ソフトバンク光を解約する手順は?違約金・工事・注意点など徹底解説

目次 ※クリックで開閉します

月額料金がかかる通信サービスは、利用している間は問題ありませんが、不要になった際にはいつまでも不要なサービスにお金を支払い続けることは出来ません。

そのため、不要になったサービスは「解約」する必要があります。

 

しかし、固定回線サービスは他の通信サービス以上に解約に際しての制約が厳し目です。

下手をすれば、解約時に数万円という高額な負担を強いられる可能性がある反面、きちんとタイミング等を考慮すればほとんど負担なしに解約できる可能性もあります。

 

そこで、ソフトバンク光を解約するにあたって注意すべきポイントを解説します。

まずは解約する前にチェックすべきポイントを確認しよう!

まずは、ソフトバンク光を解約しようかと思っている際に、確認しなければならないポイントについて解説していきます。

ネットが遅い、繋がらない→ソフトバンク光が原因ではないかもしれない

知らなければならないことは、「ネットが遅い」「ネットに繋がりにくい」ということが、ソフトバンク光そのものに原因が無い可能性があるということです。

 

通信サービスを解約するにあたってはいくつか理由がありますが、ネットの口コミなどを見てみると、どうやら上記の理由で他社に乗り換えるという動きが少なくありません。

ですが、そうして乗り換えたユーザーの中には、今まで利用していた通信サービスのせいではなく、他のポイントに目を向けるべきだったというケースが珍しくありません。

 

ネットが遅いとか、ネットに繋がらないという問題でソフトバンク光を解約(他社に乗り換え)しようと思っている人は、以下のポイントをチェックしてください。

①パソコンやスマートフォンなど、デバイス側の問題

通信速度が遅い、ネットへの接続状況が不安定であるという原因として、第一に考えられるのは「デバイス側の問題」です。

簡単に言えば、お使いのパソコンやスマートフォンなど、実際にインターネットを利用する通信機器の性能が悪く、光インターネットサービスの利用に適していないという可能性があるということです。

 

そもそもの問題として、通信サービスが提示する最大通信速度はあくまでもベストエフォート型であり、常にその数値が出るというわけではありません。

実際には、契約内容だけでなく、使用する通信機器などに影響されて通信速度が決まると言えます。

 

その最たるものが、デバイスの問題です。まず、単純にデバイスが古い場合だと、ほぼ確実にデバイス側に問題があると言えます。

何年も前に発売された機種、それこそパソコンであれば使用しているOSが「XP」や「2000」などの何世代も前の場合であれば、パソコンの通信規格や処理速度などが現行の通信サービスに適応できません。

 

この場合は、デバイスを買い替えてみましょう。

最新の、とは言いませんが、現行の通信サービスの利用に耐えられる程度の性能は欲しいところです。

②周辺機器(無線LANルーター、モデム、LANケーブル等)の問題

パソコンやスマートフォンなどの通信機器だけでなく、その利用に際して必要になる「周辺機器」の問題である可能性もあります。周辺機器は、具体的に言うと「無線LANルーター」「モデム」「LANケーブル」などです。すぐにチェックできる項目ですので、一通り確認しておきましょう。

 

まず、無線通信でインターネットを利用している場合、有線接続に切り替えてみてください。

パソコンの場合、有線でも無線でもインターネットに接続することが出来ますが、一般的に見ると無線接続よりも有線接続のほうが通信速度が安定しやすく、速いです。

 

その際に使用するLANルーターは、1Gbpsの通信速度に対応している規格のものにしましょう。LANケーブルのどこかに記載されていると思いますが、100Mbpsの通信速度にしか対応していない古いケーブルの場合、ソフトバンク光の通信速度を活かせません。

 

どちらにしても、パソコンやスマートフォンを買い換えるよりは手軽な出費で済むことが多いです。

③時間帯によって遅い

次に、ソフトバンク光の利用において「インターネットを利用する時間帯によって通信速度やつながりやすさが異なる」という場合は、残念ながらソフトバンクから乗り換えたほうが良いかもしれません。

 

上記のように、デバイスや周辺機器に問題がある場合は、これを交換することで通信環境を改善できるケースが多いです。

しかし、時間帯によって通信環境が異なるのは、そのさらに外側、つまりユーザー側の努力では改善できない部分に問題があるということになります。

④基地局から遠い

他に考えられる原因としては、利用している通信サービスの「基地局」が遠いという可能性です。

これも「ユーザーの外側」に問題があるタイプであるため、ソフトバンク光を乗り換えたほうが良いかもしれません。

ソフトバンク光を解約する方法

ユーザー自信が実行できる方法で通信状況を改善できない場合、ソフトバンク光を解約して別の通信会社と契約するしかなくなるでしょう。

そこで、ソフトバンク光を解約する際の手順や注意点について解説していきます。

SoftBank光サポートセンター

ソフトバンク光の解約は、「SoftBank光サポートセンター」に電話する必要があります。

一般電話、携帯電話、PHSで連絡することができます。

 

解約手続きが進んだら、担当のスタッフから「レンタル機器」の返却等について話があると思います。

通知された方法・手順に則って、期日までに必要な返却物を全て所定の住所まで返却しましょう。

電話番号

186-0800-111-2009(通話料無料)

受付時間

10時~19時

注意事項

①登録している電話番号からかける

解約の連絡をする際には、ソフトバンク光の契約の際に登録している電話番号から掛ける必要があります。

②ガンダンス操作を誤らない

電話での解約にあたっては、ガイダンスが流れます。

その指示に従って、ダイヤル操作をする必要がありますので、きちんとガイダンスを聞き取り、解約手続きのためのダイヤル操作を進めてください。

③機器の返却は解約扱いとはならない

ソフトバンク光の契約において、何らかの通信機器をレンタルしている場合において、その通信機器を返却することがそのまま解約手続きにはなりません。

解約手続きは上記の電話番号まで連絡することで行うことができますので、間違えないようにしましょう。

ソフトバンク光の解約時にかかる違約金は?

次に、通信サービスの解約にあたって重要なポイントとなる「違約金」について解説します。

契約解除料(違約金)

ソフトバンク光を解約するにあたって発生する契約解除料は以下のとおりです。

契約プラン 契約解除料
5年契約 15,000円
2年契約 9,500円
契約期間なし 0円(なし)

契約満了月(違約金が発生しない月)について

5年契約となれば、15000円という決して安くない金額を負担することになります。

しかし、この契約解除料は常に発生するというわけではありません。

 

具体的には「契約満了月」に通信契約を解除することで、契約解除料を支払うこと無く解約することができるのです。

ソフトバンク光の場合、例えば2年契約で1月に契約した場合、翌年の12月が契約満了月となります。

5年契約であれば、1月に契約すれば4年後の12月が契約満了月となります。

 

契約満了月に解約の手続きをしなかった場合、契約は自動更新されて再び契約年数がカウントされ始めます。

つまり、2年契約であればさらに2年後、5年契約であればさらに5年後にならないと、解約時に契約解除料がかかるということになります。

レンタル機器(無線LANルーターなど)を返却しなかった場合

また、前述の通りソフトバンクからレンタルしている機器については、これを解約時に返却しなければなりません。

きちんと返却すれば問題ないのですが、「期日内に返却しなかった場合」と「返却した機器が故障している場合」には、それぞれ未返却違約金と故障修理交換料金がかかります。

 

「光BBユニット」については、未返却時には18000円、故障時には7143円の支払いが必要になります。

「回線終端装置(ONU)」については、実費の支払いが必要になります。

分割払い中の未払いの工事費が残っている場合

また、契約時に回線工事を行っている場合、それを分割払いするにあたって残債が残っている状態で解約した場合は、残債を支払う必要があります。

ソフトバンク光の初期工事費用は、「24回」「36回」「48回」「60回」から支払い回数を選択することができます。

つまり、それぞれ2年~5年で支払いが完了するというわけですが、支払い回数が多いほどに完済までに時間がかかることになります。

つまり、解約時に支払いが完了していない可能性が高くなるのです。

SoftBank光を解約する上で気を付けるべきポイント・注意点

解約についてのおおまかな流れはこれまでで解説しています。

しかし、常にスムーズに解約手続きが完了するとも限りません。

また、解約にあたって勘違いしているポイントが有ると、思わぬ負担に驚かされることになる可能性もあります。

そうした、解約時に注意したいポイント等について解説します。

①サポートセンターに電話が繋がらない場合はどうすればいいの?

まず、ソフトバンク光の解約手続きは電話オンリーとなっています。

つまり、ネット上での手続きではソフトバンク光を解約することができないということになります。

 

先ほど、受付時間が10時~19時までと説明していますが、この時間帯に電話すれば必ず応答してもらえるとは限りません。

特に、引っ越しが重なる新生活シーズンとなれば、申込や乗り換えのための解約手続きのために多くの人がソフトバンクに電話をかけることになります。

対応できるスタッフの数は限られていますので、このタイミングで電話しても繋がらない可能性が高いです。

 

ですが、前述の通り解約は契約満了月に行わないと高額な契約解除料が必要になります。

電話がつながらないからと言って悠長に構えてしまえば、タイミングを逃してしまうことになります。

 

この場合、根気よく電話をかけて、繋がるのを待つしかありません。

ですが、それでは間に合わない、急ぎたい時には、最寄りのソフトバンクショップに出向き、スタッフに対応について相談することをお勧めします。

②解約月の料金は全額請求される

次に、ソフトバンク光を解約する場合、解約した月の月額料金は解約のタイミングに関わらず全額請求されます。

月の最初の方で解約手続きをしても、日割り計算で月額料金の支払が安くなるということはありませんので注意しましょう。

③他の光コラボ回線への転用はできない

次に、ソフトバンク光を解約するにあたって、別の会社が提供している光インターネットサービスを契約するとします。

その際、ソフトバンク光から同じ光コラボの回線に、現在使用しているソフトバンク光用の通信設備をそのまま利用して乗り換えすることはできません。

 

フレッツ光から光コラボの回線に乗り換えるに当たっては、回線設備をそのまま使用することで初期工事を省略する「転用」ができました。

しかし、ソフトバンク光からフレッツ光および光コラボ回線契約への転用は不可能です。

 

もちろん、ソフトバンク光の解約後にこれらの回線契約を結ぶこと自体は可能です。

しかし、転用することはできませんので、一から契約し直すことになります。

もちろん、その際には乗り換え後の回線契約における初期工事および初期費用がかかることになります。

④ホワイト光電話を利用中→番号を失くしたくない→アナログ回線への手続きが必要!?

最後に、ソフトバンク光の利用において、光電話サービスの「ホワイト光電話」を利用している場合です。

この場合において、利用中の電話番号をソフトバンク光の解約後も維持したいという場合は、条件を満たしている状態で「番号ポータビリティ」の手続きを行う必要があります。

 

その条件なのですが、ホワイト光電話に申し込むにあたってNTT加入電話の電話番号を引き継いでいることです。

つまり、過去に利用していた通常の電話サービスの電話番号を、光電話サービスへと引き継いでいる場合のみ、番号ポータビリティを利用して光電話から通常の電話サービスに番号を引き継ぐことができるのです。

 

逆に言えば、利用中のホワイト光電話の番号が、通常の電話サービスから引き継いだものではない場合は、番号ポータビリティを利用しての継承はできません。

ただし、通常の電話サービスから直接ソフトバンク光のホワイト光電話に引き継いだ場合でなくても、その間にフレッツ光の光電話サービスを挟んでいる場合(NTT→フレッツ光→ソフトバンク光)は、番号ポータビリティを利用することができます。

SoftBank光を契約して、すぐにキャンセルしたい場合は?

最後に、利用中のソフトバンク光のサービスを解約するのではなく、申し込んだソフトバンク光を、手続き後にキャンセルしたい場合について解説します。

初期契約解除制度について

この場合は「初期契約解除」の制度を利用することで、負担を最小限にソフトバンク光の契約を解除することができます。

初期契約解除制度は、契約時に交付する契約書面を受領した日、または契約成立日のうち遅い方を1日目として起算し、8日目までに書面による契約解除ができる制度です。

8日以内なら違約金が免除されるので大丈夫

このルールに則って契約解除をした場合、本来であれば発生する違約金(契約解除料)を支払う必要がありません。

2年契約で契約を結んだ場合は9500円、5年契約の場合は15000円という負担をしなくて済むので非常に便利です。

ただし、初期費用(工事費など)は契約者の負担

ただし、この制度は早期契約解除における契約解除料についてのみ言及しており、それ以外の発生済み費用に関しては契約者の負担となります。

つまり、既に開通工事を行っている、およびそれに類する費用発生後の契約解除の場合、契約解除料の支払いは免除されますがそれ以外の費用についてはソフトバンク側に対して支払う必要があります。

 

工事費用などを支払いたくない場合は、開通工事の2日前までにソフトバンクに連絡する必要があります。これを過ぎてから契約解除した場合は、工事費用などを請求される可能性があります。

 

逆に言えば、既に発生している費用に関しては、初期契約解除制度を利用したとしても、その支払いを免れることはできないということになります。

加えて、前述の通りソフトバンク光の回線設備は他社の通信サービスに転用することができないので、既に行われた工事には全く意味を見出すことができなくなってしまいます。

結果、不要な回線設備のために多額の費用を請求されることになります。

 

この場合、ベストな方法としては「乗り換え元の通信契約の解約における違約金をキャッシュバック等で負担してくれるキャンペーン」を実施している通信契約に乗り換えることをお勧めします。

通信契約の中には、乗り換えによって発生した契約解除料等の費用を、キャッシュバックや月額料金からの割引という形で一部もしくは全額負担してくれるキャンペーンを実施している場合があります。

 

こうしたキャンペーンを利用することで、差し引きで負担を少なくすることができます。

ただし、常にキャンペーンを開催しているとは限らず、しかも適用するための条件をきちんと満たせているかどうかという問題もあります。

「初期契約解除があるから」「キャンペーンを利用すればプラマイゼロだから」と安易な気持ちで契約するのではなく、本当にソフトバンク光で良いかどうか入念に検討してから申し込み手続きをするようにしましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ