WiMAX2+端末「W02」のスペックや特徴は?WX02と比べてみよう!

ファーウェイ製のWiMAXルーター「W02」は、速度が速く、接続が安定しているといった高い性能を持つ機種です。

WiMAXルーターを選択する際に、この機種が選択肢に含まれる人も多いのではないでしょうか。

今回は、この「W02」について設定方法やクレードル、NECプラットフォームズ製の「WX02」との比較といった点を詳しく見ていきます。

WiMAX2+端末「Speed Wi-Fi NEXT W02」の詳細

人気のWiMAXルーターである「Speed Wi-Fi NEXT W02」は、速度が速く安定しているとの良い評価を得ている機種です。

まずは、この「W02」がどういう機種であるのか、そのスペックや特徴について簡単に見ていきましょう。

「Speed Wi-Fi NEXT W02」の概要

ファーウェイ製のWiMAXルーターである「W02」は、下り最大220Mbpsに対応しており、「au 4G LTE」も利用することが出来ます。

「au 4G LTE」には対応していますが、旧WiMAXには対応していません。

基本スペック

機種名 Speed Wi-Fi NEXT W02
製造元 ファーウェイ・ジャパン(株)
重量 約119g
サイズ 約W121xH59xD11.1mm
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/11b/

11g/11n/11ac

5GHz対応

利用電波 WiMAX 2+

下り最大220Mbps

au 4G LTE

下り最大75Mbps

バッテリー 約6.5時間:ハイパフォーマンス設定

約7時間:ノーマル設定

約8.5時間:バッテリーセーブ設定時

本体の色 ホワイト

グリーン

特徴① au 4G LTE電波

利用可能

特徴② 通信量カウンター

3日間表示機能付き

通信方式 CA
バッテリー交換 不可
バッテリー容量
最大接続台数 Wi-Fi: 10台

Bluetooth:不可

USB:1台

注意点

「W02」を使うにあたって以下のような注意点があります。

  • WiMAX2通信とau 4G LTE通信を同時に使うことは出来ない
  • 旧WiMAXは使えない

WiMAXルーター「W02」はこういった特徴を持っています。

次の章では、紹介したスペックから特にポイントとなる点を抜き出して説明します。

「Speed Wi-Fi NEXT W02」の特徴やメリット

先の章では「W02」のスペックを表にしてまとめました。

ここでは、これらの内容からポイントとなるところを抜き出して見て行きたいと思います。

①操作がしやすく画面がみやすい

操作方法がスマートフォンに似ていて、非常に操作しやすいものとなっています。

また、画面が2.4インチのカラー液晶となっており、非常に見やすく操作しやすいものとなっています。

②バッテリー残量に応じて省エネモードに

「W02」ではバッテリーを節約して使うために

  1. 「ハイパフォーマンス」
  2. 「ノーマル」
  3. 「バッテリーセーフ」

3つのモードを持っていますが、「ノーマル」の設定にしておくと、バッテリーの残量に応じて自動で「バッテリーセーフ」モードに切り替わります。

これはバッテリーを長持ちさせるために便利な機能です。

③「au 4G LTE」が使える

「W02」ではWiMAX2+の電波の他に、「au 4G LTE」が利用できます。

これが使えることで、WiMAXが使えないエリアであっても下り最大75Mbpsという高速なインターネット接続を利用することが出来ます。

なお、利用するためには月額1,000円の「LTEオプション」を契約しておく必要があるので、注意しましょう。

④干渉の少ない5GHzが使用可能

Wi-Fi機能では従来の2.4GHz帯に加えて電波干渉の少ない5GHzの電波(IEEE802.11a, ac)を利用することが出来ます。

これもWi-Fi接続の安定性という意味で大きなメリットとなっています。

⑤通信量カウンターが便利

WiMAXでは3日間に10GBという通信量を超えてしまうと速度制限が適用されてしまいます。

これは「通常」プラン、「ギガ放題」プランのいずれでも同じです。

「W02」は直近3日間および1ヶ月間でどれだけの通信が行われたかを確認することができる機能がついています。

これは、速度制限を回避するためには非常に有効な機能です。

 

 

「W02」にはおもに以上のような便利な機能があります。

次の章では逆に「W02」が持つデメリットについても見ておくことにしましょう。

「Speed Wi-Fi NEXT W02」のデメリット

先の章では「W02」のメリットについて5つのポイントを挙げて見てきました。

しかし、メリットばかりなのでしょうか。

「W02」という機種を理解するにはメリットとデメリットの両方を知っておく必要があります。

そこでこの章では、「W02」のデメリットについて見ていきたいと思います。

①「au 4G LTE」の利用→オプション料金

「W02」は「au 4G LTE」に対応していますが、これを利用するためには月額1,000円の「LTEオプション」を契約して利用する必要があります。

したがって、その分だけ月額料金が高くなってしまいます。

ちなみに、「LTEオプション」は契約していても利用しないと料金の支払いは発生しません。

②「au 4G LTE」の利用→ギガ放題のプランでも7GB制限が発生

WiMAXのプランと違って「au 4G LTE」には通信量無制限というプランはありません。

「au 4G LTE」の場合は月間7GBの通信量を超えてしまうと、速度制限が適用され128Kbpsという非常に遅い速度になってしまうので、注意が必要です。

③バッテリーの持ち時間があまり良くない

「W02」のバッテリー持ち時間は、以下のようになっています。

機種名 Speed Wi-Fi NEXT W02
バッテリー 約6.5時間:ハイパフォーマンス設定

約7時間:ノーマル設定

約8.5時間:バッテリーセーブ設定時

しかし、この持ち時間は他のWiMAXルーターと比較するとあまり良いとは言えません。

  • W03 最大11時間20分
  • W02 最大8.5時間
  • W01 最大8時間
  • WX02 最大10時間20分
  • WX01 最大10時間

もちろん旧機種のW01と比べると多少は向上していますが、NECプラットフォームズ製の「WX02」「WX01」と比べるとかなり短いことが分かります。

④重量がある

特にNECプラットフォームズ製の「WX02」「WX01」と比較するとかなり重量があります。

これは持ち運びをする際にはデメリットとなります。

  • W03 約127g
  • W02 約119g
  • W01 約113g
  • WX02 約95g
  • WX01 約97g

 

このように、「W02」にもいろいろとデメリットがあります。

これらについてもしっかりと理解しておくことが必要です。

「Speed Wi-Fi NEXT W02」の設定方法

ここまでWiMAXルーター「W02」の特徴やメリット・デメリットについて見てきました。

どういった機種で、どのようなメリットやデメリットがあるのかということをお分かりいただけたのではないでしょうか。

この章では、実際に「W02」を使う際の設定の方法について見ていきましょう。

 

「W02」を使う際の手順は以下のように行います。

設定の際は「プロファイルの選択」と「通信モード設定」の両方を行います。

プロファイルの選択
  1. ホーム画面の「設定」を開く

ルーター本体の液晶画面から「設定」を開きます。

 

  1. 「プロファイル選択」を開く

 

  1. プロファイルを選択する

以下のようにプロファイルを選択します。

・シェアードIPアドレス:「ED01」を選択します。

・グローバルIPアドレスオプションに申し込んでいる場合:「ED02」を選択します。

 

  1. 上のチェックを入れて完了
通信モード設定
  1. ホーム画面の「通信モード設定」を開く

ルーター本体の液晶画面から「通信モード設定」を開きます。

 

  1. 利用する通信モードを選択

通信モードを以下の2つから選択します。

・ハイスピード:WiMAX2+のみで通信します。

・ハイスピードプラスエリア:WiMAX2+またはau 4G LTEを併用します。*

※どちらでも通信できる場合は最適な方を選択します。

 

  1. 上のチェックを入れて完了

このように「W02」を使用する場合は、「プロファイル」と「通信モード」の2つを適切に設定することが必要です。

次の章では、ルーターを置く台であるクレードルについて考えてみましょう。

クレードルはあった方がいいの?いる人いらない人

WiMAXルーターを選択しようとすると、よくクレードルという言葉が出てきます。

クレードルは以下のようなものです。

  • スタンド型の拡張機器
  • WiMAXルーターを上に置いて充電ができる
  • 有線LANのモジュラージャックがついている

このようにクレードルは単にWiMAXルーターを充電するだけでなく、有線ネットワークを提供するなど便利な機能を持っています。

クレードルを使った方が良い人、お勧めしたい人にはいかのようなケースが挙げられます。

  • オフィスや家庭で据え置き型として使うことが多い人
  • 有線LANを使う機器を持っている場合

逆に以下のような場合にはクレードルは必要性が低くなるでしょう。

  • 外に持ち運ぶことが多く、家庭やオフィス等の据え置きとしてあまり利用しない人
  • 持っている機器がすべて無線LAN対応の場合

このようにクレードルは人によってお勧めできる人とそうでない人がいるのでどういった人に向いているのかを把握しておきましょう。

次の章では良く似た名前を持つWiMAXルーターである「WX02」と何が違うのか比較してみたいと思います。

「W02」と「WX02」を比べてみよう!

最後に、名前のよく似た機種であるNECプラットフォームズ製の「WX02」との比較をして見ましょう。

名前は似ているのですが、何がどう違うのでしょうか。

「W02」と「WX02」の性能比較

W02
機種名 Speed Wi-Fi NEXT W02
製造元 ファーウェイ・ジャパン(株)
重量 約119g
サイズ 約W121xH59xD11.1mm
連続待受時間 デフォルト:

約760時間

クイックアクセスモード:

約35時間

Wi-Fi規格 IEEE802.11a/11b/

11g/11n/11ac

5GHz対応

利用電波 WiMAX 2+

下り最大220Mbps

au 4G LTE

下り最大75Mbps

バッテリー 約6.5時間:ハイパフォーマンス設定

約7時間:ノーマル設定

約8.5時間:バッテリーセーブ設定時

特徴① au 4G LTE電波

利用可能

特徴② 通信量カウンター

3日間表示機能付き

WX02
機種名 Speed Wi-Fi NEXT WX02
製造元 NECプラットフォームズ(株)
重量 約95g
サイズ 約W110xH66xD9.3mm
連続待受時間 休止状態

(リモート起動 無/有):

約650時間 / 400時間

ウェイティング時:

約35時間

Wi-Fi規格 IEEE802.11a/11b/

11g/11n/11ac

5GHz対応

利用電波 WiMAX2+

下り最大220Mbps

WiMAX(ハイパワー)

下り最大13.3Mbps

バッテリー 約7.3時間:ハイパフォーマンスモード

約8.1時間:バランスモード

約10.0時間:エコモード

特徴① WiMAX電波

利用可能

特徴② 最軽量

では、以下でいくつかのポイントを取り上げて見てみましょう。

連続通信時間

Speed Wi-Fi NEXT W02 Speed Wi-Fi NEXT WX02
デフォルト:

約760時間

クイックアクセスモード:

約35時間

休止状態

(リモート起動 無/有):

約650時間 / 400時間

ウェイティング時:

約35時間

これを見ると、「W02」は「WX02」と比較して待受時間が若干とはいえ長くなっていることがわかります。

補助ネットワーク(au 4G LTEが使えるか使えないか)

補助ネットワーク、つまり「au 4G LTE」が使えるかどうかということについては、以下のようになっていることが分かります。

機種名 Speed Wi-Fi NEXT W02 Speed Wi-Fi NEXT WX02
au 4G LTE対応 対応

下り最大75Mbps

非対応

これを見ると、「W02」は「au 4G LTE」に対応していますが、「WX02」は対応していないことが分かります。

つまり、この2機種から選択する場合で「au 4G LTE」を必要な時は必ず「W02」を使うことになります。

 

結果として「W02」と「WX02」の最も大きな違いは「au 4G LTE」に対応しているかどうでないかというところにあると言えます。

つまり、「W02」は「au 4G LTE」に対応していますが、「WX02」は対応していません。

まとめ

ファーウェイ製のWiMAXルーター「W02」は「au 4G LTE」に対応している、操作が簡単で分かりやすいなどのメリットで、人気の機種となっています。

よく似た名前の機種であるNECプラットフォームズ製の「WX02」と比較するとバッテリーの持ち時間が短い、重量があるなどといったデメリットはあるものの、「au 4G LTE」を使えることで、以下のようなメリットがあります。

  • WiMAXの電波が届かないところでも「au 4G LTE」の高速なインターネット接続を活用できる
  • 「WX02」に比べてバッテリーが長く持つ
  • 大きなカラー液晶など操作がわかりやすい

このように、「W02」は、「au 4G LTE」を使うのであれば、この機種を選ぶべきということ以外にも使うべきメリットのある優れた機種です。

機種選択に悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

この記事を書いたユーザー

Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。 Arimaの記事一覧

関連する記事はこちら

トップへ