電力自由化とは?電力自由化の基本講座

目次 ※クリックで開閉します

20164月から電力小売の全面自由化がスタートしました。

テレビCMなどで話題になっているけど、いまいちピンとこない方が多いと思います。

このページでは、電力自由化の基本的な知識とお得な情報を紹介します。

電力自由化ってなに?

電力自由化とは、簡単にいうと、好きな電力会社から自由に電気を買えるようになったのです。

これまで、家庭向けの電気は、地域の電力会社が発電から送配電、販売までを担当してきました。

4月からは、電力会社以外の会社も発電所を作って発電し、好きな価格で電気を販売できるようになりました。

もちろん販売する地域も自由ですので、今まで関西電力と契約していたお客さまが東京電力と契約することも可能になったのです。

電気はもう“選んで買う”時代になったのです。一方で、「送配電」は、従来の地域の電力会社が担当します。

どんな会社が電気を売っているの?

小売電気事業者として登録している数は、なんと300事業者(H28.6時点)もいるんです。

その中、大きく分けると4業種に分類されます。

発電所を持つ企業だけでなく、電気を仕入れて売る販売のみの会社も多いので、これだけ参入しやすいのです。

どんな業種か大まかに分けると、ガス・石油などの「エネルギー産業」、携帯電話・インターネットなどの「通信会社」、鉄道・ケーブルテレビなどの

「生活密着型サービス」。これに既存の電力会社を加えた4業種が、各社の特徴やノウハウを生かして電気を販売しています。

電気料金はお得になるの?

契約量やメニューによって異なるので、しっかり検討する必要があります。

現在、かなりたくさんのメニューが発表されていますが、使用量が多い方が割引率が高い傾向があります。

電気と通信費やガスなど別の“何か”とセットで契約するプランや、長期契約での割引、ポイント付与などでお得になります。

ただし、契約期間が定められ、途中で解約すると違約金が発生するケースもあります。

それと、現在オール電化の家庭が利用している料金プランは、通常のプランよりも5~10%程度安く設定されている可能性があります。

新電力の多くは平均で5%程度の割引率です。一度、オール電化の契約を解約してしまうと、二度とその割引率を受けれないケースもあるみたいです。

契約内容をしっかり理解し、家族のライフスタイルに合ったプランを探してみましょう。それが節約に繋がるはずです。

新電力はなぜ安いと言われているの?

一番の理由は人件費でしょう。

地域の電力会社は新電力に比べ、やはり人件費がたくさんかかってしまいます。

また、地域の電力会社が上乗せする利益率がPPSよりも高かった可能性もあります。

新電力は電力自由化をきっかけに新規の顧客を獲得しなければなならないので、少しでもお得な電気料金プランを提案できるように利益率を低めに抑えていることが考えられます。

きちんと電気は届くの?

電気が届く道のりはこれまでと同じです。各社の発電所で作られた電気は同じ電線に流れ込み、各家庭に届きます。電線に流れ込んだ電気は混ざってしまうので、どの家庭にも同じ品質の電気が流れます。

逆に言うと、例えば太陽光だけで発電したクリーンな電気も他の方法で発電した電気と混ざってしまうので、クリーン電気だけを使うということは現実的にはできないのです。

電気の流れる量は国が監視しているので、停電したり、不安定になることはありません。各家庭には、通信機能付きで自動検針できるスマートメーターが新たに設置されています。使った分を契約している電力会社が

モニターし、料金を請求します。

契約先の新電力が倒産したらどうなるの?

たくさんの新電力がたくさん参入しているので、中には規模の小さな新電力もあります。

もしも新電力が倒産したら、電気が急に止まってしまうのか。

安心してください、そんなことはありません。

万が一倒産しても、新しい契約先が決まるまでは、ちゃんと地域の電力会社が電気を送るように制度が決まっています。

賃貸やマンションでも自由に電力会社を選べるの?

賃貸でもマンションでも基本的には自由に電力会社を選べます。

ただし、マンション全体で電気を一括契約している場合は、管理組合への確認・相談が必要になってきますので、注意してください。

電力自由化のメリット・デメリット

メリット

  • 電気料金が安くなる
  • 電力会社を自由に選べる
  • セット割で電気料金以外のコストも低減できる
  • 太陽光発電や風力発電などのクリーンな電気を選べる

デメリット

  • 電力会社が多すぎて選ぶのが大変
  • 電気料金プランが複雑
  • 使用量が少ないと高くなる可能性もある
  • オール電化メニューにはなかなか勝てない
  • 支払方法が限定される企業もある
  • 詐欺などが出る可能性も

電力会社を選ぶときのポイント

  • 検針表を見ながら比較する。
  • 契約期間や規約をしっかり読む。
  • 価格だけでなく、ライフスタイルに合ったメニューを選ぶ。
  • 比較サイトではなく、各電力会社のサイトでそれぞれ試算するのが確実。
  • 詐欺に合わないように、登録小売事業者か確認しよう。

まとめ

以上が、新電力についての基本的な知識です。

メリットデメリットで紹介したように、電気料金が現在よりも安くすることができて、家計が助かるサービスですが、サービスがたくさんあり、どこの電気会社を選べばいいかわからないという方が多いため、ナナイロでは大手の新電力会社を中心にサービスや料金を紹介しているので、是非参考にしてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ