売しているiPhoneであるか」ということです。販売元がどこであるかということが重要になり、現在では「ドコモ」「au」が対象となります。

 

ドコモのiPhoneを使っていた場合

 

まず、使用するiPhoneが「ドコモのiPhone」の場合です。

 

ドコモのiPhoneの場合であれば、特に何かを気にすることなく格安SIMを使用することが出来ます。

 

iPhone5C以降のiPhoneであれば問題ありませんが、それ以前のiPhoneの場合はおすすめすることができません。

 

auのiPhoneを使用していた場合

 

auのiPhoneで格安SIMを使用したい場合、幾つかの注意点が有ることを理解しておきましょう。

 

まず、「テザリングの機能が使えない」ということです。

 

テザリングとは、iPhoneを親機としてパソコンやゲーム機をインターネットに接続する方法です。

 

格安SIMでテザリングを利用したいと考えている人の場合、ドコモのiPhoneに乗り換える必要があります。

 

次に、「VoLTE用の格安SIM」は使えないことです。

 

auのiPhoneで格安SIMを利用したければ、VoLTE非対応の「UQ mobile」か「mineo」のどちらかを用意する必要があります。

 

最後に「iPhone5以前のiPhone」の場合、格安SIMの使用は諦めるか、5C以降のiPhoneに乗り換えることがおすすめであることです。

 

auのiPhoneを格安SIMで利用する場合、4Gの圏外ではデータ通信を行うことが出来ません。

 

iPhone5C以降の種類であれば「プラチナバンド」に対応しているので4G圏外にはなりにくいのですが、そうでない場合は4Gの圏外になりやすくなります。

 

このように、auのiPhoneで格安SIMを利用する場合、さまざまな注意点が存在します。

 

iPhoneにあまり詳しくない人の場合だと、ドコモのiPhoneに乗り換えたほうが無難であると言えます。

 

SIMフリーのiPhoneを持っている場合

 

それらの種類ではない、いわゆる「SIMフリーのiPhone」の場合は、ドコモのiPhoneと同様に特に気にすることなく格安SIMを利用することが出来ます。

 

この場合、「ドコモ系の格安SIM」を使用することがおすすめです。

 

理由としては前述の「テザリングが利用できる」ことです。

 

今はテザリングを利用しない人でも、いつ、どんなタイミングでテザリングを使わなければならなくなるかわかりません。使える機能が多いことは良いことです。

 

ソフトバンクのiPhoneを使用、またはiPhoneを持っていない場合

 

それらに属さない、つまり「ソフトバンク」のiPhoneの場合は、格安SIMの利用を諦めなければなりません。

 

仮に利用できても、その安定性は確約されたものではなく、きちんとした通信端末としての使用が困難になります。

 

ソフトバンクのiPhoneの中でも、「iPhone6s」以降のものであればSIMロックを解除できるので格安SIMを使用することが出来ますが、それ以前のモデルの場合は真っ当な方法とは言えない方法で解除を行うことになる上に、前述のとおり通信が不安定になります。

 

または、そもそもiPhoneを持っていないという場合にも、やはりiPhoneを入手することが必要になります。そういったことを踏まえて、必要なアクションを解説していきます。

 

①契約する格安SIMを選ぶ(ドコモ系かau系か)

 

まず、契約する格安SIMを選択します。前述のとおり、使用する回線によって「ドコモ系」と「au系」の2種類があります。

 

これも述べましたが、テザリングの関係もありますので、やはり「ドコモ系の格安SIM」を選択することが無難であるといえます。

 

②選んだ格安SIM対応のiPhoneを用意する

 

格安SIMだけでは、通信することは出来ません。その媒体となる「選んだ格安SIMに対応するiPhone」を購入しなければなりません。

 

その「iPhoneの購入方法」ですが、おすすめの方法としては以下のとおりになります。

 

・携帯中古ショップやリサイクルショップで購入する

・ネットのオークションでiPhoneを落札する(「ヤフオク!」や「楽オク」など)

 

その他にも「Apple Storeで購入する」という方法もありますが、これはあまりおすすめはできない方法なのです。

 

理由としては、せっかく格安SIMで携帯料金を節約するのに、Apple Storeでの購入は勿体ないのです。

 

ただし、16年3月に発売されたSIMフリーの「iPhone SE」ならいいかもしれません。

 

③iPhoneをモデル別に考える

 

格安SIMを利用するためにiPhoneを購入する場合は、「白ロム」を購入することがおすすめです。

 

白ロムとは簡単に言えば「電話番号が書き込まれていない携帯電話」のことです。これにはSIMカードが挿入されていないので、契約した格安SIMのカードを挿入することになります。

 

その際、iPhoneの「モデル」についても考える必要があります。以下に、モデル別の考察についてまとめましたので実際に購入する際の参考にしてください。

 

iPhone6s Plus

 

現時点では、最新のiPhoneになります。

 

画面が大きく(5.5インチ)、小さい字が見にくかったり操作が困難な人の場合には特におすすめのモデルになります。

 

同じ画面サイズを持つ「iPhone6Plus」に比べて、CPUとGPUの性能が向上しており、カメラ性能が向上しています。

 

また、「iPhone6s」等と比べて最も大きな違いは「電池の長持ちさ」です。

 

iPhone6s

 

「iPhone6sPlus」に比べてサイズが一回り小さい(4.7インチ)のですが、逆に「手頃なサイズがいいんだ」という人にはちょうど良いサイズとなっています。

 

現行での最新クラスのクオリティを持つ機種なのでおすすめの一品です。

 

体感的な性能差は無いものの、同サイズの「iPhone6」に比べて性能面で勝ります。

 

ただし、オークション等の相場では「iPhone6sPlus」と比べてそこまで大きな差は生じていません。

 

iPhone6 Plus

 

画面サイズが大きく、「iPhone6sPlus」に比べて中古相場が安くなっているこのモデルは、最新モデルと同じサイズのiPhoneを安く購入したいという人におすすめです。

 

性能面では最新機種に劣るのですが、体感的にはそう大きな差は生じないと言えます。

 

iPhone6

 

サイズは手頃、性能面では最新機種に劣るもののそこまで体感的に時代遅れであるということは感じないこのモデルは、コストパフォーマンスで優れたモデルであると言えます。

 

同様に、後述の「iPhone5s」も、コストパフォーマンの面で優れていると言えます。

 

 

iPhone5s

 

数字で言えば最新機種より少ないこの5sですが、コンパクトサイズ(4インチ)のiPhoneが良いという場合にはおすすめのモデルです。

 

また、コストパフォーマンスの面でも優れたモデルであると言えます。

 

iPhone5c

 

残念ながら、このモデルを中古で購入する意味はあまりないと言えます。

 

iPhone市場は、モデルチェンジの頻度が高く、これ以降のモデルも数多く中古市場に出回っています。わざわざ、このモデルを選ぶ必要はないと言えます。

 

もし、このモデルしか手に入らないというのであれば、ネットで検索すればこれ以降のモデルがいくらでも安く売られています。

 

探す手間もそんなにかかりませんし、「面倒だから」という理由だけでこのモデルを選ぶことはやめておきましょう。

 

SIMフリーのiPhoneについて

 

もし、資金面で余裕が有る場合であれば、SIMフリーのiPhoneをAppleStoreで購入することがおすすめです。

 

特に、今までiPhoneに全く触ったことがないという人の場合、中古では受けられない各種サポートを受けられる新品のiPhoneを購入することがおすすめであると言えます。

 

また、SIMフリーのiPhoneの場合、海外でも使えるというメリットがあります。海外での仕事や旅行の機会が多い人は、なおのこと新品でSIMフリーのiPhoneを購入するべきでしょう。

 

ただし、最新モデルのiPhoneの場合、やはりお値段での問題が生じます。資金面に余裕があるとはいえ、そこまで多くのお金を払ってまで格安SIMを利用する意味があるのかと疑ってしまいます。

 

その場合は、2016年3月に発売された「iPhone SE」を購入することがおすすめです。

 

このモデルは、「iPhone5s」のアップグレード版であり、実際の機能面では「iPhone6sを4インチ(4.7インチ→4インチ)にしたモデル」といった感じです。

 

外観は、iPhone5sとそんなに変わりません。機能面では最新機種に近いものであり、お値段では5sよりも安いくらいなので、購入しやすいモデルであると言えます。

 

2.格安SIMを選んで申し込む

 

iPhoneを用意することができたら、次に「格安SIMを選んで申し込む」という作業に移ります。

 

注意点としては、現在iPhoneや携帯電話を使用している場合で、「現在使用している電話番号」をそのまま格安SIMでも使いたい場合には、事前に準備をする必要があることです。

 

また、新規で格安SIMに申し込む場合は、電話番号が新しくなります。

 

ただ新規のデメリットとして、今までiPhoneや携帯電話で連絡をしていた相手に対して、電話番号が変更になったことを伝えなければなりません。

 

場合によっては、「自分は把握していないが、相手は(従来の)自分の電話番号を知っている人」がいる場合には、こちらから電話番号の変更を伝えることが難しくなります。

 

そこで、従来の電話番号をそのまま格安SIM契約後のiPhoneでも使用する方法があります。

 

そのためには、格安SIMを契約する前に「MNP予約番号」を入手する必要があります。今まで利用していた大手キャリアに連絡することで、MNP予約番号を入手することが出来ます。

 

「今まで携帯電話やiPhoneを持っていなかった」

「新しい電話番号でもOK」

という場合には、MNP予約番号を入手しなくても大丈夫です。

 

格安SIM(MVNO業者)を選ぶ

docomoまたはSIMフリーのiPhoneの場合

 

「ドコモのiPhone」もしくは「SIMフリーのiPhone」の場合には、『ドコモ系の格安SIM』を利用することが出来ます。

 

逆に、『au系の格安SIM』を使用することが出来ませんので注意してください。

 

au系の格安SIMの場合は前述の2つの選択肢だけだったのですが、ドコモ系の格安SIMの場合は10個以上の選択肢があるのです。

 

選択肢は多いのですが、その中でもおすすめなのは「楽天モバイル」および「DMM mobile」です。

 

どちらも大手の企業の名を冠する格安SIMなので信頼性があり、特に楽天市場を利用する機会の多い人の場合、楽天モバイルを契約するとポイントが2倍になるのでお得なショッピングが楽しめるようになります。

 

そうでない場合には、月額料金が安めに設定されているDMM mobileがおすすめです。

 

auのiPhoneの場合

 

auのiPhoneの場合には、利用できる格安SIMは前述の「UQ mobile」と「mineo」の2種類だけとなります。

 

ドコモ系の格安SIMは使用することが出来ませんので注意してください。

 

「UQ mobile」は、格安SIMの中でも特に速い通信速度を誇り、かつ安定しているという特徴があります。

 

また、実質的には月3GBのデータプランしか選択できませんので、月3GB以内であるという人の場合にはこの格安SIMがおすすめです。

 

「mineo」は、UQ mobileほどではないですが、格安SIMの中でも3番目に速い通信速度と安定性を持ちます。

 

また、データプランが充実しており、

「500MB」

「1GB」

「3GB」

「5GB」

「10GB」

と、利用者の必要とするデータ量に適したプランを選択できます。

 

「データ通信のみ」or「音声通話あり」を選択する

 

次に、格安SIMを申し込むにあたって「データSIM(データ通信のみ)」と「音声SIM(音声通話あり)」を選択する必要があります。

 

携帯電話の番号が不要な場合はデータSIMを、MNP予約番号を入手する場合や新しく携帯電話番号を取得したい場合には音声SIMを、選択する必要があります。

 

携帯電話番号の無いデータSIMの方が、毎月の利用料金が少ないです。

 

「LINE」の無料通話等を利用すれば十分だという場合には携帯電話番号は不要かもしれませんが、「110番」や「119番」といった「緊急通報」ができなくなる点には注意が必要です。

 

もし、自宅に固定電話や緊急通報が出来る通信手段を持たない場合には、音声SIMを選択する方が無難です。

 

データSIMを選択する場合には、SMSに対応したデータSIMを選んだ方が無難です。

 

なぜなら、電波を受信するのに時間がかかる場合や、そもそもSIMカードを使えなくなる場合があるからです。

 

SIMカードのサイズを確認する

 

格安SIMの申し込みに際しては、「SIMカードのサイズ」を指定する必要があります。

 

とは言え、iPhone5以降は「ナノSIM」に対応していますので、ほとんどの場合はナノSIMを指定しておけば問題ないと言えます。

 

ただし、使用するiPhoneが「iPhone4」もしくは「iPhone4s」の場合は、「マイクロSIM」を指定することになります。サイズ間違えると手間がかかりますので、指定するサイズを間違えないようにしましょう。

 

3.格安SIMをiPhoneに設定する

 

格安SIMの準備もできたら、いよいよiPhoneに格安SIMを設定する段階となります。基本的な設定や、必要に応じてデータの移行などを行っておきましょう。

 

もし、「iPhoneは手元にあるのに格安SIMは届いていない」という人の場合は、前もってiPhone単体で可能な設定等をあらかじめ行っておくと、後の作業がスムーズに進みます。

 

また、今までiPhoneを使ったことも触ったことすら無いという人は、あらかじめiPhoneの説明書をよく読み、操作方法や注意点などを学んでおきましょう。

 

後述の「Wi-Fi接続」の際に、自宅でのんびりと通信を行える状況ではない場合だと、いざというときに慌ててしまいます。

 

最低限のことだけでも、前もってきちんと知っておきましょう。

 

格安SIMカードをiPhoneに差し込む

 

手元にiPhoneと格安SIMカードがある状態になったら、格安SIMカードをiPhoneに挿入します。

 

SIMを挿入する場所は、iPhoneの横に小さな穴があるので、そこにピンか、もしくはペーパークリップ等を挿し入れてください。

 

SIMスロットが出てきたら、そこにSIMカードを挿入します。

 

しばらくすると、画面上の「圏外」という表示が変わります。

 

しかし、これで通信ができるわけではありません。この状態では「電波は拾えるけど、設定がおかしい」という状態になります。

 

なので、データのやり取りを行うための設定を行う必要があります。

 

Wi-Fiを設定する

 

上記の問題を解決するためには、「構成プロファイル」というものをインストールする必要があります。

 

そのためのデータはインターネットを利用して取得するのですが、そのためには「Wi-Fi」を設定して接続する必要があります。

 

Wi-Fiを利用する方法としては、

 

・自宅に有る無線LANを利用する

・家族や友人のiPhoneでテザリングをお願いする

・「セブンスポット」等の無線LANサービスを利用する

 

といった方法があります。

 

家族や友人等の協力が得られない場合は、お近くの無線LANサービスを提供している施設を探し、利用させてもらいましょう。

 

構成プロファイルをインストールする(APN設定)

 

Wi-Fiにつなぐことができたら、格安SIMに対応した「構成プロファイル」をインストールします。

 

構成プロファイルは、格安SIMごとに異なりますので、契約した格安SIMで案内されている方法に従って構成プロファイルをインストールしましょう。

 

iPhoneで「サファリ」を起動して、ガイドの内容に従って構成プロファイルをダウンロードします。

 

自宅の無線LANを利用する以外だと、家族や知人に依頼したり、外出先(施設)での利用になりますので、あらかじめガイドはしっかりと把握しておき、手間取ることが無いようにしておきましょう

 

ダウンロードした構成プロファイルをiPhoneにインストールします。

 

画面を操作して、構成プロファイルをインストールし終わったら、Wi-Fiの接続を切ってから数分ほどでiPhoneでの通信が利用できるようになります。以降は、普通にiPhoneとしての利用が可能になります。

 

4.格安SIMのiPhoneでのテザリングについて

 

格安SIMで利用しているiPhoneでも、「テザリング」を利用することが出来ます。

 

ただし、利用できるのは「ドコモのiPhone」だけであり、「auのiPhone」では利用することが出来ません。

 

既に説明しましたが、テザリングを活用したいのであれば、ドコモのiPhoneを用意する必要があります。

 

テザリングは、そのiPhoneを親機として、別のiPhoneやパソコン、ゲーム機をインターネットに接続することが出来る機能です。

 

要するに、インターネットと子機(別のiPhoneやゲーム機など)を繋ぐ中継役のような役割を果たすということです。

 

先程も、構成プロファイルのインストールの項目で「家族や知人のiPhoneでテザリングをお願いする」ということを挙げましたが、これによって「インターネットに直接接続できない子機」でもインターネットを利用することが出来るのです。

 

格安SIMで構成プロファイルをダウンロードするためにはインターネットに接続しなければならないのですが、構成プロファイルがインストールされていない状態では、その端末で直接ダウンロードすることはできません。

 

しかし、親機となるiPhoneとテザリングを利用して繋がることで、インターネットを直接利用できない子機でも親機を媒介としてインターネットに接続し、構成プロファイルをダウンロードすることが出来るのです。

 

自分の格安SIMのiPhoneがテザリングが出来るようになれば、将来的に家族や友人が格安SIMを利用したいと思った時に親機として協力することも出来ます。

 

その上、パソコンやゲーム機をインターネットに接続する際に役立つので、何かと便利になります。

 

追加で料金を徴収されるようなこともありませんので、是非ともテザリングは使えるようにしておきたいものです(ただし、通常のデータは消費します)。

 

設定が必要になりますが、「設定」→「インターネット共有」に進み、インターネット共有をオンにすることで、すぐにWi-Fi接続することが出来ます。

 

複雑な操作を要求されるようなこともありませんので、操作方法さえ知っておけばいつでもテザリングを利用することが出来ます。

 

PICKUP CONTENTS

トップへ