iPhoneの修理内容や料金は大手キャリアと格安SIMで変わるのか?

目次 ※クリックで開閉します

「格安SIM」とか「MVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)」を利用したiPhoneは、毎月の利用料を大幅に下げることが出来る手段として知られています。

ただし、長く使っていく上で毎月の費用を抑えられることは重要な事ですが、キャリア契約をしないということは「サポートは手厚くない」ということです。

修理などもこれに含まれるのですが、大手キャリアと格安SIMで修理費用や修理内容にどういった差が生じるのかわからないと何かと不安になってしまいます。

そこで、iPhoneの修理内容や料金において、大手キャリアと格安SIMでどういった差が生じるのかについて解説していきます。

SIMフリー版iPhoneを購入したら、「AppleCare+ for iPhone」を検討しよう

SIMフリー版のiPhoneを購入した場合、お勧めの手段として「AppleCare+ for iPhone」に加入するという方法があります。

「AppleCare+ for iPhone」とは、アップル社が提供するサービスの一種であり、iPhoneの購入から30日以内に直営店へ行くか、電話での申し込みをする必要があります。

料金として14,800円+税(6s以前のモデルの場合は12,800円+税)が必要になりますが、それ以上の価値を持つ充実のサポートを受けることができます。

キャリアではないiPhoneを購入する際には、是非とも利用したい保証サービスであると言えます。

そのポイントについて

「故障・修理」

「紛失時」

「遠隔サポート」

「セキュリティ」

「オンラインストレージ」

という5つのポイントに分けて解説します。

故障・修理

まずは、iPhoneが故障した際に、修理やサポートを受ける際の費用面での解説です。

画面のひび割れを修理する際には、未加入の場合は16,800円かかりますが、加入した場合は11,800円となり、5,000円の割引を受けられます。

次に、損傷や重度の不具合が生じた際の修理についてですが、通常は34,800円もかかるところが、AppleCare+ for iPhoneに加入している場合はひび割れの修理費用と同じ11,800円で修理が可能になります。

これだけでも23,000円の割引になるので、1回の利用で加入料金を大幅に上回ります。

最後に、バッテリーの交換ですが、未加入の場合は9,400円ですが、加入時は保証の対象と認められた場合には無料で交換ができます。

また、交換機の料金については、通常の3,300円が必要なく、無料で利用できます。アクセサリの交換については、未加入時と同じ保証内容となっています。

このように、未加入時には多額の費用がかかる修理費用やその他の交換費用等については、AppleCare+ for iPhoneに加入することで大幅にその負担を軽減することが可能になるのです。

AppleCare+ for iPhoneの加入代金は14,800円と決して安い金額ではありませんが、数回の修理の際の割引で十分に元を取ることも出来るのです。

また、上記の修理内容は未加入でも利用することは可能です(その分お金はかかりますが)が、AppleCare+ for iPhoneに加入することで修理保証の期間が2年間に延長されます。

なので、修理保証を利用できるチャンスも多くなり、利便性だけでなく割引を受けられる可能性についても多くなります。

ただし、修理を依頼する際には事前に予約を行う必要があります。しかし、事前予約をした上で直営店やサービスプロバイダに持ち込むと、修理内容によってはその日のうちに対応完了することもあるので非常に便利です。

紛失時

iPhoneを紛失した場合、不便になるだけではなく、悪意のある人に拾われてしまうと個人情報などの面で不利益を生じる可能性があります。

それを回避する方法として「iCloud」の「iPhoneを探す」機能を利用するという方法があります。

紛失したiPhoneとは別のデバイス(パソコンや別のiPhone、iPadなど)でiCloudにログインするか、専用のアプリケーションを利用することで、紛失したiPhoneを探すための機能を利用することができます。

まず、紛失したiPhoneの機能をオフにすることができます。

このロック機能は、あなたのIDとぱしワードを入力しないかぎり解除されることがないので、見つけ出すまでの間に誰かに勝手にiPhoneを操作および利用される心配がありません。

次に、紛失したiPhoneにはメッセージを表示させることができます、悪意のない人であれば、表示されているメッセージから「このiPhoneは紛失したものなんだ」と読み取ることができ、持ち主へ連絡する手段を講じることが可能になります。

また、悪意ある人に拾われて、パスワード等を解析されることによるロックの解除を心配する場合には、「遠隔消去」という手段があります。

これを使えば、遠隔操作でiPhoneの個人情報をすべて消去することができ、仮にロックされていない状態のiPhoneが悪意ある人の手にわたっても最悪の状況だけは避けられます。

なお、消去したデータはiCloudのバックアップ機能で元に戻すことができますので安心できます。

さらに、紛失したiPhoneがどういった移動をしてきたのかを表示する「場所を追跡」の機能も搭載されているので、紛失したiPhoneがどこで移動を中止したのか、つまり紛失場所の特定ができるというわけです。

このように、iPhoneを紛失してしまった状況において、別のデバイスを使用することによって失くしたアイフォンに対する最善のアクションを実行することが出来るのです。

iCloudやアプリの機能を活用し、紛失や盗難から速やかにリカバリーするようにしましょう。

遠隔サポート

iPhoneを購入すると、無条件で「90日間の無償電話サポート」が付帯します。この期間中、購入したiPhoneに関するトラブルについて、コールセンターに電話をすることで解決を図ることができます。

90日間という期間は、およそ3ヶ月ほどになります。これだけの期間があればiPhoneの基本操作にも慣れて、大抵のことは自分で解決できる、もしくは大きなトラブルも起こらないだろうと言う予測はたてられます。

しかし、機会が苦手な人、初めてスマートフォンを持つ人にとっては、90日という期間は短く感じてしまう可能性もあります。

そこで、AppleCare+ for iPhoneに加入することで、この無償電話サポートの対象期間を90日間から2年間へと格段にその期間を延長することができます。

対比にしてざっと8倍もの間、電話による遠隔サポートを受けることが出来るのです。特にiPhoneを初めて持つ人の場合、2年間という長い期間でサポートを受けられることは、大きな安心感となります。

セキュリティ

セキュリティに関しては、AppleCare+ for iPhoneで特別に何らかのサービスやプランが用意されているということはありません。

この点は、自分で何らかの手段を講じるなどして、iPhoneを利用する上での安全を確保しなければなりません。

しかし、前述の「iCloudによる紛失サポート」や「2年間の無償電話サポート」があれば、2年間は大きな問題が発生しても速やかにプロの手による対処を受けることができます。

セキュリティ面においても、大きな助けとなるでしょう。

オンラインストレージ(iCloud)

iPhoneユーザーには、専用のオンラインストレージである「iCloud」を利用することができます。

その容量は無料で5Gバイト使用することができますので、写真データなどのデータ容量の少ないものであれば、かなり使えるオンラインストレージサービスとなります。

しかし、動画などの用量の大きなデータや、各データ容量は少なくても数が多くて5Gバイトでは足りないという人の場合、iCloudでは有料のプランも用意されています。

「月額130円で50Gバイト」

「月額400円で200Gバイト」

「月額1300円で1Tバイト(=1000Gバイト)」

というプランが用意されているので、多くのデータをオンラインでやり取りしたいという人は有料プランを利用するという手段もあります。

ネットビジネスなどでiPhoneを利用する人の場合、どうしても大量のデータをやり取りする必要が発生する場面が多くなります。

一番少ないものでは130円で50Gバイトの容量が確保できますので、これを上手く活用することでネットビジネスも快適に進めていくことができます。

より大量のデータをやり取りしたいのであれば、さらに上のランクの有料プランを利用すると良いでしょう。

(1,300円のプランは、10分の1の料金のランクよりも20倍の容量があるので、2倍のコストパフォーマンスを持つことになる)

docomoの 「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」

次に解説するのは、docomoの提供する補償サービスである「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」です。

6sや6s Plusであれば月額750円で、それ以前の機種の場合は500円~600円で利用することができます。

補償の範囲は以下のとおりになります。

・水漏れ

・全損

・紛失

・盗難

・破損

・故障

・購入から1年を超えた自然故障(メーカー保証による修理サービスの利用)

加入の条件としては、iPhoneの購入日を含めて14日以内に、ドコモショップの窓口での申し込みか、ドコモインフォメーションセンターに電話しての申し込みとなります。

なお、既にiPhoneに何らかのトラブルが発生している場合には、申し込みをすることができません。

補償内容としては、「リフレッシュ品」

(※過去に回収した電話機を修理し、カバーの交換を行って、新品同様の状態に初期化した電話機のこと)

との交換になります(年間2回まで)。

補償範囲のトラブルが発生した場合に、電話かパソコンでの申し込みを行うことで、指定の住所に、「リフレッシュ品」が届くという仕組みになっています。

なお、補償範囲の中でも「1年を超えての自然故障」の場合だけ、リフレッシュ品との交換ではなく、メーカー保証による修理サービスの利用となります。

また、初回特典として、申し込みから最大で31日間の月額利用料が無料になります。

盗難や紛失にも対応し、リフレッシュ品も早ければ翌日に届くドコモ

docomoの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」の最大の特徴としては、盗難や紛失などのトラブルにも対応してくれることと、リフレッシュ品が届けられるまでの期間が短いことです。

早ければ、申し込みをした日の翌日に指定の住所にリフレッシュ品が届けられるようになっています。

AppleCare+においては、紛失時のサポートは存在していますが、「それを利用しても見つからなかった場合」の補償サービスは提供されていません。

修理などの、「手元にiPhoneが存在している場合」における補償内容は充実していますが、紛失や盗難などの「手元にiPhoneが無い状態」における再購入などの補償は何も用意されていないのです。

docomoの場合、紛失時の捜索等に関しては「iCloud」による捜索サービスを利用し、それでも見つからなかった場合には利用料を支払うことでリフレッシュ品が手元に届くようになります。

元のiPhoneとは違うものが届くことになりますが、新品同様の状態で届きますので、不満はないと思います。

もう一つの特徴としては「対応が早い」ということです。

現代において、iPhoneなどのような携帯できる連絡手段は、仕事や生活における必需品となっています。

そして、多くの人は何台もiPhoneを保有しているということはなく、大抵の場合は1台だけ保有し、利用していることでしょう。

そんなiPhoneに何らかのトラブルが発生し、正常な利用ができなくなってしまったら、さまざまな場面において不便・不利益を被ることになりかねません。

人によっては、自分だけでなく多くの人に何らかの迷惑をかけることになりかねません。

多くのキャリアにおいて、何らかの保証サービスを提供していますが、発生しているトラブルの内容によってはその対応中にiPhoneの利用ができなくなる場合もあります。

仕事などにも差し支えることになるので、人によってはかなりの不便さをもたらされることになります。何週間も待たされるということはないでしょうが、出来る限り早めにリカバリーをしなければ、不便さを解消することができなくなります。

docomoの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」の場合、補償範囲内であればリフレッシュ品の到着予定は1~2日以内、早ければ申し込みの翌日に、遅くとも申し込みをした2日後には新品同様のiPhoneが手元に届くようになっているのです。

早めにリフレッシュ品を届けてもらえるということは、あらゆる場合において高い利便性を誇ります。

「最短即日」という表現ではなく、公式ページにも「1~2日後」と明記してあるので、遅くとも2日後には手元に届くことになるのです。

このスピードは、他には真似できないサービスであると言えます。

auの「紛失補償オプション(i)」と「iPhone/iPad修理代金サポート」

次に解説するのは、auの「紛失補償オプション(i)」と「iPhone/iPad修理代金サポート」というサービスです。

紛失補償オプションの方は、前述の「AppleCare+」と合わせての申し込みとなり、月額に関しても表の通り、初回と2回目~24回目の価格帯で支払っていくことになります。

(AppleCare+の方は、毎月の利用料を合算すると14,800円もしくは12,800円になる)

『紛失補償オプションの利用方法』

まず電話でサービスの利用を申し出ます。

受付センターで受理されたら、サービスの申込書が送付されます。

サービス申込書に必要事項を記入し、必要書類を添付して受付センターに送付します。

手続きが確認されたら、補償金が指定口座に振り込まれるという流れになります。

なお、サービスの『利用』申し込みは電話のみで、au取扱店では申し込みをすることができません。

(※加入に関しては取扱店のみ)

2段階攻勢のau

auの最大の特徴としては、その補償内容が「2段階攻勢」となっているところです。

前述のとおり、

「紛失の際の補償」

「修理の際の補償」

の2段構えの補償となっているので、おおよそiPhoneの利用において致命的となるトラブルには全て対応できるということになります。

「紛失補償オプション」は、紛失の際の再購入費用の支払いがそのサービス内容となっています。

これだけでは足りないと思われるかもしれませんが、紛失補償オプションは、「AppleCare+との同時加入」という条件があります。

この「AppleCare+」には、修理などの際の補償はあるのですが、「紛失に関する補償」は含まれていないのです。

紛失の際には、「iCloudによるロック・追跡サービス等」を利用することになりますが、いざ見つからずに再購入に踏み切ったとしてAppleCare+では特に補償が行われないのです。

auの紛失補償オプションは、その欠点をカバーするようにしてサービスが組み込まれています。

つまり、AppleCare+では補償しきれない「紛失・盗難による損失」をカバーする内容だけあれば十分だということなのです。

その点は、紛失補償オプション単体の月額料金が150円程度であることを鑑みても、最低限の補償を提供するために余計なところを全てカットしているということが見受けられます。

2年間の支払総額は紛失補償オプションだけで3,619円になりますが、紛失した際の再購入補償金は23,148円(auとの契約が3年以上なら27,778円)となりますので、支払った金額の何倍もの補償が受けられるのです。

なお、紛失補償オプションの契約は、auショップかau取扱店のみでの申し込みが可能です。ただし、iPhoneご購入と同時の場合のみご加入可能となっています。

もう一つのサービスとしては「修理代金サポート」が挙げられます。

これは厳密には「auスマートパス」に含まれているサービスです。月額372円で利用できるサービスであり、修理代金サポートの他にもクーポンやコンテンツの楽しめるサービスとなっています。

iPhone6sもしくは6s Plusの修理代金を、最大で10,000円割引(機種に応じて最大7,800円もしくは最大4,400円)、2回まで利用することができます。

スマートパスに加入してさえいれば、事前申し込みも必要なく、故障したらすぐに申し込みを行うことができます。

このauスマートパスは、実にさまざまなポイントでiPhoneを守ることが可能になっています。

修理代金サポートの他にも、以下のポイントでiPhoneを守ることが出来るのです。

・ウイルス対策「ウイルスバスター for au」

・紛失時の位置検索「Lookout for au」

・故障時のデータ復旧に役立つ「データお預かり」

・紛失時の不正使用を防止する「au WALLET プリペイドカード盗難紛失補償」

・操作がわからなくても安心「リモートサポート」

その他、セキュリティ面以外にも、ユーザーを楽しませる数多くのコンテンツが盛り沢山です。

詳しくは「https://pass.auone.jp/main/」でスマートパスの全容が明らかになっていますが、これだけの豊富なコンテンツが月額372円で利用できるのはなかなかにお得です。

ただし、ここまでの補償内容を見て「補償を受けられる金額、そんなに多くないのでは?」と思われた人も少なく無いでしょう。

しかし、その利用料としてそこまで大きな金額が毎月のように発生しているとも言い難いです。

つまり、auの補償は手軽に利用することが出来るサービスであると言えるのです。既にiPhoneを使ったことがある、ある程度のベテランユーザーであれば、このくらいの補償がちょうど良いのではないかと思います。

SoftBankの 「あんしん保証パック(i)プラス」

最後に解説するのは、SoftBankの「あんしん保証パック(i)プラス」です。月額650円での加入となり、故障や盗難に関する補償サービスと、「ケータイなんでもサポート」という2つのサービスが基本となります。

「ケータイなんでもサポート」は、電話での遠隔サポートだけでなく、それでは解決できないトラブルに関しては出張サポートも行ってくれるサービスです。

iPhoneに関するトラブルだけでなく、パソコンやテレビなどのトラブルにも対応してくれるので、電子機器が苦手な人でも安心して利用することができます。

再購入時に割引をしてくれるソフトバンク

「あんしん保証パック(i)プラス」において、iPhoneの修理などの際に金銭的に受けられるサービスは実に充実したものとなっています。

機種によって内容は異なりますが、限度内であれば最低でも費用の80%、多いものでは費用の108%(税金分も含められているので100%を超える)に相当する金額が、毎月の利用料から差し引かれるというシステムになっています。

また、全損や盗難、紛失の際には修理ではなく再購入となりますが、その際には会員価格で同一機種もしくは指定機種に機種変更することが可能になっています。

なお、「会員価格」については公式サイトにも明記されておらず、どれくらいの割引を受けられるかは明記されていません。

その他にも、電池の消耗に際しては代金の80%異常を毎月の利用料金から割引、水漏れなどの際にはメモリーデータの復旧を無償で利用できるなどのメリットが有ります。

制度的に見て面倒なポイントも多々ありますが、修理費用が実質的に2割以下になる、全損の際の再購入費用が割引になるといった内容については、充実しているものであると評価できます。

ただし、AppleCare+との差別化に関しては、全損時等の再購入費用の割引が明確にされていないところを見ると、どうしてもはっきりとした評価の差は生じにくいと言わざるを得ません。

まとめ

AppleCare+と3つの大手キャリアの補償について解説してきました。上記の内容を簡単にまとめますと、

・格安SIMでのAppleCare+はスタンダードな補償内容で、盗難や全損時の補償は無い

・docomoは大手キャリアでは利用料が一番高いものの、リフレッシュ品の到着が早い

・auは利用料が安く、気軽に加入することが出来る

・SoftBankは再購入費用が不透明で、AppleCare+との差別化が難しい

といった評価になります。

大手キャリアの場合は何らかの方法で再購入などの補償を受けることができますが、ノンキャリアの場合はAppleCare+への加入でも再購入時の補償は受けられず、サービスの利用によってiPhoneを探し、見つけられなければそれまでとなります。

残りのポイント、つまり修理費用などの補償に関するステータスとそれに対する毎月の利用料によるコストパフォーマンスは、キャリアごとに大きく異なります。

この点については、利用者がiPhoneに対してどれだけ手厚い補償を必要とするかによって選び方が異なると言えます。

ノンキャリアの場合、再購入に関して補償を受けられないのですが、iPhoneを紛失さえしなければこの点は問題になりません。

いくら注意していても失くすときは失くすものですが、iPhoneの扱いに慣れており、遠出の際にiPhoneを持ち歩かない場合にはそこまで大きなリスクとはなりません。

このあたりのリスク管理がしっかりとできるユーザーであれば、毎月の利用料を下げられる分だけ大きなメリットが残るだけとなります。