「PEPABO WiMAX」の評判は?キャンペーンの中身や特徴を詳しく解説

WiMAXを利用して、自宅の固定回線代わり、外出先でも場所を選ばずにデータ通信を利用したい、そんな需要を満たすためにはWiMAXを提供するプロバイダと契約する必要があります。

 

その際に、プロバイダによってサービスの基本的な部分が変化することはありませんが、料金面などで見ると大きく異なるポイントも多いのです。

少しでもお得に利用しようと思うのであれば、各プロバイダの特徴を吟味し、自分向けのプロバイダ・プランを選ぶ必要があります。

そこで今回は「PEPABP WiMAX」の特徴について解説します。

「PEPABO WiMAX」の料金プラン・キャンペーンの詳細

まずは、PEPABO WiMAXの料金プランについて解説していきます。

PEPABO WiMAXのプランの概要

PEPABO WiMAXでは、3種類のプランから選んで契約することができます。

PEPABO WiMAXで提供しているWiMAXのプランは、

  • 「キャッシュバックプラン」
  • 「月額割引プラン」
  • 「2年間ギガ放題お得プラン」

の3種類です。

 

他社と比較すると1種類多いように思えるかもしれませんが、その実は

  • 「キャンペーンを含めてプランを3種類に分けている」

ということです。

これにより、より分かりやすくプランを比較することができます。

キャッシュバックプラン

まずは「キャッシュバックプラン」です。

このプランは7GBのデータ通信容量がある「通常プラン」の利用において、23,500円のキャッシュバックを受け取ることができるプランです。

なお、月額654円をプラスすることでギガ放題のプランに変更することができます。

 

このプランの最大のメリットは、

  • 「キャッシュバック」

です。

ただし、どのプロバイダでもそうなのですが、キャッシュバックキャンペーンは適用条件がシビアであり、その点が原因でクレームになることも多いのです。

PEPABO WiMAXの場合は契約から12ヶ月後に案内が届きますので、それに従って手続きを行う必要があります。

月額割引プラン

次は「月額割引プラン」です。

通常プランを、キャッシュバックプランと比較して629円安い、合計で毎月1,215円の割引を受けられるキャンペーンです。

このプランでも654円プラスすることでギガ放題にできるのですが、後述のプラン説明の特性上、それはお得ではありません(それならば最初から後述のプランの方がお得だから)。

 

このプランの特徴は、

  • 「3種類のプランの中で最も安い料金で利用することができる」

というポイントです。

 

基本プランが2種類あって、その安い方である通常プランを、さらに高い割引率で利用することができるので、3種類のプランの中で最も安い料金で利用することができるのです。

キャッシュバックを含めるとこちらの方がお得なのですが、キャッシュバックプランとは異なり最初からその恩恵を受けることができ、キャッシュバックのように「手続きを忘れたがために特典を利用できなかった」という心配がありません。

2年間ギガ放題お得プラン

最後は「2年間ギガ放題プラン」です。

このプランは「ギガ放題」のプランしか利用する事ができませんが、キャッシュバックプランと同じ料金で利用することができます。

具体的には、通常プランとその差額の654円をプランの特典によって割引してもらうことができるので、実質的に同じ料金で利用することができるのです。

 

このプランの特徴は、

「ギガ放題のプランをお得に利用することができる」

というポイントです。

 

ギガ放題のプランは通常プランのように7GBのデータ通信容量の制限があるわけではなく、基本的にデータ通信を使い放題です。

そのプランを、通常プランと同じ料金で利用することができるのです。

申し込みの流れ

次に、PEPABO WiMAXの申し込みの流れについて解説していきます。

①ピンポイントエリア判定を行う

まずは、WiMAXのサービスを利用できるかどうかを判断するために「ピンポイントエリア判定」を行う必要があります。

サービスを利用できるエリアであるかを判断するので、「自宅住所」と「外出先で利用する場合のその場所の住所」を調べておきましょう。

これは後述のサービスを利用するためにも必要なことで、怠れば余計なトラブルの原因になりかねません。

ピンポイントエリア判定は、申し込みページの一番下までスクロールするとボタンが表示されます。

②ホームページから申し込みを行う

ピンポイントエリア判定を完了させたら、申し込み手続きを行います。

ホームページの右上の「申し込む」のボタンをクリックして申し込みフォームに移動します。

 

  • 「端末選択」
  • 「情報入力」
  • 「内容確認」
  • 「申込完了」

の4つの段階で申し込み手続きを進めていきます。

表示される画面の指示に従って操作して、申し込み手続きを完了させましょう。

③端末の受け取りと接続設定

申し込み手続きが無事に完了したら、申し込んだ端末が登録した住所まで郵送されます。

これを受け取り、中身に問題がないことを確認しておきましょう。

問題なければ、WiMAXを利用できるエリアに移動して(自宅が大丈夫なら移動しなくても良いですが)、接続設定を行いましょう。

きちんとデータ通信が利用できればOKです。

「PEPABO WiMAX」最大の特徴→インターネットサービスが無料!

次に、PEPABO WiMAXを利用するメリットの一つである「インターネットサービスが無料で利用できる」というポイントについて解説します。

①レンタルサーバー

まずは、レンタルサーバー「ヘテムル」です。

1年間の利用料と初期費用を含めた21,950円を無料にすることができます。

レンタルサーバーは、ビジネス向けにホームページなどを運用する際に必要になるサービスで、さまざまな機能を搭載したレンタルサーバーを1年間無料で利用することができます。

②ホームページ作成

次は、ホームページ作成サービス「グーペ」です。

月額1,500円の「DXプラン」を1年間無料で利用することができます。

DXプランは5GBのディスク容量とアクセス解析、メルマガ機能を利用できるなど、よりビジネス向けのホームページ作成に特化しているサービスです。

③フォトストレージ

最後は、フォトストレージサービス「30days Album」です。

月額300円のPROプランを、これも1年間無料で利用することができます。

このサービスはオンラインストレージサービスの一種で、写真データをオンライン上に保存しておくことができます。

無料のプランでは利用することのできないさまざまな機能を1年間無料で利用することができます。

「写真販売」のサービスも、PROプランでしか利用することができません。

④このサービスの注意点

注意したいポイントとしては「活用できるかどうか?」です。ぶっちゃけて言えば、個人的な目的で利用することになるのであれば、正直なところ3つのうちで活用できそうなのはフォトストレージだけだと思うのです。

 

仕事柄、レンタルサーバーやホームページ作成サービスについて触れることも多いのですが、ビジネス目的でなければそれらのサービスを利用する機会はまず無いのではないかと思います。

アフィリエイトブログや商用ホームページの運用には必要なものではありますが、個人レベルでこれらを利用するようなことは無いのではないかと考えてしまうのです。

これを機に「レンタルサーバーとホームページ作成サービスを活用して、ネットビジネスをやってみよう!」というようなモチベーションでは、おそらく長続きしないでしょう。

 

唯一、フォトストレージだけは個人的な利用価値もあると思います。

これも商用目的の「写真販売」の機能がありますが、上記2種類と比較してそこまで専門知識を必要としないことなので、まぁ、趣味の範囲内であれば利用できるのではないかと思います。

 

そうでなくても、単純に写真用のオンラインストレージサービスとして利用することもできますし、スマートフォンやデジカメ内のデータを移しておく場所としての利用価値は十分です。

また、このサービスだけ月額料金が安く、1年後も継続して利用してもそこまで金銭的な負担も少ないのではないかと思います。また、無料プランに移行して利用し続けるということもできます。

 

「総額4万円以上の特典」ということで大きなメリットのように見えるのですが、金額ではなく「実用面」で考えるとそこまでの価値もないのではないかと思います。

サービスの利用は強制ではなく、「特典クーポンを利用する」という形なので無駄にしてしまうこともできます。

利用したいサービスがあれば話は別ですが、4万円の価値があるのかどうかは人によって評価が大きく異なるという点は理解しておきましょう。

WiMAX初心者に嬉しいサービス→「20日以内キャンセル」

次は、WiMAXを初めて利用する際に便利になる機能「20日以内キャンセル」について解説します。

文字通り、条件を満たしていれば20日以内であればキャセルすることができ、最低限の費用だけで解約することができます。

 

WiMAXのサービスは、基本的に2年縛りです。

大手キャリアのSIMカードのように、2年以内の解約では高額な解約手数料(違約金)が必要になります。

もちろん、一度契約したWiMAXをすぐに解約する場合でも同じことで、19,000円という高額な解約手数料が必要になります。

 

しかし、PEPABO WiMAXの場合には、

  • 「ピンポイントエリア判定で『◯』の判定」
  • 「申込から20日以内にPEPABO WiMAXサポートあてに連絡する」

という2つの条件を満たすことで、解約手数料無しでPEPABO WiMAXを解約することができるのです。

 

ピンポイントエリア判定をしっかりと行わなければならない理由はここにあります。

なお、ピンポイントエリア判定は「自宅住所が◯判定である」ことが条件となります。

 

仮に、エリア判定が良好であっても、実際に利用してみると不便に感じるようなこともあります。

また、初めてWiMAXを利用した場合、思っていた通りのサービスではなかったという場合もあります。

そんな場合に、条件を満たせば解約手数料無しでPEPABO WiMAXを解約できるというのは嬉しいポイントです。

詳しいキャンセルの流れや注意点はホームページの情報を確認しておきましょう。

「PEPABO WiMAX」を実際に利用した人の口コミを紹介

次に、PEPABO WiMAXを利用しているユーザーの口コミについて解説していきます。

20日以内のキャンセルは好印象

まず、20日以内にキャンセルできるというところが、入会にあたっての安心感を生み出している様子です。

実際にキャンセルするかどうかは別としても、「万が一の時は無料で解約できる」ということが頭にあると、安心して契約することができるのです。

 

ですが、その反面で無料キャンセルをめぐるトラブルが多いのも事実です。記載されている条件を一つでも満たせないと無料キャンセルが出来なくなってしまい、それをめぐってプロバイダとユーザーが争うというケースも見られます。

ただ、これは無料キャンセルのサービスを提供しているプロバイダであればどこでも抱える問題なので、PEPABO WiMAX特有のデメリットというわけでもありません。

無料のインターネットサービスは微妙なところ?

次は、無料のインターネットサービスについてです。

流石に4万円分のサービスが無料になるというのはインパクトが大きいのですが、実際に利用するかどうかは微妙なところです。

「あっても使わない」というのが正直なところですが、試しに使ってみて役に立ったという意見もわずかですが見受けられます。

利用するのもしないのも自由なので、おまけ程度に考えておくと丁度よい温度差ではないかと思います。

PEPABOのWiMAX2+がおすすめの人は?

最後に、PEPABO WiMAXを利用するのはこんな人がオススメ、というポイントについて解説します。

初めてWiMAXを利用する人(ただし、エリア判定で自宅が◯判定の人)

まずは、WiMAXを利用したことがない人です。これは前述の「20日以内キャンセル」に関することです。

通信サービスはどうしても実際に利用しないとわからない部分も少なくないので、特に今までWiMAXを利用したことがないという人の場合は理想と現実のギャップに驚かされることもあるのではないかと思います。

 

月額料金はそこまで安いものではありませんが、解約手数料も決して安くありません。

PEPABO WiMAXの場合は条件さえ満たせば無料で解約することができますので、安心して契約することができます。

これをきちんと利用できるように、契約前にエリア判定とキャンセルに関する情報をきちんと確認しておくようにしましょう。

レンタルサーバーやホームページ作成サービスを利用したい人

次に、インターネットサービスを利用したい人です。

厳密には、フォトストレージはそこまで大きな金額ではないので、どちらかと言えば料金が高い「レンタルサーバー」か「ホームページ作成サービス」のどちらかでも利用するというのであれば、メリットが大きいです。

 

このサービスは他のプロバイダでは見られない独自のサービスなので、実用性の有無さえ無視すればインパクトは大きいです。

4万円のうち、上記どちらかだけでも利用することができれば15,000円~22,000円ほど利用できることになりますので十分にお得なサービスになります。

PICKUP CONTENTS

トップへ