FXテクニカル分析【実践】

株価だけでなくFXの値動きにも十分通用する「ダウ理論」

株価だけでなくFXの値動きにも十分通用する「ダウ理論」
金融ジャーナリストとして知られたチャールズ・ダウ(1851~1902)は、米国が西部開拓に沸いた時代に活躍した人物です。 彼の名前は、「ダウ平均」という言葉でも知られていますが、のちにチャールズ・ダウ、エドワード・ジョーンズ、チャールズ・バーグストレッサーの3人が...

金融ジャーナリストとして知られたチャールズ・ダウ(1851~1902)は、米国が西部開拓に沸いた時代に活躍した人物です。 彼の名前は、「ダウ平均」という言葉でも知られていますが、のちにチャールズ・ダウ、エドワード・ジョーンズ、チャールズ・バーグストレッサーの3人が...

現代のFX投資においても活用できる!本間宗久の「酒田五法」とは

現代のFX投資においても活用できる!本間宗久の「酒田五法」とは
酒田五法と呼ばれる日本独自の相場予測法があります。これは200年以上も前に本間宗久によって考案されたものです。天才相場師とも呼ばれた彼によって考案されたこの酒田五法は現代のFX投資でも活用できる予測法です。ここではその酒田五法についてご紹介します。本間宗久は、徳...

酒田五法と呼ばれる日本独自の相場予測法があります。これは200年以上も前に本間宗久によって考案されたものです。天才相場師とも呼ばれた彼によって考案されたこの酒田五法は現代のFX投資でも活用できる予測法です。ここではその酒田五法についてご紹介します。本間宗久は、徳...

為替相場の天井と大底を的確に捉える分析法「チャートパターン」

為替相場の天井と大底を的確に捉える分析法「チャートパターン」
チャートパターンはトレンドライン同様にとてもポピュラーな分析法です。計算式などを使って判断するのではなく、チャート図に線を引いて値動きを把握していきます。これは未来がどのようになるかを予測する方法で、初心者ならこの方法を覚えておくと何かと役に立ちます。ここ...

チャートパターンはトレンドライン同様にとてもポピュラーな分析法です。計算式などを使って判断するのではなく、チャート図に線を引いて値動きを把握していきます。これは未来がどのようになるかを予測する方法で、初心者ならこの方法を覚えておくと何かと役に立ちます。ここ...

時間経過と為替レートの相関関係を重視する統計学的な考え方「RCI」

時間経過と為替レートの相関関係を重視する統計学的な考え方「RCI」
RCI(順位相関指数)はn期間の日付と為替レートそれぞれに順位付けをして、そのn期間の為替レートの勢いを-100%から+100%の間で数値化した、買われ過ぎ(または売られ過ぎ)の状態を判断する代表的なオシレーター系指標です。RCIはRank Correlation Indexの略で冒頭でも訳さ...

RCI(順位相関指数)はn期間の日付と為替レートそれぞれに順位付けをして、そのn期間の為替レートの勢いを-100%から+100%の間で数値化した、買われ過ぎ(または売られ過ぎ)の状態を判断する代表的なオシレーター系指標です。RCIはRank Correlation Indexの略で冒頭でも訳さ...

為替相場の行き過ぎを測るのに最適な指標「乖離率(乖離線)」

為替相場の行き過ぎを測るのに最適な指標「乖離率(乖離線)」
相場の行き過ぎを図るのに最適な指標と呼ばれる移動平均乖離率という指標があります。移動平均線はある期間の為替レートの平均値を結んで作られたラインですが、その移動平均線から今の為替レートがどの程度離れているかを計算したものが乖離率です。ここではその乖離率につい...

相場の行き過ぎを図るのに最適な指標と呼ばれる移動平均乖離率という指標があります。移動平均線はある期間の為替レートの平均値を結んで作られたラインですが、その移動平均線から今の為替レートがどの程度離れているかを計算したものが乖離率です。ここではその乖離率につい...

過去の値動きが現在の為替レートに与える影響を見るためのピボット

過去の値動きが現在の為替レートに与える影響を見るためのピボット
ピボットという指標は設定が基本的にないので、このピボットを使ってFXトレードをする人は実は全員が同じラインを見ていることになります。そのようなことからフィボナッチに似ていると思われますが、それはフィボナッチにもパラメーターの設定がないからです。ただしフィボナ...

ピボットという指標は設定が基本的にないので、このピボットを使ってFXトレードをする人は実は全員が同じラインを見ていることになります。そのようなことからフィボナッチに似ていると思われますが、それはフィボナッチにもパラメーターの設定がないからです。ただしフィボナ...

為替の値動きにも影響するの?「フィボナッチ・リトレースメント」

為替の値動きにも影響するの?「フィボナッチ・リトレースメント」
イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチが見つけた数学の法則がフィボナッチ数列です。数学の世界では有名なフィボナッチ数列は「1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144……」と続き、自然界にも広く存在する数列です。ここではフィボナッチ・リトレースメントの使...

イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチが見つけた数学の法則がフィボナッチ数列です。数学の世界では有名なフィボナッチ数列は「1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144……」と続き、自然界にも広く存在する数列です。ここではフィボナッチ・リトレースメントの使...

FX初心者の方に最初に覚えてほしいチャート分析「トレンドライン」

FX初心者の方に最初に覚えてほしいチャート分析「トレンドライン」
トレンドラインはFX初心者なら最初に覚えるチャート分析の一つでしょう。投資の格言にもトレンドを友とせよという言葉があるくらいです。FX取引で利益を出すには相場のトレンドを理解し、流れに乗ることが大切です。為替レートが上昇しているときは買い、下降している時は売り...

トレンドラインはFX初心者なら最初に覚えるチャート分析の一つでしょう。投資の格言にもトレンドを友とせよという言葉があるくらいです。FX取引で利益を出すには相場のトレンドを理解し、流れに乗ることが大切です。為替レートが上昇しているときは買い、下降している時は売り...

為替レートの買われ過ぎ・売られ過ぎを示す「ストキャスティクス」

為替レートの買われ過ぎ・売られ過ぎを示す「ストキャスティクス」
ストキャスティクスは相場の過熱感を把握するテクニカル指標の一つです。この指標はRSIと並んで為替レートの買われ過ぎ・売られ過ぎ(つまり過熱感)を示すものです。これはある期間の為替レートの最高値と最安値の値幅の中で、現在の為替レートがどの程度の位置にいるのかとい...

ストキャスティクスは相場の過熱感を把握するテクニカル指標の一つです。この指標はRSIと並んで為替レートの買われ過ぎ・売られ過ぎ(つまり過熱感)を示すものです。これはある期間の為替レートの最高値と最安値の値幅の中で、現在の為替レートがどの程度の位置にいるのかとい...

移動平均線より早くトレンドの転換を察知できるMACDをFXに活かそう!

移動平均線より早くトレンドの転換を察知できるMACDをFXに活かそう!
MACDはボリンジャーバンドの並んで非常に精度の高い指標として投資家に人気の指標です。MACDは移動平均収束拡散法と呼ばれますが、マックディという略称でも呼ばれています。このMACDはシンプルに言うと短期移動平均線と長期移動平均線の差を示したものです。ここではこのMACD...

MACDはボリンジャーバンドの並んで非常に精度の高い指標として投資家に人気の指標です。MACDは移動平均収束拡散法と呼ばれますが、マックディという略称でも呼ばれています。このMACDはシンプルに言うと短期移動平均線と長期移動平均線の差を示したものです。ここではこのMACD...

ボリンジャーバンドでFXを攻略する2つの方法

ボリンジャーバンドでFXを攻略する2つの方法
ボリンジャーバンドはジョン・ボリンジャー氏によって開発されたテクニカル指標です。この指標は価格の変動の度合いを捉えるのに使い、FX取引をするトレーダーの中でもトップ3の人気を誇る指標です。このボリンジャーバンドは相場の勢いを見るのに使われます。相場の変動が静か...

ボリンジャーバンドはジョン・ボリンジャー氏によって開発されたテクニカル指標です。この指標は価格の変動の度合いを捉えるのに使い、FX取引をするトレーダーの中でもトップ3の人気を誇る指標です。このボリンジャーバンドは相場の勢いを見るのに使われます。相場の変動が静か...

複数の分析法で多面的に為替相場を判断する「一目均衡表+DMI」

複数の分析法で多面的に為替相場を判断する「一目均衡表+DMI」
一目均衡表(いちもくきんこうひょう)はチャート分析の一つですが、一目山人(いちもくさんじん)にちなんでつけられた登録商標です。実はこの一目均衡表にDMI(方向性指数)を組み合わせて使う方法が相性の良い使い方になります。ここではその使い方についてご紹介しましょう...

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)はチャート分析の一つですが、一目山人(いちもくさんじん)にちなんでつけられた登録商標です。実はこの一目均衡表にDMI(方向性指数)を組み合わせて使う方法が相性の良い使い方になります。ここではその使い方についてご紹介しましょう...

為替相場の大きなトレンドが見える「200日・100日移動平均線+MACD」

為替相場の大きなトレンドが見える「200日・100日移動平均線+MACD」
テクニカル指標はその指標一つだけで分析する類のものではありません。テクニカル指標はそれ同士を組み合わせることで予測精度を上げることが可能になります。ここでは2つのテクニカル指標の組み合わせとその使い方についてご紹介します。指標は、相場の方向性を探るトレンド系...

テクニカル指標はその指標一つだけで分析する類のものではありません。テクニカル指標はそれ同士を組み合わせることで予測精度を上げることが可能になります。ここでは2つのテクニカル指標の組み合わせとその使い方についてご紹介します。指標は、相場の方向性を探るトレンド系...

トレンド転換の分析に欠かせないモメンタムを見極めるためのテクニカル指標特集

トレンド転換の分析に欠かせないモメンタムを見極めるためのテクニカル指標特集
FX取引において相場のトレンドに乗ったポジション取り(いわゆるトレンドフォロー)を重要視したとしても実際に取引をしようとすると想像以上に大変なことがわかります。一体いつトレンドに乗れば良いのか判断に苦慮することでしょう。そして一番儲かる時は新しいトレンドが生...

FX取引において相場のトレンドに乗ったポジション取り(いわゆるトレンドフォロー)を重要視したとしても実際に取引をしようとすると想像以上に大変なことがわかります。一体いつトレンドに乗れば良いのか判断に苦慮することでしょう。そして一番儲かる時は新しいトレンドが生...

RSIは単独で使わない!必ず移動平均線などを併用してFXに使う

RSIは単独で使わない!必ず移動平均線などを併用してFXに使う
RSIはオシレーター系指標の中でも最もポピュラーなものです。このオシレーターという言葉は直訳すると振り子という意味で、その名前が付いた由来は上下どちらか一方向に行き過ぎた動きはやがて修正するという考えからです。これは相場の買われ過ぎ、売られ過ぎという状態になっ...

RSIはオシレーター系指標の中でも最もポピュラーなものです。このオシレーターという言葉は直訳すると振り子という意味で、その名前が付いた由来は上下どちらか一方向に行き過ぎた動きはやがて修正するという考えからです。これは相場の買われ過ぎ、売られ過ぎという状態になっ...

FXの値動きの平均値を取り入れた「平均足」とその補助ツール「DMI」

FXの値動きの平均値を取り入れた「平均足」とその補助ツール「DMI」
平均足は別名「コマ足」とも呼ばれる、ローソク足の実態部分の上辺と下辺に平均値を採用したものです。多くの人がこの平均足を使いますが、その理由は売買シグナルのわかりやすさです。例えば陰線が数本続いた後に陽線が出ると買いシグナル、陽線連続の後に陰線が出ると売りシ...

平均足は別名「コマ足」とも呼ばれる、ローソク足の実態部分の上辺と下辺に平均値を採用したものです。多くの人がこの平均足を使いますが、その理由は売買シグナルのわかりやすさです。例えば陰線が数本続いた後に陽線が出ると買いシグナル、陽線連続の後に陰線が出ると売りシ...

「相場の値動きには一定のサイクルがある」というエリオット波動論

「相場の値動きには一定のサイクルがある」というエリオット波動論
エリオット波動論は欧米をはじめ世界中で使われている分析法です。フィボナッチと組み合わせて値動きの予想を行い、先回りしてエントリーすることができる考え方です。この理論は法則に従い同じパターンを何度も繰り返すという考え方で、相場は大衆心理が渦巻く場所で、その結...

エリオット波動論は欧米をはじめ世界中で使われている分析法です。フィボナッチと組み合わせて値動きの予想を行い、先回りしてエントリーすることができる考え方です。この理論は法則に従い同じパターンを何度も繰り返すという考え方で、相場は大衆心理が渦巻く場所で、その結...