WiMAX2+で速度制限された時は「au Wi-Fi SPOT」を活用しよう!

スマートフォンやタブレットで、速度制限になった経験がある方も多いと思います。

そんな状況の中、ビジネスで大量のデータを通信したいこともあり、最近では通信制限が厳しい大手キャリアの機器は利用しないで、WiMAXを利用する方も増えています。

WiMAXは大手キャリアよりも通信制限が厳しくなく、個人利用では十分に活用できるモバイルルーターです。

しかしビジネスでは、その緩和された通信制限も越えてしまう場合もあります。

 

そのような状況で、外出先でも利用できるWi-Fiスポットが、いろいろな場所に増えています。

無料であったり、有料であったりしますが、無料のWi-Fiスポットではセキュリティ面の懸念、安定した通信環境の維持が不確定など、あまり安心して利用できないことがあります。

 

ただし、WiMAXには、

  • 「コストがかからない」
  • 「安定して通信できる」
  • 「セキュリティ面も安心」

というメリットを備えたWi-Fiスポットが用意されています。

そのようなメリットがあり、大手キャリアやWiMAXで通信制限がかかってしまった場合に有効な「au Wi-Fi SPOT」について解説します。

WiMAX2+の速度制限は、大きく分けて2種類

WiMAXは、

  • 「WiMAX(旧WiMAX)」
  • 「WiMAX2+」
  • 「au 4G LTE」

という3種類の通信方式があります。

 

「WiMAX(旧WiMAX)」は、通信制限はありませんが、通信速度が最大速度13.3Mbpsになっています。

「WiMAX2+」は、最大速度を220Mbpsになっており高速通信を実現していますが、その代わり通信制限があります。

どのような種類の通信制限があるのか、それらの仕組みについて解説します。

直近3日間のデータ通信量が3GB以上となった場合

キャリアのスマートフォンやタブレット、WiMAX2+には

  • 「ネットワーク混雑回避のための速度制限(3日で3GB)」

が存在します。

 

この「3日で3GB」という制限は、データ通信専用の回線を多数のユーザーが共用して利用する環境であるため、問題が発生しないようにする仕組みです。

一部の利用者が大量のデータを通信すると、ほかの利用者のデータ通信が遅くなってしまうため、そのような現象を発生されないようにする目的で設けられています。

 

3日間で3GBを超えた場合は、翌日から通信速度が700Kbps強まで制限されます。

700Kbpsという値は、「YouTubeの標準画質が見れる速度」ということで設定されています。

 

この制限では「3日間の枠」ということがポイントです。

3日間という範囲ですので、1日1GB以内であれば制限はかからないということになりますが、実態としてはそれだけではありません。

例えば、直近3日間の通信量が「1日め1.1GB」「2日め1.1GB」「3日め1.1GB」となった場合、合計が3GB以上だった場合、4日めの昼頃から通信速度の制限がかかり始め、5日めの昼頃までの制限となります。

 

しかし、直近3日間の通信量が「1日め0.9GB」「2日め0.3GB」「3日め3.2GB」で合計が3GB以上だった場合は、制限がかかる日が変わります。

この状態では、4日めの昼頃から5日めの昼頃までの制限です。

 

続けて「2日め0.3GB」「3日め3.2GB」「4日め0.1GB」になった場合は、5日めの昼頃から6日めの昼頃まで制限されます。

その後「3日め3.2GB」「4日め0.1GB」「5日め0.1GB」になった場合は、6日めの昼頃から7日めの昼頃まで制限されます。

「4日め0.1GB」「5日め0.1GB」「6日め0.1GB」になった場合には、この時点でやっと3日間で3GB以下になりますので、7日めの昼頃から正常な通信速度に戻ることになります。

当月のデータ通信量が7GB以上となった場合

「ネットワーク混雑回避のための速度制限(3日で3GB)」とは別に、1ヶ月の期間でデータ通信量が7GBという制限があります。

しかし3日で3GBの通信制限とは違い、この7GBの制限は、WiMAX2+のプランによってかかるものと、かからないものがあります。

 

WiMAX2+のプランは、「通常プラン」「ギガ放題」が提供されています。

「通常プラン」は7GBの制限がありますが、「ギガ放題」プランは7GBの制限がありません。

この「ギガ放題」プランの存在は、WiMAX2+が利用される最大のメリットとなり、利用するユーザーが増えた要因となっています。

この速度制限を防ぐ、またはかかった時に役立つサービスが「au Wi-Fi SPOT」

WiMAX2+の通信制限がありますが、どうしてもビジネスで大量のデータを扱わなければならない事態に遭遇する可能性があるのも事実です。

外出先では、なかなかそのような環境が身近にないと思われがちですが、カフェ、レストラン、ホテルなどには、無料・有料のWi-Fiスポットがあり、アクセスポイントも日々増えています。

 

その中でも、安心して利用できるサービスであり、通信制限がかかった場合や速度制限にかからない方法として役立つサービス

  • 「au Wi-Fi SPOT」

があります。

WiMAXを管轄しているUQコミュニケーションズは、KDDIのグループ企業

「au Wi-Fi SPOT」はサービス名から分かるように、auが提供しているサービスです。auは、KDDIグループに属している企業です。

 

親会社のKDDIは、2000年に京セラ主体の第二電電(DDI)、トヨタ自動車が経営参加していたKDD、トヨタ自動車の子会社であった日本移動通信(IDO)が合併して「株式会社ディーディーアイ」が発足しました。

その後、2001年4月に「ケイディーディーアイ株式会社」に社名変更しています。

発足以降、業務提携や買収などで、今のKDDIグループになっています。

 

そのほかKDDIグループには、「株式会社KDDI総合研究所」をはじめ、通信事業として「沖縄セルラー電話株式会社」「株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス (Wi2)」「UQコミュニケーションズ株式会社」などがあります。

 

その中のワイヤ・アンド・ワイヤレスは、ノートPC、タブレット、スマートフォンなど、Wi-Fi対応機器で利用できる公衆無線LANサービス「Wi2 300」を提供している企業です。

またUQコミュニケーションズは、日本で初めてWiMAXサービス「UQ WiMAX」の提供を行った経緯もあり、日本でのWiMAXを管轄している企業です。

だから、WiMAXユーザーでもauのWi-Fiスポットを無料で使える

KDDIグループ企業が提供している「au Wi-Fi SPOT」ということで、auのタブレット、スマートフォンなどのユーザーはもちろんですが、UQコミュニケーションズを含む企業から提供されているWiMAXのユーザーでも無料で利用できるようになっています。

なので、WiMAX利用者は、この「au Wi-Fi SPOT」を絶対に知っておいた方がいい

UQコミュニケーションズ社以外でも、WiMAXを利用しているユーザーであれば「au Wi-Fi SPOT」が無料で利用できますので、外出先でビジネスの作業が多い方、個人で動画を視聴する方などでは、通信制限にならない使い方ができます。

このようなサービスを知らないユーザーも多いのも事実ですので、今まで利用したことがないWiMAXユーザーは、絶対に覚えておくことをお勧めします。

「au Wi-Fi SPOT」の詳細

では、この「au Wi-Fi SPOT」のサービスについて解説します。

サービス概要

「au Wi-Fi SPOT」は、このサービスに対応した「WiMAX 2+」のモバイルルータで、WAN回線を使うことで利用できるサービスです。

カフェや駅など全国20万箇所以上のアクセスポイントがあり、利用範囲も広がっています。

WiMAXで契約して利用しているルーターであれば、「Wi-Fiスポット接続」をONに設定するだけで活用できます。

 

最近では、「UQ WiFiプレミアム」といったWiMAXを提供する企業の独自サービスも提供されています。

違いは、UIMカードで認証する方式であることに加え、まだ一部のアクセスポイントで利用できるものです。

速度はどれくらい?

au Wi-Fi SPOTは、ベストエフォート型のサービスになっています。

このベストエフォート型は、最大速度や接続性について絶対の保証をしないで、回線負荷の状況により可能な場合に最大限の速度、品質で提供しています。

そのため、安価に高速なサービスを提供しています。

 

実測の通信速度としては、約21Mbpsの通信速度で利用できています。

NTTドコモやソフトバンクも、同様のWi-Fi SPOTサービスがあります。

これらの通信速度の実測値は、NTTドコモが約20Mbps、ソフトバンクが約17Mbpsになっていますので、au Wi-Fi SPOTはそれ以上の実測値です。

利用できる主なスポットを紹介

空港、駅、カフェ、レストラン、ホテル、ショッピングモールなどのエリアがあります。

主なスポットは下記となります。

1.鉄道(車両/駅・構内)

札幌市営地下鉄、JR北海道、仙台市営地下鉄、JR東日本、小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、相模鉄道、東京モノレール、都営地下鉄、東武鉄道、東京メトロ、東京モノレール、ゆりかもめ、横浜高速鉄道、横浜市営地下鉄、名古屋市営地下鉄、名古屋鉄道、大阪市営地下鉄、京都市営地下鉄、近畿日本鉄道、京阪電気鉄道、山陽電気鉄道、JR西日本、JR四国、JR九州、西日本鉄道、福岡市営地下鉄など

2.バス

京王バス、神奈川中央交通、京成バス、京浜急行バス、横浜市市営バスなど

3.カフェ

上島珈琲店、スターバックス、コメダ珈琲、ドトールなど

4.ファーストフード

ケンタッキーフライドチキン、モスバーガー、ロッテリアなど

5.レストラン

ガスト、ジョナサン、カレーハウスCoCo壱番屋、バーミヤンなど

6.コンビニ

ローソン、サークルKサンクスなど

7.アミューズメント

TSUTAYA、イオンシネマ、ROUND1など

8.地下街

東京駅一番街、東武ホープセンター、八重洲地下街、エスカ地下街、セントラルパーク、なんばウォークなど

9.自動車関連

イエローハット、オートバックス、トヨタ販売店など

10.空港

JAL(ラウンジ)

11.ガソリンスタンド

出光興産

WiMAX2+端末で「au Wi-Fi SPOT」を使う手順は?

WiMAX2+端末で「au Wi-Fi SPOT」を使うには、以下の手順が必要となります。

1.ルーターの設定

通常のWiFiを利用する場合には、ルーター側でSSIDやパスワードを入力する必要があります。

au Wi-Fi SPOTでは、そのWiFi設定で、「Wi-Fiスポット」を設定するだけで、かんたんに設定が完了できます。

 

例えば、Speed Wi-Fi NEXT W01のルーターの場合は、 ホーム画面で「設定」をタップしたあと、「通信設定」のタップで「Wi-Fiスポット」が表示されるまで画面をスライドします。

「Wi-Fiスポット接続」をタップしてオンにすると、設定は完了です。

2.アクセスポイントを検索

続いてルーターの機器で、アクセスポイント検索を行う必要がありますが、ルーターで「Wi-Fiスポット接続」をONしてあり、au Wi-Fi SPOTのエリア内であれば、自動的に接続されます。

3.利用開始

「WiMAX2+フラット」の料金プランを契約すれば、特別な手続きも必要ありません。

WiMAXを契約したプロバイダによっては、「au Wi-Fi SPOT」が使えない!?

WiMAXを契約すると「au Wi-Fi SPOT」が無料で利用できると解説しました。しかし、プロバイダによってこのサービスが利用できないものがあります。

 

主なものでは「UQコミュニケーションズ」「GMO」「So-net」「BIGLOBE」「@nifty」「3WiMAX」「Broad」などのプロバイダがありますが、この中でも「GMO」「3WiMAX」「Broad」は、利用できませんので、プロバイダの選定は注意が必要です。

WiMAX2+端末の中には、「au Wi-Fi SPOT」を利用できないルーターがある!?

WiMAX2+ルーター端末には、

  • 「Speed Wi-Fi NEXT W01」
  • 「Speed Wi-Fi NEXT WX01」
  • 「Speed Wi-Fi NEXT WX02」
  • 「Speed Wi-Fi NEXT W02」
  • 「Speed Wi-Fi NEXT W03」

などがあります。

この中でも「Speed Wi-Fi NEXT WX02」「Speed Wi-Fi NEXT W02」「Speed Wi-Fi NEXT W03」は、au Wi-Fi SPOTを利用できません。

 

何故利用できないかという点は、WiMAXルーターの「Wi-Fiブリッジ機能」の有無があります。

この機能があるルーターの場合は、「au Wi-Fi SPOT」のWi-Fi接続サービスが提供されていました。

しかし、「Speed Wi-Fi NEXT WX02」「Speed Wi-Fi NEXT W02」「Speed Wi-Fi NEXT W03」は、この「Wi-Fiブリッジ機能」がなくなったため、利用できなくなりました。

まとめ

WiMAXのユーザーは、どのようなプロバイダで利用をしていても、KDDIグループのサービスを利用しています。

通常WiMAXを利用していても、そのようなことを考えているユーザーはいないと思います。

しかし、WiMAXの環境を知ることで、日々使っているWiMAXの利便性が良くなるサービスの情報を得ることができたりします。

 

WiMAXでも、一部のプロバイダは「au Wi-Fi SPOT」が利用できない場合もあり、加えて使っているルーターの機種によっても、「au Wi-Fi SPOT」が利用できないことがあるため、WiMAXの契約前には、このような点を調べた上で利用することをお勧めします。

 

また「au Wi-Fi SPOT」以外でも、

  • 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供している「Wi2 300」
  • UQコミュニケーションズ株式会社が提供する「UQ WiFiプレミアム」

といった独自サービスも提供されています。

 

「au Wi-Fi SPOT」もWiMAXユーザーにとっては有効な通信環境ですが、それ以外にも今後有効になりえるサービスがありますので、それらも知識として知っておくことも良いと思います。

この記事を書いたユーザー

Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。 Arimaの記事一覧

PICKUP

トップへ