フレッツ光とソフトバンク光の違いは?料金・速度や各メリットを比較

目次 ※クリックで開閉します

フレッツ光から、各「光コラボ」への乗り換えは「転用」ができるなどのメリットがあります。

しかし、光コラボは数が多く、単純に上位互換とも言い難いことで「フレッツ光から乗り換える意味はあるのか?」と悩む人が多いのも事実です。

 

乗り換えによるメリットを知るには、光コラボの特徴を理解することが重要です。

興味のある光コラボの特徴を知り、それをフレッツ光と比較してメリットが多ければ、乗り換えることも検討してみるべきでしょう。

 

そこで今回は、フレッツ光と「ソフトバンク光」について比較し、料金や速度など、どちらのほうが魅力的であるか解説していきたいと思います。

まずは「フレッツ光」と「ソフトバンク光」について解説

まずは、この記事のテーマとなる「フレッツ光とソフトバンク光」についての基本的な情報から解説しておきたいと思います。

フレッツ光→「NTT東日本・西日本」が提供するサービス(プロバイダがつなげる役目)

まず、フレッツ光は「NTTが提供するインターネット回線サービス」のことです。

NTTが提供しているということで、利用可能なエリアが広く、信頼できる回線契約であると言えます。

 

その際、実際にユーザーがインターネットを利用するためには「プロバイダ」と契約することが必要になります。

フレッツ光に関してNTTと回線契約を結ぶだけではなく、その回線を利用してインターネットに繋げる仕事はプロバイダが担っているということになります。

ソフトバンク光→NTTの回線を借りて「SoftBank」が提供するサービス

次に、ソフトバンク光に関する解説です。

ソフトバンク光は、フレッツ光のようにNTTが自社で提供している回線契約というような形ではなく、ソフトバンクがNTTから回線を借りてサービスを提供すると言うかたちになります。

 

これは、基本的にどの光コラボレーションでも同じ構図になります。

光コラボレーションは、従来は「NTT→ユーザー」という契約の間に各光コラボの提供会社が入り、自社特有のサービスを含めてユーザーにサービスを提供するという形になります。

基本的な差別化は、この「自社固有のサービス」の部分が大きくなります。

 

また、ソフトバンク光で選べるプロバイダは「Yahoo!BB」のみです。

フレッツ光の場合は、回線契約とプロバイダ契約が別個に存在していましたが、ソフトバンク光の場合は全ての業務(ネット回線=NTTから回線をレンタル、プロバイダ業務、販売管理、サポート等)をソフトバンクが一括で担うという仕組みです。

フレッツ光からソフトバンク光への転用を考えている方はぜひ参考に!

簡単な説明だけしてみましたが、これだけでは「だから何?」ということになるのではないかと思います。

これらの情報を踏まえた上で、これからの解説に目を通して頂ければ、フレッツ光とソフトバンク光の大きな違いと、乗り換えのメリットがわかりやすいのではないかと思います。

 

フレッツ光からソフトバンク光への転用をお考えのユーザーは、是非ともここからの情報に目を通して頂き、乗り換えの参考にしてください。

フレッツ光とソフトバンク光の料金比較

それでは最初に、通信サービスを利用するにあたって多くのユーザーが気になる「料金」に関する比較について解説します。

戸建てプランの場合

フレッツ光(東) フレッツ光(西) ソフトバンク光
ネット料金 4,400円 3,810円 5,200円
プロバイダ料金 500円~1,200円 500円~1,200円 ネット料金と一体
合計 4,900円~5,600円 4,310円~5,010円 5,200円

フレッツ光は、契約するプロバイダごとに月額料金が異なります。

そのため、月額料金の高いプロバイダを選択するとネット利用料と合わせて高額な月額料金になりますが、安いプロバイダを選択すれば安く済みます。

 

なお、フレッツ光(東日本)に関しては「にねん割+フレッツ光メンバーズクラブ・マンスリーポイント利用時」という条件が、フレッツ光(西日本)の場合は「Web光もっともっと割」を適用した場合のネット利用料で計算しています(割引を含まない場合は、東日本は5,200円、西日本は5,400円のネット利用料となります)。

 

ソフトバンク光の場合は、基本料金にプロバイダ利用料が含まれた金額となります。

また、これとは別に契約時に「Yahoo!BB基本サービス」というオプションへの加入を矯正される場合が多いです(代理店やキャンペーン内容によっては加入しないとソフトバンク光を契約できない場合がある)。

基本サービスは「スタンダード(月額300円)」「プレミアム(月額550円)」がありますが、ネットの利用開始後に解約することもできますが、プレミアムの場合は解除料がかかります(キャンペーン内容によっては、短期解約でキャンペーンが適用されない可能性もあります)。

マンション(集合住宅)プランの場合

フレッツ光(東) フレッツ光(西) ソフトバンク光
ネット料金 2,950円 2,930円 3,800円
プロバイダ料金 500円~950円 500円~950円 ネット料金と一体
合計 3,450円~3,900円 3,430円~3,880円 3,800円

マンションタイプの場合は、全体的に月額料金が低くなります。

プロバイダも、最高額が200円以上下がるので、高額なプロバイダを選択してもそこまで月額料金を底上げすることはありません。

 

フレッツ光(東日本)の場合は「ギガ推し!割引(30ヵ月割引)+にねん割+フレッツ光メンバーズクラブ・マンスリーポイント利用時」の条件で、西日本の場合は「Web光もっともっと割」適用時の月額料金です。

フレッツ光とソフトバンク光の速度比較

次に、通信サービスの品質を大きく左右する「通信速度」についての比較です。

回線速度自体は、どちらも最大1Gbps(1000Mbps)

まず、結論から言えば両者の理論上の通信速度は基本的に一緒です。

どちらの場合でも、通信速度の最大値は1Gbpsであり、変わりありません。

そもそも、前述の通りソフトバンク光はフレッツ光の回線を借りているのであって、回線の違いによる通信速度の違いは生じません。

ただし、1Gbpsは当然ベストエフォートであって、どちらの回線もそこまでは出ない

また、フレッツ光とソフトバンク光、それ以外の通信契約においても同じことが言えますが、上記「1Gbps」という数値は「ベストエフォート」と呼ばれる扱いとなります。

 

これは「理論上、その数値までは出せる」というものであり、大半のユーザーはそこまでの通信速度でインターネットを利用できていません。

基本的に通信速度は、その回線契約の最大通信速度(この場合で言えば1Gbps)を最大値として、実際に出せる速度は通信機器や接続方法によって変動します。

そこで、大事になってくるのが「回線への繋がりやすさ」

とは言え、同じ通信機器等の環境を条件とする場合でも、通信会社によって通信品質に差が生じることは十分考えられます。

最大通信速度は同じなので、ここで重要視すべきなのは「回線への繋がりやすさ」です。

 

同じ回線を使っているフレッツ光とソフトバンク光ですが、「プロバイダの違い」がここに現れるのです。

具体的には「使用している通信設備」と「ユーザー数」のバランスがいかに通信設備側に有利な状況であるかということです。

例えば、同じ車線数の道路を1台と100台の車がそれぞれ通るとします。

1台の方は混雑が起きるわけがありませんが、100台の方は同じ時間に集中すると混雑が発生する可能性があります。

 

上記は極端な例ですが、ある地域における同一プロバイダ契約数の大小が、回線の混雑の発生頻度に影響するということは変わりません。

通信設備の強化には相当なお金と手間が必要であり、そう頻繁に改善できるものではありません。

お住いの地域ごとに、どのプロバイダだと混雑するかは異なりますので、ネットの口コミ等を参考にしてプロバイダ選びを行う必要があります。

ソフトバンク光のメリット

次に、ソフトバンク光ならではのメリットについて解説します。

おうち割が適用される(SoftBankの携帯料金が割引)

まず、ソフトバンク光最大のメリットと言えば「おうち割」です。

これは、ソフトバンク光と「ソフトバンクの携帯電話」を一緒に契約していることにより、携帯電話料金に月額最大2,000円の割引を受けられる割引サービスです。

 

ソフトバンク光の場合、光BBユニット、Wi-Fiマルチパックおよびホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのいずれかの加入が適用条件となります。

割引額は、契約している携帯電話のプランによって異なり、最大で2年間毎月2,000円の割引が適用されます。

 

また、2016年よりスタートした「電力の自由化」に伴い、「ソフトバンクでんき」を利用している場合はソフトバンク光の月額料金に割引を受けることができます。

詳しくは下記公式サイトに説明がありますが、ソフトバンク光とソフトバンクでんきを一緒に利用している世帯の場合、2年間で毎月最大300円の月額料金割引を受けられます(お住いの住所の電力会社のエリアによって内容が異なります)。

https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/ouchiwari-denki/

基本的に月額料金がフレッツ光より安くなる可能性の方が高い

それを考えると、フレッツ光よりもソフトバンク光のほうが月額料金が安くなる可能性が高いのです。

先ほどの表を見ると、場合によってはフレッツ光のほうが安いケースも多いように思えるのですが、もしおうち割で毎月2,000円の割引を受けられるとしたらどうでしょうか?

 

スマートフォンとのセットの場合、実際に値引きされるのはスマートフォンの月額料金です。

しかし、同一世帯の支払いである以上、「割引によって通信費の支払いが節約できる」という点は変わりません。

戸建てタイプの契約の場合でも、毎月2,000円の割引を受けられる場合はマンションタイプ並みの安さでこれを利用できるのです。

 

ソフトバンク光への乗り換えを考えているということは、ソフトバンクのスマートフォンを利用していることが想定されます。

つまり、この記事をご覧になっているほとんどのユーザーがおうち割で割引を受けられると思われるので、世帯の通信費という点で見ると大幅に節約できる可能性が高いのです。

通信費の支払いがSoftBank一つにまとまる

さらに、節約とは違いますが、ソフトバンク光に乗り換えることで光インターネットの通信費支払いがひとまとめになるというメリットもあります。

どういうことかと言えば、これはフレッツ光の仕組みにあった「プロバイダ」が関係しています。

 

フレッツ光は、回線契約たるNTTと、インターネットサービスの提供であるプロバイダに分かれています。

そのため、月額料金の支払は、NTTへの支払いとプロバイダ各社への支払いの2つに分かれるのです。

だからといって通信費が高くなるというわけではありませんが、請求のタイミングもそれぞれですし、何より家計を管理する立場からすれば煩雑なことこの上ありません。

 

ソフトバンク光の月額料金は、前述の通り「プロバイダ料込み」の料金です。

つまり、毎月の月額料金の請求は1社から1回のみ、ということになります。

なんだか普通なことのように思えますが、フレッツ光の仕組みからすると大きなメリットになる可能性もあるのです。

申込時のキャンペーンの特典内容(キャッシュバック)がフレッツ光より充実している

次に、ソフトバンク光の場合、申込時のキャンペーン内容が充実しているという点がメリットとして挙げられます。

例えば、代理店によっては、新規契約なら24,000円、フレッツ光からの転用の場合でも11,000円のキャッシュバックを受けられます。

 

なお、ソフトバンク光については以下の記事もご覧になることをお勧めします。

ソフトバンク光のネット回線の評判は?料金や速度・キャンペーンなど徹底解説

フレッツ光のメリット

それに対して、フレッツ光にはどのようなメリットが有るのでしょうか?

プロバイダの選択肢が多い

まず第一に「プロバイダの選択肢が多い」ということです。

フレッツ光は回線契約とは別に、対応したプロバイダの契約が必要になります。

選択肢が多く、プロバイダごとに異なるサービスを受けられます。

 

ソフトバンク光の場合、選択肢はなくYahoo!BBのみとなります。

インターネットを利用するにあたって好みのプロバイダがある場合、フレッツ光のほうがメリットがあります。

サポート体制が安定している

次に、「サポート体制が充実している」という点が挙げられます。

フレッツ光は大手通信会社NTTが提供している光インターネットです。

加えて、プロバイダも通信サービスの老舗が多く、多くのユーザーとサポートの経験が豊富です。

 

現在、光コラボレーションは数多くの通信会社が提供会社として名乗りをあげていますが、どの企業も老舗というわけではありません。

中には光インターネットの提供に関して経験のない企業もあり、そういったところはサポートを利用したくても思った通りの内容にならないこともあります。

 

光インターネットで最も古参であるフレッツ光なら、サポート体制もしっかりしているということです。

法人・店舗・個人事業主の方であれば、まだお得なキャンペーン(キャッシュバック)がある

最後に、「法人」「店舗」「個人事業主」のように、フレッツ光を法人契約で利用する場合だとお得なキャンペーンを利用できます。

実施中のキャンペーンは、開催期間こそ短いものの高額なキャッシュバックを利用できる可能性があります。

個人での契約は対象外になるものの、これからビジネス目的でインターネットを契約しようと考えている場合、フレッツ光も有力な選択肢となります。

フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えたら、もうフレッツ光には戻せない!?

次に、「フレッツ光→ソフトバンク光」ではなく、逆に「ソフトバンク光→フレッツ光」について解説します。

結論から言えば、ソフトバンク光からフレッツ光に戻すこと自体は可能ですが、手間はかかります。

 

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えは「転用」を利用可能であり、一般的な光回線の乗り換えよりも手間がかかりません。

しかし、ソフトバンク光からフレッツ光に乗り換える際には同じ転用という手段を利用できません。

なので、どうしてもソフトバンク光からフレッツ光に戻したい場合は一度ソフトバンク光を解約して、その上でフレッツ光を利用するしかありません。

ソフトバンク光の契約におすすめのキャンペーン(キャッシュバック)を紹介!

最後に、ソフトバンク光を利用しようか迷っている方にお勧めのキャンペーンについて解説します。

アウンカンパニー

まずは先ほども紹介した「アウンカンパニー」です。

最大24,000円という高額キャッシュバックを、最短で2ヶ月で受け取ることが可能であるという点が大きな魅力です。

エヌズカンパニー

次は「エヌズカンパニー」です。

こちらも最高24,000円のキャッシュバックを最短2ヶ月で受け取ることができるという点がメリットです。

また、キャッシュバック額を20,000円まで下げることで、無線LANルーターなどをゲットできるキャンペーンも選択できます。

Yahoo!BB

次は「Yahoo!BB」です。

特典として「Tポイント5000ポイント」と、期間限定で24,000円の商品券もしくは月額料金1,000円×24ヶ月の割引を利用できます。

LifeBank

次はLifeBankです。

契約後、知り合いを紹介して契約してもらうと、最大で60,000円もの高額なおキャッシュバックを受け取ることができます。

エフブレイン

最後は「エフブレイン」です。

こちらの代理店でも、新規ユーザーを紹介することで高額なキャッシュバックを受け取ることができるキャンペーンを実施しています。

PICKUP CONTENTS

トップへ